■「室町和久傳」盛夏の料理

■ 全国100万人の読者の皆さま、8月6日夜「室町和久傳」さんに伺ったエリーでございます。
素材のよさが際立ち、本当にいいお料理でした。\(^o^)/\(^o^)/
せごしの鮎も、寿司/しゃぶしゃぶ/お椀/お茶漬けと供された鱧も、串焼きの和良鮎も、毛蟹も、絶妙としか言えないおいしさでした(^o^)☆☆☆ 白ご飯、ワインジュレをかけた加納岩の桃、葛まんじゅうに至るまでよかったー。

●冷たい玉露ひと口、竹筒のお酒を食前酒にひと口いただいた後に先付です。葛の葉をあしらわれて供されました。

●鮎のせごし、茗荷、青瓜の酢味噌和え、上にカヴィア、花穂紫蘇。ひと品めから完璧な調和、完璧なおいしさ。

●鱧の握り、上に梅だれ、梅肉。

●鱧しゃぶと鱧のお椀の材料のプレゼンがされて、目の前でしゃぶしゃぶをしてくださいます。

●葛打ちされて、少しとろっとなめらかなな食感になった鱧。

●梅肉ソースはおだし加減も酸味もほどよく犬になってお皿なめたいほど。

●続いて鱧と豆腐のお椀。

●お造りはこんなに美しく出してくださいました。器見るだけでもすてきです。

伊勢のめいち鯛/由良の赤雲丹/淡路島の鱧を生で

3つとも、非常に美味。

●和良川の鮎、串焼きです。この鮎、とんでもなく旨い。

●毛蟹と、揚げた白茄子、圧倒的に旨い。

●とうもろこしのすり流し  刻んだトマト、中に枝豆、上からお酢のジュレ。

甘みと酸味がほどよく、枝豆の食感がいい感じ。

●初澤賢伍さんがあんをかけてくれて、しゃーと音が立ちます。

●ここで初のおこげ! パリパリで心地いい食感でした。湯引きした鱧、下に夕顔(ウリ科)、白アスパラガス。梅風味のあん。

●ご飯プレゼンをしてくれたのは、長野謙信(ちょうの けんしん)さん。この人は自衛隊出身という異例のキャリアで、ものすごくびしーーーっとしているのよ。背中に鉄骨が入っているみたいにまっすぐに立たれます。すぐわかります(^o^)(^o^)

●ご飯セットです。このご飯がつやつやぴかぴかで実に美味。そして鱧が最後にまた登場・・・

●鱧茶漬けでいただきました。ほぼ完璧においしかったコースでした。

●加納岩の桃に白ワインジュレ、これも旨。

●葛まんじゅう、中にこしあん。つるりといただけてすてきな甘味でした。

●松本進也総料理長、出張から戻ってきてくださいました\(^o^)/\(^o^)/
後ろに、副料理長・船越真人さんです。

●お薄をいただきごちそうさまでした<(_ _)><(_ _)>

いい食事でした(^o^)/☆☆☆

●たまたま会えたのが石橋康孝さんといって、和久傳さんと東京のお寿司やさんで修業を積みこのたび独立する方。

まーこれが屈託ない、すくすく育ったという感じの、よい青年だったのです(^o^)(^o^)/

●故郷の福岡で、9月8日開店。中村外二工務店で修業された方に施工も内装もしてもらったということで、間違いなく木材も美しく高級感があるだろうなあ(^o^)(^o^)

お料理が終わってから、みんなでだいぶ話して笑い通しに笑いました。
●一緒に食べた人が楽しかったし(ありがとー)、総料理長の松本進也さん、副料理長の船越真人さん、スタッフの皆さんサイコーでした。やっぱり「和久傳男子」でカレンダー作らなくちゃー\(^o^)/\(^o^)/

室町和久傳」さん、9月にクラブエリーでもお世話になるし、わたしもまたまたお料理をいただきに伺います。

*****************
お料理をいただいているさなかにジョエル・ロビュションさん73歳で死去のニュースを知って、衝撃を受けました。まさかそんな重い病気でいらしたとは。功績を称えて、月並みながらご冥福を祈るしかありません。わたし自身は直接親交があったわけではなく、お店に行ったり、親しい友人がロブションさんの本の翻訳をする時に、訳語を一緒に考えてあげたりしたことがあったなーという程度ですが、それでもフランス料理の世界で輝かしい業績を残された方です。間接的にも恩恵をものすごく受けたと思います。フランスのニュースでも昨日来このことをずっと放送しています。ボキューズさん死去といい、ひと時代、ページがめくられたような感じですね・・・

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里