■ 帰国、関空からクラブエリーへ直行

■ 全国100万人の読者の皆さま、帰ってきたエリーでございます。

アップが遅くなりましたが、12月4日(水)、ぴったり24時間遅れで、しかし快適に帰ってきました。

●帰国してまず出て来るところ、関空の到着ロビーです。

ヤサカさん関空シャトルタクシー窓口の前。いつもスタバでカフェラッテをまず買います。

帰って来られたことが、これほどほっとして、うれしいことはなかった\(^o^)/\(^o^)/

いちばん連絡したい人からのメッセージもこの瞬間に届いて、すんばらしいタイミング\(^o^)/\(^o^)/

●問題のあった機材から別の機材に替えたということで、荷物ちゃんと積み替えてくれたよね?と一抹二抹の不安があったのだけど、それも大丈夫でした。スーツケースが無事に出て来た瞬間、ををわが荷物\(^o^)/とうれしかったー\(^o^)/\(^o^)/

*****************

■ この日は昼にクラブエリー@「リストランテ 野呂」の予定。家に帰っている暇はない、直行するしかありません。11時45分の開場時間に間に合うのか?

●間に合ったのです\(^o^)/\(^o^)/ ヤサカさんのシャトルタクシー、乗客はわたしひとり。道は混雑なし、途中の休憩も省いてくださって、驚異的に早く到着することができました。

初めて、スーツケースとキャリーケースをごろごろ押しながらのクラブエリー現場に到着となりました。

決められた開場時間、11時45分前に、すでに10名以上の方が待っていてくださっていた之図。皆さんに会えて、本当にうれしかったです\(^o^)/\(^o^)/

●のろっち=店主の野呂和美さん、よくやってくれました。見事な鯛で出迎えてくれました。こっぺはひとり1杯。今回はなんと初めて奈良漬けと和えてありました。これおいしかったな(^o^)(^o^)

上質な食材を揃えてジャストな調理で食べさせてくださって本当にありがとう。コース詳細改めて。

スタッフの皆さんにも感謝たくさんです<(_ _)>

そうそう、わたしにとっては、この日でりすのろ 訪問150回目 でした。

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席12席
2017年6月13日開店
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

食材と飲む量による。

前もっての予約でコースも可。8000円~(税別)。

(スープ、旬の魚盛り、蟹クリームコロッケ、魚料理、肉料理、パスタ、デザートなど)

*****************

**********************************

今回の日程:2019年11月25日~12月3日

今回の計算:1ユーロ 120円

今回の記録は 2019年11月 Paris パリ でひとまとまりになっています。

2013年からのパリの記録:時々パリ
**********************************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「東山 吉寿」おばんざいの昼、クラブエリー

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

11月20日(水)クラブエリーを「東山 吉寿」さんにお願いしました。今月も見せ場たっぷり、楽しかった、おいしかったー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
今回初めて、いつもの素材直球の夜料理ではなく昼のおばんざいを食べさせてもらい、昼コースにおいてはお料理全般、ヴィジュアル重視で「きれいめ」をめざしていることがわかっておもしろかったのでした。
しかしね、お昼といってもきんぴらに合わされるのは丹波牛とか、澄み渡った美しいスープのラーメンとか、天国みたいにふるふるのだし巻きとか、いつもながら圧倒的、度肝を抜かれた感じがしました。吉寿さん毎回すごいわー(*_*)(*_*)

●来月は再び(変わらず昼開催ですが)夜コースをいただきます(^o^)/
吉寿さんありがとう、恵美子さん、スタッフの皆さんもありがとうございました。
参加者の皆さん、今回もよく食べてくださいましたー\(^o^)/\(^o^)/ 来月も楽しみにー\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「京都 いと」クラブエリー 5万円コース

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

11月19日(火)と21日(木)クラブエリーを「京都 いと ito」さんにお願いしました。
「いと」さんは春、夏、今回の季節とお願いしてきて、今回初めてお料理5万円のコースでした。
春の2万円コースの後、本来の5万円コースを食べたいとご希望が出て、しかし満席にできるかなあ?直前キャンセルがあってもリスクだしなあと、こわごわ募集してみたら・・・9席が一瞬で満席になりしかも申し込みあふれ、9席×2回の開催になりました。キャンセルもなくつつがなく行えました。安堵。
皆さんすごいです、、(*_*)(*_*)
大河原謙治さんもすごい方です、しろっと高級な食材を使ってどんどん出してくださいました。
お料理はもちろん贅沢なもので、河内鴨にフォアグラのお椀、カヴィア盛り盛りお寿司、間人の蟹、天国のように柔らかな牛肉にアルバの白トリュフ、ご飯でも蟹と雲丹といくら山盛り(追い蟹の身やら追いいくらあり)などなど美味責めにしてくださいました。
皆さん大満足と言ってくださいました\(^o^)/\(^o^)/
今回はかぶらに、いつものふわふわかつおを節まぶしたのだけど、「それがもし白トリュフのふわふわなら?」と尋ねると、「30万円でやりましょう」と。( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
クラブエリー@30万円のいとさん、実現しかねない勢いでしたが、とりあえず来春にまた5万円の会が決まったのでした。あわわわ( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
以下写真でご覧ください<(_ _)>

*****************

●以下2日め、11月21日(木)です。

●わたしにもお寿司を、雲丹もカヴィアもいただきました。感謝\(^o^)/\(^o^)/

●いやもう圧倒的、ダイナミック、ハデ、ゴージャス、たっぷり、贅沢\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

大河原謙治さん、髙橋広大さん、野口翔平さん、スタッフの皆さんありがとうございました。

そして、クラブエリーの参加者の皆さんに感謝。よく召し上がってくださいました。頼もしかったです\(^o^)/\(^o^)/

★2020年5月、クラブエリー@「京都 いと ito」さん5万円コース、あと2席だけあります。ご希望の方どうぞ\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「新門前 米村」クラブエリー11月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

11月18日(月)、「新門前 米村」さんに、今月もお願いしました。
(先月はこんなでした。)

行っても行っても「また行きたい、ずっと行きたーい\(^o^)/\(^o^)/」という皆さんのご希望多数で、カウンター8、テーブル4で12席を今回もひれ伏してお願いしたのでした<(_ _)><(_ _)>

●こののれんサイコーです\(^o^)/\(^o^)/
絵はMAYA MAXXさん。のれん作製は先ごろ亡くなった吉岡幸雄さんです。合掌<(_ _)><(_ _)>

●人生における優先順位、問答無用で「食が最高位」であるクラブエリーの皆さん\(^o^)/\(^o^)/

●毎月がらりと趣向を変えて楽しませてくださいます。

このお店においては、料理も器も、無限か?と思う。

「人間が有限である以上、レシピが無限ということはあり得ない」とは、

ある別のお店のある店主さんについて、「レシピは無限」と、ある雑誌に書いた時に校閲さんからいただいた赤字ですが。( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●これはとりわけ意表を突かれました。香箱蟹(=こっぺ蟹)の中には、いか墨の飯蒸しが仕込まれていました。
この後、黒トリュフや松茸もたっぷりたっぷり供されました。

●この中に、どかんと松茸が入っていました。

●さらに自家製からすみを積み上げてプレゼン。

先月、作り方を見せてくださったあれです。)

●最後に、実に実に旨い牛肉です。

●勢いでからすみご飯を(いつものカレーのかわりに)即興でしてくださって、クラブエリーの欲深い女たち喜びました\(^o^)/\(^o^)/

これは予定外だったのに・・・ありがとうございました<(_ _)>

●デセールは2階でいただきました。

●誕生日の方がいらしたのでひっそりとお願いしておいたら、こんな風にしてくださいました。感謝です(^o^)<(_ _)>

●暖炉に火が入って、いい雰囲気。
みんな大喜びしてくれて、すぐ次の予約も満席になりました。すごい人気です(*_*)(*_*)

●「新門前 米村」よねちゃんに感謝、スタッフの皆さんにも御礼申し上げます。
参加者の皆さんもありがとうー\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「プチレストランないとう」こっぺ祭り2

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

●11月15日(金)、クラブエリー第3金曜のお昼を「プチレストランないとう」さんにお願いしました。先日(12日火曜)に続いて、今回2回目の開催です。前回の様子を見てこっぺ蟹の按配を変えるなど、細やかな心遣いをしてくださいました。
いつもながら本当に良心的、カリテプリ=値段に対するクオリティがものすごくよくて、ひれ伏す思いでした<(_ _)><(_ _)><(_ _)>
クラブエリーの欲深い皆さんも喜んでくれました。よかったー\(^o^)/\(^o^)/
●前回からヴァージョンアップされているメニューです。

●前回も今回も18人でお邪魔しました。こっぺ蟹18杯・・・よく準備をしてくださいました<(_ _)><(_ _)>

●「次の店でもクラブエリーを引き受けるかどうかは、わからんよ。」などと憎まれ口をたたかれましたが(^o^)(-_-;)、でも本当は優しいないとうさんです\(^o^)/\(^o^)/ そんなもん料理食べたらわかるわー\(^o^)/\(^o^)/
気持ちがすみずみゆきわたった繊細な料理です。「食堂とん」の頃は、あのお値打ち過ぎるお弁当500円(それだけでも良心的)のうち100円を、5年間、東北の震災遺児のために寄付していた方です。

●蟹カレーの後に、だいぶお腹も膨れているところに、ヒレカツサンドが供されました。

満腹になってしまった人はお持ち帰りくださいと袋も同時に配られるお気遣いでした<(_ _)><(_ _)>

●新しいお店はここ。

「プチレストランないとう」さんは11月23日をもって今の柳馬場通夷川上ルのお店は閉められ、次は12月末に麩屋町通二条下ルへ移転されます。
ものすごく楽しみですね。新店にもまたみんなで伺いましょう\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
●このお店も、よくはやって発展されました。

プチレストランないとう」内藤毅彦さん、ここでクラブエリーや講座をよく引き受けてくださいました<(_ _)>

スタッフの皆さんにも感謝。
参加者の皆さんにも御礼申し上げます\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「プチレストランないとう」こっぺ蟹祭り

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

11月12日(火)昼のクラブエリーは、移転準備中の「プチレストランないとう」さんにお世話になりました。カウンターとお座敷に、みっちりお邪魔しました。
●こっぺ蟹祭りです。こんなメニューでご用意いただきました。

こっぺ蟹のオードヴル\(^o^)/\(^o^)/ そしてこっぺ蟹のカレー\(^o^)/\(^o^)/
他の料理もひと皿ひと皿にはっとする感動があって、お見事でした。順番にいきます。

●丹波栗の渋皮ごと熱々をほおばるアミューズです。小さな紙の袋に入った状態で供されました。

40分近く、じわじわと揚げたということ。ほくほくほくで、実に旨かった\(^o^)/

●ミートローフとかつおたたきをひと皿で合わせた才気ある前菜もよかったーー!!

●ローストビーフはまさかのグラス入りで、かぶらのピュレなどと合わされて繊細優美な味、

●この季節の名物です、こっぺ蟹オードヴル、ルッコラやオリーヴオイルと合わされています。

●松茸コロッケと鱧のスープは瞠目のおいしさでした。

●海老と蟹の旨さが相乗効果の海老蟹クリームコロッケ、犯罪的に美味、もう限界を超えて美味。

●まだおいしいのが続く、牛肉とハンバーグでたたみかけてくる。
この後に、

●こっぺ蟹カレーです。甲殻だしがそのままカレーになったかのような旨味でした。

この後さらに、ヒレカツサンドもつけてくださいました。いたつく=いたれりつくせりでした。

 ●プリンは懐かしい味です。柔らかさもほどよくフルーツもいいものが使われて、本当に最後まですてきなコースでした。

エスプレッソか紅茶がこの後供されました。

プチレストランないとう」内藤毅彦さん、今日のために大変にお手間のかかる仕込みをしてくださったと思います。
感謝たくさんです、御礼申し上げます。

参加者のクラブエリーのメンバーの皆さんもありがとうございました\(^o^)/\(^o^)/
健啖ぶりを発揮してよく召し上がってくださいました。
次また15日(金)に、クラブエリー第3金曜でお願いしています。参加者の皆さん楽しみに♪

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「上賀茂 秋山」今月2度目のクラブエリー

■全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

11月11日(月)クラブエリーは「上賀茂 秋山」さんにお世話になりました。前回に続いて、今月2度めの開催です。

●雨がやみ、秋晴れの美しい空になった頃に到着、

●今週は解禁後のため蟹が松葉蟹になって、皆さんラッキーと喜ばれました。先週の紅ずわいでも十分おいしかったと思うけれど。先週参加の方には内緒ということになりました\(^o^)/\(^o^)/

●献立はほとんど同じでした。使われる食材にごく少しの変更があっただけで。

●店主の秋山直浩さん(大阪人)。よくしゃべるの、おっもしろいの\(^o^)/\(^o^)/

★★入り口に積み上げられた薪の前に並んでいる鹿ヶ谷かぼちゃ、これハロウィンの飾りだったんだって\(^o^)/\(^o^)/
「上賀茂 秋山」さん、ものすごい人気で、次もその次も現場で決まりました。お料理おいしいのはもちろん、店主の秋山直浩さんのおしゃべりは芸の粋に達していると思うし、これは多少不便な場所でもはやるわなああああといつもながら感嘆。
また激しく楽しみに伺います\(^o^)/\(^o^)/
*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「二条 やま岸」クラブエリー11月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

11月8日(金)クラブエリー、「二条 やま岸」さんにお世話になりました\(^o^)/\(^o^)/

(「二条 やま岸」さん初出記事はこれ。)
お料理4品(+当日即興で1品)、その後お鍋(今回はくえ)、炊きたてご飯とそのお供3種類、食後の甘味という構成でした。

●「二条 やま岸」さん、二条駅からほど近く、「マルシェノグチ」さんからもすぐ近く。
(マルシェノグチさんを下ル、ひと筋目を西入ル(右に曲がる)、少し先の南側。)

●こんな感じで16名でお邪魔しました。
ちょうど立冬の日にお鍋で、なんだかよかった\(^o^)/\(^o^)/

以下お料理です。

●かぶらすり流しの半張り蒸し

●毛蟹と焼き松茸のジュレ酢かけ

●うとい和え(うに、とろ、いか)」

●のどぐろと栗の天ぷら 雲子ソース

●予定になかったけれど当日出してくださった海老芋の一品

●お鍋の準備このように。

●厨房の準備の様子はこんな。

●こんな感じで、ひとりひと盆たっぷりたっぷりです。

くえと冬野菜のお鍋でした。

●料理長の横井裕史さん、しばしば客席の方にも出てきてくださいました。にこにこと朗らかで感じいいのです。

●お鍋の仕上げにうどん。お腹いっぱいでパスした方もいらして・・・

この後、炊きたて白ごはんがよそわれました。

●「やま岸」さん名物のご飯のお供3種類。これがおもたせとして、この店では買えるようになりました。

●食後にお薄ともなかでした。

●横井裕史さん、このお店の仕事にぴたりとはまり、適材適所とはこのことだと思う\(^o^)/\(^o^)/

●おもたせコーナーです。

●わたしはとりわけこのえのきの少し甘く炊いたのが好き。

●山岸光世さん、料理長の横井裕史さん、スタッフの皆さんお世話になりました<(_ _)>
参加者の皆さんにも御礼です。実によく召し上がってくださいました。お腹いっぱいいっぱいになられたと思います。
(皆さんから感動メールが続々と。)
来月もお願いしています。まだ何席かありますからクラブエリーの方どうぞー\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「二条 やま岸」
電話 075-801-7900
京都市中京区西ノ京職司町8-1
17:00~20:00最終入店、
火曜と水曜休み
掘りごたつ式座敷でテーブル22席 もちろん全席禁煙 要予約
2019年8月1日仮オープン、10月3日(木) 本オープン
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「秋華」クラブエリー

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

●11月6日(水)のクラブエリーは、北白川の「秋華」さんにお世話になりました。

「京、静華」さん出身の鈴木智秋さんの独立店です。

前回の訪問はこれ

●今回の献立はこんなです。

●お料理たっぷり、おいしくて大満足、
女同士の話で大盛りあがりのお昼でした\(^o^)/\(^o^)/

鈴木智秋さん、雅金(金は「金」を3つ積み重ねた字)さん、ありがとうございました。

参加者の皆さんにも御礼申し上げます。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「上賀茂 秋山」クラブエリー11月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

11月5日(火)のクラブエリーは、「上賀茂 秋山」さんにお世話になりました。
みんな大喜びしてくれました\(^o^)/\(^o^)/

●暑すぎず寒すぎず、歩くにも快適な気候。北山駅から歩いて「_AND Bread アンドブレッド」さんに寄って、チーズのチャバッタをゲットしてからお店へ。

●12名で伺いました。

●献立はこんな。

●最後は亥の子餅でした。

●秋山直浩さん、スタッフの皆さん、参加者の、実によく食べる皆さんも、ありがとうございました\(^o^)/\(^o^)/

「上賀茂 秋山」さん、来週11日(月)にもう一度お願いしています。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************