■「エマニュエル・トッドで読み解く世界史の深層」

■ 全国100万人の読者の皆さま、本のご紹介でございます。

大好きかっしー・鹿島茂先生の最新刊、
エマニュエル・トッドで読み解く世界史の深層
ベスト新書 830円+税
EU離脱にトランプ政権樹立とあまりにもトッドさんの予言が当たるから、「予言者現る」みたいにジャーナリズムでは言われるようになったけれど、「予言」などでは全くない。
*****************
なぜかといえば、(中略)専門としている家族人類学と人口動態学から割り出した数字にもとづいて、蓋然的な予想を述べているにすぎないからです。(p11から引用)
*****************
エマニュエル・トッドさんとは? から説明されている本です。
「世界のあらゆる問題は、トッドの理論で説明ができる 」とのことで、世界史の謎、日本史の謎・・・と、ものすごくおもしろそう。今から読みます。
http://amzn.to/2qvX1VO
(まだ紙の本のみです。)
*****************
(以下アマゾン画面より貼り付け)
トッド理論から、次のような問題の深層が見えてきます。
●トランプ政権誕生は民主主義の理にかなっている ●イギリスのEU離脱を促した隠された理由 ●歴史を動かす最大の要素「識字率」と革命 ●フランス革命が起きたのはなぜ? ●イギリスで産業革命が起きたのはなぜ? ●ヒットラーが誕生したのはなぜ? ●織田信長の延暦寺焼討ちの真相 ●ヒーロー坂本龍馬誕生の隠された理由 ●明治政府が天皇を頂点に置いたのはなぜ? ●フランスでイスラム系テロが頻発する理由 ●見せかけのアメリカ平等主義 ●2023年、中国が崩壊する日 ●学歴はもはや収入に結びつかない! ? ●日本会議と忖度社会ニッポン
*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************