■「いまから なかじん」比類なきコース

■ 全国100万人の読者の皆さま、「いまから なかじん」さんが本当にすばらしい。ますます比類なき、唯一無二の料理をされると思ったエリーでございます。

●先週の週明けいちばん、お昼に夜コースをしていただきました。夜行きたいなあと思っていたところ、たまたま緊急事態宣言発令後、他のお客さまがキャンセルされたそうで、「昼に夜コース」がかなって本当にラッキーなことでした。

以下、12000円のコースです。

(写真を撮る間だけマスクをはずしていただいています。)

●まずこれ\(^o^)/これをいただけて本当にうれしかった、にんじんのかき揚げです。さくさくさくの口あたり、香りと甘さも鮮烈で、実においしかった☆☆☆
前回これをいただいたのは昨年3月で、今回もお願いすべきか思案していたのです。よくわたしの希望を推し量ってくださいました<(_ _)><(_ _)>

●前菜盛り合わせです。

●お雑煮、と出てきたのがかしら芋のすり流しで、揚げたからすみ餅入りでした。

●しらさ海老のフライ

●これも毎回楽しみな天国のチキンカツ。こんな食感のチキンカツ、よそで食べたことがありません(*_*)(*_*)

●野菜が息をしているようなサラダ。れんこんチップパリパリと。サラダひと皿で感動深い。

●ライスコロッケと出されたのが、

●お正月でお赤飯と。なんてオリジナル。初めての味でした。

●穴子フライを、山椒ソースで。

●前菜と一対になる、後菜ということで、ふきのとう天ぷら、小松菜としいたけの胡麻和え、もち銀杏。

●車海老を、

●雲丹タルタルでいただきました。ソースも添えられました。

●なんと麺が復活で大喜びしました。

●今回はれんこんの粉から作られた麺ということ。つるつるもちもち、食べて心地いい麺でした。

●さらに、ふんわりふわふわの炒飯を作ってくださって、もうもう大満足です。際限なく食べたかったけれど、わたしはお腹いっぱいいっぱいになっていたので気持ちを残しながら一膳だけにとどめました。

でも一緒に行った人が、おかわりしてもりもり食べて、がぶがぶ飲んでいたからうれしかったー。

●本当に満腹状態だったので、デザートはすっきりとカフェにしました。「カフェ・ヴェルディ」さんによるオリジナルブレンドを一杯ずつ丁寧に淹れるもので、最後まで安心のおいしさでした。

●中村一臣さん、薫さん、今回もありがとうございました<(_ _)>

何もかもがこの上なく美味、かんぺきのぺき子ちゃんというおいしさでした。
(写真を撮る間だけマスクをはずしていただいています。)

●「いまから なかじん」さん、来月クラブエリーでまた伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「御倉屋」夕ばえ

■ 全国100万人の読者の皆さま、久しぶりにこれをいただきほっこりしたエリーでございます。

●「御倉屋」(みくらや)さんの代表銘菓、夕ばえです。

●口に入れるなり、ほろほろくずれるのです。ふわりといい香り、上品な余韻。

「卵黄を混ぜ込んだ白あんを丸めて焼いたもので、ひび割れはなりゆき」と以前取材時に伺っています。この美しい焼き色といい、なんて風雅なお菓子でしょう。

これいただくのは久しぶりで、やっぱりしみじみおいしいなあ~と思いました。

大宮交通公園の近く、先日のクラブエリー@「仁修樓」さんが終わってから、この機会を逃さじ~と伺いました<(_ _)>

(歩いて2分くらい。)

他にもいただきたいものがありました。また必ず。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「麩嘉」冬の黒豆あん麩饅頭

■ 全国100万人の読者の皆さま、麩饅頭に心を奪われたエリーでございます。

●これおいしかった\(^o^)/\(^o^)/
冬季限定黒豆あん麩饅頭@「麩嘉」さん。つるりと口当たりよく、中のあんもじわーっとおいしかった(^o^)基本的に粒あんは好きではないけれど、でもこの黒豆あんおいしいと思いました。
黒豆あん麩饅頭の詳細はこちらにあります。

●いつも出かけるのは錦のお店。麩饅頭と、たいてい「山利」さんの白味噌を一緒に購入しています。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■ 東京これで終わり:また行きます

■ 全国100万人の読者の皆さま、エリー@東京でした。

東京シリーズ8回で、これが今回の最後の投稿です。

●新幹線、京都→東京、往路です。富士山見えたー\(^o^)/\(^o^)/

●東京→京都、帰路です。絶妙に雲がかかっていました(^o^)(^o^)残念。

わたし、新幹線のチケットを取る時、「とにかくD席」と思っていた理由を思い出しました。

長らく東京-京都の往復をしていなかったから、なんで窓際でもA席ではなくD席なのか忘れていたのだけど、富士山チェックだったのでした。新富士のあたりです。

●知っていたけれど驚いたシリーズで、東京駅構内の「グランスタ」の充実ぶり\(^o^)/\(^o^)/ 

お店いろいろ軒を連ねて楽しい! 早くこうしたらよかったのにと思う、、わたしがさんざん新幹線往復していた頃こんなだったら、どんなによかったでしょう。

「ブルディガラ」、京都駅にもあるけれど、これはTOKYO カレーパンのアレンジ形で、バターチキンカレーパン。帰ってきてから撮影、試食。

インパクトありました。おいしかった\(^o^)/\(^o^)/

*****************

●あまりに久しぶりの東京だったので、変貌に衝撃を受けることが多かったのですが、2012年に何日か滞在して以来(2017年4月の日帰りを除いて)8年間も行かないというのも極端なことだったなあと。(しかしその間にフランスに12回出かけた。それで気持ちも時間もお金もいっぱいいっぱいで。)いま問題になっているGo Toだけど、でもフランスに行けないのとGo Toのおかげで先日の箱根、そして今回の東京と出かける気になって、まあやっぱり時々は東京も行くもんだと思いました。25年過ごした場所の記憶は、全然抜け落ちることないなあとも。

●中央公論社時代、前と後ろに座っていた人たち(いずれも女で同い年)が、すでに物故者になっていることも思い出し、生きているだけで得なことだとも思いました。好きなところに移動して暮らせて、またこうして戻って来られるのもいいのではないかと。懐かしいとか、なくなってショックなどと言って感情を上下させられるのも、生きていればこそなのだと。

●東京では、自分の歩く歩幅とスピードが全く違っていました。それは無意識のことだったのだけど、ある時、メトロの乗り換えですごい勢いで歩きつつ、「そうだった、東京での歩き方はこうだった」と強烈に思ったのでした。京都で歩く時とまーーったく違う。無意識のことでした。そもそも京都では歩かないもんね。自転車で移動するばかりで。

●東京また行きます。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■ 東京続き:山の上ホテル

■ 全国100万人の読者の皆さま、エリー@東京でした。

お茶の水方面へ出かけたのはここにも行きたかったからです。

山の上ホテルです。

千代田区神田駿河台1-1

このあたり、アテネ・フランセに週に3度通っていた時期もあり、御茶ノ水駅から目をつむっても歩いて行けるくらい馴染みの場所です。

ホテルはアールデコ式のデザインで、ウィリアム・メレル・ヴォーリズさんの設計ということ。おっとり、こぢんまりした35室のホテルです。

●しかしショックだったなあ・・・本館の向かいにあった別館はもうなくなっていて、公園というか、広場になっていました。明治大学のキャンパスの一部ですね。

話には聞いていたけれど、目の当たりにしてショックという今回何度目かのパターンです。

別館の方に、わたしはより多くの思い出があって・・・学生時代、ある先生の翻訳を手伝い、原稿を届けたりしては、ロビーでお茶をご馳走になったり、「アビアントー」でお料理をいただいたりしたのです。

文化人のホテルといわれる通り、雑誌でお顔を拝見したことがある作家の先生や翻訳家の方々が出版社の人とおぼしき人と打合せをしているのをよく見かけました。アカデミックな雰囲気、すごいなーと憧れを持って眺めたのでした。

38年前くらいの話。時間は不可逆だ、、という思いに打たれました。今普通に過ごしている毎日の日々も、過ぎてしまえば戻らない時間なのだと思えば、ありがたく大切に生きておかねばと。大事にするべき人を大事にして、友人、知人にも感謝して丁寧にすると。

●このロゴよ。うるうるします。(T_T)(T_T)

●「コーヒーパーラーヒルトップ」でなつかしい水出しコーヒー。

以前は、「てんぷらと和食 山の上」の入り口横にあった細い階段を下りて行く道順が大好きだったのだけど、今はコロナ対策で入り口を一箇所にしているということで、側面からの入り口も閉めていて、あの階段を下りることはできませんでした。

あまりに久しぶりに出かけたので、万感の思いに包まれてしまったけれど、また伺います。今度は軽い気持ちでまた食べに行きたいと思います。

●おみやげものが揃っていました。お菓子がたくさんありましたが、わたしは持ち歩きやすい、このビーフカレーとハヤシソースを購入してきました。文化人のカレーよ(^o^)/
●物販コーナーができていました。

●「コーヒーパーラーヒルトップ」を出て、錦華坂、錦華公園。書店街へ向かう道です。

*****************

★山の上ホテルの話。

wiki先生によると、

***********
●別館は1970年にできて、74室を擁した。(本館は35室。)
●別館、2014年に閉鎖、9月に明治大学に売却。

***********
別館は44年間の営業だったわけですね。
わたしがしばしば別館に通ったのは1982年春から。

いい時代だったと思います。
部屋数に対する飲食店の数が本当に多かったホテル。
現在は35室の本館のみ。Go Toにも参入。予約取りづらいのがわかりました(*_*)(*_*)
*****************

次に続きます。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「菱岩」折り詰め

■ 全国100万人の読者の皆さま、秋の折り詰めを楽しんだエリーでございます。

久しぶりにこちら。

●「菱岩」さんの折り詰めです。「花」、5400円。

いいものを食べさせてくれた人に御礼しましょとこれを届けることにして、わたしもいただきますよっと\(^o^)/\(^o^)/

花見でも歌舞伎でもなく、うちでジミに食べたんだけど、でもおいしかった(^o^)/☆☆☆

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「仁修樓」2020年11月

■ 全国100万人の読者の皆さま、週初め、「仁修樓(にんしゅうろう)」さんで圧倒的な美味を楽しんだエリーでございます。感動深かったです。

先月はクラブエリーでもお世話になりました。その時は着席しなかったわたし、今月お料理をいただくことをとても楽しみにしていました。

●地鶏の手羽、中にふかひれ入り。

●前菜盛り合わせのお皿これだけでも心に響くおいしさです。

●とりわけ、定番の雛鶏の蒸し鶏。この柔らかさ、なめらかな食感、じゅわーと広がる鶏肉の旨み、そこにねぎ生姜の香味が実によく調和して、比類なく旨いと思います。

●帆立貝柱。紹興酒漬けにして、焼いたのもの。ここでこれ初めていただきました。じわじわじわとおいしかったおいしかったおいしかった、、

●このスープで完全に天国にいきます。どの時空にいるのかもうわからないというか、どうでもよくなります。

熱々で、身体に染み入る滋味にあふれて、もうもうしみじみ、圧倒的に旨い。

●ベースになる上湯スープ仕込み2日目というのを味見させてくださいました<(_ _)>

●いつもの広東風鶏肉、鶏肉ローストにじゃんじゃん油をかけて「煮えを飲ます」(笑)店主の上岡誠さん。

(注、正しい使い方ではありません、念のため)

●外側パリパリ中しっとりで旨みたっぷり。

あああああああああああおいしい。旨旨旨旨旨旨旨の鶏肉です。

またやるよこれ(^o^)

旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨
旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨
旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨
旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨
旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨鶏旨旨旨旨
旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨旨

一箇所違う文字が入っていますよっと\(^o^)/\(^o^)/

●海老はココナッツ風味で出してくださいました。ここで初めての味。

これもおいし☆☆☆

●ふかひれのスープ、見てよこれ。天国の味です。上品ながら心をつかまれてしまって、もうひれ伏すしかないほど旨い。

●やっといただけた炒飯\(^o^)/\(^o^)/

●杏仁豆腐、トッピングにフローズン洋梨。

プレーンで所望した人、山盛りのせてもらった人、わたしは少しだけのせてもらいました。かなり冷たいから。

紹興酒風味のカラメルソースが粋です。

●かぼちゃのタルトが最後に供されました。

コースのすべてのお料理、こんなにかんぺきな美味があるのか?というおいしさでした。

●味のわかる人たち、わたしが全幅の信頼を置いている人たちと一緒にいただきましたよっと(^o^)/

仁修樓(にんしゅうろう)」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ナンポルトクワ」栗のタルト、モンブラン

■ 全国100万人の読者の皆さま、栗の季節ですが、のお菓子に、りんごほどには熱中しないエリーでございます。血道を上げるということはない。

けれど、「N’importe quoi ナンポルトクワ」さんが新しい栗のタルトを売り出されたと伺って、試さずにいられたでしょうか?

(いいやいられはしなかった。)

●これです。栗のタルト 540円。

クリームがラム酒の香りでよいです(^o^)

タルト生地の中にもごろんと栗の実入り。みっちり食べ応えのあるタルトです。

●そしてモンブラン 570円 です。

これは他のモンブランと全く違います。

昨年書いたこの通り

ひと口だけ試食なんて言っていても止まらないです。

食感も香りも味も、見事な調和、粋、おしゃれ。

N’importe quoi ナンポルトクワ」さん、また伺ってこれをいただきたいと思います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「amagami kyoto(アマガミキョウト)」の秋

■ 全国100万人の読者の皆さま、あちこちの秋の味を楽しむエリーでございます。

お笑いカフェ「Okaffe kyoto 」、オカフェさんのお菓子部門、

「amagami kyoto(アマガミキョウト)」さん、(初回記事)

に秋になってから初めて伺ってみたら、見事に季節を映したヴァージョンになっていました。

●ショーケースはこんな。シュークリーム専門店ですが。シュークリームの形をした、ヴァリエーション多彩なパティスリという風情です。

●曲げわっぱ入りでプレゼンされていました。

●基本はカスタード280円。まずはこれをいただきましょう(^o^)/

●そして定番の中から、わたしは何といっても、抹茶ショコラをいただかないではいられません。

●これがおいしいのだなあ\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

抹茶の香り、なめらかなクリーム、ちょっと硬めのシュー。

よいです。

●これもまたおいしいのだ(T_T)(T_T)

ショコラです。半分だけ味見して、なんて思っていても止まらない。

●そしてこれが秋の新商品、モンブラン 460円です。

シュークリームでモンブラン、粋なことです。よかった\(^o^)/

●他にいちじくや、

●「オカフェ」さんらしく、珈琲なんていうのもありました。

●こんな風におみやげを買いましたよっと\(^o^)/\(^o^)/

風情がいいのは曲げわっぱ入りですが、形保持、崩れず持ち運べるのはきっちり箱詰めということで、箱で持ち運んだら、本当に全く崩れることなく、きれいな形のままで届けられたのでした\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

*****************

「amagami kyoto(アマガミキョウト)」

電話 075-351-2011

京都市下京区上柳町315-11
綾小路通と仏光寺通の間の、細い縦の通りに面しています。

烏丸通より1本東の縦の通り。

11時~18時

木曜休み

テーブル8席

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「ブノワ京都」カスレ、クックポット

■ 全国100万人の読者の皆さま、「Benoit Kyoto ブノワ京都」さん訪問4度目のエリーでございます。

未アップの写真がたくさんありますが、来週に「ブノワ京都」さんでクラブエリーを控えていることもあり、先に出します。

この夜のわたしの選択は正しかった\(^o^)/ ほんとーにおいしかったのです\(^o^)/\(^o^)/

●クラブエリーの打ち合わせもあり、他の2名より早く、夕暮れ時に入りました。

●前菜にこれ。弓削牧場のもち米のクックポット、きのことハーブのコンディマン。

もち米の加減、スープのしみ具合が絶妙で、これフランス料理とは思えんww けれどものすごくおいしかった\(^o^)/

●これは「シェフのおまかせコース」の方を選択した○っちの、かぼちゃと旬のきのこのクックポット、ロケット菜のコンディマン。

これもよかった、、(T_T)(T_T)

●わたしのメインはこれ、たらのヘーゼルナッツ焼き。

ソース部分はグリーンカレー風味でたまらん。マンゴーチャツネとトマトのクーリで、ほんとーーーにおいしい(T_T)(T_T)

●別添えでこのお皿が付きました。セロリとマンゴーチャツネ。

●Tちゃんが選んだのは鴨のロースト、ビーツ、ソースドルチェフォルテ

焼き加減ジャストな鴨肉に、甘酸っぱいソースがよく合って、実においしかった(T_T)(T_T)

●デセール、わたしの選択はガトー・モワルー・ショコラ。

ショコラがあればショコラでしょう\(^o^)/

●(これは前回の写真なのだけど、)Tちゃんが選んだデセール。サヴァラン、アルマニャック、シャンティイ。

●サーヴィスの本隆博さんが切り出して、アルマニャックをだばだばと浸すようにかけて、シャンティをのせてくださいます。

これ旨いったらないのだ(T_T)(T_T)(T_T)

●じゅわじゅわとアルマニャックが染み出してくるし、とろりとなめらかで香りのいいシャンティがからむしで、もうもう天国ね。

●食後はヴェルヴェーヌのアンフュージョン。

●お茶菓子に焼きたてのマドレーヌです。これもよいです☆☆☆

*****************

★クラブエリー@「ブノワ京都」さん、来週19日(月)と21日(水)です。

まだお入りいただけます。ご希望の方どうぞ\(^o^)/

*****************

●以下はアップできていなかった、9月半ばの夜の料理。

遠方より友人来たる、また楽しからずや。な晩でした。

●前菜に、ニース風サラダ。

●カスレ・ブノワ風。肉の下に白いんげん豆がみっちりと。

この後デセールは、サヴァランをいただいたのでした。

*****************

●話戻って、今回の「ブノワ京都」の後はもちろん「K36」へ。

●テラスのソファ席、暑くもなく寒くもなくほどよい気温で気持ちよく過ごせました。名物ジントニックを飲んだ人、白ワインを飲んだ人。わたしはオレンジジュース・・・なわけはなく、サイドカーをしゅわしゅわとロングにしてもらったもの。これが本当に好き。しばしゆったり寛いで、時間の贅沢をしました。Tちゃん、○っちありがとー(^o^)(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************