■ 最終日にまたパサージュ

■ 全国100万人の読者の皆さま、パリのパサージュ(屋根付きアーケード)を歩くことが本当に好きなエリーでございます。

滞在6日目、最終日の午後、最後にまた行きたいところはと言えばやっぱりパサージュでした。もう一度歩こうと。
IMG_9231

●メトロ駅、Grands Boulvards グラン・ブールヴァールに着いたら、2番出口を出ます。ミュゼ・グレヴァン出口を目指せばいいのです。

IMG_9298.jpga

●ここに出てきます。

IMG_9232

●前方左手に、パサージュ・デ・パノラマの入り口が見えています。前の道は、モンマルトル大通です。

IMG_8114

●ちなみに、いつも言いますが、反対側のサンマルク通側の入り口はこんな感じで、ひどく違います。こちら側から入る人は、「え、ここでいいのかな?」と思ってしまうと思う。

IMG_9238.jpga

●パサージュ・デ・パノラマでいつもつくづく眺めるお店。Graveurグラヴールとあるので、かつて製版とか印刷屋さんだったと思いますが、今はカフェです。2匹の剥製が迎えてくれます。

IMG_9235.jpga

●羽をつけた犬?おおかみ? いつもこれ見て笑いそうになって、よく似た顔の人いるなあと思う。ここのカフェにはまだ入ったことがありません。

IMG_9252.jpga

●北の方へ引き返して、パサージュ・ジュフロワ。たまらなく好きな場所です。アムール・ドゥ・ピエールってまず目に飛び込んできます。色のついた石のアクセサリーが、わりとがさっと売られているんだけど(笑)、これ買う人いるんかなあ?と思ったり。ごめん。笑。

IMG_9254●ところが見つめているうちに、わたしもここで何か赤い石を買おうか? と本気で思えてきたので不思議です。パサージュの魔法です。

IMG_9294.jpga

●ふり返るとホテル・ロンスレーのロゴ、その上の飾り、きれいなと思います。

IMG_9287.jpga

●突き当りはオテル・ショパン、左側には階段があります。

 

IMG_9285

●中ほどにサロン・ド・テがあり、初めて入ってみました。

「Le Valentin ル・ヴァランタン」ウエブサイト

IMG_9278.jpga

●子供の顔ほどもある大きなパルミエ。サクサクサクサクとほぐれます。たっぷりのバターと砂糖。カロリーかなり高かろうけれど(多分ご飯3~4膳分と思う)、天国的においしかったです。

IMG_9275

●ポットやカップと並べたら、大きさわかるでしょうか。これまたいただきたいです。パルミエ(3.4ユーロ)とアンフュージョンで8.5ユーロ。
ゆーったり夕方の時間をパサージュの中で過ごして、本当に時間の贅沢をしました。また来ます必ず。

51NRt1PtebL ■ パサージュ歩きの参考書はこちら。もう何度もアップしていますが、今回もこれを携えて行きました。

鹿島茂「パリのパサージュ」平凡社
91WDzyJ0CrL■ 飛行機で読んで来たのはこちら。紙の本だと664ページのぶ厚さ、少し読みかけてそのままになっていたこの大作を、行きの機内で一気読みしました。ものすごくおもしろかった上、勉強になりました。次のドーダの本も早く読みたくてしょうがないです。

鹿島茂「大読書日記」 青土社

**********************************
今回の滞在は 2016年6月 Paris パリ でひとまとまりにしています。
今回の計算:1ユーロ 122円。(6月3週目に買った時の値段)
2013年からのパリの記録:時々パリ
**********************************