■「天ぷら割烹 なかじん」上天丼\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、お店が開いていることは正義だと思うエリーでございます。。

お店再開\(^o^)/\(^o^)/
天ぷら割烹 なかじん」さんで、お昼のイートイン。
テイクアウトも継続されていますが、
6月1日から、お昼に天丼をいただくことができるようになりました。

●上天丼2500円。
さくさく&しっとり美味な車海老と肉厚椎茸や歯ごたえのいいれんこんなどの野菜、たれは塩梅よく、何もかもぴたり決まって見事に美味。もうもう、天国だー\(^o^)/\(^o^)/と思いました。
●天丼の後、おだしそうめんもいただきました。これが一人前で、実際にはこの半分量をいただきました。
澄んだ味。気持ちまで清らかになる感じがしました。

*****************
以下、なかじんさんのウエブサイトより貼り付けです。
皆さんぜひ(^o^)/
*****************
平日 12:00より14:00まで。
(土、日のイートインはありません)
お品書き:海老天丼 1,700円、穴子天丼 1,700円、上天丼 2,500円(車海老と野菜)、海鮮天丼(車海老と魚介色々)2,800円、おだしそうめん(すだちのせ)1,000円
※ イートインのご予約はインターネットでなかじんのホームページから、もしくはお電話で受け付けいたします。
http://www.nakajin.net/index.html
予約電話:075-257-2288
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「ぎをん 藤」天ばらちらし弁当

■ 全国100万人の読者の皆さま、今日もテイクアウト花盛り\(^o^)/のエリーでございます。

4月1日に開店された天ぷらの「ぎをん 藤」さんがスタートされた、持ち帰りの天ばらちらし弁当 5000円(税込み)です。

海老、スナップえんどう、れんこん、さつま芋、穴子などの天ばらです。上から雲丹といくらがのせられています。下にたっぷりの錦糸玉子、海苔。ご飯は酢飯ではなくて、だしで炊かれたご飯です。

取肴の方は、だし巻き、筍、そら豆、蛸、近江こんにゃく、南瓜などなど。
華やかできれい、おいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●包みはこんな。すべて藤色で、統一感があります。

●真俯瞰写真も撮っておきましたよっと♪
●作業をする店主の藤元健司さんです。

●これは4月2日、営業日の姿です。

★お弁当は前日までに要予約とのことでした。
*****************
「ぎをん 藤」
電話 075-533-9577
京都市東山区祇園町南側570-121
電話の受付時間は、11:00〜18:00
受け取りは、15:00〜18:00
日曜休み
*****************

●心おきなくクラブエリーができるようになったら、こちらもまた必ず伺いたいお店です\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「なかじん」の天重テイクアウト

■ 全国100万人の読者の皆さま、栄養過多、カロリー過多のエリーでございます。

テイクアウト花盛りです\(^o^)/
●先ごろからテイクアウトで天重を始められた「天ぷら割烹 なかじん」さんです。

●店主の中村一臣さん、相変わらずほんとーーに丁寧なお仕事をなさいます。「5つ以上の場合、事前にご相談ください」という、大量生産の正反対( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;) ひと組ごとに揚げ油も入れ替えるという徹底ぶり。
でもやはりさすが、おいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
●海老と穴子がありますが、わたしは海老を選択。
海老2尾、れんこん、ししとう、椎茸、かぼちゃ。きゅうりお漬物。下のご飯には天丼のたれがうっすら染み込んでいて、これは旨いは止まらんわ\(^o^)/\(^o^)/
●真俯瞰写真もどうぞ。

●お弁当として、風情がよいです。

来週改めて予約しました(^o^)/

●ちなみにこちらは試作品で、海老天サンド。

たまごサンドは、オムレツ式に変更予定ということでした。

「海老の天ぷらに天丼のタレが染み込んで、自家製マヨネーズでテリヤキチキンのような味わいを目指しています」とのことでした。

天ぷら割烹 なかじん」さんのすてきなテイクアウト、皆さまどうぞご予約なさってくださいませ\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ぎをん 藤」天ぷらの新店

■ 全国100万人の読者の皆さま、写真を溜め過ぎているエリーでございます。キャンセル対応をやってもやってもやってもやっても、ほとんどシジフォスの神話状態で、しかしもうしょうがないのだという諦念にやっとこさ至りました。

写真を全くアップする余裕がなく、先日から順番が前後しますが、まずは新店情報です。

●西花見小路にお祝いの花がたくさん飾られたこのお店・・・

●4月1日(大安)、祇園に華麗にオープンした「ぎをん藤」さんです。
ザ・リッツ・カールトン京都「水暉」さんの天ぷらのシェフだった藤元健司さんの独立店です。
4月2日(木)の夜に伺いました。

●中は広々したカウンター8席、お部屋にテーブル4席。

●独立を果たされた藤元健司さん。

祇園情緒色濃い、こんなすてきな場所に開店おめでとうございます\(^o^)/\(^o^)/

●シックな店内です。

以下、15000円のコースです。2コースあり、軽い方です。

●美しい先付のひと皿がまず供されました。

・ほたるいか、筍、うどの木の芽和え

・うるい、こごみ、せり、菜の花、平貝に、すだちのジュレ。上にいくら。

●塩は3種類、黒七味、越前塩、藻塩。

●海老からスタートします。

●鹿児島のそら豆

●白魚のいかだ揚げ

●胡麻豆腐を揚げたのに、雲丹

●筍

●甘鯛の桜葉巻き、さくら色の塩と

●新玉ねぎと揚げた桜海老のサラダ

●茨城県、「武井れんこん農園」のれんこん

●丹波の平井牛の大葉巻き

●小かぶに、からすみ

●帆立貝

●トリュフ塩を添えた、

●白アスパラガスです。

●最後に、車海老の大葉巻き。これで天ぷら終わり。

●ご飯ものは選択で、これは天茶です。お茶ではなくおだしをかけてくださいます。

●これも選択可能。たまごの天ぷらに、カヴィアのせ。

●カヴィアのせを一瞬で味わったのは、泣く子も笑うコンシエルジュ・あけーーみ、小山明美です。

●あけーーーみはおかわりをしていました\(^o^)/\(^o^)/

●最後の甘味はほうじ茶プリンに黒豆、せとか(柑橘)とまりひめ(苺)でした。

いいバランスのコースでした。よかったー\(^o^)/\(^o^)/

●「ぎをん藤」さん、開店のタイミングが大変な時になってしまいましたが、ゆったり贅沢なお店、天ぷらおいしいお料理美しい☆☆☆
また心おきなく出かけられる時が来たら、間違いなくはやるお店だと思います。

いつもならすぐにお願いするところですが・・・いずれ必ずクラブエリーをと思います。

晴れやかな気持ちで訪れられる日が、どうか早く来ますように<(_ _)><(_ _)>
*****************
ぎをん藤
電話 075-533-9577

〒604-0074
京都市東山区祇園町南側570-121
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「天ぷら割烹 なかじん」クラブエリー夜

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

2月28日(金)はクラブエリー夜で「天ぷら割烹 なかじん」さんへ。
スペシャル天ぷらのコースをしていただきました。
季節ごと伺っていますが、毎回大好評です\(^o^)/\(^o^)/

●本当に全力投球という感じでやってくださいます。

他にない料理、比類ない天ぷらだと思います。

●全粒粉ではない、違う素材を使った新しい麺を出してくださいました。

さて何の麺だったでしょう?

●筍の天ぷらをばらした天ばらご飯。

●店主の中村一臣さんと、この日高校の卒業式だったというご子息の龍一さん。ものすごく感じがいい(^o^)/

●わたしはこの晩はお料理いただかずでしたので、
天ぷら割烹 なかじん」さん、すぐにまた伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「点邑」クラブエリー

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

2月27日(木)クラブエリー@「点邑」さん。
カウンターぐるりと囲んで12名(無理やりわたしも入ったから狭くなってごめん<(_ _)>)でコースをお願いしました。名物ばちこの天ぷら、雲丹と海苔の天ぷらも入れていただき、ふきのとうや筍など春の素材も供され、大喜びしました。
お料理おいしく天ぷらも理想的\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
心に響く天ぷらと感じ入るコースでした。

(以下、キャプション追って足します。)

●小林紀之さんとスタッフの皆さんに御礼申し上げます。
参加者の皆さんもご参加ありがとうございました\(^o^)/\(^o^)/

*****************

「点邑」(てんゆう) 電話 075-212-7778
京都市中京区麩屋町通三条上ル西側
11:30~13:30、17:30~21:00

火曜休み
1階2部屋(最大8名/最大4名)2階がカウンター10席
全席禁煙
1994年5月20日御幸町通りに開店、2015年9月18日現在地に移転開店

昼は天ぷらどんぶりの他、コース10000円くらいであります。

夜の懐石天ぷらコース 15000円くらい、季節の食材による(税別)

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「天ぷら割烹 なかじん」クラブエリー夜

■ 全国100万人の読者の皆さま、平日はほぼ毎日クラブエリーか講座をやっているエリーでございます。感動的な料理、しみじみよいコースをいただく日々です。それにしても写真溜め過ぎだ(*_*)(*_*) がんばります。

●さかのぼって先週末、12月6日(金)の夜、クラブエリー夜@「天ぷら割烹 なかじん」さんです。
毎回神がかりか?と思うほど完璧な料理でもてなしてくださいます。

●前菜盛り合わせがかわいいし(ノエル仕様)、

●これは冬の名物ですね。ぶり大根。炊いた大根に、ぶりのでんぶをまぶしたものです。

(順番的にはこれが最初に出てきました。)

●揚げたての天ぷら(これは雲子)をひとりずつお椀に入れてくださって、さくっとした食感のまま味わうのも毎度すばらしい。
●今回特に感じ入ったのはごく細切りにしたにんじんの天ぷらで、さくさくさくの加減とにんじんの自然な甘みは天国だーと思いました\(^o^)/\(^o^)/

●いつも通りに車海老。沖縄産。うに塩がまた風味を添えて、よりおいしくなります。

●小蕪の天ぷらに、紅ずわい蟹の身たっぷりのあんかけ。

●からすみ餅

●季節野菜のサラダ、ノンオイル赤紫蘇のドレッシング。柿が甘みを添えていました。

●山口産蒸しあわびの春巻き、あわび要らない人には紋甲いかの春巻き。

●長崎産ぐじの立田揚げ、菊菜お浸しと。

●麦切り。目の前で製麺されるところから見せてもらいます。整然と麺が作られていくさまは何度見ても見飽きません。

ちなみに店主の中村一臣さんの後ろに見えているのはご子息・龍一さん。にこやかで感じよく、お父さんの仕事を助けて偉いです(^o^)(^o^)/

●蕎麦アレルギーになられたこと考案された小麦の全粒粉を使った蕎麦のような食感の麺、これはこれでとても美味ですっかりこのお店の名物ですが、なかじんさんは次の麺を考えていると伺いました。楽しみですね。

●松葉蟹の天ばら\(^o^)/\(^o^)/ これもほんとーにおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●選べるデザート。わたしはあんみつをいただきました。

天ぷら割烹 なかじん」さん、あまりにすばらしいです。すべてがジャストに決まって、いいものいただいたなあと深い満足感に包まれます。

中村一臣さんに御礼申し上げます。参加してくださった皆さんにも。

次ももちろんお願いしてきました(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「点邑」朝日カルチャーセンター11月

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告でございます。

11月14日(木)朝日カルチャーセンター講座のお昼を、「点邑」さんにお願いしました。

●いつもお世話になります\(^o^)/小林紀之さんと、女性料理人の方は倉田如真(いくみ)さんです。如真さんはしっかりしているけれど、同時にかわいらしい(^o^)

*****************

●お料理と天ぷらのコースをお願いしまして、

2週間ほど前にいただいたコースから、また季節は進んでいました。

●松茸、下に小松菜

●鯛のお造り

●お椀、すっぽん入りですが、これは椎茸を入れてくださっています。

本当に温まったお椀です。

●最後の鮎で、

●始まったばかりの松葉蟹です\(^o^)/\(^o^)/

●そして天ぷらです。いつも海老でスタートですが、今回は海老の前に銀杏が供されました。

天ぷらは2週間前のコースとほとんど変わらないので、

 こちら↑↑↑をご覧ください。

繰り返し繰り返し食べたいものばかりで大満足でしたが、とりわけ雲丹+海苔がわたし好きですー。

●これね。わたしこれ本当に好きです。

●原木椎茸おいしかった・・・感動深いものでした。

●鱧に大葉巻き。

●天茶が好き。天丼の選択もあります。

この後、フルーツが供されました。

★天ぷらの前回と今回の違いは、鳴門金時がなくて、はぜが出されたこと。お芋お好きでない方がいらしたのでした。

「点邑」さんまた伺います。しばしば伺いたいお店です。そのうちクラブエリーもお願いいたします\(^o^)/\(^o^)/

*****************

「点邑」(てんゆう) 電話 075-212-7778
京都市中京区麩屋町通三条上ル西側
11:30~13:30、17:30~21:00

火曜休み
1階2部屋(最大8名/最大4名)2階がカウンター10席
全席禁煙
1994年5月20日御幸町通りに開店、2015年9月18日現在地に移転開店

昼は天ぷらどんぶりの他、コース10000円くらいであります。

夜の懐石天ぷらコース 15000円くらい、季節の食材による(税別)

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「点邑」の鱧しゃぶと天ぷら

■ 全国100万人の読者の皆さま、「点邑」さんのお料理も天ぷらも、ずば抜けておいしいと思うエリーでございます。

●10月28日(月)にいただいた夜コースです。
19時30分~、2回転めのカウンターで、他のお客さまは全部外国人。ここはどこ?状態でした(*_*)(*_*)

●まずお料理4品で、
*****************
●小松菜と松茸
●鯛のお造り
●百合根、銀杏、椎茸など薄葛とうずらの温泉玉子
●子持鮎の塩焼き
●鱧しゃぶ 松茸、壬生菜、三つ葉と
*****************

●何もかもがジャストに決まっておいしかった・・・鯛のおいしさも野菜の香味も際立っていました。子持ち鮎の、子の部分のはみ出し方も上品で。

●おだしを注いでくださって鱧しゃぶの用意です。

店主の小林紀之さん優しい方です(^o^)(^o^)

●鱧はおだしに浸して1分。

上品な旨味を楽しみました。馥郁と香るおだしも身に染み入るようで、もうほんとーーーーーーーーーーーーーーーーーにおいしいと思いながらいただきました。<(_ _)><(_ _)>☆☆☆

そして以下天ぷらです。

*****************

●海老
●銀杏
●からすみ、ばちこ
●トマト
●鳴門金時
●生麩
●雲丹と海苔
●松茸と鱧の大葉巻き
*****************

●海老で始まります。

●銀杏

●からすみとばちこ

●トマトです。

●鳴門金時に、

●生麩です。

●名物のこれ、雲丹と海苔、海苔はパリパリで香りが生きていて、雲丹はとろとろなめらかな舌ざわりでたまらなーい。

●松茸と大葉巻きにした鱧。

*****************

●天茶
●梨、梨を焚いただしのジュレ、ブルーベリー
*****************

●今回もすばらしかった「点邑」さん。小林紀之さんありがとうございました\(^o^)/\(^o^)/

一緒にいただいたTさんもありがとうー

「点邑」さん、また近いうちに、お昼貸し切りで伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

「点邑」(てんゆう) 電話 075-212-7778
京都市中京区麩屋町通三条上ル西側
11:30~13:30、17:30~21:00

火曜休み
1階2部屋(最大8名/最大4名)2階がカウンター10席
全席禁煙
1994年5月20日御幸町通りに開店、2015年9月18日現在地に移転開店

昼は天ぷらどんぶりの他、コース10000円くらいであります。

夜の懐石天ぷらコース 15000円くらい、季節の食材による(税別)

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「天ぷら割烹 なかじん」クラブエリー夜

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー夜で感動深い料理をいただいたエリーでございます。

10月4日(金)の夜、今回もしんそこすばらしかった「天ぷら割烹 なかじん」さん。
すてきなアイデアと細やかなお手間に満ちた料理、文字通り比類ないと思いながらいただきました。
少人数の方がいいと店主の中村一臣さんはおっしゃるのですが、あと1名いいですか?あともう1名だけ?とギリギリ7名まで増やしていただいて、クラブエリー精鋭の欲深い女ばかりで美味堪能\(^o^)/\(^o^)/
●だしを張ったお椀に、揚げたての天ぷらを投入してもらうのや、
●天ぷらをにぎり寿司のスタイルで供するのや、
●天然舞茸の天ぷらをばらしてご飯に混ぜた天ばらなどを、とりわけ感動深くいただきました。

●茹でた落花生(丹波産)、よそでも何度かいただいたことはありますが、ここまで大粒で香りよく口当たり柔らかなものは初めてでした。驚異的な落花生と思っていただきました。

●お椀に、揚げたて鱧の天ぷらが投入されました。

●にぎり寿司の形で供された、昆布締めの鱚の天ぷら。

●栗の天ぷらなのだけど、意表を突かれました。

●蒸しあわびの天ぷら、バターと粉末醤油と。

●あわび要らない人には帆立でした。

●いつもの麦切り。これがまた、ここでしかいただけないものだと思います。飽きるということがない。

●天然舞茸をプレゼン。これを天ぷらにして、ご飯と合わせて、

●天ばらにして出してくださいました。これ天国のようにおいしいと思いました。

●初めて梅のソルベを選択。食後にさっぱり爽やかになりました。

●「天ぷら割烹 なかじん」、中村一臣さん、薫さん、スタッフの方に感謝いたします。

感動深いお料理の連続でした。

次も決まって(現場で満席)、また12月、楽しみに伺います。

参加者の皆さんにも御礼たくさんです<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************