■ あれこれ話:ショコラ、りんご、本

■ 全国100万人の読者の皆さま、先日来、日本時間で暮らそうとしているエリーでございます。今日はあれこれ話をいたします。

●どこから手をつけていいかわからんほど写真溜まっているのだけど、写真を整理するより先に、人生の毎日の日々の方が要素が多くてスピードが早くて追いつかんの。写真が溜まる=負債を背負い込んでいる感じがします(*_*)(*_*)

そんな時は、まずは内服薬、気付け薬、ショコラをいただきましょう\(^o^)/

アラン・デュカスさんのショコラ、MUNI HOTELのブティックで購入したものです。

ル・マンディアン MUNI オ・フリュイ・セック

といいます。1200円。

●フリュイ・セック=ドライフルーツがいろいろ、いちじくやアブリコやオレンジやらで風味豊か。ショコラ自体もものすごく香味よいです。

ひとかけら、と思ったのに、ひとかけらで止められただろうか?(いいや止められはしなかった。)これ一気食べしました。

気持ちが滅入っていても、おいしいショコラがあれば引っ張り上げてもらえます。だいぶ幸せになりました(^o^)☆☆☆

●マンディアンといえばまず浮かぶのがこれなんだけど、パリに行きたいよう(T_T)(T_T)

本来これはリヨンのものですが、パリにできた支店もすてきでした。セーヴルバビロンのあの界隈・・・あーまた早く行きたい。

●某リストランテ(笑)でこのりんごを教えてもらっておいしさに目を見開く思いで、

●「八百一本館」さんで同じ品種を見つけましたよっと。

●「トキ」というりんご、大きいです。形が少しずつ違って、まん丸ではなく、ニュアンスのある形状をしています。

●「王林」と「ふじ」の交配と。王林の、ブルゴーニュワインのような優美さを感じたのは正しかったのです\(^o^)/\(^o^)/

*****************

●合間に本も読みますよっと。

本についての本が好きで・・・

「ぜんぶ本の話」池澤夏樹さんとお嬢さんの池澤春菜さん著。

紙の本しかなかったのが、Kindle版出ました\(^o^)/

●中野信子さんの本、Kindle版 2冊同時に出ました。予約しておいたら発売日の0時きっかりに配信されてきました。

アートについての本と自伝と。早く読みたい\(^o^)/

脳から見るミュージアム アートは人を耕す

ペルソナ 脳に潜む闇

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■ この1週間/赤ければ

■ 全国100万人の読者の皆さま、日曜日になってしまったエリーでございます。1週間が、いくらなんでも早くないか?(*_*)(*_*)

*****************

10月5日(月)からの1週間は、

●10月7日(水)にクラブエリー@「白山」さん、

●10月8日(木)に朝日カルチャーセンター講座@「リストランテ 野呂」さん

●10月9日(金)にクラブエリー第3金曜(今月は第2金に実施)@「花鏡」さん

とお世話になりました。早く写真整理します<(_ _)><(_ _)>

*****************

●わたしにおいて、赤は正義赤ければOKです。

朝起きたらまず赤いものを食べる、と。

赤いもの3でいきます。

りんごです。某リストランテ(笑)からもらってきた弘前のりんご

●コンポートにしていただきましたよっと(^o^)/☆☆☆

しゃきしゃきりんごよりも、火で制圧したりんごが好きです。

赤万願寺とうがらしです。京都濃紅たまごのぺたん焼きに、赤万願寺とうがらしのソテ、塩味。上からエルブドゥプロヴァンス。

基本、ぺたん焼きは上に何をのせても合うので、しらすとかハムとか溶け溶けのフロマージュとかちぎった大葉とか、日々いろいろします。溶いた卵を油を敷いたフライパンに広げたら、一度返す以外は何もしないでいいから楽です\(^o^)/

トマトです。トマトと茄子とアンチョヴィ。茹でたスパゲッティに具材とトマトソースをからめるだけ。かんたーんです。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■ この1週間・・・

■ 全国100万人の読者の皆さま、この1週間まったくサイトの世話ができなかったエリーでございます。

写真が溜まり積もってしまった( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

9月28日(月)からの1週間は、

●9月29日にクラブエリー@「割烹 竹うち」さん

●10月1日にNHK文化センター講座@「近又」さん

●10月2日にクラブエリー@「木山」さん

とお世話になりました。

ほか、食べに出かけたおいしいものもいくつか。

*****************

●この土曜日はこれをおやつに、ひたすら10月以降の講座やクラブエリーのお店の予約をがんばりました。

●時々食べたくなるコルネ。シンプルでよいです(^o^)/

●「八百一本館」さんです。

夜はまたがらりと気分の変わる、ほんとーにおいしいものをいただきましたよっと\(^o^)/\(^o^)/

*****************

さかのぼって、

9月27日(日)の夜も未アップでした。写真改めて上げます。

●「リストランテ 野呂」←ウエブサイトやっとこさオープン\(^o^)/\(^o^)/先日から公開されています。

訪問208回の夜に、賀茂茄子と海老、フレッシュトマトとドライトマト入りトマトソースのスパゲッティ。

ほんとおいしかった。こういうのをかんぺきのぺき子ちゃんというのでした。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ お菓子あれこれ

■ 全国100万人の読者の皆さま、朝晩わずか涼しくなってきたとはいえ、まだまだ茹だっているエリーでございます。エリーを冷やす冷蔵庫が必要です。

今日は料理ではなくて、あれこれお菓子の話をいたします。

●9月に入るなりがらりとお菓子売り場も秋の気配濃くなり、前日まであった水ようかんや葛まんじゅうが姿を消して、栗蒸しようかんが登場していました。

まあ、これ見たら欲しくなるでしょう~ ということで「仙太郎」さん@大丸地下で購入。人気No.1だって。

●これもあれば欲しいではないの。おいしいの知っているし\(^o^)/

●というわけでこんな風に詰めていただき、そろりと大切に持ち帰ったのでした。

まだ気温30℃台後半の日だったので、暑すぎて栗蒸し羊羹の気持ちにはほど遠かったのだけど、食べたらやっぱりおいしいなあと。

●代官山「小川軒」さんのレイズンウィッチ 10個入りをゲット\(^o^)/@京都タカシマヤです。

恒例の味百選、食のイヴェントとしては、7か月ぶりの開催だったということです。

行かずにいられただろうか?(いいやいられはしなかった。)

●「Atelier de Fromage」さんも出店していらしたから、買わずにいられんでしょう。

燻製カマンベールと、シフォンケーキのフロマージュ入り。このシフォンケーキ、わたしは初めてでした。ふわふわふわーな中に、塩気のフロマージュが食感と味のアクセントとなって、粋なことでした。これまたいただきたいです。

●自家製生チーズ、なめらかでクリーミー、これもおいしかったー。トマトによく合いました☆☆☆

●いただきもので、真っ赤なりんごです\(^o^)/ 

これは色が圧倒的に好きでした。点々と斑点があるのも愛嬌があります。名前も、「紅ロマン」だって。ありがとうー\(^o^)/

●このりんごに関しては、ものすごくしゃきしゃき感が強かったので、生食よりは、加熱の方だなーと思い、やってみたらおいしかったです。ラム酒で炊きました。バターも入れてとろっとさせて、シナモンをはらはらと。

よい季節です、食べる楽しみは尽きません\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 電気屋さん大好き\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、家電量販店を愛するエリーでございます。今までの人生、大音量が鳴っているところはどこも一切ダメなのに(タクシー内で聞かされるスポーツ実況のラジオなんかも本当にダメ)、家電量販店においては「夢のよう♪ 生き天国♪」と思うばかりで、音量も自動的にわたしの耳内で調整されるようです。

●ところがこれ見てよ。久しぶりに京都駅前のB○○ カメラに出かけて、ま・ぢ・か? と我が目を疑いました。これ家電量販店と言えるだろうか?(いいや言えはしまい。)これ誰が見てもドラッグストアではないの?

2階以上に上がるとやっとこさ家電量販店らしくなってほっとました。

わたしは6階に冷蔵庫を見に上がったのでした。

●このパナソニックのお兄さんがすごかった。驚異的に上手にすすめてくれるのですよ。

(冷蔵室内の引き出しを示しながら)

「こちらチルド室にはどうぞフロマージュを」

(構造が多すぎ、引き出しやら細かいの要らないと言ったら、)

「いやそうおっしゃらず、こちらにはジャンポール・エヴァンさんのアイスクリームを」

(上まで棚があって細かいもの収納できますねえ、と言ったら、)

「こちらにはどうぞりすのろのトマトやバジルソースの瓶詰めを」

この人どこまでわたしの暮らしを把握しているのかあああああああ( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)???
●これをすすめてくれたのね。でもこれは買いませんよっと(^o^)

●しかしめげずに天井照明のコーナーにわたしを誘っていわく、

「こちら、スピーカー付きの照明でございます。Bluetoothで、いつもお聞きのfrance infoが天井から降り注ぐわけであります」

だと( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●さらにドライヤーコーナーに連れて行っていわく、

「そろそろドライヤーもお買い替えの時期かと。こちらがおすすめでございます。海外仕様、「ナノイー」搭載で、フランスでもつやつやの髪を保てるというのがおすすめのポイントでございまして」

ドライヤーまだ壊れていません、今フランス行けません~~~~( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

この人成績いいだろうなあ、、、客のことを実によく把握して、的確かつ懇切丁寧な案内だったなあ~と言いつつ、わたしはこの日は下見しただけで、何も買わずに帰ってきたのでした。ごめん。

家電は楽しいなあ\(^o^)/\(^o^)/

パナソニックお兄さんありがとう。経済が厳しいんだけど、まーそのうち買いますから。(^o^)(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ あれこれ話:講座、本、映画

■ 全国100万人の読者の皆さま、食べもの以外でわたしを作っているもの、支えているものの話をします。

●この夏の勉強\(^o^)/ 大好きかっしー、鹿島茂先生のオンラインサマースクールです。YouTubeで受講できます。8月15日(土)第1回目、1時間半のところを2時間近く、みっちりぎっしりルイ14世とその時代のことを学びました。ものすごい充実感\(^o^)/\(^o^)/ リアルタイムにPCの前にいられなくても、アーカイヴで聴き直せますから、今からでも間に合います。さらに22日に2回目、29日に3回目です。博覧強記の鹿島茂先生が汗牛充棟にして載籍浩瀚な様子の書斎からお話しくださいます。(←鹿島茂先生の書棚があまりに素晴らしいから、4文字熟語を使ってみたかった。笑。)

詳しくはこちらにあります。ALL REVIEWS 友の会に、この機会にわたしも入りました。

●今、読むべきはこの本です。復習に読んでいます。

太陽王ルイ14世 ヴェルサイユの発明者 」(角川学芸出版単行本)

「はじめに」を読むだけでも鹿島茂先生の独自の論考のおもしろさがわかり、かっしー節いいぞー\(^o^)/と思います。

「文化的北極点としてのヴェルサイユ」、「憧憬の順送り構造」って上手に言われます。

「中央集権化とヴェルサイユの「発明」はルイ14世の二つの業績であるどころか、一つだけの関心事の二つの現実化にほかならない」

あとはみんな読んでね。

*****************

●全然違う本ですが、最近これ読んでおもしろかった\(^o^)/

ゴダールと女たち」四方田犬彦  (講談社現代新書)

わたしゴダールの映画が好きかと言えば、実は全く好きとは言えず(落ち着きなく荒唐無稽なばかりと思ってきた)、フランソワ・トリュフォーの方が圧倒的に好きなんだけど(ごめん<(_ _)>)、それでもまあ、フランス贔屓として、ちょっとは見てきた・・・と言いつつ、この本に出てくる映画は、ほぼ全部見ていたと今回わかったのでした。( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

「結びに」がおもしろくて、今まで日本にはゴダールについては2通りの文章しか存在していない、と。

片方は「ゴダール大好き、ゴダールはカッコイイ」という映画オタクの賛辞。

もう一方は、大真面目な学位請求者たちの書く論文。

ゴダールを現代哲学や主題批評の文脈のなかに引き摺り込み、彼の作品の数々の間に、厳粛にして精密な一貫性を発見しては悦に入っている。

四方田犬彦さんはそのどちらでもないものを目指されたのだと。「女たち」という切り口を意図的に選んだと。(それにしても「女に逃げられるという天才的才能」というタイトルがおもしろいわ(^o^))

●ジャン・リュック・ゴダールさん、ご存命なのですよね。1930年12月3日生まれで現在89歳。わたしとしては、昨年亡くなったアニエス・ヴァルダさんとの約束を守ってあげるべきだったよーと思う。「顔たち、ところどころ」の話ね。

アンナ・カリーナもアンヌ・ヴィアゼムスキーもジーン・セバーグも亡くなっちゃったけれど、ゴダールさんは長寿です。

*****************

●全然違う映画ですが、アマゾンプライムで最近これを見て、じわじわとおもしろかった\(^o^)/ あり得なくて、おかしくて、ちょっとしみじみして、まあよかったなと思えて、でも少し苦かった。

さびれ果てた郊外のアパルトマンというか団地が舞台。脚を悪くしたさえない男、夜勤の女性看護師(ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ)、落ち目の女優(イザベル・ユペール)、鍵っ子の男子高校生(ジュール・ベンシェトリ)、そこになぜか不時着したNASAの宇宙飛行士(設定自体が荒唐無稽)、それを喜々として世話するアルジェリア系移民の女性(息子は服役中)・・・と、訳ありの人たちばかりが揃い、それぞれの人生があぶり出され、どれもなんだかどうしようもなくて、けれど笑えるのです。

●イザベル・ユペール、フランスを代表する女優のひとり、60代後半で最前線にいて途切れることなくさまざまな監督の映画に出演、目をみはる活躍です。知的でクールで、わたしかなり好きです。彼女の相手役をする美青年、ジュール・ベンシェトリがまた、すごくよかったーー\(^o^)/\(^o^)/ 彼はこの映画の監督であるサミュエル・ベンシェトリの息子。母親はマリ・トランティニャン・・・ということは、ジャンルイ・トランティニャンの孫ということです。サラブレッドというわけ。かるーい気持ちで見始めたのだけど、いやーめっけものだったわこの映画。

映画「アスファルト」アマゾンの見放題貼り付けておきます

次はピアニストの映画見るから(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ PCまわりの入れ替え/静かなマウス

■ 全国100万人の読者の皆さま、受難の日々なのか? と思うエリーでございます。別に今、天中殺ではないぞよ。
●先週末から4日間全く使えなかった家のwi-fiが直って、ネット環境が戻ったと思ったら次はワイヤレスのキーボードが壊れた( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;) ロジクールのキーボードが好きで買い続けているのに、このタッチ他にないと思うから好きなのに、どんだけ壊れるのか?
昨年10月に買ったのが使えなくなって(1年たっていない)、しかし3年保証だから替えてもらうとしても、送って手元にない間どーするの?
大丈夫、ちゃーんと、以前しばし使った有線のものを保管していたのでなんとかなるのよ。
それにしてもトラブルが起こるたびに作業も止まってしまうし予定狂うし落ち着き失うしいかん。
ちなみにこれね。
https://amzn.to/30AVpuC
本当に優美な打鍵感なのです。
今11579円になっているけれど、昨年買った時は15020円でした。まあそういうものね。
教訓:PCでもキーボードでもマウスでも、余分を持っておかないといけません。時間的な余裕も。最近ではもう昔のようにぎゅんぎゅんに詰めていないけれど。時代が変わってしまったし。まあいいのだ。

*****************
●今度はUSBハブが壊れたのでした。なんでこんなもんが壊れる? そしてなんという連鎖。( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
なので購入・・・ケーブルの長さは1メートル要るのよ。

●そしてPCを3台使っているのだけどマウスは全部赤、時々間違って使ってあわてるので、違う色をこの機会にひとつ買いましょう\(^o^)/\(^o^)/

●懲りずにロジクール、でも静音というマウスを買うと、これが、
よかったーーーーーーーーー\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
もうほんとーに、マウスのカチカチ音がゼロなの。拍子抜けするほど音がなくて静か、もうもう本当によいです。

●結局あと2個また買いそうだなあ、、今度は色分けましょう(^o^)(^o^)(^o^)
https://amzn.to/3ipFhSS

これね。
教訓:PC周辺機器は買い溜めしたらダメです、だってほんの何か月かでガラリと新しくなっているから。前回教訓として「余分を持っておきましょう」と言ったことと反対になるけれど。
理想はヨドバシとかビックカメラのごく近くに暮らすこと。すぐに飛んで行けるように\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ ネット復旧/サクサクのかき揚げうどん

■ 全国100万人の読者の皆さま、家の wi-fi がやっとこさ復旧、ネットが今まで通り使えるようになって喜んでいるエリーでございます。8月5日の昼過ぎ、NTTのお兄さんが来て、あっという間に直していってくれました。わたしの部屋のモデムではなく、マンション内の中継点での問題だったそうな。

8月1日(土)午後からのネットなしの間は、モバイルSIMカード(モバイルPC レッツノートとタブレット用に2枚契約している)を使い、さらに無料 wi-fi が使えるカフェなどに1日1回1~2時間くらいお邪魔してしのいだのですが、回復してみればやはり自宅の仕事机がいちばん快適でうれしさひとしお、今後は家のデスク回りをさらに心地よく過ごせるようにしようと改めて思ったのでした。

●そんなわけで復旧後は予定外だった映画を見たり(amazonでダウンロード)、Kindleを、PCの大画面を使ってヴィジュアルたっぷりのものをざざざと読んだりと、湯水のように wi-fi を使い、喜びをかみしめたのでした\(^o^)/\(^o^)/

*****************

■「仁王門 うね乃」さんで、先日の夜、桜海老のかき揚げうどん 1400円です。桜海老がとても密に詰まった大きなかき揚げ、すさまじく香りがよくて本当に好き。つやつやのうどんの優美な口当たりは比類なく、そしておだしはもちろん全飲みしたのでした\(^o^)/

●この口当たりがサクサクのバリバリでたまらんのよ。

仁王門 うね乃」さん、また伺います\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ あれこれ話:映画、ジノリ、マイセン

■ 全国100万人の読者の皆さま、映画見逃した/見た/ものすごくよかった\(^o^)/の報告でございます。

●「アンティークの祝祭」

これ見逃しました。新風館にできた映画館で見たかったのだけど、上映が朝の9時~って。わたしにその時間に映画館に来いというのは無理なのよ(*_*)(*_*)(*_*)

前回のフランスからの帰りの飛行機でざざっと見ているのだけど、ちゃんと見たいよう。ドヌーヴさまがお出になるものは見るのですよっと。

●これは7月半ば、京都シネマで見ました。

しかしなあ、、
わたしはパリの風景を見られるだけで、フランス語を聞けるだけでうれしい方なんだけど、この映画はなあ~(-_-;)(-_-;)
カトリーヌ・ドヌーヴさまが出ていたらとりあえず見るのと同様に、これはキアラ・マストロヤンニが主演だから見たんだけどな、、むー、、
これは、わたしにとっては、いまいちであったのう。
なんか荒唐無稽なのよ。まあ、ひと晩に見た夢でした、で最後は済むんだけど、なんか説得力なかったなあ。キアラ・マストロヤンニが、あれだけ男をとっかえひっかえするようなキャラクターにはまってないんだもん。わんさか過去の男が出てくるんだけど、なんかじぇんじぇんしっくりこないの。
久しぶりの映画館に行けてうれしかったんだけどなあ・・・

●これはものすごくよかったーー\(^o^)/\(^o^)/

Amazon Prime の見放題になっていますから、皆さんぜひ。

2019年3月に90歳で亡くなったアニエス・ヴァルダさん監督です。明るくてほのぼのする映画。

顔たち、ところどころ」というタイトルなんだけど、原題は「Visages villages.」。そのまま訳すと「顔々、村々」という感じですね。

わたしなら、「顔たち、あちこち」みたいな訳語にするかなあ。

アニエス・ヴァルダさん87歳の時の作品で、JRというカメラマンで壁に大きな人物写真を貼り付けて回るアーティストと共にフランスの村々を旅するのです。簡易スタジオ兼巨大プリンタでもある、カメラの形を模した大型トラックに乗って。このJR、決してサングラスをはずそうとせず、帽子だってどこに行ってもかぶったままです。旅の友、アニエス・ヴァルダさんにさえ素顔を見せようとしないJRに、アニエスさんは執拗に「ずっとサングラスしているの?」「はずさないの?」「はずしてよ、感じ悪い(Ce n’est pas amical、直訳すると「友好的ではない」)」と言い続けるのがおもしろいのね。JRとの旅の日々、道中険悪になることもあるけれど、JRははるか年上(54歳上)の彼女にとても優しく理解力があって、温かい友情だなあと微笑ましく思えるわけです。いいなあと思う(^o^)

最後、アニエスさんはあるスペシャルなプレゼントをJRにしようと、彼を伴って(カメラトラックではなく)電車である場所へ出かけます。そのプレゼントが、果たしてかなうのかかなわないのかは見てのお楽しみとして、最後のほんの5分ほどがまた見どころなのです。忘れがたいです。これはヌーヴェル・ヴァーグのファンの皆さんには必ず見ていただきたいと思います。

DVDはこちら

あーフランス行きたい。

*****************

●わりと最近、こんなカップを買ったのでした。

このところわたしにおいて器さわぎが起こっていて・・・6月、撮影用にロイヤルコペンハーゲンを何枚か買ったところで終わればよかったのに、ジノリの赤いにわとり模様がひどくかわいく思えて・・・

このカップがあまりにも気に入って、今度は同じ模様でお皿も欲しくなり・・・底なしの沼、、( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

24センチスープ皿、25センチ平皿買いました。

アマゾンにもありました\(^o^)/

●これも買ったのだけど、これは非常に美麗でうっとりするカップながら、わたしの人生には入って来ず、手放そうと思います。ドナドナドナ。欲しい方は言ってね。

(「ル・ノーブル」さんの画像を使わせていただいています。四条店で購入いたしました。)

●マイセンのブルーオニオンです。280ccくらい入ります。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ カレを失くした話/次はこれを

■ 全国100万人の読者の皆さま、がっくりしていても旨いものですぐに機嫌を直すエリーでございます。

●7月29日、12時30分前後、錦通り高倉~烏丸の、ほんの何百メートルかの間でこれを失くしました。
するりと落ちたのだと思う()()

90×90cm、シルクツイル、「Cheval Turc トルコの馬」といいます。
買ってすでに30年くらいですが色あせずきれいで、マッカな服に合わせてよく使っていました。

折りたたむと馬は見えなくて、ひたすらくるりんとした飾り部分が表に出るのだけど、これが黄金色で優美な感じ、全体に赤い枠もあるからとても好きでした。
届けは出したけれど、戻ってくる確率ってどれくらいなんでしょう。風に乗って飛んで行ったかなあ、、
●愛着のあるものを失くすって、こんなに精神に響いて悲しいことかあああと思います。いやもっともっと大変な思いをしている方も多い昨今、家をまるごと流されたとか感染症の恐怖の中にいるとか倒産の危機とか、そんな今の世の中で布1枚失くしたくらいで騒ぐなよということなんだけど、でもやっぱりかなりの喪失感。すごく慎重なわたしにおいて、ものを失くすのはごく稀なこと、フランスでもものを失くしたり盗られたりしたことないのに家のごくそばで大好きなものを失うなんて。
●まずは気持ちを早く直さねば、、夜にすてきな食事の予定が入っていて助かったのです。久しぶりに話す友人と「比類なし」というレヴェルの料理をいただいて気持ちがだいぶなごみました。
旨いものはすべてに勝ります(^o^)(^o^)☆☆☆

*****************

追記:30日夜現在、戻ってきていません。戻るならすぐ戻ってくるものでしょう、もう諦めた方がいいのだと思う(T_T)(T_T)
*****************

■ 次はこれかなーなんてのんびり思っていました。

まさか1枚失うなんて思わず、次にパリに行ったら(いつ行けるのかわからんが)これねーなんて決めて楽しんでいました。

エルメスフランスのサイトで下見を楽しむわけです。

●90×90cmで、いつものシルクツイル。

Carré 90 Mountain Zebra, 375 €

●これは140×140cmの大サイズで、シルクカシミア。
Châle 140 Couvertures et Tenues de Jour Bandana, 950 €

次フランスに行ったら見に行きます・・・いつ行けるのかああ?

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************