■「実伶」でこっぺ蟹☆☆☆

■ 全国100万人の読者の皆さま、こっぺ蟹大好きなエリーでございます。

ひとつ前の記事で出した撮影の1日の、夕食の話。

遅い時間スタートOK、一品で注文可能なお店と考えて、東京からの2名の方と一緒に「実伶」(みれい)さんで夕食。

おのがじし好きな道を歩むことにして、わたしはこっぺで始まりこっぺで終わるというのをまたやることにしました☆☆☆
(先日はこちらでこんなだった。)
img_6980-jpga

●お店からの先付は、おしゃれな洋梨ジュレをかけた酢の物で、小蕪とほうれん草甘酢漬け、車海老。

img_6985-jpga

●まずは問答無用でこっぺ蟹、

img_6986-jpga

●お造りは天然鯛、新物さより、戻りかつお

img_6993-jpga

●海老芋蟹あんかけ(どこまで蟹食べるねん? な注文)

img_7001-jpga

●店主の中尾雄三さんです。「実伶」さん、オープンして半年ですでに堂々たる人気店です。

img_7003-jpgb

●最後にこっぺご飯です\(^o^)/

img_7010-jpga img_7011-jpga

●ものすごい量、こっぺ蟹が入っていました。米1合に対して、こっぺ蟹2杯!! ふわふわふわふわで、蟹の身やたまごでご飯が覆い尽くされるほどで、ほんとーーーにおいしいと思いながらいただきました。

店主の中尾雄三さんありがとう、おかげでこっぺ蟹を堪能できました<(_ _)><(_ _)>

img_6994-jpga●二番手おっしー=押川紘一郎さんもめざましいお仕事ぶりでした。
そしてなんと、もうひとり、若手が加わっていました。タカシさんというの、23歳、しっかり和食の道を進んでいってください\(^o^)/\(^o^)/

「実伶」さん、楽ちんでとてもおいしい一品料理が楽しめて、雰囲気も明るくて陽気になれて、ほんとにいいと思います☆☆☆

また伺います(^o^)/

前回の「実伶」さん記事
*****************
「実伶」みれい
電話 075-251-2007
京都市中京区竹屋町通室町東入ル南側
12:00~13:30、17:00~22:00LO
水曜休み
カウンター8席、個室4席 全席禁煙
2016年5月8日開店
*****************
*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************