■「リンツ」のリンドール カカオ70%

■ 全国100万人の読者の皆さま、70%カカオに心を奪われたエリーでございます。

●スイスの世界的なショコラトリ、「リンツ」さんからリンドールの、「70%カカオ」が発売されます。キャンディの形でかわいい、「リンツ」の看板商品のひとつリンドールは、20も30もフレーヴァーが揃って選ぶ楽しさがありますが、ショコラ好きは結局ショコラそのものの香味が欲しいのです。余計な香りは要らん。(ごめん。)色とりどりのリンドールはかわいいけれど、結局赤いリンドールミルクか、青いリンドールダークかしか要らなかったのだけど・・・

●ここにきて70%カカオが登場、ゴールドと黒の包みも粋です。リンドールならではの、「ぱきんと外側が割れたら中はとろとろなめらか」の食感は同じながらほどよい甘さ、濃厚ショコラが香り立って、わわ、これは癖になります、「やばい」というやつです。

●フランス贔屓のわたしは、何よりまずフランスのショコラありきの人生なのですが、それでもどんどん「リンツ」さんを好きになっていきます。
1週間後、4月23日(月)発売です。
4月23日~5月20日、「リンツ」直営店の量り売りコーナー「ピック&ミックス」で2500円以上購入すると、リンドール柄の保冷ポーチをプレゼントしてくださるということです。
ここに詳細あります。
http://www.lindt.jp/contents/chocolat-cafe/16952/

●ちなみにこれは10000円のリンドールギフトボックス。一度手みやげにしたことがあります。持って歩くだけで「どうよ?」という気分になって、うれしかったです(^o^)(^o^)/

パッケージの写真はリンツさんウエブサイトから拝借しています。

●わたしの最寄りのお店はリンツ ショコラ カフェ 京都四条通り店。また伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■ お菓子日記 濃いショコラ

■ 全国100万人の読者の皆さま、毎日ショコラ摂取のエリーでございます。やっぱり濃いショコラが好き、フランスのショコラというだけでうれしい。

●三条通富小路「ジャンポール・エヴァン」さんです。これ本当に好き、オレンジが香る、濃い濃いガトーショコラ、「サフィ」です。

●こんな感じで、サフィ、グアヤキル、ピラミッドと、いちばん好きなもの3種が並んでいます。何という誘惑。

●マカロンも珍しく買ってきました。実はわたし、マカロンというものがそんなに好きと思えなくて、ありがたくあちこちのマカロンをいただいてみるのだけど、いつも感動が薄い。ごめん。味の問題ではなく、中途半端な(またごめん)食感を、好きと思えないんだと思う。とはいえ、ショコラ風味ならもちろんおいしくいただくのですが、でもこれ買い続けたいかというと、そういうことはない。これはどんなブランドでも同じで、パリの有名な「L」ブランドでもそうだし、バラの花をあしらった美しいお菓子仕立てにしても同様で、だからもう結論出ました。わたしはマカロンをあまり好きではない。すみません<(_ _)>(^o^)<(_ _)>

●サフィの断面です。みっちりねっとり濃厚ショコラです。こういうのがわたしとことん好きです。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録歓迎\(^o^)/

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

関谷江里

■ お菓子日記 春のリンツのショコラ

■ 全国100万人の読者の皆さま、ごきげんエリー、お菓子日記を続けます。

●「リンツ」さん京都店限定で3月3日に発売された風呂敷包みのリンドール箱。ここでアップした分。限定商品だから、アップに当って読者の方がお求めになれるかどうか、さっきショップに電話して尋ねてみましたがとっくにないとのこと。遅すぎごめん。<(_ _)><(_ _)>

●リンドールがいろいろ入って天国・・・ですが、わたしは赤と青のだけでよかったりします。笑。

ジャストこのセットはもう買えなくても、春のうさぎちゃんが買えたりします。ご覧になってみてください\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録歓迎\(^o^)/

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

関谷江里

■「リンツ」でショコラのセミナー

■ 全国100万人の読者の皆さま、ますますごきげんエリーでございます。2月22日(木)午後、スイスのショコラトリー「リンツ」さんのイヴェントに参加してきました。蹴上の「無鄰菴」さんで行われました。

■「リンツ ショコラ カフェ 京都四条通り店」2017年3月3日にオープンされてからもうすぐ1年です。
無鄰菴さんで行われた、リンツさんのチョコレートテイスティングセミナー。
ショコラの歴史、リンツの歴史、ショコラの製造工程、味わい方などを学びました。

■ 講師の千住麻里子さんがものすごくわかりやすく説明してくださいました。知らないことがたくさんありました(*_*)(*_*)

●カカオ豆の産地(比較としてカフェ豆の産地、ワインの葡萄の産地)
●カカオ豆からいかにしてショコラを作るか?
●ダークチョコレートとミルクチョコレートの違いとは?
●ダークチョコレートに表示されているパーセンテージの意味は?
●ショコラを練ること、カカオバターを加えること、ミルクを加えること、これらはすべて1800年代に確率した技法・・・
などなど学びました。勉強になりました。

●ショコラ8種類をテイスティング、

●そして抹茶と99%ショコラとの調和を楽しむ試み。
「リンツ」のショコラの、あのなめらかさの秘密が今回改めてよくわかりました。

●今回はプレスやショコラアンバサダー向けのセミナーでしたが、3月21日(祝日の水曜)、京都で一般向けのセミナーが行われるということです。

日時 2018年3月21日(祝)11時~13時/14時~16時
場所 京都 もやし町家
参加費 3240円
3月1日予約開始。リンツさんのオンラインショップから申し込みができます。
http://www.lindt.jp/fs/lindt/c/seminar

●2階の窓ごしに「無鄰菴」の庭園。この上なく冬の眺めですが、部屋の中は熱気でポカポカでした。

●西原金蔵さんと純子さんもご参加になりました。
金蔵さんとリンツさんのつながりを伺いました・・・とりわけ、ショコラ好きからは邪道とされるホワイトチョコレートに関して。リンツさんのものに限って、金蔵さんはホワイトチョコレートを使っていらしたと。
その言葉で今日試食してみたら(わたしも白チョコレートには興味がなかったのだけど)、リンツさんのは本当においしかったです。知らずにごめんなさいでした(^o^)☆☆☆

*****************

●さてこれは、京都限定で、1周年アニヴァーサリーとして作られる風呂敷ギフトボックスです。3月3日9時から発売、限定100個。3240円。
http://www.lindt.jp/contents/shop/625/

●うさぎ雛が今年も飾られるとのことです(^o^)(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録歓迎\(^o^)/

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■ ケーキ工房「ケテル」のショコラ菓子

■ 全国100万人の読者の皆さま、ショコラ菓子が好きなエリーでございます。

好きどころじゃなくて、ないとしぬ。

先日の午後、イノダコーヒさんのケーキ工房「ケテル」でお菓子2つ。
■ まずは濃厚ザッハトルテと、

■ こちらはモンブランに見えるけれどマロンクリームではなくミルクチョコレート製というショコラ菓子。濃淡2種類を楽しみました。いずれも480円。
この「ミルクチョコモンブラン」は期間限定らしいですが、年中あってもうれしいです。ヴァローナのJIVARA lactée(ジヴァラ ラクテ)使用とのこと。中にシャンティ、中心は濃いショコラのクリーム。底はビスキュイです。

■ こちらは少し前に初めて買ってみた、ビスキュイショートというもの。2度焼きしたという、しっかり硬めの生地を使ったいちごのショートケーキです。ぐるりと生クリームで囲んであります。いわゆるショートケーキと思って食べたら全然違う食感です。新しい感覚で好きと言う人と、従来の方がいいという人と、はっきり分かれると思います。

ケーキ工房「ケテル」

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録歓迎\(^o^)/

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

 

■「Dari K」の2018年新作ショコラ

■ 全国100万人の読者の皆さま、毎日のショコラ補給が楽しくて仕方ないエリーでございます。

2018年新作・カカオが香るチョコレート・トリュフ
「Dari K」さんの、ショコラ・ヌーヴォーを使ったトリュフのコレクション。それぞれのフレーバーが明確に香り立ちます。ショコラじたいの香味も格別です。
1月初めにフランス贔屓の友人から贈られて、うれしくいただきました。
●「Dari K」さんウエブサイト
http://www.dari-k.com
●【プレスリリース】2018年新作チョコレート・トリュフ発売
http://www.dari-k.com/news_post

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録歓迎\(^o^)/

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■「ジャンポール・エヴァン」ガレット デ ロワ

■ 全国100万人の読者の皆さま、新年のショコラ菓子を味わって、ごきげんのエリーでございます。

「ジャンポール・エヴァン」さん京都店、年始は4日から営業開始で、今年のガレット デ ロワをいただいてきました。
●今年は「ガレット デ ロワ アールデコ」と名付けられて、ガレット、王冠、フェーヴともにアールデコ風デザインです。
ホールが21センチ 4860円、15センチ 3240円。
●サロンでのみ、カットしたものが提供されています。ガレット デ ロワ アールデコと、

●カフェや紅茶など選べるドリンク(わたしはもちろんショコラショーを選択)で1404円。

ガレットのルセットは、中の粒粒練り込みショコラがキューバ産になった以外昨年と変わらないということですが、しっとり、けれど軽やかさを感じさせる中身に上は香りよいサクサクサクのフイユタージュ、ほんとーーーーにおいしいと思っていただきました。
これがなんと8日、来週の月曜までということですから、食べたい方は急いでくださいー! 
●それから、フェーヴをよく見たら「30」と数字が描き込まれていて、これは「ジャンポール・エヴァン」さん創業30周年ということなのです。同じくアールデコデザインの新春限定ボンボンショコラも並んでいたし、1月半ばからはヴァレンタインコレクションが用意されているということ。
また楽しみに伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

「JEAN-PAUL HÉVIN 京都店」電話 075-708-7333

京都市中京区三条通富小路東入ル南側(「ポール・スミス」さん斜め前)

10:00~20:00、サロンは19:30LO。不定休

サロン 26席、カウンター6席、テラス12席

★席の予約はできません。

2016年10月25日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録歓迎\(^o^)/

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」のタマナコ

■ 全国100万人の読者の皆さま、生まれる前からショコラが好きだったエリーでございます。

チョコボールにベビーチョコにハートチョコレート、ちょっと高級路線では森永ハイクラウンチョコレートのどれかを毎日食べて育ち、大きくなってフランスに関わるようになってからいちばんに好きになったのが「LA MAISON DU CHOCOLAT ラ・メゾン・デュ・ショコラ」、こんなオートクチュールな世界があったのかと驚嘆したものでした。

ラッキーにもパリ暮らしから帰ってきた後、3年間いた「ヴィジョンa」という会社で「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」の広報の仕事をさせてもらえて、あれは幸せでした☆☆☆

■ そして先日の誕生日・・・

東京のHさんが送ってくれたプレゼントを開けると、なんと「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」の、それもタマナコではないの!! 
タマナコのことを思っていたら、その翌日にタマナコが目の前に現れて、ちょっと驚きました。

Hさんありがとう\(^o^)/\(^o^)/

■ これこそもう20年近く前から「ビーントゥボンボンショコラ」だった商品。これが新商品として発表された時にまさに仕事でお披露目イヴェントなんかをやらせてもらった思い出深いショコラです。今はもうないハナエモリビルの「オランジュリー」でプレスイヴェントやったのよ。創始者のロベール・ランクスさんがまだご健在で来日されて、インタヴューしたり。懐かし過ぎます。

さてタマナコの内訳は・・・

*****************

●ヴェネズエラ産カカオ68%ダークガナッシュ、

●マダガスカル産カカオ64%ダークガナッシュ、

●ブラジル産カカオ62%ダークガナッシュ、

●ドミニカ共和国産カカオ64%ダークガナッシュ、

●ガーナ産カカオ68%ダークガナッシュ

*****************

ラ・メゾン・デュ・ショコラ」ウエブサイトでも注文することができます。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■ ショコラ:「ダンデライオン」

■ 全国100万人の読者の皆さま、1日最低1ショコラのエリーでございます。わたしのガソリン、それはショコラです。

先日のある日のショコラ摂取。
ダンデライオン・チョコレート」というカリフォルニア発のショコラをブラウニーとタブレットで。
フランスを第2の祖国とするわたし(向こうは国民と思ってないが)、アメリカのショコラ摂取とは極めて例外的なことなんだけど、ここにその訳があります。
http://www.sousou.co.jp/item_71490.html
泣く子も笑う目ピカ社長に呼び出されました。目ピカ社長のためならできることをいたしましょう。わたしはわりと義理堅いのです。
シングルオリジンのカカオ豆からチョコレートを作るというのは、実は今に始まったことではないんですね。1800年代創業のフランスの「BONNAT」というブランドがだいーぶ前から作っているし、「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」も20年ほど前から「タマナコ」シリーズを作っています。調べたらもっとあると思うが面倒なのでおまかせします。

やっとこさ最近になって、カフェのサードウェーブの流れ(わたしは興味ない)などと同様に産地別の豆から作る「ビーン・トゥ・バー」式のショコラが広く認知されるようになってきた・・・2010年に創業した「ダンデライオン・チョコレート」は初めからこの「ビーン・トゥ・バー」でショコラを作るブランドなわけです。さすがにたくさん種類もあり、それぞれのタブレットの香味は個性明確です。
日本にすでに蔵前、鎌倉、伊勢神宮の外宮にショップやカフェがあり、さらにまた新たな展開がありそう。これからまた話題になると思います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■「Dari K」のカカオはちみつ

■ 全国100万人の読者の皆さま、

 

いろいろなショコラやショコラものを、毎日何かしら買ったりいただいたりしているのですが、最近とりわけインパクトがあったのがこちら。
Dari K」さんのカカオはちみつです。
■ 蓋を開けると蓋の裏にもくっついている程たっぷりのカカオニブ。
これがえもいえぬカカオの香りを与えて、天国的なはちみつになっているのです。
わたしはトーストした食パンにたっぷり盛り上げ、塗り塗りして味わっているのですが、カカオニブのバリバリした食感もよくて止まらず、やみつきになっています。

Dari K」さんの躍進すばらしい(^o^)☆☆☆
Tちゃんありがとう\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。