■「グリル小宝」の「ハイシライス」☆☆☆

■ (承前)全国100万人の読者の皆さま、合言葉は「せっかくだから」のエリーでございます。青蓮院さんまで行って、そのまま帰るわけはありません。

img_3747-jpga■ ここまで来たからには、せっかくだから「グリル小宝」さんへ\(^o^)/\(^o^)/
いつもの「ハイシ」ライスです♪
16:30なんていう昼でも夜でもない時間に入ったのに、店内は老若男女でほぼ満席。すごい人気ですね。
img_3759-jpga■ 若店主(3代目)・畠中幸治さんの、水注ぎ技もキャッチ\(^o^)/\(^o^)/

■ しかしわたし、いつもここでは「ハイシ」ライスかオムライスです。ひとつ明確に食べてみたいものがあるのですが、それをいただくにはちょっとまだ暑いし、もう少し秋が深まって本当に涼しくなったら「グリル小宝」さん、また伺います。

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************