■「ブション」でムール貝のスープ

■ 全国100万人の読者の皆さま、ほんとーに夏に弱いエリーでございます。なんとか生きています。ひーこら。

けれど、二条通寺町東入ルの「ブション」さんにディネに出かけて、ダメエリーもかなり調子が上向きに・・・

家電顧問から、PCやプリンタ複合機やブルートゥースのことについて指導を受けながら、ペリエをざぶざぶ飲みながらいただきました。

●季節のムール貝のスープです。モンサンミッシェルの小粒のムール使用とのこと。しみじみ旨いです。

これは今だけのもの。もう仕込まないとのことでしたから、味わいたい人は早めに。

●ソーセージとレンズ豆。わたしはメイン代わりにこれをいただきました。

●サーモンのポワレ グルノーブル風。これは一緒に食べた人に、写真を撮らせてもらったものです。わたしも次回はこれを食べよう。

●デセールには、珍しくプラムのタルトを選択。
ブション」さん、いつもながら、完璧においしかったです\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
席も混み混みでした。本当に価値のあるお店です。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■ クラブエリー@「ルボンヴィーヴル」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

6月5日(火)早いお昼、クラブエリーやりました\(^o^)/\(^o^)/
進々堂さんの新しいレストラン「ルボンヴィーヴル」さんにお世話になりました。

●4月5日にオープンしたばかりでちょうど2か月がたったところです。瀟洒な内装、壁やテントも赤いです。壁の写真はパリで撮られたものが多くて、だからわたしはここにいるだけで幸せです(^o^)(^o^)/

●3代目社長の続木創さん(赤いネクタイで登場(^o^)/)に、創業105年になる進々堂さんの歴史や、いま現在の取り組みや展開をお話しいただきました。

ちなみにここに、創業者の続木斉(つづきひとし)さんの物語があります。
日本人のパン屋さんとして、1924年に初めてフランスに渡った方です。フランスに到着するのに、船で2か月かかった時代です。

●お話の後は、「ルボンヴィーヴル」さんのお料理を出していただきました。皆さんびっくりするほどパンを召し上がって・・・「おいしくて止まらない」って、数回おかわりしていた方もいらっしゃいました。何人かの欲深いツワモノたちは、初めからたっぷりいただくつもりで、ゆるゆるの服を着て参加しているのです(^o^)(^o^)/ 

こんなメニューでした。

*****************

●前菜(野菜、海老とアボカドのタルティーヌ、シャルキュトリ、フロマージュ3種(ロックフォール、クロミエ、コンテ)
●京野菜のスープ
●四元豚のロースバルサミコソース
●パン、パン、パン
●タルトフィヌポム(りんごのタルト)
●「カフェ・ヴェルディ」さんのカフェ
*****************

●最後におみやげのパンをたっぷりお持ち帰りいただきました。すごく好評に終わって、ほんとよかったです。

●「続木さんと一緒に写真を撮ってほしい」の希望続出でした(^o^)(^o^)

「進々堂」さんの歴史を伺って、より好きなったと言ってくださった参加者も多くいらっしゃいました。
続木創さん、料理長・原一史さん、店長・野村猛さん、スタッフの方々に御礼申し上げます<(_ _)><(_ _)>

ルボンヴィーヴル」さん、6月7日から新メニュー登場ということですから、また楽しみに伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■ クラブエリー@「ラ・パール・デュー」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告です。5月23日(水)、美しいデジュネ@「ラ・パール・デュー」さんやりました\(^o^)/\(^o^)/
63種類の花とハーブの王冠サラダに今季最後の筍のムニエル、肉も魚もたっぷりたっぷりで、欲深いクラブエリーの皆さんにものすごく喜んでいただきました。皆さん本当に食べっぷりがいいのです。気持ちよかった\(^o^)/\(^o^)/ 
●シェフの白波瀬和宜さん、本当に細かいお仕事を丁寧にされます。

●これが楽しみだった、63種類の花とハーブの王冠サラダ。

●春の、これも名物、筍料理です。今季最後のものをいただけました。一度食べたら忘れられない料理です。

●肉料理か魚料理かは選択で、これは仔牛。

●魚料理は黒むつ。

●フロマージュの後に、トロピカルなデセールでした。

●この美しい、きれいさっぱりな食べ終わり。

●最後のカフェまで抜かりなくおいし。「カフェ・ヴェルディ」さんのカフェです。

●お料理がおいしいからめちゃくちゃに陽気に\(^o^)/\(^o^)/

●雨もよいのお天気も吹っ飛んだ明るいデジュネ。シェフの白波瀬和宜さん(中央)、サーヴィスの大亮さん(左)、時々出てきてくれた駿さん(右)、お世話になりました。クラブエリー精鋭の皆さんありがとう、今日も会えてうれしかったです。

ラ・パール・デュー」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ テラスでデジュネ、「ブラッスリー」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

5月18日(金)はクラブエリー初、テラスでデジュネをやりました(^o^)/

●フォーシーズンズホテル京都「ブラッスリー」さんにお世話になりました。

●お天気は下り坂だったのに、ほどよい曇天でもちこたえて(=照り過ぎてまぶしいこともなく)、理想的な天候でした。
晴れ女でも雨女でもなく、「くもり女」というのが1名混じっていたおかげか? 笑 

ともあれテラスのパラソルの下で、しばしリゾート地にいるような気分で食事を楽しんでいただけたと思います。よかったー\(^o^)/\(^o^)/

●シェフの井料剛さん、ものすごーく感じがいい方です。今回も粋なお料理でもてなしてくださいました。

コースの内容はこの時とほぼ同じものでした。

●ともっち=ソムリエの田中智浩さんも登場してくれました。紹介されたイヴェントの数々、とても魅力的でした。
他のスタッフの皆さんにも御礼申し上げます。
クラブエリーの参加者の皆さんにも感謝。

ブラッスリー」さん、また季節を変えてお願いしたいと思っています。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「青いけ」のお皿、ミレフィオリ

■ (ひとつ前の投稿の続きです)レストラン「青いけ」さんの、イタリア「ERCOLE MORETTI エルコーレ・モレッティ」社、ミレフィオリのコレクション。

アミューズ、パプリカのムースがそれぞれ違う色のお皿で供されました。カウンター8席分です。あんまりきれいだったので、全部撮らせてもらいました。
●大小で色も違う2枚のお皿の組み合わせは、コントラスト鮮やかだったり同系色がいい感じだったり、すべて目に染み入るようにきれいでした。
この世できれいな色は、赤だけじゃないんだああああw
という認識を得たお昼でした<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ NHK文化センター講座「青いけ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

5月17日(木)お昼は、NHK文化センター講座で青いけさんにお世話になりました。
オープン当初からとてもいいお店でしたが、少し久しぶりに伺ってみたら、さらにおいしく、より素敵になっていました。

ものすごくよかったー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
●料理はまず盛り付けから絵心が感じられて美しく、
盛り盛りの野菜は風味濃厚で目覚ましい。
ほんとーーーーーにおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
満場一致で「きれいね、すっごくおいしいね」と言いながらいただきました。
1階カウンター8席、2階8席使わせていただき、わたしは上下行き来しながらもしっかりお料理は味わいました。
器の美しさも格別で、1階カウンター席のひと皿め、モレッティ社のミレフィオリのシリーズがずらーっと並んで華やかでした。
上の写真は2皿めの、よこわのサラダ仕立て。
*****************

料理写真順番にいきます。

●パプリカのムース、濃厚なめらか、しっとり甘く、これだけで天国に来たような心持ち。

●よこわのサラダ仕立て、ほとんど野菜のお皿。にんじんでくるりと巻かれた野菜テリーヌの中がまた細かったです。

ほんとーにおいしいと思いつついただきました。

●春毛蟹の身をデにした山うどと生姜と共にレモンオイルで和えたもの、アガーで作ったシート状のジュレ、トマトの泡 。蟹の殻から取っただしベースで作ったチップ。春の毛蟹が本当においしいという話。(本当においしかった。)

●新じゃがのヴィシソワーズ、下にメロンジュレ

塩気とフルーツの甘み酸味が絶妙な組み合わせでした。おいしかった(T_T)(T_T)

●たいらぎ貝のグリエ(網焼き45秒)、スペインのイベリコ豚の生ハム・グランレゼルバ(3年熟成)、みょうが、パプリカ、きゅうり

●ほうせきはたのポワレ、牡丹海老のソース 古代米、賀茂茄子、そら豆

食感見事、組み合わせ見事でした。ほんとーーーーにおいしかった☆☆☆

●鴨のロースト エシャロットソース 高知のトマト、モロッコいんげん、アスパラソヴァージュ。

●小さなアヴァンデセールで、フルーツに大葉のジュレ。ばちばち弾ける飴(ドンパチ)入り。

キウィ、いちご、ブルーベリー、じゅんさい。

●マルキーズショコラ、バナナのアイスクリームと

●砂糖でもこんなにかわいく出されます。テーブルの上が楽しくてしょうがなかったです。

●紅茶をいただきごちそうさまでした。

どの料理も素材のおいしさが際立っていました。器もカトラリーもいちいちかわいくて、尋ねればエピソードがあって、無限の楽しさと思いました。

●1階カウンターに8名入れていただきました。

●いいワインがずらりと揃っていました。「フランスものしか置かない」と青池さん。すばらしいわその心意気\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●2階テーブル席も8名で。シェフはまめに上に上がってくださって、

●説明をしてくださいました。

●店主の青池啓行さん、マダムの仁美さん、スタッフの方々に御礼申し上げます。参加者の皆さんにも感謝。
青いけ」さん、また伺います。クラブエリー第3金曜の皆さん、8月をどうぞ楽しみに。

次の投稿で、イタリア「モレッティ」のミレフィオリのコレクションの写真をアップします。
アップしました!
*****************
今週は昼晩出続けて、写真を溜めまくってしまいました(*_*)(*_*) 濃すぎる毎日。
写真の整理ができないまますごい勢いで溜まってしまって、だんだん負債を背負ってる感じになってきた( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;) 
*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「CANTINE AU DISCO」開店

■ 全国100万人の読者の皆さま、新店ご紹介のエリーでございます。

●5月11日(さすが11日!)、「AU DISCO」さん移転されて柳馬場三条上ルの、「バスティーユ」さん跡にオープン。

「CANTINE AU DISCO」カンティーヌ オー ディスコ、おめでとうございます。
●クラブエリーの帰りに偶然前を通ったわたし、すばらしくいいタイミングでした(^o^)(^o^) 知り合いにもたくさん会えてうれしかったー(^o^)☆☆☆
「オー ディスコ」さん、初めはケムケムでスタートしたお店だから、恐れながら尋ねてみたら、今回初めから全席禁煙ということで、本当にうれしいです\(^o^)/\(^o^)/
ペリエ1本だけしゅわーといただいて来ました。
また改めて伺います。
*****************

5月12日(土)追記

●デジュネのガレット(サラダ付き)1200円 いただいてきました。ペリエ1本、食後にカフェと。

●添えられるサラダはこちら。

●一緒に行ったHさんはこのシャルキュトリセット。これに上と同じサラダとバゲット付き。

共通の祖国・フランス話で盛り上がり・・・あまりに賛同し合う話題が多くて・・・

「わたしたち、フランスで生き別れになった姉妹だったかもね。今ここで再会できた・・・♪ 」なんて言い合って、テンションが上がったデジュネでした\(^o^)/\(^o^)/
*****************
CANTINE AU DISCO
カンティーヌ オー ディスコ
京都市中京区柳馬場通三条上ル東側
電話 075-708-6233
11:30~22:00フードLO、22:30ドリンクLO、23:00閉店
火曜休み
テーブル22席、カウンター6席
全席禁煙
2018年5月11日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ルボンヴィーヴル」でディネ

■ 全国100万人の読者の皆さま、連休の中ほど、フランス色が濃いディネを楽しんだエリーでございます。

進々堂さんの「Le Bon Vivre  ルボンヴィーヴル」へ。(オープン時の記事

●シャルキュトリ盛り合わせ(プロシュート、リエット、パテ)

●手作りソーセージとレンズ豆の温製

シャルキュトリや、このリヨン風ソーセージは寺町二条の「ブション」さんそのままの味。

●ベーコンとポーチドエッグのリヨン風サラダ

●海老とアヴォカドのタルティーヌ(冷製)

●ロックフォールスクランブル(温製)

●肉はまず四元豚ロースのバルサミコソース。

●京赤地鶏ハーブマリネ焼き

●肉料理はこんなラインナップ。

●パンはさすがにどんどんおかわりを持って来てくださいます。黒ごまのパンや、胡桃とレーズン入りパンがとりわけ好きです。

●フロマージュはロックフォール、エポワス、コンテ18か月、クロミエ、ルブロション。

●赤ワインと。

●デセールに選んだのは、セバスチャン・ゴダール風のりんごのタルトフィヌ。(わたしはアイスクリームをのせない方が好きなので、写真は抜きヴァージョンです。)

「カフェ・ヴェルディ」さんのカフェラッテと。

●プロフィトロールを選んだ方がいて激しくうれしい(^o^)(^o^) ショコラのソースを泳げるほどかけて食べるのが好きです。

●プロフィトロールを1個分けていただいて、幸せな食事の締めくくりでした。

Hさま、初めてお目にかかるSさまと3人で、気楽で美味なフランス料理をいただいたひと時。

楽しい時間を過ごしました。御礼申し上げます。
全部全部、おいしかったー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

*****************
「Le Bon Vivre(ルボンヴィーヴル)」
「ザ ロイヤルパークホテル京都四条」1階
電話 075-354-1788
京都市下京区烏丸通仏光寺西側

レストランは10:00~21:00LO・22:30閉店

ベーカリーは6:30~21:00
年中無休
テーブル42席、カウンター4席 全席禁煙
2018年4月5日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ブラッスリー」で新しいコース

■ 全国100万人の読者の皆さま、4月30日(月)はお昼、フォーシーズンズホテル京都の「ブラッスリー」さんに出かけてデジュネをいただいたエリーでございます。

料理長・井料剛さんによる夜コース「Discover ディスカヴァー」を、少し軽くしていただきました。
ものすごくよかったーーー(^o^)(^o^)/☆☆☆
日本全国のすばらしい食材を再確認するコース。食材にストーリーがあり、最適な食べ方というものがありました。どれもばちっと決まっておいしかった!!
長野のアルプスサーモンに、宮崎キャヴィア、京都の平井牛・・・
添えられた野菜も、いちいちものすごく旨かったのです( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●池泉廻遊式の広大な庭園、鯉のぼりが泳いでいました。

●テラスでの食事が気持ちのいいシーズンです。

●パンが3種類とバター2種類が供されました。

●夜のコース、Discover 16000円(税サ別)です。これを昼用に、少し軽くしていただきました。

●北海道の牡丹海老。ココナッツ、レモングラス、コリアンダー、こぶみかんの葉など、オリエンタルでスパイシーな香味。鮎の魚醤、ライムの酸味がニュアンスを添えていました。

●長野のアルプスサーモン、正確にはにじます。40℃でコンフィにしたとのこと。普通のサーモンならこの温度はリスキーだけど(普通なら60℃まで上げないと危ない)、このアルプスサーモンだからこそできること。火は入っているけれど食感はレアな感じ。ものすごく口当たりいいです。塩はごく控えめで、その代わり上にタプナードがのっています。

アーティチョーク、ドライトマト、菜の花、スナップえんどうなど、野菜がまた彩り鮮やかでひどく美味でした。

●アスパラガスは揚げるのがいちばんおいしいのだと井料剛さん。旨みをすべて閉じ込めることができると。愛媛のグリーンアスパラガスに生ハムを巻き付けて天ぷらにしてあります。

●断面こんな。添えられたサバイヨンソースはエスプーマにして卵の殻に詰めたとか。ピマンデスプレットが効いて、粋な味でした。ほんとおいしかった(*_*)(*_*)

●太刀魚のグリエ。帆立のだしにレモン、オリーヴオイル。まこも茸のひらひら、デトロイトやマイクロスピナッチ、すみれの花、赤紫蘇の芽など細かいハーブがいろいろで、フレッシュで豊かな風味を添えていました。目覚ましいおいしさと思いました。

●まこも茸を薄くひらひらに削って、パッパルデッレ、パスタのような扱い扱いをしていました。緑のソースはジェノヴェーゼです。

●京都の丹波牧場の平井牛の、テンダーロインステーキ。ミディアムレアということでしたが、レアに近い食感。噛んでいるのか噛んでいないのかわからないほど柔らかく、ジューシーで香り豊か。そら豆とえんどう豆が色みも食感も鮮やかです。なめらかなえんどう豆のピュレがまたよかったです。手前にはオニオンジャム、赤ワインとポルトで炊いたということ、甘酸っぱくて肉によく合って止まらないたまらない。これ瓶詰めで売っていたら買います。

●ひと皿ずつ説明に来てくださった井料剛さんありがとう。才気煥発で感じのいい方です。こんな大きなレストランを率いて、本当にすごいです。

●デセールには福岡のあまおうのウフアラネージュ、あまおうのスープ。ライムのソルベ、ライムのメレンゲ。肉のあとにひたすら爽やかな一品でした。

●カフェか紅茶の選択。ロンネフェルトの紅茶をいただきました。

●オープン1年半にして、自分らしい料理を出せるチャンスが来たと井料剛さん(右側)はおっしゃって、新たな展開を見せてくださいました。今回の「ディスカヴァー」はすでに春の前半は終わって現在春の後半編ということで、今後同様に夏、秋、冬とやっていかれるそうです。サーヴィスもよくしていただきました。いいお昼でした。

●5月第3金曜のクラブエリーは、このコースをテラスで皆さんに楽しんでいただく予定です。お天気がよかったら、初のテラスでのブラッスリーさんです。

●食後お庭に少し出て、その後ペストリーブティックでクロワッサンやパンオショコラを買って帰りました。ゆったりしたデジュネでした。普段と変わらぬ流れの中で、ちょっと連休らしかったか?(^o^)(^o^)/

フォーシーズンズホテル京都「ブラッスリー」さん、次また伺うのが楽しみです。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ラ・パール・デュー」の美麗な王冠サラダ

■ 全国100万人の読者の皆さま、感動にうち震えたエリーでございます。しんそこいいと思った「ラ・パール・デュー」さんのお料理です。

●ちょっと久しぶりでごめんなさい、元田中の「ラ・パール・デュー」さんにデジュネに伺いました。自然光の入るお昼間が理想的で、窓際に座らせていただき、お昼のコースをいただきました。

●この、花と野菜の王冠サラダを改めていただきたかったのです。なんてきれいで美味なお皿。

以下、順番にいきます。

●アミューズに、鴨サンド/すずき、ふきのとう

グジェールにペースト状の鴨肉、中に刻んだ発酵キャベツも。ふきのとうの方はフリットになっていて、挿された黒文字がが本当にいい香りです。

●雪ノ下にんじんのポタージュ

玉ねぎやブイヨンなどを使わず、ただにんじんじたいの味や旨さとのこと。

海老、セロリ、パリパリに揚げた紫にんじんなどからは、ふんわりとオレンジの香りが立ちのぼりました。

●雪のもとで冷たさに耐えたにんじん、加熱4時間と伺いました。寒さの次に熱で痛めつけんのね。笑。その結果、びっくりするほど風味よく、口当たりのいいポタージュでした。

●63種類の野菜と花、野草とフルーツも使った王冠サラダ。上からパルミジャーノとからすみの粉、菊芋のチップ。

●内容を明記されたこの紙があるのでありがたいです。本当にきれい、食感いろいろで楽しく、完璧に美味なお皿です。

●底に桜ますの燻製が敷かれていました。ミントのソースと。

ここまでですでに感動いっぱい、お腹もふくれてきているのですが、後半まだまだ盛りだくさんです。

●昨年もいただいたこの筍料理、

●京都 長岡京の筍のムニエル 

焦がしバターに黒トリュフ、じゃがいもペースト、たらの芽の天ぷら。

アーモンド、エシャロット、レモン、大葉などで風味と食感が添えられています。

さらにこの上に・・・

●ルッコラとその花、すぐきの花、山椒などが添えられました。

●香りが重なり響き合って、もうもうもう、昨年も書いているけれど、限度を超えたおいしさというのよこれは。感動深かったです。

それにしても、昨年は全く同じ料理を5月にいただいていますから、今年は食材が早いのね・・・

●メイン料理、目鯛か仔牛の選択なので、仔牛を選びました。これも花や葉やいろいろの香りをまとって、まあ美味なことよ( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●マッシュルーム、そら豆、白アスパラガス、モリーユ、アルティショーなどなど、合わせてあるものもものすごくおいしい☆☆☆

モリーユのソースに、別途黒トリュフが香るソースもあって、本当にお手間かかっていることがわかります。どのお皿もみっちり、ひれ伏したいくらいお手間入りのコースでした。

●そして、ここへ来てフロマージュを食べずに帰れるだろうか?(いいや帰れはしまい。)

●(上から時計まわりに、)

サントモールドゥトゥレーヌ、フルムダンベール、マンステール、カンタル、ブランドゥマキ。できるだけアフィネ=熟成したもの、熟成が進んだものを選ぶ癖がついています。

非常にいい感じでいただきました。激しく幸せ~と思いました。

●デセールはシンプルなミルフイユ。ランヴェルセで生地を作ったと伺いました。サクサクの天国です。中にはさんでいるクレームはあえてヴァニラ

使わずということでした。それでも十分過ぎるほどおいし☆☆☆

●アンフュージョンはヴェルヴェーヌを選択しました。

●最後の小菓子まできれいです。焼き立てマドレーヌと、パッションフルーツ味のショコラ。

●「ラ・パール・デュー」さん、楽しくて格別に美味と思いました。パリにお店があっても、余裕で星2つくらいに値すると思います。

3年ぶりにクラブエリーをお願いしました。

メンバーの皆さんどうぞ楽しみに\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************