■「オ・タン・ペルデュ」のコース

■ 全国100万人の読者の皆さま、先日クラブエリーを終えた後、岡崎の美しいサロン・ド・テ、「オ・タン・ペルデュ」さんに出かけたエリーでございます。

スープ、前菜と主菜にデセール、食後の飲み物もついて3500円ちょうど(二条通寺町の「ブション」さんなみ!)というコースを始められたとのことで、さらにそれがアイドルタイムなしで終日注文可能ということで大喜びです。

●蕪のスープ

●バゲットに添えられるのはリエットです。
リエットというのがブションと違う(ブションはタプナード)。

●前菜6種盛り(ブションにはない)

●主菜にカスレを選択(パン粉焼きで仕上げるブションと様子が違う)

●お皿に盛って胡椒をかけてくださるサーヴィスは同じです。ものすごくいい香り。熱々、肉も豆もたっぷりぎっしりです。

●デセールに季節のタルトタタン(ブションにはない)

●紅茶をいただきごちそうさまでした<(_ _)><(_ _)>

価値あるコースでした。

少しずつブションと違って、また出かけるのが楽しみになりました。遅めのデジュネに、ものすごく重宝しそうです。

●「オ・タン・ペルデュ」さん、お惣菜やお菓子の持ち帰りも楽しいトレトゥール&サロン・ド・テです。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■ ボージョレ・ヌーヴォー@「ブション」

■ 全国100万人の読者の皆さま、Beaujolais Nouveau ボージョレ・ヌーヴォーを味わいに出かけたエリーでございます。

二条通寺町の「ブション」さんへ、16日(木)夜の1時半頃伺いました。わたしにとってこれは普通に15日の続きで、いつも普通に起きている時間。ちょどいい夕方のお散歩という感じで出かけ、賑わう店内で解禁になったばかりのBeaujolais Nouveau 2017 をいただきました。

●まず樽から1杯注がれたものが手渡されます。

●こんな感じで、1杯めにはカナペが付いて一律1000円です。

そっとグラスに口をつけてみると、いい香り。優雅でエレガントな口あたりでした。

●カウンターには数種類のボージョレ・ヌーヴォーが並べられ、グラス1杯からボトルまで、好きに飲めたのでした。

当たり年の2015年についで、いい年なのではないか?ということでした。

●店主の松井知之さんに創業時の「パスティス」だった頃以来の話を伺いました。横に立っているのはおなじみ玉ちゃん=玉田裕一さんです。
フランス愛に満ちたお店ですが、カウントダウンしてボージョレを飲む会をするのは4年目なんだそうです。

●2杯目にはこれをいただきました。フィリップ・パカレさん。

●リヨンのソーセージに続いて、フロマージュ、最後にクレームカラメルもいただいて、なごんだボージョレ・ヌーヴォーの夜でした。

ブション」のスタッフの皆さまお疲れさまでした。楽しいひと時をありがとうございました。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

関谷江里

■ よかった!「ビストロ ベルヴィル」

■ 全国100万人の読者の皆さま、個性明確なお店が大好きなエリーでございます。

●先週末出かけた「ビストロ ベルヴィル」、あまりにおもしろく楽しくおいしいお店でした。
以前柳馬場松原下ルでモロッコ料理の「ジャジューカ」をやっていらした野久尾 啓(のくおけい)さんのお店、今は寺町通の、「一保堂茶舗」さんを東に入ってすぐのところにあります。ビルの2階のひと部屋を、厨房(すぐ上の写真)を挟んで違う風情の2軒のレストランに仕立てて、啓さんの世界全開になっていました。

●「トルビアック」「ビストロ ベルヴィル」の2軒がありますが、

●今回伺ったのはビストロの方です。
●フランス家庭料理に、ちょっとエグゾティックな(といってもほとんど国民食になっている)クスクスやタジンなどモロッコ料理も織り込まれたコース仕立てがいただけます。

2名で伺うと、前菜・メインとも2種類選べて各皿をシェアできて、よりすてきなコースになります。

スープはこの日は菊芋のポタージュでした。

以下写真を順番に上げます。
●選択肢多い中から選んだものは前菜にサラダ、ピペラード(上にバスク風パンツェッタ・ヴァントレッシュ)、主菜はタジンで塩レモンとオリーヴの鶏肉煮込み、仔牛のフリカッセ。オッソイラティと、クレームカラメルをデセールに。

おいしかった\(^o^)/おいしかった\(^o^)/\(^o^)/

●そしてお茶の種類がとても多くて選ぶのも迷うほど、食後に台湾茶でまたひと盛り上がりしました。なんとも異国情緒に満ちているというか、寺町通にいながら「ここはどこ?」な気持ちになった食事でした。時間はゆーったり見た方がよくて、19時スタートでおいとましたのは23時前。
一緒に食べたCIちゃんありがとう、たくさん海外生活の話を聞かせてくれて、何もかも強烈で、4時間近くがあっという間でした。

●そして何より店主の啓さんは無類の旅好きで、例としてちょっと尋ねただけでもスマフォで即座にフライトやホテルまで見つけてくれてすごいです。まーわたしは年に2回の里帰り=フランス行きで気持ちも時間もいっぱいいっぱいなんだけど、アジアの旅もよさそうだなーと。すっかり旅した気分になったのでした。本当に楽しいおいしいお店でした。
お店のウエブサイトを貼り付けておきます。
http://jajouka-kyoto.jp

基本的に夜のお店ですが、2日前までの予約で「旅する朝食」やお昼もしていただけるとのことです。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

関谷江里

■ クラブエリー@「レストランひらまつ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

11月8日(水)クラブエリー美食会をやりました。
お世話になったのは9月に開店した「レストランひらまつ 高台寺」さん。

●貸し切りにしていただいた32席の美しいダイニングに、欲深い女たちが集いました。新しい出会いもあって本当にうれしかったお昼。

●美麗で、ぴたりと味の決まったお料理を出していただきました。

こちらは前菜のフォアグラのラヴィオリ仕立て、セップ茸、トリュフ。

●雨模様だったけれど関係ないです、おいしいものがあればみんな集まる、朗らかになる\(^o^)/\(^o^)/

レストランひらまつ 高台寺」さん、とてもお世話になりました。また伺います。

参加していただいた皆さまにも御礼申し上げます。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■「ブション」で焼きりんご

■ 全国100万人の読者の皆さま、二条通寺町「ブション」さんがひどく好きなエリーでございます。

フランス愛に満ちた店主の松井知之さんのお店、お料理おいしいし、玉ちゃん=玉田裕一さんサーヴィスも温かい。いつも何か、主にフランス料理にまつわることを教えてもらえてありがたいのです。冬には食べたいものがいくつかあって、そうだりんごのお菓子もあるぞと思いだしたのでした。

今日のりんごはこれです。
焼きりんご、アイスクリームのせ。
Pomme bonne femme, glace à la vanille
まるごとの紅玉が熱々とろとろで、ほんとーに湯気湯気です。
香りよく酸味甘み明確で、実においし\(^o^)/\(^o^)/
供されたのと同時に知り合いと偶然に会い、うおーっと話して(うれしかった(^o^))、グラスが少し溶けてしまったけれど~( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●順番にいきます。まずオリーヴやタプナードと共にバゲットが供されます。

●「魚+肉」の組み合わせでいこうと思い、前菜にサーモンマリネ。

●主菜にカスレ。冬の名物です。

●お皿に盛って、胡椒をかけてくださいます。

白いんげん豆に、豚ほほ肉、ソーセージ、鴨のコンフィ。

●ペリエを飲んでいましたが、ワインを飲まずにいられようか、いいやいられはしまい。白ワインも合わせました。

●そしてデセールです。冒頭の焼きりんごをいただいたのでした。

ブション」さん、次にいただきたいものも決まっているので、また早いこと伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■ NHK文化センター講座@「レジョン」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

NHK文化センター講座、毎月第1木曜日、
「関谷江里の京都美味案内」
2017年10月期始まりました。2009年10月から丸8年毎月やって、9年目突入、うれしいです\(^o^)/
●10月5日(木)にお願いしたのはフランス料理の「レジョン」さん、高辻通から富小路通に移転されてちょうど1年という日でした。
今なかなか食べられなくなってしまった鴨コン=鴨のコンフィを食べる会でしたが、その前にみっちり食べ応えしっかりのお料理がありました。
欲深い女たち(=ほぼ全員クラブエリーのメンバーでもある)、よく食べました。

●昼に特別なコースを考えていただきました。満足感いっぱいのデジュネでした。

レジョン」さん、本当にありがとうございました<(_ _)><(_ _)>

●さて帰りがけに、店主の丸尾純一さんと裕子さん夫妻に、写真撮りましょう!と言ったら・・・

●「写真て、どんな顔したらええんやろか? のろっちとちゃうしなあ。(踊ったりもできない。)」って困り果てて・・・

●結局こんな写真になりました。写真の撮られ方に関して、今後「オカフェ」の店主さんの様子を勉強しに行くって言ってた\(^o^)/\(^o^)/

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「レストランひらまつ 高台寺」オープン

■ 全国100万人の読者の皆さま、「ひらまつ」さんの京都店を楽しみにしていたエリーでございます。

「ひらまつ」さんの京都店、料亭の「高台寺 土井」さんの跡に開店。
9月19日にフランス料理の「レストランひらまつ 高台寺」、
9月23日に料亭「高台寺 十牛庵」がオープンしました。

9月26日(火)、まずはフランス料理の方でデジュネをいただいてきました。

●4階にあるダイニングフロアはこんなです。30席ほど。眺望がすばらしくて、

●窓際の席からはこのように八坂の塔と瓦屋根が連なる風景が望めます。

●3階にはバンケットフロアもあり、こちらは80名まで入れるとのこと。

●おびただしい数のお祝いの胡蝶蘭が飾られていました。

●さて、軽やかなデジュネです。アミューズにピスターシュのロースト(カラメリゼ)が供されたのち、

●ポワヴロン ルージュ、冷製赤ピーマンのムースで始まりました。粋な香味です。

●新烏賊、プティレギューム(いかの下に敷いてある4種のプロヴァンス野菜)、フルーツトマト。トマトの上にはにんにくのロティ。

あおりいか、口当たりがとてもよかったです。下の野菜と彩りと風味を添えていいバランスです。そしてびっくりするほど糖度の高いトマトでした。

●魚料理はのどぐろ、ソースはヴァンジョーヌ。ガルニチュールにジロール、毛蟹と銀杏芋のガレット。奥にフルーツの柿。

これが今回いちばん感動深いお皿でした。備長炭で焼いたというのどぐろの焼き加減はジャストに決まり、秋らしくきのこと柿を合わせていい調和、ヴァンジョーヌのソースがとろりんと香りよくからみ、理想的な味に。毛蟹のガレットがまた旨み深くておいしかった☆☆☆

●肉料理は鳩か牛肉の選択で、わたしは鳩はあまり好きではないので牛肉を選択。京都のひめ牛フィレ肉、上のソースはベアルネーズ。牛肉のだしと。

●デセールは梨のコンポートに、シチリアのヘーゼルナッツが香るシブースト、カラメルのアイスクリーム。上にスターアニス。

とてもいい組み合わせでした。

●アンフュージョンはフレッシュのヴェルヴェーヌでした。生ならではの、目ざましい芳香を楽しみました。おかわりまでいただきました<(_ _)>

●眺めのよいダイニングは快適そのものでした。美麗で食べやすいお料理と、スマートなサーヴィスで、ゆったり楽しみました。

11月に予約をお願いしてきましたので、クラブエリーの皆さまどうぞ楽しみに(^o^)☆

「ひらまつ」さんの京都店、また伺います。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「TONY トニー」で熱々の・・・

■ 全国100万人の読者の皆さま、トニオちゃん大好きなエリーでございます。勝手にトニオちゃんと呼んでいますが、二条通富小路の「TONY トニー」さんのことです。こぢんまりしていて、気楽で、でも味はちゃんと決まっています。個性明確で、なんかじわじわと好きなお店です。(^o^)/

●先日のある夜、家の照明の整備と高い場所の掃除・片付け作業を頑張ったあとに、手伝いに来てもらった若人と共に夕食。

ビールやらしゅわしゅわ発泡水などをおのがじし楽しんで、

●アンディーヴのサラダでスタート、

●桜えびと帆立のお好み焼き、熱々で桜えびの香り強烈。やみつきになる味。

●スペアリブの赤ワイン煮、濃厚美味。

●ラム酒をひたひたにかけて食べるケーキ。このあとカフェ。

旨味明確、とても満足したディネでした。

*****************

■ 以下はアップしていなかった画像、寒い頃に食べたものです。

●遡ること半年以上なのですが、2017年1月下旬です。

●野菜多めの盛り合わせ、標準量の、半分くらい。それでもたっぷりです。

●ブランケット・ドゥ・ヴォー。仔牛のクリーム煮です。おいしかったわー☆☆☆ これから秋冬と、また登場するのが楽しみなメニューです。

**********************************
TONY」(トニー) 電話075-257-7615
京都市中京区二条通富小路西入ル北側(清明町667-2)
17:00~23:00、木曜休み 全席禁煙
2014年10月開店
**********************************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ クラブエリー夜@「京都ネーゼ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

「クラブエリー夜」の2回めをやりました\(^o^)/\(^o^)/

先月に続いて、「京都ネーゼ」さんでわんわん盛り上がりました。
うまくいってよかったー\(^o^)/\(^o^)/
テーブル全席貸し切りmax16名でお邪魔して、抜群においしいコースを出していただきました。

●卵はオムライスなのです。卵の下に、たこ焼き器で作ったライス部分・・・すごい\(^o^)/\(^o^)/

●店主の森博史さん。いつもほんとーーーーに粋でおいしいお料理を作ってくださいます。

●「京都ネーゼ」森博史さん三友紀さん、スタッフの皆さんに感謝。
参加してくださった方々も、遠方やらご夫妻でのご参加やら、ありがとうございました。
やったわたしが楽しかったー(^o^)(^o^)/

●もうれつに話題になったのがこれです。あと3名買うと見た(^o^)(^o^)

バルミューダです、ザ トースターです☆☆☆

BALMUDA The Toaster

バルミューダのケトル買った方や扇風機買った人もいたなあ~~ 炊飯器もひとり知っているww
わたしはこれを買って、人生の幸福度がぐぐっとアップしたと思います。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ クラブエリー、花のデジュネ

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

本日の京都、日中の気温35℃とかで激烈な暑さでした。(*_*)(*_*)
けれど涼しいクラブエリーやりました\(^o^)/\(^o^)/
ニコライ・バーグマンさんとブラッスリーさんがコラボした華麗なデジュネ、@フォーシーズンズホテル京都
花の美しさとお料理のおいしさを味わえるコースをご用意いただきました。

●料理長の井料剛さん、本当によくしてくださいました。<(_ _)><(_ _)>

●こんなメニューでした。順番にいきます。

●美しすぎるアミューズです。

●牡丹海老と毛蟹のティアン オシェトラキャビアを添えて マンゴー アボカド トマトのエスプーマ

ガラス板にのった前菜。海老と蟹好き大喜びでした。

●フラワーボックスはおみやげとしてお持ち帰り。

●コンテチーズのブリュレ、トリュフを目の前ではらはらとかけてくださいました。

●金目鯛のポワレ ムール貝とサフランのスープ 南瓜ピュレ

●京鴨のロースト ラベンダーと山椒の香り
無花果のキャラメライズ へーゼルナッツと胡麻のピュレ

魚も肉も火入れ加減かんぺき、香りよく才気ある料理を楽しめました。

●トンカ豆のクリームケーキ フレッシュメロンゼリー

●食後の飲み物はロンネフェルト紅茶セレクションを選択しました。小菓子としてショコラも添えられました。

■ 大好評に終わってよかったーーー\(^o^)/\(^o^)/

フォーシーズンズホテル京都「ブラッスリー」井料剛さん、スタッフの皆さま、それからニコライ・バーグマンさんに御礼申し上げます。

参加してくださった方々にも御礼申し上げます。近くの方も、広島、和歌山、岐阜など遠方からいらしてくださった方々も。

■ 夏の演出がすてきな「ブラッスリー」さんでした。

*****************

■ しかりチャリで行ったのは暑すぎた( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
無駄なく走ればほんの20分くらいの距離なんで、行ってしまえーと、びゅーんと行ったんだが、めちゃくちゃな暑さで茹だりました。
マッカの茹でエリー、ばかです。帰宅後も長らく熱気ではあはあして、夜になるまでぼーっとしていました。意識はあるが廃人状態。(*_*)(*_*)(*_*)

真夏はわたしほんとダメです。ていうか、気温上昇が、年々、激し過ぎないかああ?

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************