■ こっぺ蟹@「プチレストランないとう」

■ 全国100万人の読者の皆さま、こっぺ蟹が好きでしょうがないエリーでございます。この季節になって、これ食べに出かけずにいられようか?(いいやいられはしまい。)

img_8001-jpga img_8006-jpga

■ 「プチレストランないとう」さんの、ルッコラとオリーヴオイルで和えたこっぺ蟹です。これ、きれいにきれいに供される足のところを取って、ふたりでだいぶ身も取って、それでもまだぎゅんぎゅん詰まっていますの図です。本来夜のコースの、この時季のオードヴルとして出されるものですが、前もって、ものすごくお願いしておけば(笑)お昼にこっぺ蟹と海鮮カレーのセットをいただけるのです。値段は変動しますが、だいたい3800円~4000円くらい。

img_7999-jpga

■ 先付に、揚げた海老芋と生ハムとあんぽ柿。

img_8016-jpga

■ 蟹だしカレー、れんこんの下には牡蠣フライ、蟹身みっちりの蟹クリームコロッケ、海老フライ、鯛のフライ。これはおいしいわ、生きていてよかったわ。(T_T)(T_T)

サラダ、味噌汁、お漬物もつきます。このお店においては、何もかもが、ずば抜けておいしいです。

img_8020

■ こっぺの殻。これでだしを取るんですよ。そりゃ旨いわなあということです。
こっぺ蟹はぜーったい津居山の「山本水産」さん、これがなければ味決まらん、とも伺いました。

img_8022

■ 果物とプリンのデセール。

img_8026

■ カフェか紅茶もつきます。

img_7994

*****************

プチレストランないとう」電話 075-211-3900
〒604-0973
京都市中京区柳馬場通夷川上ル西側
11:30~14:00LO、18:00~20:00最終入店、21:00LO
月曜、火曜の昼休み
カウンター11席、座敷4~10席、蔵8席 全席禁煙
要予約
2001年6月河原町三条で開店、2004年11月3日移転オープン

2016/2017年の年末年始は、

12月31日まで営業、ただし昼は12月30日まで。年始は1月5日から営業。

*****************

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************