■ りすのろ:豚肉シャルキュティエールソース

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろ報告のエリーでございます。

2021年2月28日(日)18時30分~20時、「リストランテ 野呂232回目。

先週の白アスパラガスに続いて、ほたるいか、筍と春の食材をいただいて喜んだ夕食でした。

そして何より、この日はお願いしていたスペシャルメニューがあって、楽しみに出かけたのでした。

*****************

●伏見の山田さんの大根のポタージュ、コンテとオリーヴオイル

●くり抜いたデコポン釜に、ほたるいか、白アスパラガス、トマト、ストラッキーノ。デコポンの実。
●炙ったとろ、雲丹、下に筍
●三重県桑名からの白魚のフリット、原木椎茸のフリット
●京丹波高原豚のシャルキュティエールソース
●海老と九条葱のスパゲッティ
●ほうじ茶のセミフレッド
●黒豆茶
●飲んだのは熱いお湯と赤ワイン
***************** 

●伏見の山田さんの大根のポタージュ、コンテとオリーヴオイル。

コンテが溶けてとろっとして、オリーヴオイルが香りを添えて、旨いったらないです。

●いただきもののデコポンがあったので持って行ったら、たちどころにひと品に仕立ててくれたので喜びました(^o^)/
●くり抜いたデコポン釜に、ほたるいか、白アスパラガス、トマト、ストラッキーノ。デコポンの実。
これはとしちゃん=大針俊哉さんがあっという間に作ってくれて驚嘆、本当にいいバランスでおいしかったです。
●炙ったとろ、雲丹、下に筍
●三重県桑名からの白魚のフリット、原木椎茸のフリット。
からすみをすりおろしたもの。
サクサクと、実に食感のよかったフリットです。
●そして今日のスペシャル、
京丹波高原豚のシャルキュティエールソース
コルニション(ピクルス)を混ぜ込んだソースの酸味が豚肉の旨味を引き立ててたまらんおいしさでした。豚肉じたいがまたおいしかったー(^o^)(^o^)☆☆☆
これは特にお願いして作ってもらったもので、
もとはこれ、
●「オテル・ドゥ・ミクニ」さん、三國清三さんの動画で見た豚肉のシャルキュティエールソース があまりにおいしそうだったから、動画を見てもらってお願いしたわけです<(_ _)><(_ _)>
●ものすごくおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
三國清三さんにも感謝です(^o^)
●この動画です。YouTubeに飛びます。
豚肉のシャルキュティエールソースの作り方
●海老と九条葱のスパゲッティ
先週のリゾットがおいしかったのでそのパスタ版してとお願い。海老とトマトソース、飽きない間違いないおいしさです。
●食後にほうじ茶のセミフレッドと黒豆茶をいただいてごちそうさまでした<(_ _)>
●緊急事態宣言下でもこれだけメニュー揃えてすごいなと思っていました。やっと明けてよかった☆☆☆
思う存分仕事ができるということが大事です。
●ほたるいかと白アスパラガスのパスタ食べたい、、今度ね。
●こんなんしてました。もう締め切ったらしいけれど、いいなあ食べたい。以前の1500円のちらし寿司はだいぶ量感がありましたので、これは少し小さめの仕立てということです。

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO

現在夜の営業は17:00~20:00閉店
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席12席
2017年6月13日開店
************

ウエブサイト

リストランテ 野呂
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

前もっての予約でコースも可。8000円~(税別)。

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里