■ クラブエリー@「日本料理 とくを」まかないカレー

■ 全国100万人の読者の皆さま、先日のクラブエリー報告でございます。

7月第3金曜のクラブエリー@「日本料理 とくを」さんです。

●今回のクラブエリースペシャルはこれ。

〆ご飯がカレーでした。
これが牛肉たっぷりたっぷりで、
もうほんとーーーに、旨い旨い旨い\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
●「とくを」さんのまかないカレー、
冷凍で販売もされています。
200g 1100円。価値あります(^o^)☆☆☆
色が近すぎて、パックがけやきのカウンターに溶け込んでいますが(^o^)おみやげに購入いたしましたよ之図。

●先日はクラブエリー第2木曜で伺いましたが、

今回はクラブエリー第3金曜です。

(第2木曜、第3金曜は、いずれも月1回の例会です。)

●すでに長らく続くクラブエリー第3金曜です。

明るいおもしろい(そしておしゃべりな(^o^))方々がいらしてくださって、実によく食べてよく盛り上がってくださるから、わたしは何もしなくてよくて楽です。

楽どころか、メンバーの方の話にしばしば笑いくずれています。

もともとはNHK文化センター講座の第3金曜という集いだったものを、メンバーごとクラブエリーにいただいたものです<(_ _)>

(NHK文化センター講座の第1木曜講座は現在も継続中です。)

●料理をいくつか抜粋で上げます。

お造りは、明石の鯛、本まぐろ、琵琶ます。

●すっぽんの茶碗蒸し。

●鱧、原木しいたけ、ズッキーニのフライ。

●賀茂茄子は海老そぼろあんで。

●そしてコースの〆は南瓜豆乳スープとカレーというわけでした\(^o^)/

最後は白味噌ソルベとわらび餅、「とくを」さん王道のデザートをいただきました。

徳尾真次さん、スタッフの皆さんありがとうございました。

参加者の皆さんにも感謝です<(_ _)>

みんな大好き「日本料理 とくを」さん、クラブエリー無限ループの1軒で、これからもずっと伺います<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー久しぶり「リストランテ 野呂」

■ 全国100万人の読者の皆さま、久しぶりに「リストランテ 野呂」にクラブエリーをお願いしたエリーでございます。

「割烹 野呂」だけではなく「リストランテ 野呂」をの声に応えて開催\(^o^)/

わたし自身は訪問 256回でした。

●7月20日(火)11時30分過ぎ、整然と準備がされて、皆さんの来場を待つ態勢でいてくれました。

●これはシェフ+スタッフ8名全員が写り込んだ珍しい1カット。笑。

●いい素材を揃え、本当に「お値段以上」にやってくださいました。感謝たくさんです<(_ _)>

●シェフののろっち=野呂和美さん万全に用意してくれて感謝<(_ _)>

●スーシェフのりき=井上典樹もがんばった\(^o^)/

●をを\(^o^)/「マルシェノグチ」の野口泰亮さんではないの\(^o^)/

移転のお知らせと今食べるべきフルーツを紹介に来てくださいました。

●白とうもろこしのスープ、白とうもろこしのフリット。

甘みがすごい。

●こんなに食べさせてくれるの?と充実していた魚のいろいろ。

●祐太朗さん、そしてとしちゃんもよくやってくださいました\(^o^)/

●このジャストジャストの完熟メロンに、デザートワインのシャリシャリ、絶妙な組み合わせでした。

ここまで、8人がかりで、わたしたち12名をもてなしてくださってありがとうございました。

本当にいたれりつくせりのいたつくにしてくださったと思います。

リストランテ 野呂の皆さんに感謝。

そして参加者の皆さんもありがとうございました。

●終わってから、じゃばらきゅうりが好きなわたしに、

●としちゃんが持たせてくれました。「かわいい顔をして」と頼んだが撮らせてくれない、、

●でもありがとう、ヨーグルト漬け(塩味)にしましたよっと。

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、

夜営業は17:30~21:00。
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席12席

離れもあり
2017年6月13日開店
************

ウエブサイト

リストランテ 野呂
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

前もっての予約でコースも可。8000円~(税別)。

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■(さかのぼって)クラブエリー「割烹 野呂」6月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

アップできていなかった6月11日(金)の記録、「割烹 野呂」。

リストランテ 野呂」で、冗談から生まれて本当になった、時々開催のクラブエリーオリジナル企画「割烹 野呂」です。

ちなみに前回の記録はこちら

●「割烹 野呂」はいつもカウンターのみでの開催です。

●シェフののろっち=野呂和美さん、コックコートではなく、この会専用の、割烹コスチュームです。

●これね(^o^)(^o^)

●さてこの日の献立はこんなでした。以下お料理です。

●先付

水無月豆腐

●八寸

・スナップえんどうすり流し

・井上典樹ののりキッシュ(海苔入りではありません)

・2色のズッキーニ田楽

・鱧のフリット

・毛蟹の冷製カペッリーニ

●向付

天然真鯛昆布〆、甘海老、雲丹、燻製本鱒、京トマト、アスパラガス、日向夏

(見やすいよう裏側からも。)

●お椀代わり

甘鯛のアクアパッツァ風 。おくら、ヤングコーン、天日干しトマトと。

●煮物

冷やし鉢。賀茂茄子の煮浸し 海老あんかけ。

●焼物

焼き物は、
1)大鰐シャモロック 新生姜で作ったジンジャーソースと。
2)高知県からの旬の魚(黒むつ)の胡麻味噌マスタード焼き

 

 

●揚物

尾崎牛100%のメンチカツ

●酢の物

燻製帆立、鱧、坊主ごろし(岩もずく)、赤紫蘇ジュレ

●〆のメニューは5種類。選んでもいいし、全部でもいいのです。

ほとんどの方が全部を注文、よく召し上がりました\(^o^)/

まずはちらし寿司。

●大鰐シャモロックで、よだれ鶏冷麺

●冷麺を用意するとしちゃん=大針俊哉さんです。

●豚の照り焼きホットサンド。星祐太朗さん作です。

●リゾット フルーツコーンとホワイトコーン、ブルーチーズで。

●ペンネ 万願寺とうがらし、しらす、バジル

●デザートにブラッドオレンジのプリンでした。

●左から、としちゃん=大針俊哉さん、シェフののろっち=野呂和美さん、そしてわかなちゃん。

よくやってくださいました\(^o^)/

●のりき=井上典樹、のりきッシュを毎週焼いてくれるのりきです。割烹着姿でよくがんばってくれました\(^o^)/

●「割烹 野呂」も楽しいが、「普通野呂」やっての声に応えて、7月20日、クラブエリー@「リストランテ 野呂」をお願いしています。皆さんものすごく楽しみにいらしてくださいね。

すぐまたリポートいたします\(^o^)/

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、

夜営業は17:30~21:00。
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席12席

離れもあり
2017年6月13日開店
************

ウエブサイト

リストランテ 野呂
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

前もっての予約でコースも可。8000円~(税別)。

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ まとめて昨今のいろいろ

■ 全国100万人の読者の皆さま、相変わらず落ち着きなくわらわらと暮らしているエリーでございます。

泰然自若といきたいのに、なんでこう常に忙殺されているのか?( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

以下じっくり述べたい、写真全部見せたいものばかりですが、あまりに多いので、まずはいろいろ混載ですがアップします。

**********************************

クラブエリーやっています。

●「仁修樓」さんに6月は2回お世話になりました。クラブエリー無限ループの1軒です。

**********************************

●すごく久しぶりに八百一本館「セイボリー」さんでクラブエリーです。農園レストランで野菜をたっぷりたっぷりいただきました。おみやげまでつけていただき感謝しました。

●赤いもの買って帰りましたよっと(^o^)

(実際には枝豆とかレタスとかきゅうりとか、緑色のものも買いました。笑。)

**********************************

ふだんの食事はこんなです。

●ある午後、「本家 尾張屋」さんの野菜天せいろ。これしみじみ好き、おだしも好き。蕎麦湯をいただいたら全飲みします。

●251回目の「リストランテ 野呂」で万願寺とうがらしのおいしさに目を見張りました。別に2皿、万願寺、万願寺と味わってうっとり美味を堪能、改めてアップします。

**********************************

感動深いアフタヌーンティ

パーク ハイアット 京都さんで、先日より始まった夏のアフタヌーンティをいただきました。

ラウンジスペース「ザ リビングルーム」で

アフタヌーンティといっても段々のトレイで同時にいろいろ供されるのではなくて、こちらのものはひと皿ずつできたてで運ばれ、それぞれにお茶が合わされているというスタイルです。

昨年2020年版からまたヴァージョンアップして、実に実においしかったです。あっと思う工夫があり、今までになかった食感や風味を楽しみました。

●ブリオッシュに雲丹バター(旨旨旨、)、野菜テリーヌにはちょっと日本風に炊いた椎茸がアクセントに組み込まれたりしていて、ユニークでした。おいしかった(T_T)(T_T)

●賀茂茄子のクロケットは、昨年の賀茂茄子のカツレツとは全然違うもので、よくまあこの構造で、食感を生かすべく茄子そのものをまとめられたなあと驚きました。作り方を伺ってやはり相当な工夫があることがわかりました。家ではできませーん。これだけでもまたいただきに伺いたいです。

アフタヌーンティは5皿で構成された、感動深いコースでした。

メニューなど詳しくはこちらをどうぞ
**********************************

エリー判断ミスです( ̄○ ̄;)

●2か月近く待っていた、オーダーした家具が届きましたが・・・(アクタスの配達員の方に運び込まれる之図)

2つのうちひとつは、わたしの発注ミス、判断ミスです・・・届いて完成品を見た瞬間に「これをわたしはここでは使わない」とドナドナが決まり、その日のうちに買ってくださる方も決まり・・・人生で初めてのパターンです。( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

結局新たに既製品を発注、1週間で届くことになり、それなら初めからそれを買っておけばよかった、、、という顛末。

でもまあ、家具をオーダーして、楽しみに待つということを経験できたのだからよいとします。

引っ越しから2か月になんなんとするのに、まだ家の中が落ち着きません。

早く泰然自若の日々に・・・<(_ _)><(_ _)>

**********************************

一気読みしました。

・・・何冊か、本のこともアップする予定でしたが、ここで力尽きました。次の投稿で<(_ _)>

 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「祇園にしむら」クラブエリー

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

6月のクラブエリー第2木曜は、「祇園にしむら」さんにお世話になりました<(_ _)><(_ _)>

●クラブエリー@「祇園にしむら」さんは少し久しぶり。

皆さん楽しみにいらしてくださいました。

1階カウンターと2階の奥のお部屋にお邪魔して、ゆったりいただきました。

●いつも通り、胡麻豆腐からスタートです。

●世界一美味と思う鱧のお椀。鱧じたいにほんのり感じられる塩気がジャストで心地いいのです。たたきおくら、糸柚子と。

●夏仕様のガラス器で、鯛、まぐろ。かんぺきにおいしい。

●定番の鯖寿司です。わたしは生鯖(大好きなのに)食べられませんから撮影だけです。

●鯖寿司と同時にじゅんさいが供されました。

●八寸もガラス器にのせられて、涼しげな演出で運ばれました。うすいえんどう豆、白アスパラガス、わかめ、、季節の食材がジャストのおいしさでした。

●焼き物は旨みたっぷりの甘鯛。白ずいきが夏の到来を感じさせます。やわらかいからすみ、これは酒飲みでないわたしでも、ちょっとお酒あったらいいなあと思うものでした。

●鮎は揚物で、さつま芋と共に塩味で楽しみました。まだ小さい鮎はほんのり苦味もあって、これもお酒少しあればいいだろうなあという粋な味でした。

●冬瓜に海老そぼろということですが、

●どこがそぼろなのか~(^o^) ごろんと海老がのっていて、たっぷりのねぎと共に、海老のおいしさと味のしみた冬瓜の食感を堪能しました。

●締めはとろろかけにしたご飯に、雲丹をのせたもの。

わたし自身はご飯にとろろをかけるのは食感的に全く好きじゃなくて(ごめん(^o^))とろろなしの雲丹ご飯にしていただきました。

雲丹がまたメロメロにおいしかった(^o^)/

●水ようかんと、さくらんぼ(佐藤錦)をいただき、ご馳走さまでした<(_ _)>

祇園にしむら」さんさすが熟練の仕事です。やっぱりおいしい、絶対安心と思いました。

●1階奥のお部屋からの眺め。こんなにきれいに改装されていました。

高級感もあって、今どき稀有になってきた、祇園の料理屋さんらしいお店です。

●店主の西村元秀さん、スタッフの皆さんありがとうございました。

そして参加者の皆さんにも御礼申し上げます。

祇園にしむら」さん、季節を変えてまた行きましょう(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「研野」クラブエリー5月

■ 全国100万人の読者の皆さま、遅くなりましたが5月のクラブエリー報告、最後の1軒でございます。

3月にオープンした日本料理の「研野(けんや)」さんで待望のクラブエリー、大好評でした\(^o^)/\(^o^)/

わたしも2回目にお料理をいただいてほんとーーーによかった\(^o^)/\(^o^)/

オープン後初回訪問の記録はこちら

昨今の新規開店のお店、初訪問のお店の中でも群を抜いてよいと思うお店です。

5月14日(金)、26日(水)と各回8席でお邪魔しました。

●こんな感じでカウンター8席でお邪魔しました。

以下のコースは5月26日(水)のもの。

この日はわたしも着席してお料理をいただきました。

●先付け1

皮蛋(ピータン)入り長芋羹 山葵ジュレ 花穂紫蘇

●先付け2

叉焼の炭火焼きです。

●店主の酒井研野(けんや)さんです。

●叉焼炭火焼き 島らっきょう

この赤いお皿好き(^o^)♪

●お造り1

水口さんの鯛 土佐醤油 肝醤油

ブランド鯛でありがたいと思うし、舌ざわりねっとり旨味たっぷりで知らされなくてもやっぱりこれはおいしい鯛だと思う。

●お造り2

甘海老紹興酒漬け

上に海老の卵。中華料理の味ですね(^o^)

●お椀

黒めばる 白髪ねぎ みょうが 芽ねぎ 木の芽 よもぎ豆腐

●おしのぎ

もち米焼売 辛子酢醤油

●野菜

トマト土佐酢漬け みず(青森の野菜、ちょっととろっと糸を引く)みょうが

●焼き物

鮎 きゅうりのソース

●きゅうりは、こうやって干しましたよと(^o^)

●強肴

鶏のあられ粉揚げ 甘酢あん ねまがりだけ 実山椒

●炊きたてのご飯です。青森県産の「まっしぐら」というお米を使用。

●ご飯をぐるりとお供が囲むこのスタイル、

ごはん会議 って言うんだって(^o^)(^o^)/

ご飯が進んで進んでしょうがないお供の皆さん。どれもおいしいのです。このご飯定食だけでも食べに来たいと思う(^o^)(^o^)

・子持ち昆布佃煮 バター

・松前漬け

・山くらげ入りちりめん山椒

・小梅甘酢漬け

・大根ビール漬け新キャベツ巻き

ご飯じたいにバターも小片をのせてもらいました。旨いの(^o^)(^o^)

●麺

清湯麺

ご飯の後に、汁物という感じできれいなスープの中華麺\(^o^)/\(^o^)/

スープもちろん全飲みです。

●これは初回、わたしが着席せず(=お料理いただかず)だった日に、おにぎりをしてくださって大喜びしました\(^o^)/\(^o^)/

わたしにも気を遣ってくださって、優しいもてなしでした。

わたしへのもてなしはそれだけではなかったのです。
それは何だったでしょう? 6年半、500回以上クラブエリーをしてきて、皆さんに優しくしていただきましたが、それでもいまだかつてない、意表を突かれたもてなしでした(^o^)

●水物

パイナップルパフェ ココナッツゼリー タピオカ 白きくらげ あずき

●食後

コーヒー すはま

●研野さんと女将の愛さん、ありがとうございました。

気鋭の料理、本当に好評で、来月もその次も即満席になりました。
従来の和食コースにとらわれない自由な発想、それでいておだしの味は正統、白ご飯おいしくて、締めは澄んだスープのラーメンと、どこまでも心を奪われる料理でした。奇を衒っただけではなく、どのお皿もばしっと決まってほんとーーーーーーーーにおいしかった(^o^)☆☆☆☆☆☆

研野さんはカウンターに立った姿もきりりと美しくて、これははやるわなあと。

青森出身なので、青森の食材(「みず」など今回知ったものもありました)をたくさん使っているのもテーマ明確でよいなあと好印象でした。

ここもうはやる要素しかなくて、堂々たるもんだなあと。

しばらくクラブエリー無限ループの1軒となりました。

★そして、わたしにしてくださった独自のもてなしとは・・・

お店に流れる音楽、ジャズがあったりジュリエット・グレコがあったりオペラの一節があったりと、いろいろミックスでおもしろかったのだけど、コース後半で突然邦楽が流れ出し、「あれ?」と思ったら・・・「いとしのエリー」が流れたのでした。おどろいた。

わたしのために選曲したんだって(^o^)(^o^)

研野よくやるなあ。

●5月14日の献立も貼り付けておきます。

研野さん愛さんありがとう、参加者の皆さんにも御礼申し上げます。

6月も伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「MOTOÏ 」クラブエリー

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

5月の最終週、「MOTOÏ 」(モトイ)さんにお世話になりました。

●今回は餃子ではない方の「MOTOI」さん本店に伺いました(^o^)(^o^)/
丁寧を極めるお料理を出してくださいました。本当に本当によかったです。

以下コースより、とりわけ感動深かったお料理いくつかです。

●水茄子のぬか漬けにむろあじ 生姜ソース、鮒ずしの飯・・・と発酵ものをかけ合わせた一品。

●名作、オリジナルの「麻婆豆腐」。豆乳ムースにピリ辛のひき肉ソース。独自の食感ながら間違いなく麻婆豆腐の味で、目覚ましい思いです。

●Pantade、パンタード=ほろほろ鳥です。ヴァンジョーヌ風味、胡椒の泡。モリーユ。

実に実に実に美味でした。

●ひらすずきは鳥取産ということ。「南海みどり」という品種のえんどう豆のソースに、透明なのが野菜のエキスソース。絶句するほど美味でした。

●短角牛(バターはカフェドゥパリ)、50種類以上の野菜と。

この短角牛は、生まれは秋田、京丹後市の日本海牧場で育てられた経産牛ということです。

日本海牧場では短角牛と黒毛和牛を掛け合わせた、たんくろ和牛を主力商品にされていて、その生みの親の短角牛ということです。

そして、付け合せとは思えない、圧倒的な野菜\(^o^)/\(^o^)/ 彩りも香味も鮮烈でした。ほんとおいしかった(T_T)(T_T)

●デセールはチャイと柑橘の冷菓によもぎテリーヌ、その後これで、いちご(紅ほっぺ)のヴァシュランでした。

ブルーチーズのクレームと。これも心に響くおいしさでした。

*****************

すべて美しくて、食材は意表を突かれる組み合わせで楽しく、そして心底おいしかったです(^o^)(^o^)☆☆☆

●雨もよいの日で、お庭の緑がしっとり、実にきれいでした。

時節柄以前ほど人数集まってもらえませんが、それでもこんなすてきなお店でクラブエリーを続けられてうれしいです(^o^)(^o^)
MOTOÏ 」もといさん、スタッフの皆さん、クラブエリー会員の皆さんに御礼申し上げます<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

facebookにもいます。

*****************

■「祇園 又吉」クラブエリー

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

まだまだ5月の話をします。

2021年5月21日(金)は「祇園 又吉」さんにお世話になりました。

●2月におこなったクラブエリー第2木曜@「祇園 又吉」さん (←コースの流れはこちらをご覧ください)に続いて、クラブエリー第3金曜 での開催でした。

●あしらいの青もみじをはずした後の八寸です。

●いつもながらの贅沢感のあるコースでした。

●デザートにはなんと粋なこと、かき氷が供されました。

●底には炊いた何種類もの豆が仕込まれて、

●いちごミルクや抹茶味などシロップはそれぞれの好みを聞いてくださって、できたてを出してくださいました。

●「祇園 又吉」店主の又吉一友さん、今回もお世話になりありがとうございました。

一瞬マスクをはずしていただいています。

またお願いいたします<(_ _)>

参加者の皆さんもありがとうございました<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

facebookにもいます。

*****************

■「ぎをん 藤」クラブエリー

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

2021年5月20日(木)「ぎをん 藤」さんにお世話になりました。

●店主の藤元健司さん、今回もお世話になりました<(_ _)>

●高級感のある食材ばかりです。

●平井牛フィレ肉しそ巻き、旨旨旨。

●流水の紋様の中で泳いでいるように見える鮎です。美しいです。

●これ圧倒的でした。すごかったなあ、、ふかひれの天ぷら。

●締めご飯には、濃紅たまごの濃厚卵黄天ぷらにカヴィアをのせて。贅沢です(^o^)

●お庭の風情もよかったのでした。

ぎをん 藤」さん、本当においしかったです。

また伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

facebookにもいます。

*****************

■ アマン京都「鷹庵」クラブエリー

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

2021年5月18日(火)アマン京都 「鷹庵」 さんにお世話になりました。

●京都の北西へ。緑が広がって目に染み入るようで、別世界と思います。

●平井牛を織り込んだコースをしていただきました。

●紙がくしゃっとなっちゃってごめんなさいですが、

総料理長・髙木慎一朗さんのサイン入りのメニューです。

●よくしていただきました<(_ _)>

左から、料理長の三田紘司さん、マネージャーの石井直毅さん、総料理長の髙木慎一朗さんです。

一瞬マスクをはずしていただいています。

●この方は、、? なじぇここに?(^o^)(^o^)

前にお目にかかったのはこちらでした(^o^)

これも撮影の瞬間マスクをはずしていただきました。

アマン京都 さんまた伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

facebookにもいます。

*****************