■ 7月1日(金) の記録

●全国100万人の読者の皆さま、エリー@パリーでございます。写真なしでごめんなさいですが、とりあえずテクストで、忘れないうちに記録です。

パリ4日め、今日は異国情緒でもびっくり建築でもなく(笑)、わかりやすくパリらしいところを巡りました。

●朝は昨日オデオン界隈で購入した惣菜で結構満足満腹に。

●昼前メトロで中心部へ。ルーヴル・リヴォリで下車、ギャルリ・ヴェロ・ドダをジャンジャック・ルソー通側から歩き、出たところにあるレストランで軽いひと皿デジュネ。Cafe de l’Epoque(時代カフェ)で、季節のサラダ 15ユーロとペリエ4.5ユーロ。サラダといってもすいかやメロン、アヴォカドに生ハム、モッツァレラにトマトと具材大ぶり量たくさんの山盛り。まずは満足。

●その店ではあえてデセールもカフェも頼まずさっさと出てきて、その足でサントノレ通を歩いてテュイルリの「セバスチャン・ゴダール」へ。前回の滞在時非常に気に入って、今回再訪です。2階のサロンでババオロムと紅茶(スパイス風味)で14.9ユーロ。

●Les Arts Décoratifs 装飾美術館へ。2展覧会見る。バービー展も、ファッションフォワード展もよかったー☆☆☆ とりわけバービーです、おもしろかった、楽しかった、芸の細かさに驚嘆しました。文化とセンスと技術が作り出したバービーちゃんたち、華やかで、かわいくて、おしゃれでした。9月16日までです。ご覧になれる方は、もう絶対にこれおすすめです☆☆☆☆☆☆

●ゆっくり2展覧会を見た後、サントノレ通に戻り、「ジャンポール・エヴァン」のリニューアル店に行こうとしたら、お店がない・・・少し奥まったところに引っ越ししていて、なんとーーー、サロンなし、売り場のみになっていました。ひどくがっかり。ショコラメニュー、何を食べようかとかなり楽しみにしていたのです。気持ちがショコラになりきっている、どーしたらいいのか?(*_*)(*_*)
●せっかく近くまで来ているので、ヴァンドーム広場を右手に見ながらもうしばらく西へ進み、オテル・コストのバラ専門店をしっかり眺めてきました。バラだけがただもう華麗にたっぷりお店じゅうに飾られていて、圧倒的な美しさです。
●次の目的地に向かって、サントノレ通を引き返します。どこかでショコラものを摂取しないと脚も痛くてダメです。(普段歩かないから脚が弱い。)いい具合に「Verlet」がありました。3年前に立ち寄ってとてもいい印象だったお店。店頭に、なんだか技ありのグラスやソルベが並んでおり、ショコラのソルベがおいしそう・・・ここなら間違いないと入ってそれ食べたら、ものすごくおいしかったです。ドーヴィルから仕入れているMartine Lambert というもので、生クリーム入れず、卵白だけ入れて作っているなどと教えてもらいました。ほんとよかった、こんなの知らなかったし、食べたことのない食感、でも非常に香味豊かなショコラのムース状の冷菓を楽しめて、すごくラッキーでした。感謝。また「Verlet」行きましょう♪
●レシェルL’echelle通、モリエールMoliere通と歩いて、フロマジュリーヒサダさんへ。フロマージュたっぷり買いました。重くて歩くのつらくなるくらい買いましたー!
●プティシャン通、パサージュ・ショワズール経由で、メトロ駅 ル・キャトル・セプタンブルから乗りレオミュール・セバストポルで乗り換えて帰宅。

●22時頃再度出かけて軽く夕食へ。

**********************************
今回の滞在は 2016年6月 Paris パリ でひとまとまりにしています。
今回の計算:1ユーロ 122円。(6月3週目に買った時の値段)
2013年からのパリの記録:時々パリ
**********************************