■「未生流笹岡 京都支部展」へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、食べるばかりではないエリーでございます。

●年に一度の楽しみ、青蓮院門跡に伺い、「未生流笹岡 京都支部展」を拝見してきました。
家元・笹岡隆甫さんと、「長樂窯」の小川裕嗣さんとのコラボレーションを楽しみに伺いました。
●境内に入ったところでばーんと隆甫さんと会えました(^o^)/
●そして小川裕嗣さんにもいいタイミングで(^o^)/
●花器2つ、小御所の上段の間に溶け込むように調和して、お花活けの美しさを引き立てていました。いや引き立てるだけではなく、花器じたいに優美なそれでいて堂々たる存在感がありました。

●高い方は高さ40センチほど、横長の方は70センチほどということでした。色みは火の加減、按配で出すということで、微妙な色合いがすてきでした。
閉場時間ギリギリでしたがお花活けを楽しみ、青蓮院のお庭を楽しみ、とても気分よくおいとましてきました。
伺えてほんとよかった\(^o^)/\(^o^)/
ありがとうございました。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

関谷江里

■ タカシマヤで「京都華包研究会✕SOU・SOU」

■ 全国100万人の読者の皆さま、お知らせエリーでございます。

って、すでに会期終わり近くなのですが、写真は京都タカシマヤ1階正面ウインドーでただ今飾られている、
京都華包研究会SOU・SOU」です。7月31日(月)まで。

●祇園祭時期にこちらでおなじみの、「アートで祭る 祇園祭なう」のフィナーレです。

●「未生流笹岡」さんの華包です。

ちなみにクラブエリーで伺って、「華包の会」をした時はこんなでした(^o^)/

●華包とSOU・SOUさんのコラボレーション、ポップというよりはシックと思って拝見しました。

タカシマヤさん、粋な企画で、すてきでしたー!

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

関谷江里

■ フラワーディナー@「ブラッスリー」

■ 全国100万人の読者の皆さま、人生悲喜こもごもだけど、才能きらめく料理ですっかりご機嫌のエリーでございます。食にだけはめぐまれた人生です。

6月9日金曜のディネに、フォーシーズンズホテル京都さんへ伺いました。「ブラッスリー」で期間限定で行われている、いとも美しいフラワーディナーをいただいたのです。

ニコライバーグマン「花と食、香りの融合」(8月末まで、夜のみ、15000円(+税とサ13%))

ホテルのイヴェント情報ページ

シェフの井料剛さんとニコライ・バーグマンさんのコラボによる、花を組み込んだコース料理。
美しくて、驚きのある料理でした。
前菜に出てきたフラワーボックスはおみやげにいただけるというのも楽しみに伺いました。以下お料理です。

●アミューズがこれ!! 「ニコライバーグマン」さんによる明るい色のラウンドアレンジメントに、ロリポップのように作られたアミューズが挿されてきました。なんてかわいーい\(^o^)/\(^o^)/

リコッタチーズのサーモン巻き/チェリーのようなのは、フォアグラ玉にチェリーのジュレを塗ったもの/ほうずきトマト。

●このアレンジメントは最後までテーブルに残されて、目を楽しませてくれました。

●パンとバター。バターはプレーンの他に、レモンとオリーヴオイルを練り込んだものが用意されて、これが目ざましくいい香りでした。

●フラワーボックスの上にガラス板。のってきたのは牡丹海老と毛蟹の前菜。カヴィア(日本語でキャビア)、マンゴー、下にアボカド。添えてあるのがトマトのエスプーマに、マンゴーとトマトの透明ジュレ。

 

●組み合わせが粋で、冷たさもほどよく、目ざましく美味でした。

●爽やかさと涼しさを呼ぶグリーンの箱入りアレンジメント、これを持ち帰れるのです。ものすごくうれしい。

●63℃のサマートリュフエッグ、60℃とは卵白だけがかたまって中とろりんの温度です。サマートリュフに、イベリコ豚のハムのチップ。底はコンテのフラン。たまごを上から下から旨み責めにしていました。これもしんそこ美味でした。

●金目鯛のポワレ、ズッキーニの花の中に帆立貝のムース。かぼちゃのピュレ。これで完成ではなく、

●目の前でスープを注いでくださいます。ムール貝とサフランのスープ(少しカレー風味)。

●金目鯛の火入れかんぺき、かぼちゃのピュレとムール貝のスープの調和すばらしい。

●ズッキーニの花の中には帆立のムースが詰められていました。

●肉料理は鴨胸肉のロースト、ラヴェンダーと山椒の香り。ヤングコーン、無花果のキャラメリゼ。
肉は、コリアンダーやクミンも使っているとのことで何とも奥行きのある香りです。ラヴェンダーの香りのほどよさがとりわけすごいと思いました、香り過ぎてもダメですから。添えてあるのがヘーゼルナッツのピュレに黒胡麻。

●レモンタルト ラズベリーソルベ添え

これがデフォルトでしたが、わたしはこれを・・・

●ショコラのグラスに差し替えていただきました。感謝<(_ _)>

レモンタルトの上にはレモンのコンフィ、ライムを練り込んだメレンゲ。爽やか~なデセールでした。ほんとおいしかった☆☆☆

●ロンネフェルト紅茶の、イングリッシュ・ブレックファストをミルクと共に。

●どのお皿もきれいで、香りよくて、瞠目のおいしさでした。

●料理長の井料剛さん、なんてセンスのいい方でしょう。
今回もすべて、ものすごくよかったのでした。\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
★6月16日はニコライ・バーグマンさんがいらしての特別ディナー30000円(+税サ13%)とのことです。
感動深かったです、激しくおすすめ、はげすすです\(^o^)/\(^o^)/

ブラッスリー

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 今回の花は、赤ベースで・・・

■ 全国100万人の読者の皆さま、ごきげんエリーでございます。お花が好きで好きでしょうがないです。

なのにしばらーくトップ画像替えてなかったー!と思い至り、少し前に贈り物にした花のアレンジメント(@「プーゼ」さん)をアップします。

赤ベースにヴィタミンカラーです。ぱーっと明るい。元気になる色です\(^o^)/\(^o^)/

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 夷川発電所のあたり、桜散歩

■ 全国100万人の読者の皆さま、「桜はとりたてて言うほど好きではない」などと言いながら、毎日どこかしらで桜を見上げては写真を撮っているエリーでございます。

●まずこの道を走って、

●ここで東へ折れます。

●わたしの好きな散歩道です。

●夷川発電所のあたりです。ごーっという水音が気持ちいいです。真冬以外はわたしここ大好きです。

●橋の上からの眺めです。

●逆側(西側)を見たらこんな。

うららかな春の日でした。これくらいの気候でずっといてくれたらいいのに。酷暑の夏が来るなんて思いたくないです(*_*)(*_*)

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 一之舟入の桜:延々と追記あり

■ 全国100万人の読者の皆さま、桜の花の色ははかない。マッカならいいのに! と子供の頃から思い続けているエリーでございます。

●3月30日(木)午後。開花まで、もうすぐです。

●特にわざわざ花見というのには出かけないけれど、ここだけはなんか好きです。
近くまで行った時は回り道をしてでも写真を撮りに行く、高瀬川・一之舟入。

●橋の上からです。また行きます。

*****************

■ 追記:4月2日(日)夕方です。

●本当に、もうすぐですね。

●位置変わらず、橋の上から。

●ライトアップの準備もできています。

*****************

■ 追記:4月3日(月)夕方です。

●本当にこの界隈が好きです。昔はこの場所に立つために、新幹線に乗って東京からわざわざ来ていたのです。それを思うと今かなり幸せ☆☆☆と思います。わりと好きなところに住むことができる人生です。

●つぼみはかなり膨らんでいます。

●咲きかけのものもありました。

●こんな感じ。明日には開いているかしらん。
*****************●さて、橋より南を見たらこんな。木屋町通です。

●こちらは咲き始めていました。

*****************

■ 追記:4月5日(水)夕方です。

●彩度、明度、コントラスト、シャープネスなど、全く無修正です。曇天でどよよん。つぼみの方がまだ多い。二部咲きというところ?

●まだ大半がつぼみです。

*****************

■ 追記:4月6日(木)午後です。

●五分咲きというところ・・・

*****************

■ 追記:4月7日(金)午後です。

●ごったがえす橋の上から。

結婚装束で撮影の人たちがこの日もいて、数人がかりだし服はかさばって場所取るしで、とにかく待つしかありません。

●1日で、わっと咲いた感じです。

桜ははかない花だー マッカならもっといいー と思い続けていますが、それでも一斉に咲くと春が来た\(^o^)/\(^o^)/の気持ちに否応なく包まれるし、長い冬のあと、それは本当にうれしいことだし。まあやっぱり、桜はすなわち日本の春の情緒、なくてはならんものだなあ~と思います。

*****************

■ 追記:4月9日(日)22:40です。

●この春初めての夜桜です。

●ライトアップされた「一之舟入」の桜。

●冬なみに冷えて寒かったけれど、カメラやスマフォで撮影する人がたくさん。賑わってました。

●こちらは木屋町通り、四条下ルです。
寒いが夢のようにきれいな木屋町通りを、二条から仏光寺まで走り抜けてきました。

*****************

■ 追記:4月13日(木)18:40です。

●日没直後くらいで、まだ空がうっすらと明るさを残しているような時間でした。

満開から、少しピークを過ぎたくらいです。

*****************

■ 追記:4月14日(金)13:45頃。

●花吹雪の瞬間でした。ちょうど1週間楽しませてもらいました。

●この日、この春ここに通いだしてから、初めて快晴に恵まれました。

●本当に好きな場所です。

*****************

■ 追記:4月18日(火)13時前です。

●ほんの3日間あけたら、もうこんなになっていました。全く別の風情。

これから若葉が出てきて、夏に向かいますね。日によっては昼間はすでに初夏の感じで、こんなに季節巡るのは早かったかなーという感じがします。

*****************

■ 追記:4月20日(木)18:20頃

●もうこんなになっちゃいました。

●でもわずかに残っている桜もあります。

●反対側からは八重桜入りの風景で、まだ絵になるかなと思うけれど、もう「桜をめでて春の到来を喜ぶ」というあの浮き立つような気持ちはとうに過ぎてしまっていて、「まだ咲いとるのか?」みたいな感じがするので桜もかわいそうですー(^o^)(^o^)

*****************

■ 追記:4月21日、17:04

●昨日と同様、北側から。こちらの眺めもいいかも。
しかし八重桜の部分は明る過ぎ。露出間違っていてごめん<(_ _)>

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 誕生日の御礼です。

■ 全国100万人の読者の皆さま、誕生日のエリーでございます。

4t8a9066-jpga■ 赤いバラをたくさんいただいて激しくうれしい、はげうれです\(^o^)/\(^o^)/ 他、ショコラもたくさんいただきました、ありがとうございます。

今年はせっぱつまってひっしで、浮かれた気分ゼロなんですが、それでもうれしい誕生日です。病気なく怪我なく、骨も折れておらず膝をすりおろしてもおらず(笑)、まずは機嫌よく仕事ができること、とてもありがたいことです(^o^)/
御礼をどなたにも言えてなくて、これからだんだんに。
まずはこの場で、ありがとうございます、御礼申し上げます<(_ _)><(_ _)>

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ フォーシーズンズホテル京都 3 装花と花店

■(承前)ひとつ前の記事の続きで、10月15日開業されたフォーシーズンズホテル京都さんです。

img_4841 img_4844■ 館内の装花は「ニコライ・バーグマン」さんとのこと。

img_4854

■ 1階にはブティックがあって、秋色の花やパッケージで飾られていました。

img_4861-jpga■ なんとご本人がいらっしゃいました。ニコライ・バーグマンさんと言えばの箱詰めのお花がすぐに買えて、贈り物にいいですね。わたしも東京にいた時は、有楽町で結構何度も買いました。今は生花だけでなく、プリザーヴドフラワー(っていうの?きれいに乾燥させたの)の箱詰めもあるんですね。

フォーシーズンズホテル京都

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************

■「未生流笹岡」 京都支部展へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、食べるばかりではないエリーでございます。お花を拝見に、青蓮院さんへ伺ったのです。

img_3717-jpga

■「未生流笹岡」さん京都支部展へ。家元の笹岡隆甫さんです。今日はおめでとうございます。
変わらずうるわしい隆甫さんの作は、先日のサミットの時のお花いけを再現されたものとのことでした。

img_3719-jpga

■ 紅葉の色はサミットの時とは違ったと思いますが、それでもなんて絶妙なバランス。色も形も見て非常に心地いいと思いました。

img_3736-jpga

■ お嬢さんの柚月ちゃんの作品。パフェ風のいけばなだそうで、ほんとかわいいです、これからますます楽しみですね☆☆☆

img_3726-jpga■ なごみん=海平和(うみひらなごみ)ちゃんにも会えました。うれし♪
未生流笹岡」さんのお花をたくさん見せていただけて、しばしいい午後の時間でした。ありがとうございました<(_ _)><(_ _)>

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************