■「未生流笹岡」創流100周年

■ 全国100万人の読者の皆さま、10月6日(日)は 青蓮院門跡に伺ったエリーでございます。

●「未生流笹岡」さん創流100周年おめでとうございます。毎年楽しみなこの時期のいけばな展を拝見に青蓮院門跡へ。
笹岡隆甫さんのお姿がなくて都ホテルへすっ飛んで移動、
ぜったいお渡ししたい献上物を持っていたから。りんごのタルト。笑。

●10月5日付朝日新聞朝刊でも大きく掲載されていました。
隆甫さんが3代目家元を継承されたのが2011年って・・・もう6年にもなるのですね。
ご活躍目ざましいです\(^o^)/\(^o^)/

青蓮院門跡は京都の寺社の中でもとりわけ好きな場所です。東京から京都に通った頃は、季節ごと訪ねて写真を撮りました。

また紅葉の頃に再訪したいと思います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「プーゼ」店舗の閉店

■ 全国100万人の読者の皆さま、閉店のお知らせもするエリーでございます。

7月にもお知らせした通り、8月末で「プーゼ」さんの店舗は閉店なさいました。

京都に来てから(来る前から!)ものすごーーーくお世話になった、「プーゼ」さん。
お祝いの花といえばここ、もちろんお見舞いや、お悔やみも。サイトの花もfacebookトップ画像も名刺にあしらう写真も、年賀状を出していた頃はその写真も、全部全部こちらのお花でした。

●お店見納めに伺いました。みなちゃん=浦沢美奈さんに会えてよかった\(^o^)/\(^o^)/

みなちゃんはフロリストとしての活動をこれからも変わらず続けられますから、あまり悲しまないでおこうと思っていますが、でもやっぱりだいぶ残念です。

●28年間続けられたお店でした。

●大きな冷蔵庫に、いつもあふれるようにお花が用意されていました。

とりわけ美しいバラがさまざま揃って、華やかな雰囲気で、語り尽くせないほどいいお店でした。

●何年か前、絵はがきにした写真です。

みなちゃん、スタッフの皆さん、今日までお疲れさま。ものすごくお世話になりました<(_ _)> ありがとうございました。<(_ _)><(_ _)>

プーゼ」さん、店舗はなくても、夷川の(教室でもある)アトリエにお願いして、またお花を作っていただけたらなーと思っています。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「プーゼ」8月末で閉店(T_T)

■ 全国100万人の読者の皆さま、京都に移り住む以前から、お花といえば何でも寺町二条の「プーゼ」さん頼みできたエリーでございます。

●これはお見舞い用に発送をお願いしたアレンジメント。

●発注するのは赤い花ばかりではないんですよっと(^o^)(^o^)/


●しかし残念なこと・・・店舗を8月いっぱいで閉店されると。
教室は夷川通のアトリエで続けられるし、みなちゃん=浦沢美奈さんのアーティストとしての仕事ももちろん今まで以上にされるみたいですが(最近ではG20の装花を担当されています)、お店はなくなるんだって・・・悲しいです。()()
いったいどれだけここでお花を作ってもらったか、思い出しきれません。7~8割はマッカなアレンジメントをしてもらって、他は「アンティーク調で」とか「ニュアンス系で」なんていうお願いをしたのでした。
プーゼ」さん、8月末までは営業されていますから、お店にまた伺います。
 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■ 京都タカシマヤのばらの椅子

■ 全国100万人の読者の皆さま、ごきげんエリーでございます。このばらの椅子、見飽きぬ美しさと思うのです。

●ゴールデンウィーク中、京都タカシマヤさんのウィンドーが、
みなちゃん=「プーゼ」浦沢美奈さんのばらで満たされています。ばらの椅子、きれいです\(^o^)/

●京都タカシマヤの四条通り側のウィンドーで、5月7日(火)までです。

●「プーゼ」みなちゃん、本当にセンスがよくて、何を作っても格別の美しさです。

見に来られない方は本どうぞ\(^o^)/
激しくおすすめです。

京都の花屋プーゼの花日誌

ばらの本

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 赤いお花をたくさん<(_ _)>

■ 全国100万人の読者の皆さま、赤いお花をたくさんいただいて喜んでいるエリーでございます。

お心遣いありがとうございます<(_ _)>

 

 

 

 

●大好きなユーカリの葉と合わせてくださったものもあり、バラと同じくらい、ユーカリを楽しんでいます。目がさめるようで好きです。

贈ってくださった方々のお気遣いと優しいお気持ちに感謝いたします<(_ _)><(_ _)>

●その後またいただいたものです。感謝たくさんです<(_ _)><(_ _)>

●ショコラもひとつだけアップしておきます(^o^)/☆☆☆

●みなちゃん=浦沢美奈さん「プーゼ」の「ばらの本」を貼り付けておきます。

全部ばらです、美しさに圧倒され、夢見心地になれる本です。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「京都の花屋プーゼの花日誌」

■ 全国100万人の読者の皆さま、うれしい新刊を喜ぶエリーでございます\(^o^)/\(^o^)/

みなちゃん=浦沢美奈さん「プーゼ」の新刊が、昨日10月19日、出ました\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
京都の花屋プーゼの花日誌
いつもながらお花はセンスよくすてき、そして写真がまた一段ときれいになっています。うっとり見とれる美麗さです。
よいです、おすすめですー(^o^)/☆☆☆☆☆☆

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 贈ったお花@「プーゼ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、連休のエリーでございます。講座もクラブエリーもなく、みっちりデスクワークです。入れ替えして整ったPCで、溜まった写真の整理!! アップできていないものを投稿します。

本も読みたいし、片付けもしたいー! そして夜は初めてのお店へ行きますよーん\(^o^)/\(^o^)/

●最近、贈り物にしたアレンジメントです。みなちゃん=浦沢美奈さん@「POUSSE プーゼ」に作ってもらいました。ぱーっと華やか、同時に秋の風情も感じさせてくれます。

喜んでいただきましたー よかった (^o^) (^o^)/☆☆☆

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 撮影と取材@「喜心」

■ 全国100万人の読者の皆さま、

12月22日午後、撮影で祇園の「喜心」さんに伺ったエリーでございます。

前回の夜営業の記録

初回の記録

●お汁やら、

●こうして目の前で炊かれるご飯やらを撮影・取材させていただきました。

 

●中東篤志さんめちゃくちゃに感じがいい方です(^o^)☆☆☆
話を聞いてみたら、人生全般ずっと運のいいラッキーボーイだったみたい。かわいがられ上手というのも才能だ\(^o^)/\(^o^)/

●カメラマンはしげさん=鈴木誠一さんです。

●しげさんを撮るわたし。
その様子を撮る篤志さん。
これ全体を撮ったのはスタッフの石上和嗣(いしがみかずし)さん。
おもしろかったひと時\(^o^)/\(^o^)/

喜心」さん、また年明けに参ります。

●さて、帰り道・・・

●帰途、大和大路の方に出てきて、書店の「天狼院」を外から眺めたり、「花重」という花屋さんを外から見たり。

●さすがに祇園の花屋さん、団扇が飾られて、花街独特の風情がありました。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■「未生流笹岡 京都支部展」へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、食べるばかりではないエリーでございます。

●年に一度の楽しみ、青蓮院門跡に伺い、「未生流笹岡 京都支部展」を拝見してきました。
家元・笹岡隆甫さんと、「長樂窯」の小川裕嗣さんとのコラボレーションを楽しみに伺いました。
●境内に入ったところでばーんと隆甫さんと会えました(^o^)/
●そして小川裕嗣さんにもいいタイミングで(^o^)/
●花器2つ、小御所の上段の間に溶け込むように調和して、お花活けの美しさを引き立てていました。いや引き立てるだけではなく、花器じたいに優美なそれでいて堂々たる存在感がありました。

●高い方は高さ40センチほど、横長の方は70センチほどということでした。色みは火の加減、按配で出すということで、微妙な色合いがすてきでした。
閉場時間ギリギリでしたがお花活けを楽しみ、青蓮院のお庭を楽しみ、とても気分よくおいとましてきました。
伺えてほんとよかった\(^o^)/\(^o^)/
ありがとうございました。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ タカシマヤで「京都華包研究会✕SOU・SOU」

■ 全国100万人の読者の皆さま、お知らせエリーでございます。

って、すでに会期終わり近くなのですが、写真は京都タカシマヤ1階正面ウインドーでただ今飾られている、
京都華包研究会SOU・SOU」です。7月31日(月)まで。

●祇園祭時期にこちらでおなじみの、「アートで祭る 祇園祭なう」のフィナーレです。

●「未生流笹岡」さんの華包です。

ちなみにクラブエリーで伺って、「華包の会」をした時はこんなでした(^o^)/

●華包とSOU・SOUさんのコラボレーション、ポップというよりはシックと思って拝見しました。

タカシマヤさん、粋な企画で、すてきでしたー!

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************