■「実伶」で一品料理の夜

■ 全国100万人の読者の皆さま、客人東京より来たる、で一品料理の「実伶」さんに出かけたエリーでございます。先週末の夜の話です。来られたのはこの方々・・・

img_4925-jpga

■ 泣く子も笑う文藝春秋の西川清史さんと、お酒に強い電通の吉崎圭一さん、京都映画祭で京都にいらっしゃいました。

いやもう、笑う気まんまんで出かけて、やっぱりキヨシさんの話があまりにおかしくて笑いくずれました。いくつかは定番で予定調和で笑う話もあるんだけど、それでもリピートするに値するアホらしさとおもしろさ。しかしお店と他のお客さまにはうるさくてとてもメーワクだったでしょう・・・ごめんなさいでした<(_ _)><(_ _)>

■ お料理は食べたいもの選んでいただいて、わたしはお相伴にあずかりました。ほんとおいしかった夜☆☆☆

img_4880-jpga

●鱧と松茸の土瓶蒸しに、

img_4886-jpga

●松茸天ぷら。

img_4897-jpga

●牛肉よ赤身よビフカツよ\(^o^)/\(^o^)/

img_4885

●ビフカツの準備をする店主の中尾雄三さん。

img_4889

●揚がったビフカツをカットする雄三さん。カウンターとまな板の高さが同じで、手元全見えです。このカウンターの前で、

img_4906

●炊けたご飯もプレゼンしてくださいます。

img_4908-jpga●キヨシさんは首をうにゅーと伸ばして、ご飯をのぞき込みます。( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

img_4916-jpga●白ご飯、つやつやのピカピカで、ほんとーーーーーにおいしかったです。山盛りのお漬物と一緒にいただきました。キヨシさんはもちろん最後はお茶漬けにしていらっしゃいました。

img_4875

●他にいただいたものです:お店からの先付に、

img_4878

●茄子の冷製。

img_4879

●いちじく胡麻だれもいただき、

img_4902

●海老芋の炊いたのをご飯の前に。

img_4919●最後にフルーツ、和歌山の柿をいただきました。 

何もかも、かんぺきのぺき子ちゃんにおいしかったです♪

4人でほんと楽しかった夕食、キヨシさま、皆さまに感謝いたします<(_ _)>

前回の「実伶」さん記事

*****************
「実伶」みれい
電話 075-251-2007
京都市中京区竹屋町通室町東入ル南側
12:00~13:30、17:00~22:00LO
水曜休み
カウンター8席、個室4席 全席禁煙
2016年5月8日開店
*****************

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************