■「ごだん 宮ざわ」2024年6月15日

■ 全国100万人の読者の皆さま、「ごだん 宮ざわ」さんに伺ったエリーでございます。

東洋賢士さん@「ごだん 宮ざわ」、6月15日、12時からの昼コースです。
訪問2週間ぶり。またしても前回とがらりと違う料理を出してくださいました。

●ひと皿目が、
炭火焼きしたしゃこ。自家製のエレガントな香りの七味。

黄にら。
黄にら酢
おかわかめ、紫芽(むらめ)紫蘇。
土佐酢ジュレ、振りレモン。

はー、ひと皿目から印象鮮烈、黄にら酢よかった(T_T)
こんなの食べたことありませんー(*_*)(*_*)

●白甘鯛のお椀。コリンキーのひらひらスライス、きくらげ。

振り柚子。

旨旨旨・・・

●塩をして、オリーヴオイルをつけて炙った金目鯛。

土佐酢をかけた辛味大根、花穂紫蘇、わさび、安岡のねぎ。土佐醤油、大葉の香りの油。

赤雲丹。

これも、絶妙な調和でものすごくおいしいと思う(T_T)

●応用形が楽しめる「ごだん」さんの焼き胡麻豆腐です。

今回は、白アスパラガス豆腐でした。
上に煮帆立。
とろりんとかかっているのは、
白味噌とマスカルポーネを合わせたあんでした✨️✨️

黒七味。
優美な風情ながらやみつきな風味、
すてきな組み合わせを考えられました😭😭

みゆきちゃんが鮎プレゼンをしてくれました。

いつも優しくもてなしてくれるみゆきちゃん。

みゆきちゃんとばかり呼んでいましたが、一瀬 海将(いちせ みゆき)さんというのでした。

●鮎の塩焼き。
骨は抜いてあります。
鮎2種類。美山の鮎と、矢田川の鮎と。
新玉ねぎで酢玉ねぎ、瓜おろし、そこにディルの香り
このディルの香りがとても粋。
苔をイメージして、焼いたスイスチャードにおかひじき。
これもまた斬新でした。
ものすごく好きでしたー😭😭

東洋賢士さん、うふふと笑って、何を出してくださるのかと思ったら、😂😂

●東洋賢士さんが打つ、
東洋一のお蕎麦キターーー!
今回は「マルタ」さんもびっくり?な😂😂
トマトのお蕎麦でした。
トマトウォーターを合わせた魚だしに、大葉オイル。
さざえの葛叩きものっていました。
美しくて、意表を突かれて、実に実においしかったお蕎麦でした。

●美しかったじゅんさい酢。
じゅんさい、焼きとり貝、マイクロトマト、水玉もろきゅうり、赤紫蘇の千切り。

振り小夏。

●まず、巻物に添えてある、
新生姜の熟れに仰天( ̄○ ̄;)
前任者・泉貴友さんの技も継承して、発酵技が発揮されています(*_*)(*_*)

●有明の海苔で巻いてあるのは鯵。
どんちっちあじというブランド鯵。
一緒に巻かれているのは生姜ときゅうり。
これまた食べたーい\(^o^)/\(^o^)/

●グラスフェッド牛肉の炭火焼き。ぽん酢あん。

上にたっぷり、セロリ、茗荷、大葉。刻んだピーナッツ。

しゃわしゃわパリパリした野菜と共に優美な口当たりの牛肉を味わって、もう満足です<(_ _)>

●お漬物コレクション来ましたー。

・椎茸とかつおで炊いた昆布

・小梅ちゃん(必ずちゃん付け~)

・パプリカの味噌漬け

・瓜の糠漬け

・水茄子の浅漬け

●煮えばなをまずひと口いただき、二膳目三膳目どうぞとおすすめいただきます。

お味噌汁も供されます。

●デセール楽しみでした♪

青梅の蜜煮に、その蜜のジュレ、蜜のソルベ。さわや~か。

黒糖わらび餅。やわやわとろりんとしすぎず、形を保った、賢い風情のわらび餅。

●鳥ちゃんのお茶碗でお薄をいただき、ご馳走さまでした<(_ _)>

 

ごだん 宮ざわ」さん、
今回もめざましいコースでした。

驚きがあって、すべてかんぺきにおいしかった(T_T)
東洋賢士さんありがとう。

「じき」その後「ごだん」の料理長になられてから、この方のお料理をいただくのは14回目でした。
ちなみに前回はこちら

ともちゃん、スタッフの皆さんもありがとうー🙏
一緒に食べた橋本麻里さんもありがとう🙏
次もまた楽しみに伺います。

 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はInstagramをご覧ください。

*****************

 

関谷江里