■ 界隈を歩き、夕食へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、ごきげんエリー@パリでございます。

●6月17日(月)到着後荷物を置いてひと息ついたのち、界隈を歩きました。まずはこちらへ。
今回借りたアパルトマンはコントレスカルプ広場が目の前というところ。ムフタール通りから広場を横切ればデカルト通り、辻邦生先生のお住まい跡の建物はすぐのところにあります。
デカルト通り37番地、このプレートが貼られています。
(ついでに、ヘミングウェイやポール・ヴェルレーヌやジェイムズ・ジョイスなどものこの周辺で暮らしています。)
以前来たのが2013年6月だから6年ぶりで、ご無沙汰ごめんなさい、なんとかやっています、時々ご本を読み返していますと気持ちの中でご挨拶をしました。学習院で先生の授業を受けたのはもう30年以上前なのにきのうのことのようにいろいろの記憶がよみがえり、ここで執筆なさり、界隈も歩かれたのだなと思うと目が涙になってしまって困ったww
14歳で辻先生の本(新潮文庫でまず「夏の砦」「廻廊にて」)を読んだのが始まりで、わたしはフランス向きになりました。べったりフランス専門でも、あるいは文芸の方向に向いたわけでもないけれど、でも通奏低音のようにフランスがある人生になりました。
●アンリキャトル(リセ)の門が開いていたのをいいことにちょっと中を見せてもらったり、クロヴィス通りやサントジュヌヴィエーヴ通りやら、アンパス(袋小路)やら古い細い小路を縫うように歩きました。

●20年以上前に勉強しにきたソルボンヌ前を経由して、
●サンミッシェル大通りを渡ってラシーヌ通りへ。前回1月滞在時にブイヨン巡りをして楽しかったので、まずはブイヨン行ってみるかと「ブイヨン ラシーヌ」へ行ってみるも、予約でいっぱいと言われてしまった・・・「わたし食べるの早いし、必ず1時間以内でおいとまするから、空いている席のどこかに座らせて♪」とお兄さんに頼んでみるも、予約のPC画面を見せられて「あのね、この通りなの、今日は89人来るの、あなたがそこにもしすわっても30分ほどで来ちゃうの」と言われてあきらめるしかない( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
●それなら昔なじんだ店に行きましょう♪と近場でいいお店に行きましたよっと♪  次の投稿で。
●それとこれ今回初めてよく見ました。バス停で充電ができます! よいサーヴィスですねー\(^o^)/\(^o^)/

**********************************

今回の日程:2019年6月17日~6月26日

今回の計算:1ユーロ 125円

今回の記録は 2019年6月 Paris パリ でひとまとまりになっています。

2013年からのパリの記録:時々パリ
**********************************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里