■「Chez l’ami Jean ラミ・ジャン」へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、帰国していますが、

引き続きエリー@パリ話です。

**********************************
今回の滞在:2017年2月20日~2月28日午前帰国

今回の滞在の記録は 2017年2月 Paris パリ でひとまとまりにしています。
今回の計算:1ユーロ 122円。(2月3週目の値段)
2013年からのパリの記録:時々パリ
**********************************

■ 一度行きたかった7区のビストロ「Chez l’ami Jean  シェ・ラミ・ジャン」へ。いやもう強烈なお店でした。お店は激しくはやっていて喧騒でわんわんしていて、同時に厨房ではシェフの怒号が飛んでいるし、けれどサーヴィスのお兄さんたちはものすごくてきぱきと運ぶ片付ける接客をする。ちょっとお客さま帰ったかなと思うと、8人連れなんていうのが直前の電話だけで入ってくる。

料理がとにかくどかーんと量があり、大ココットひとつがひとり分だとか言って供される(*_*)(*_*)

わたし大抵どこでもひとりで行けるんだけれど、これはひとりでは全く食べられない量だったとわかり、しみじみよかったと思った夜でした。

日本から料理修業に来ている料理人TNさんが一緒に行ってくれて、ほんと助かったー\(^o^)/\(^o^)/

■ 7区、エコール・ミリテール駅からクレール通り、サン・ドミニック通りを経由してお店のあるマラール通り Rue Malarへ。

IMG_1005 IMG_1027 IMG_1037

●ポワローのスープ煮、削りトリュフ山盛りと共に。

IMG_1040 IMG_1042 IMG_1048 IMG_1054

●パルメザンのスープというの、激烈旨かったです(*_*)(*_*) なみなみと注がれてそれが2杯分くらいあって、もうお腹膨れたかも。

IMG_1031

●スープドゥママンだって。えらい強烈なママンだなあ( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

IMG_1058

●広げたポテトにバラバラになった鴨肉、細かくした野菜と。何だこの食べ方は?? ((((;゚Д゚))))))) ((((;゚Д゚))))))) しかしこれも激烈旨かったです(*_*)(*_*)

IMG_1028

●パルマンティエのようなおばあちゃんの鴨のコンフィってあるけれど、こんなアヴァンギャルドなコンフィを食べさせるおばあちゃんが本当にいるのか??

( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

IMG_1060 IMG_1063.jpga

●これはメニューに載っていなくて口頭で説明された porcelert 、子豚のブレゼと。日本でなら4人分くらいだと思うんだけど、これでひとり分て。「ほんとに皆さんこれ全体をひとりで召し上がるのですか?」とわたしサーヴィスのお兄さんに尋ねてしまいました( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

IMG_1068 IMG_1072

●2,3回盛って食べてもうもうもう満腹です。

IMG_1075

●まだじゃがいものピュレがつきますが、もう食べられんww

IMG_1085

●リオレ Riz au lait(この店ではRiz o lait と表記)がデセールでは看板らしいけれど、こんなどんぶり一杯の米甘味を食べたらお腹ばくはつします。

そもそも、わたしは米を甘くして食べるのはあまり好きではない。おはぎしかり。例外はあるけれど。ごめん。

IMG_1081

●カフェだけ食後にいただきました。

IMG_1087

●お茶菓子としてこんなチョコボールみたいなものがついてきました・・・が、もうこのひと粒すら食べられません。

IMG_1097

●メニューの書き方もなんかハデなのです。力余ってる感じ。笑。

IMG_1094

●すごい食体験でした。通うかと聞かれたら通わないけれど(ごめん)、けれどものすごくおいしかったし、行って食べて気が済んだのでした。気を済ます人生です。

とにかくシェフが怒鳴ってるのがはっきり客に聞こえるのは、わたしは絶対にいやなんです。完璧なものを出そうとするためにそうしていることはわかるけれど、普段から十分に修練を積ませればいいわけだし、怒鳴ったから完璧になるというものでもない。でもシェフは客であるわたしたちにはとても愛想いい方で、優しかったです。

●この後、エッフェル塔に向かって歩いてしまったわけです。テンション激上がりになりましたから。行ってよかった美しかった・・・けれど帰り道、メトロ駅・エコール・ミリテールまで、地図では近く見えたけれど歩くとだいぶあって、足と脚が、後から痛みました。脚の痛みはパリ歩きにつきもの、セットと覚悟して出かけていますが、こんなことなら普段から歩いておけばといつも思い、しかし京都に戻るなり大好き赤チャリ生活に瞬時に戻ってしまいます・・・

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************