■ お菓子散歩に城壁跡!

■ 全国100万人の読者の皆さま、帰国していますが、

引き続きエリー@パリ話です。

**********************************
今回の滞在:2017年2月20日~2月28日午前帰国

今回の滞在の記録は 2017年2月 Paris パリ でひとまとまりにしています。
今回の計算:1ユーロ 122円。(2月3週目の値段)
2013年からのパリの記録:時々パリ
**********************************

■ 先日のパリの記録、あとまだ少し続けます。サイトに留めておきたい、訪れたところ、眺めたもの、驚いたこと!

■ これ今回初めて見て(認識して)、驚いたことのひとつです。

6区、メトロのオデオン駅を地上に上がって、サンジェルマン通りを横断して、小さなパサージュ内にこのお店があります。

● 「Un Dimanche à Paris アン・ディマンシュ・ア・パリ」、パリでのある日曜日、という名前で、ショコラもの充実のお店です。わたし以前ここに2度来ています。ショコラショー飲んだりグラス食べたりしています。その時全く気がついてなかったのです。

●カカオをテーマにしたお店ですから、わたし好きに決まっているのよ。

●その店内に、この巨大な柱というか、見張り塔の根元ですね、こんなのがあったのです。仰天。

これなんと、フィリップ・オーギュストの城壁跡の一部だったのです。(*_*)(*_*)

前回訪問の、マレ地区のこれ、この続きですね。

★しかし、いまアップしながら、これほんとかなと思えてきました(*_*)(*_*)

Cour du Commerce-Saint-André と確かにフランス版ウィキ先生にあるけど、こんなに完璧な形で?これは上から何か塗ってきれいにしていると思うけれど。

これちょっと調べます。。

●エコール・ミリテールの駅を上がったところで迎えられるのはこのウィンドーです。

「茶色いお菓子しか食べません」と言いながら、華やかなお菓子にははやり目を奪われます。食べたいと思わないけれど、これはきれいだわ・・・グルマンなエクレール  ア ロランジュだって。7.5ユーロって、900円以上ww やっぱりかなりリュクス、贅沢なエクレールといえましょう~

●オレンジのコンフィチュールなんだけど、おしゃれです。

●御大「ルノートル」さん。今回全然行ってないけれど、「ルノートル」とか「アンジェリーナ」とか「フォション」とか「ダロワイヨ」とか、その手の有名ブランドの華麗なサロン・ド・テにまた行きたい気持ちになりました。次回ね。

●「ルノートル」の先、大好きなCler クレール通りに折れます。

●商店街の通りです。ちょっと高級感もあって、いい界隈。「Davoli」のある通りでもあります。

●「マリアージュ・フレール」はここに前からあったか?? きれいなお店でした。

●京都にもBALにあるけれど、表敬訪問しておきました。

●ギャルリ・ラファイエットのメゾン館で、「ダロワイヨ」のマカロンです。「カレット」はPyramide だったけれど、

●こちらは単にcône 円錐形 と。取って食べようとする人がいるんかなあ。これはサンプルですって書いてあります。笑。factice =作り物の,まがいの。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************