■ この1週間/赤ければ

■ 全国100万人の読者の皆さま、日曜日になってしまったエリーでございます。1週間が、いくらなんでも早くないか?(*_*)(*_*)

*****************

10月5日(月)からの1週間は、

●10月7日(水)にクラブエリー@「白山」さん、

●10月8日(木)に朝日カルチャーセンター講座@「リストランテ 野呂」さん

●10月9日(金)にクラブエリー第3金曜(今月は第2金に実施)@「花鏡」さん

とお世話になりました。早く写真整理します<(_ _)><(_ _)>

*****************

●わたしにおいて、赤は正義赤ければOKです。

朝起きたらまず赤いものを食べる、と。

赤いもの3でいきます。

りんごです。某リストランテ(笑)からもらってきた弘前のりんご

●コンポートにしていただきましたよっと(^o^)/☆☆☆

しゃきしゃきりんごよりも、火で制圧したりんごが好きです。

赤万願寺とうがらしです。京都濃紅たまごのぺたん焼きに、赤万願寺とうがらしのソテ、塩味。上からエルブドゥプロヴァンス。

基本、ぺたん焼きは上に何をのせても合うので、しらすとかハムとか溶け溶けのフロマージュとかちぎった大葉とか、日々いろいろします。溶いた卵を油を敷いたフライパンに広げたら、一度返す以外は何もしないでいいから楽です\(^o^)/

トマトです。トマトと茄子とアンチョヴィ。茹でたスパゲッティに具材とトマトソースをからめるだけ。かんたーんです。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ りすのろ:いちじく、鶏も(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、いちじく責めにあったエリーでございます\(^o^)/鶏肉にも謝らねばなりません\(^o^)/\(^o^)/

@りすのろ です。
リストランテ 野呂」8月16日(日)20時30分~、198回目。

ほとんどいちじくづくし。さらに鶏肉もおいしかった回でした。

●青森県からの甘いとうもろこし 嶽きみ(だけきみ)の冷たいスープ。

糖度の高さに仰天しました。

青森県産品を産地直送で送ってくれるこの通販サイトを見ると、

採れたての「嶽きみ」の糖度はなんと18度以上。メロンなどの果実並み、もしくはそれ以上の甘さです。

とあります。

青森県弘前市の西部にある、津軽富士ともいわれる美しい山「岩木山(いわきさん)」。その麓、標高400~500メートルにある「嶽(だけ)高原」で栽培、収穫されたとうもろこしだけを「嶽きみ(だけきみ)」と呼びます。

津軽弁ではとうもろこしを「きみ」と呼びます。

ということです。

青森県、偉いなあ。大間のまぐろ、それから圧倒的にりんごの国という認識があっただけですが、食材豊富な地方であることがだんだんわかってきました。

●さてここからいちじくです。

奥から手前に、

西京極/カリフォルニア/城陽

●いちじく3種類と世界3大ブルーチーズでサラダ仕立て。

手前から、城陽とロックフォール/カリフォルニアとゴルゴンゾーラ/西京極とスティルトン。

いちじく、ブルーチーズ共に明らかに食感も風味も違いました。

わたしはやっぱり京都のいちじくの方が好きかなあ\(^o^)/

京都+フランスがよかったです(^o^)

●西京極のいちじくのフライ田楽。フライにしてパリパリしたものに、トマト味噌と鴨肉味噌。ドライトマト。バジルソース。

これは圧倒的においしかったです。これだけ旨味を重ねたらそら旨いよなという感じで。ずるいおいしさね。でもまた食べたい。

●いちじくフリット、胡麻ソース。

これもおいしいのわかっています。外側のフリット生地がサクサクパリパリ、中は熱々しっとり、そこに胡麻ソースの旨みです。これもずるい旨さ。

●「飯尾醸造」さんの無花果酢が出てきて喜んだのでした。どちらも自分で持ってきたものなんだけど、無花果酢の方は6月に持って来て、もう忘れていたのね。ここでこんな風に出してくれるとは\(^o^)/\(^o^)/

●無花果酢のグラニテ、その上から紅芋酢のはちみつ入りを炭酸で割ったものを注いで、いちじくの果実もたっぷり入れたカクテルです。
さわやーか(^o^)(^o^)/☆☆☆
ものすごくおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

紅芋酢はアマゾンでも買えますよっと♪

●さて鶏肉です。チキンカツ食べたいようと先週からお願いしておいたら、出てきたのがこちら。

和歌山県からの鶏もも肉のカツレツ 南蛮風。タルタルに、野菜のみのソース。下につるむらさき、西京極のいちじくローストも。

先日来ジノリの赤いにわとり模様の器が気に入りたおしてしまって、りすのろに置き皿しているのだけど、そこに恐れ多くも鶏肉のカツレツをのせてもらいました\(^o^)/\(^o^)/

●でもちゃんと、鶏さんたちにもごはんを差し上げているのです。だいぶおもしろかった\(^o^)/\(^o^)/ 贅沢に青森のとうもろこし、巌きみ を召し上がる鶏さんたちです。
●そもそもこのカップを買って心奪われ、すぐに平皿とスープ皿を入手。
●これは四条の「ル・ノーブル」さんのウエブサイトからいただいた画像です。「ル・ノーブル」さんお世話になります<(_ _)>

●パスタはこちら、冷製スパゲッティ カルボナーラ。

●初めて冷たいカルボナーラです。はらはらかかっているフォルマッジョは黒トリュフ入り。トリュフじたいをかけたのと同様に香り立ちます。

モリテルノ・アル・タルトゥーフォ(トリュフ入りのペコリーノ)。

●ドルチェでまたいちじく。いちじくのカラメリゼとパートフイユテ。ソースはアングレーズにポルトを混ぜ込んだもの。カルダモンの香り。

最後にまた驚きました。オリジナルなおいしさ。いちじく部分濃くて旨い。フイユタージュはサクサク。ソースは皿なめたいほどの稀に見る香気立ちのぼる名作。
これはのりき=井上典樹の作。乗り気で作ってくれたのね。すばらしくおいしかった\(^o^)/

この後、アイスで黒豆茶をいただきました。

●紙に書いたメニューも準備してくれて、この日は本当によくやってくれました。

今回は午後になって久しぶりに会う方が一緒にいらっしゃることになり、しかし来てくださってよかったです。あまりに料理は力作揃いでおいしくて、わたしひとりで味わうのはもったいなかったです。神さまはうまいことするなと思った。Mさんまたいらしてください。

●りすのろ本当におもしろい楽しい、メニューは無限。また来週\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席12席
2017年6月13日開店
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

前もっての予約でコースも可。8000円~(税別)。

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■ あれこれ話:キラキラ、冷麺、禁煙、予告

■ 全国100万人の読者の皆さま、脈絡なくあれこれの話をするエリーでございます。コース料理の写真もたっぷり溜めていますがそれは改めて。

●キラキラが大好きです。

スワロフスキーの本が欲しくなってしまって、しかし今やハードカヴァーの紙の本を買うだろうか?(それも英語よ。版元はリゾーリ。8963円。)

●最近こんなプレゼントをしてもらってじわじわうれしくて(所望したのだけど(^o^))、オーストリアのこのキラキラをもっと人生に取り入れたくなったのでした。SWAROVSKI スワロフスキーは1895年ダニエル・スワロフスキーによって創業、ポリシーは「誰もが手にすることができるダイヤモンド」だって。よいわ☆☆☆ 買いやすい値段で華麗なジュエリーがおびただしい種類揃っていて、ウエブサイトを見るだけでも楽しくてうっとりします。オーストリアと言えばすなわちモーツァルトの国だから、わたしにとってはとりわけ親しみを感じるということもあります。

ロイヤルコペンハーゲンを買えばデンマークに行きたくなるし、スワロフスキーのジュエリーが来たらオーストリアを再訪したくなるし、パリから1泊くらいで行くつもりになって調べ始めると幸せな気分になって実に単純です。しかしいつヨーロッパへ普通に行けるようになるのか?(*_*)(*_*)

*****************

●冷麺です。「みその橋 サカイ」さんの冷めん。パックされたものが、大丸地下で買える日が週に3日ほどあるのです。ロイヤルコペンハーゲンのブルーフルーテッドメガの15センチボウルにざくっと入れてみたら何かちょっと違ったので、近日中にやり直します。笑。味は大丈夫おいしかった\(^o^)/焼き豚は、うちにあったものを加えてボリュームアップしています。こちらの麺が好きだわわたし。★茹で時間は8分とありますが、わたしは6分くらいが好みの食感になるなあと思っています。

*****************

●寺町通の「スマート珈琲」さんも、ついに、やっとこさ、今年4月から全面禁煙になりました。どれだけ待たれたことか。久しぶりにこちらのホットケーキをいただきました。

*****************

●カンテレの「よ~いドン!」は3000回を記録されたということです。5月にいただいた記念のお菓子です。

予告は、12日(水)放送の「よ~いドン!」の「おすすめ3」で、久しぶりに激しくおすすめしているということです\(^o^)/限りなく楽しいお店、間違いなくおいしいもの3つ、です。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ あれこれ話:映画、ジノリ、マイセン

■ 全国100万人の読者の皆さま、映画見逃した/見た/ものすごくよかった\(^o^)/の報告でございます。

●「アンティークの祝祭」

これ見逃しました。新風館にできた映画館で見たかったのだけど、上映が朝の9時~って。わたしにその時間に映画館に来いというのは無理なのよ(*_*)(*_*)(*_*)

前回のフランスからの帰りの飛行機でざざっと見ているのだけど、ちゃんと見たいよう。ドヌーヴさまがお出になるものは見るのですよっと。

●これは7月半ば、京都シネマで見ました。

しかしなあ、、
わたしはパリの風景を見られるだけで、フランス語を聞けるだけでうれしい方なんだけど、この映画はなあ~(-_-;)(-_-;)
カトリーヌ・ドヌーヴさまが出ていたらとりあえず見るのと同様に、これはキアラ・マストロヤンニが主演だから見たんだけどな、、むー、、
これは、わたしにとっては、いまいちであったのう。
なんか荒唐無稽なのよ。まあ、ひと晩に見た夢でした、で最後は済むんだけど、なんか説得力なかったなあ。キアラ・マストロヤンニが、あれだけ男をとっかえひっかえするようなキャラクターにはまってないんだもん。わんさか過去の男が出てくるんだけど、なんかじぇんじぇんしっくりこないの。
久しぶりの映画館に行けてうれしかったんだけどなあ・・・

●これはものすごくよかったーー\(^o^)/\(^o^)/

Amazon Prime の見放題になっていますから、皆さんぜひ。

2019年3月に90歳で亡くなったアニエス・ヴァルダさん監督です。明るくてほのぼのする映画。

顔たち、ところどころ」というタイトルなんだけど、原題は「Visages villages.」。そのまま訳すと「顔々、村々」という感じですね。

わたしなら、「顔たち、あちこち」みたいな訳語にするかなあ。

アニエス・ヴァルダさん87歳の時の作品で、JRというカメラマンで壁に大きな人物写真を貼り付けて回るアーティストと共にフランスの村々を旅するのです。簡易スタジオ兼巨大プリンタでもある、カメラの形を模した大型トラックに乗って。このJR、決してサングラスをはずそうとせず、帽子だってどこに行ってもかぶったままです。旅の友、アニエス・ヴァルダさんにさえ素顔を見せようとしないJRに、アニエスさんは執拗に「ずっとサングラスしているの?」「はずさないの?」「はずしてよ、感じ悪い(Ce n’est pas amical、直訳すると「友好的ではない」)」と言い続けるのがおもしろいのね。JRとの旅の日々、道中険悪になることもあるけれど、JRははるか年上(54歳上)の彼女にとても優しく理解力があって、温かい友情だなあと微笑ましく思えるわけです。いいなあと思う(^o^)

最後、アニエスさんはあるスペシャルなプレゼントをJRにしようと、彼を伴って(カメラトラックではなく)電車である場所へ出かけます。そのプレゼントが、果たしてかなうのかかなわないのかは見てのお楽しみとして、最後のほんの5分ほどがまた見どころなのです。忘れがたいです。これはヌーヴェル・ヴァーグのファンの皆さんには必ず見ていただきたいと思います。

DVDはこちら

あーフランス行きたい。

*****************

●わりと最近、こんなカップを買ったのでした。

このところわたしにおいて器さわぎが起こっていて・・・6月、撮影用にロイヤルコペンハーゲンを何枚か買ったところで終わればよかったのに、ジノリの赤いにわとり模様がひどくかわいく思えて・・・

このカップがあまりにも気に入って、今度は同じ模様でお皿も欲しくなり・・・底なしの沼、、( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

24センチスープ皿、25センチ平皿買いました。

アマゾンにもありました\(^o^)/

●これも買ったのだけど、これは非常に美麗でうっとりするカップながら、わたしの人生には入って来ず、手放そうと思います。ドナドナドナ。欲しい方は言ってね。

(「ル・ノーブル」さんの画像を使わせていただいています。四条店で購入いたしました。)

●マイセンのブルーオニオンです。280ccくらい入ります。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ ショコラ/ついにマグ/140cm!

■ 全国100万人の読者の皆さま、よしなしごとを語るエリーでございます。

●籠城の年始休み、作業(デスクワーク)に熱中するあまり、毎年ものすごく楽しみにしている大大大好きなウィーンフィルハーモニーのニューイヤーコンサートも見忘れるという没入ぶりで自分であきれています。( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

ちょっと異常に熱中・集中してしまったり、はるか昔の極端に細かいことを覚えていたり、味も香りもある極彩色の夢を見たり、これやっぱり何か病名のついた症状なのかもしれんと思っています。

●このところのショコラ3つ。自主的におすすめ3。陶磁器の話もからみます。

*****************
Lindenbaum リンデンバウム
*****************

●しばらく前に伺った御幸町通のショコラの「リンデンバウム」さんです。ちなみに丸太町通のシャルキュトリの「リンデンバーム」さんとは別です。

●ショコラのムースもいただきましたが、

●これが風味よくてとても好きでした\(^o^)/\(^o^)/「クッキー」という名称で売られています。

また伺います。

*****************

MUJIのお菓子

*****************

チーズをのせたチーズケーキ(@よねちゃん)や、うに入り濃厚うにカルボナーラ(@りすのろ)を連想させたので即買った、MUJIのチョコがけチョコバウム

先日無印良品週間で買ってみたら、これがおいしかった\(^o^)/\(^o^)/

このシリーズ今までもいくつか買っていますが、また買おうと思うのはこれです\(^o^)/

チョコってわたし決して言わないのだけど(ショコラかチョコレートのいずれか。チョコと略すのは失礼だと思う)、だからチョコと表記してあるものはもうそれだけで買わないのだけど、これはよねちゃんのお菓子とのろっちのパスタが浮かんだから思わず買ってみてよかった\(^o^)/\(^o^)/

*****************

JEAN-PAUL HÉVIN ジャンポール・エヴァン

*****************

●オープン以来、とりあえずショコラといえば三条通の「ジャンポール・エヴァン」さんとなっていて、ガトーでいちばん好きなのは基本のこれ、

グアヤキルです。

●年末31日にグアヤキル。精神の安定のために何より必要です\(^o^)/

●でもって、これはガダルキヴィールエルメスBalcon du Guadalquivir です。

(写真は「ル・ノーブル」さんの画像を借りました<(_ _)>)

ガダルキヴィールと言おうとして、わたしはいつもいつもグアヤキルと言ってしまう、、

●この冬、とうとう、グアヤキルガダルキヴィールが出会いました\(^o^)/\(^o^)/

マグを購入したのです。

このシリーズ、あまりにもあちこちのお店にあって、そのうち何軒かはわたしが喜ぶことを知って「メス」なんて言ってこれで出してくださるし、パリに行くたびブティックで見ながら、まー自分で買うこともないかなと思い・・・

カップとソーサーなら持っていたし・・・しかしわたしはマグが欲しかったの(^o^)(^o^) 

買ってみればぴたりとわたしの毎日にはまり、早く買えばよかったと。

なんとアマゾンにもありました(*_*)(*_*)

*****************

Châle 140

*****************

●ついでにエルメス フランスのサイトから、これほしいわ\(^o^)/\(^o^)/
140✕140cm、大きいやつね。

つまりお値段もそれなりにして・・・950ユーロ、、、( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●でもほら、すごくきれい~~\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ エルメス セーヴル店へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、エリー@パリでございます。

6月21日(金)午後、オテル リュテシアを出て、寄らずにいられただろうか?(いいやいられはしなかった。)
毎日毎日首に巻きつけているわがメゾンH、セーヴル店に表敬訪問です。
カレの売り場はごった返していて、見ただけ。
むしろインテリアものいろいろ見せてもらって・・・
ガダルキヴィールずらりと並んだよい眺め。
マグを買いそうだなあわたし。もちろん赤の量が多い方ね。

●Saint-Sulpiceからメトロで移動しました。

**********************************

今回の日程:2019年6月17日~6月26日

今回の計算:1ユーロ 125円

今回の記録は 2019年6月 Paris パリ でひとまとまりになっています。

2013年からのパリの記録:時々パリ
**********************************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************