■ 大森由紀子のショコラトーク@京都

■ 全国100万人の読者の皆さま、ショコラの話題を続けます。すてきなイヴェントご紹介です。

 

●京都駅南側、ワコール新京都ビルの、ワコールスタディホール京都で行われるフランス菓子と料理研究家の大森由紀子さんを招いてのショコラ講座、

「美と健康を叶えるショコラの魔法」
6月16日(土)13時~14時30分
4,968円(税込)
ジャン=ポール・エヴァンのボンボンショコラ、
マイハニーのはちみつチョコレート、
マリアージュが楽しめるドリンク付き。

(以下ワコールスタディホール京都さんサイトより引用です)

*****************

私たちをいつもうっとりさせる、ショコラの香りや口どけ。
しかも、その原材料となるカカオ豆には、からだにうれしいメリットがたくさん。
そのため、古代から”神の食べ物”と崇められ、 19世紀のヨーロッパでは薬として薬剤師のいる店にも置かれていたのだそう。

世にもおいしい薬として始まり、時代を超え愛され続けるショコラ。
その甘美な味に秘められた美容&健康効果をはじめとする魅力について、
フランスで実績を積み、国内外のパティシエからの信頼も厚いフランス菓子研究家・大森由紀子さんに、たっぷりご紹介いただきます。
大森さんといえば、人気のパティシエ、アンリ・ルルー氏やジャン=ポール ・エヴァン氏、フレデリック・カッセル氏らと手掛けるショコラの本も人気。昨年のパリへのショコラ研修旅行のときの「ここだけの話」は必聴です。

実際にボンボン・ショコラやはちみつのチョコレートなどをいただきながら、コーヒーやワインなどとのマリアージュについても伺いましょう。

*****************

詳細と申込みはこちら↓
http://www.wacoal.jp/studyhall/school/event/article81133
大森由紀子、わたしにとっては畏友ゆきぴー(大学のフランス文学科で先輩)が京都に来ます、皆さんぜひ!

わたしもとても楽しみです。

●告知するのに写真送ってよと頼んだら、こんな写真に、

●タブリエ姿がかわいい写真がキター!

 

●そしてウィーンのザッハトルテの写真送ってきたわ(^o^)(^o^)(なじぇフランスではないのかww)

●さらにカカオ豆きたわ( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;) 

ゆきぴーおもしろいです。関西人のノリです。

●昨年発売の、ショコラの本があるではないのー!

*****************
フレンチ仕込みの「ショコラのお菓子」
グラン・シェフが初公開する ひみつのレシピ
文 大森由紀子
世界文化社 97ページ 1728円
2017年2月21日発売
http://amzn.to/2mnrsbD
*****************

●勉強になっておもしろいこと間違いないです、ショコラ好きの皆さんこの機会を逃さずに!
http://www.wacoal.jp/studyhall/school/event/article81133

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」のタマナコ

■ 全国100万人の読者の皆さま、生まれる前からショコラが好きだったエリーでございます。

チョコボールにベビーチョコにハートチョコレート、ちょっと高級路線では森永ハイクラウンチョコレートのどれかを毎日食べて育ち、大きくなってフランスに関わるようになってからいちばんに好きになったのが「LA MAISON DU CHOCOLAT ラ・メゾン・デュ・ショコラ」、こんなオートクチュールな世界があったのかと驚嘆したものでした。

ラッキーにもパリ暮らしから帰ってきた後、3年間いた「ヴィジョンa」という会社で「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」の広報の仕事をさせてもらえて、あれは幸せでした☆☆☆

■ そして先日の誕生日・・・

東京のHさんが送ってくれたプレゼントを開けると、なんと「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」の、それもタマナコではないの!! 
タマナコのことを思っていたら、その翌日にタマナコが目の前に現れて、ちょっと驚きました。

Hさんありがとう\(^o^)/\(^o^)/

■ これこそもう20年近く前から「ビーントゥボンボンショコラ」だった商品。これが新商品として発表された時にまさに仕事でお披露目イヴェントなんかをやらせてもらった思い出深いショコラです。今はもうないハナエモリビルの「オランジュリー」でプレスイヴェントやったのよ。創始者のロベール・ランクスさんがまだご健在で来日されて、インタヴューしたり。懐かし過ぎます。

さてタマナコの内訳は・・・

*****************

●ヴェネズエラ産カカオ68%ダークガナッシュ、

●マダガスカル産カカオ64%ダークガナッシュ、

●ブラジル産カカオ62%ダークガナッシュ、

●ドミニカ共和国産カカオ64%ダークガナッシュ、

●ガーナ産カカオ68%ダークガナッシュ

*****************

ラ・メゾン・デュ・ショコラ」ウエブサイトでも注文することができます。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

関谷江里

■ ショコラ:「ダンデライオン」

■ 全国100万人の読者の皆さま、1日最低1ショコラのエリーでございます。わたしのガソリン、それはショコラです。

先日のある日のショコラ摂取。
ダンデライオン・チョコレート」というカリフォルニア発のショコラをブラウニーとタブレットで。
フランスを第2の祖国とするわたし(向こうは国民と思ってないが)、アメリカのショコラ摂取とは極めて例外的なことなんだけど、ここにその訳があります。
http://www.sousou.co.jp/item_71490.html
泣く子も笑う目ピカ社長に呼び出されました。目ピカ社長のためならできることをいたしましょう。わたしはわりと義理堅いのです。
シングルオリジンのカカオ豆からチョコレートを作るというのは、実は今に始まったことではないんですね。1800年代創業のフランスの「BONNAT」というブランドがだいーぶ前から作っているし、「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」も20年ほど前から「タマナコ」シリーズを作っています。調べたらもっとあると思うが面倒なのでおまかせします。

やっとこさ最近になって、カフェのサードウェーブの流れ(わたしは興味ない)などと同様に産地別の豆から作る「ビーン・トゥ・バー」式のショコラが広く認知されるようになってきた・・・2010年に創業した「ダンデライオン・チョコレート」は初めからこの「ビーン・トゥ・バー」でショコラを作るブランドなわけです。さすがにたくさん種類もあり、それぞれのタブレットの香味は個性明確です。
日本にすでに蔵前、鎌倉、伊勢神宮の外宮にショップやカフェがあり、さらにまた新たな展開がありそう。これからまた話題になると思います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

関谷江里

■「リンツ」で期間限定濃厚ドリンク

■ 全国100万人の読者の皆さま、ショコラがあれば幸せなエリーでございます。

「リンツ ショコラ カフェ」 京都四条通店で、リンツのドリンク史上、最も濃厚なショコラという、
「リンツ エクセレンス 70% ダークチョコレートドリンク」
をいただきました。季節限定で、11月14日(火)まで。

■ 濃い濃いショコラのスムージーです。ずっしり濃厚な香味ながら、さらさらと爽やかな食感という魔法のような飲み物。濃いいいい~ショコラ氷ともいえます。上にダークチョコレートのムースと、カリカリのカカオニブ。ショコラ好きなら間違いなくうっとり、ひととき天国に行けるものです。

■ これね。

■ 70%カカオの小さいのが1枚添えられました。

■ さらにこの秋の「ダークチョコレートフェスティバル」で、新商品「エクセレンス 78%カカオ」と「エクセレンス ピンクグレープフルーツ」が登場しています。

■「99%カカオ」など、パーセンテージ表記シリーズのタブレットも本当に画期的ですが、


■ わたしは「リンツ」においては大人気シリーズのリンドールの、シンプルに赤いのが好きです。
最近誕生日の人のため、マッカなリンドール缶を購入しました\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「リンツ ショコラ カフェ 京都四条通店」
京都市下京区四条通高倉西入ル アソベビル1階
075-744-1531
9:00~21:00 サロン10席
2017年3月3日、10時開店
http://www.lindt.jp/
*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」の贈り物

■ 全国100万人の読者の皆さま、1日1ショコラのエリーでございます。

つい先日のある日、これをいただいて大喜び。はげしくうれしかったプレゼントです。はげうれ☆☆☆

4T8A9365

■ 「La Maison du Chocolat」ラ・メゾン・デュ・ショコラです。ロベール・ランクスさん(創始者)のことを思い出します。東京にいた頃、仕事のおかげでお目にかかれた方です。上品な紳士でした。昨日のことのように思い出すけれど、すでに15年ほど前のことです(早っ)。その仕事に感謝。

4T8A9357.jpga■ ショコラ10個の詰め合わせ。元気出ましたー!

(フランボワーズ入りだけは食べられなかったけれど・笑)
いちばんうれしい贈り物、ありがとうございました。\(^o^)/\(^o^)/

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前の、
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 買ったもの要るもの買おうとしているもの♪

■ 全国100万人の読者の皆さま、たくさん要るもの欲しいもの好きなものがあるエリーでございます。

今の気持ちいろいろです。
81Jcc0ChC1L._SL1500_■ もう製造は終わっているけれど市場にはまだ新品が探せばあるこのLumixのLX100というコンパクトデジタルカメラ。

センサーはフォーサーズ、接写3cm、非チルト式、フラッシュもなし、角ばってすっきりしたデザイン・・・見れば見るほどわたしにぴったりではないか?と思えてきて、シャッタースピードダイヤルや絞りリングも物理的についていて、それでいて400g弱で重くなくて、これひょっとしてものすごくいいかも。
メイン機サブ機共にキヤノン人生を歩んできましたが、サブのコンパクト替えるかもよ。。。

追記:ちょっと使ってみました。とてつもなく画像がきれいです☆☆☆ けれどわたしの人生に組み込まれるカメラになるかと言えば、そうはならない気がします。

追記2:やっぱりキヤノンになりそうです・・・
61e0k6Bvk8L._SL1000_Microsoft Office 365 Soloを年末の割引の時に買っておいて、年明けてからすごい勢いで膨大なデータ整理。1年1万円くらいで常に最新のOfficeを使えて、さらにクラウドにデータを1テラ置けます。スマフォからもあらゆるデータにアクセスできるようになり、劇的に便利☆☆☆
mainvisual2■ マッカな新書\(^o^)/\(^o^)/ 1月12日創刊のインターナショナル新書(集英社)、書店で目立ちます。さっそくおもしろそうなのを買って読んでみようと思ったんだけど、電子版にはまだなっていませんでした(*_*)(*_*)
IMG_8607.jpga■ ショコラで気持ちほっこり。「パトリック・ロジェ」さんの缶入りの板ショコラ。パリのおみやげで幸せです\(^o^)/\(^o^)/

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ ショコラいろいろ

■ 全国100万人の読者の皆さま、ショコラさえあればご機嫌なエリーでございます。わたしにとって元気の素、必要不可欠な内服薬でもあります。
img_8189-jpga●これは全く初めて、アメリカの(=自分で買うことはまずない)DANDELIONというブランドのショコラです。

ポップアップショップが月末までオープンしているということです。@藤井大丸さん。
いわゆるBean to Bar というもの。この方がくださるならじぇったいおいしい、という方からのプレゼントだから、楽しみにいただきます。

img_8149-jpga●3枚で箱入り、ノエル仕様うれし。

**********************************
4t8a9110-jpga●「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」の今年のノエルのショコラ。

**********************************
4t8a9062-jpga●「ジャック・ジュナン」さんのショコラ。
パリのおみやげありがとう\(^o^)/\(^o^)/

**********************************

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************