■ 夜の散歩、レオミュール通

■ 全国100万人の読者の皆さま、エリー@パリーでございます。

「ラ・レガラード」のコンセルヴァトワール店を出て、少し歩いた記録です。少しでもないか(笑)

IMG_8101

●「ラ・レガラード」の入っているHotel de Nellを出て見上げたところ。これで22時過ぎ。いい感じに暮れていく頃です。

IMG_8102

●「シャルティエ」のネオンサイン、変わらずです。

IMG_8105

●「ミュゼ・グレヴァン」のエントランス。カメラを向けたらこのお兄さん、ポーズをとったよ。笑笑

IMG_8110

●いつも歩くパサージュ パノラマが、夜はこんなのね。レストランがテラスを出していて、人があふれかえってすごい喧噪。昼間とは全く違う雰囲気。19世紀風情にうっとりするより、ひえー、早く抜けようと。

IMG_8111

●新しいお店もいろいろできていました。またゆっくり昼間に。

IMG_8114

●あわわ。パサージュ パノラマの、サンマルク通側の出口はこんな状態~~ 北側とあまりの違いです。

IMG_8116

●少し南下して、Bourse,証券取引所です。本当にきれい。やればできるフランス。この向かいにAFP通信もあります。Agence France Presse.

IMG_8124

●見事な円柱。

IMG_8128

●そうだ、レオミュール通に面しているのだと気づき、もう少し歩こうと思いました。

IMG_8125

●大好きかっしー、鹿島茂先生の本で読んでおぼえてきた界隈です。オスマン知事失脚から30年以上たった1902年、パリ市はより独創的で芸術的なファサードを奨励、ファサードコンクールを実施したそうです。(鹿島茂「パリの秘密」中公文庫)この結果できあがったのがレオミュール通の東半分で、このあたりに、20世紀初頭のアヴァンギャルド建築がかたまっているのだと。

IMG_8134

●ありましたー♪ 124番地、「パリジャン・リベレ」紙の社屋だったという建物。1905年の建造。まるで外置きのエレベーターが3台並んで停止したように見える出窓のデザインがおもしろいです。これ一度見たら忘れられないです。

IMG_8137

●装飾過剰、やるだけやったみたいな建物がどんどん続きます。

IMG_8142

●わたしがすごいと思ったのは、Sentier サンティエのメトロの駅。

IMG_8140

●ビルの一部がメトロの出入り口になっていて、こんな感じでこってりした装飾の中に作られているのです。

IMG_8141 ●見上げるとこんな。これは明るい時間にまた行かねば。ちなみにこれで22:40くらいです。
街歩きおもしろいわ\(^o^)/\(^o^)/

**********************************
今回の滞在は 2016年6月 Paris パリ でひとまとまりにしています。
今回の計算:1ユーロ 122円。(6月3週目に買った時の値段)
2013年からのパリの記録:時々パリ
**********************************