■ 6月30日(木) 午前~午後の記録

■ 全国100万人の読者の皆さま、エリー@パリーでございます。
6月30日(木)、午前~午後の記録です。(とりあえずテクストで、忘れないうちに記録です。)

●朝の遅めにアパルトマン出る、メトロでFilles du Calvaireへ
●「ポワラーヌ キュイジーヌ・ドゥ・バール」へ。
ソモンフュメ(スモークサーモン)のタルティーヌ、サラダ、発泡水、カフェクレーム

●ゆったり過ごして「ポワラーヌ」を出て、同じFilles du Calvaire通を戻り、

ベントーの店やすごい剥製専門店を眺める。Cirque d’Hiver シルク・ディヴェール(冬のサーカス)に冬にまた来たいと思う。

メトロで移動、レピュブリックで乗り換える。

●昼ごろ レオミュール・セバストポール着。

市庁舎かと思う威風堂々たる建物(奥行き笑うほど短い)、少しセバストポール通り側まで行き、ハデな建物撮影、

細い道(Passage Basfour パサージュ・バスフール、あるいは発音バフール? パサージュという名称だが屋根はない)
例のエレベーター3基型のビルや、サンティエのメトロ入り口を昼間にどうしても見たくてレオミュール通を歩く。

●モンマルトル通 Rue Montmartreまで歩き、引き返してモントルグイユ通 Rue Montorgueil を南下。

パティスリで水を買ってテラスでKindleで「パリの秘密」の「ロシェ・ドゥ・カンカル」の部分を読み直す。

●「Au Rocher de Cancale オ・ロシェ・ドゥ・カンカル」眺める。バルザックが通い詰めたという店の、レプリカ店。

(鹿島茂「パリの秘密」より「一世紀を経た”まがい物”」 レプリカ店にしてもすごい、という話。)

●「Stohrer ストレール」モントルグイユでお約束のパティスリ。

●メトロで20分でエチエンヌ・マルセルからいったん帰宅。

何ともラッキーなタイミングで帰宅・・・というのは、その直後かなり強い吹き降りになったから。
**********************************
今回の滞在は 2016年6月 Paris パリ でひとまとまりにしています。
今回の計算:1ユーロ 122円。(6月3週目に買った時の値段)
2013年からのパリの記録:時々パリ
**********************************