■ 隙あらば食べたいヌーさんのカリー

■ 全国100万人の読者の皆さま、好きなものは食べ尽くしたいと思うエリーでございます。

「インディアン ダバ ヌーラーニ 祇園店」さんが行きやすい場所にできてから、隙あらば出かけたい。LOが22時というのもいいです。デスクワークに熱中していても、がばと立ち上がり10分くらいですっ飛んで行けます。

前回のアップがこれ。この後出かけた記録です。

●鶏肉が好き、タンドリーチキンが好き。ある晩(2個づけのお皿のうち)ひと切れだけ食べて、残りは多かろうと初めから持ち帰り用に包んでもらいました。いや、食べられたかもな。

●アル バイガン パラック。ほうれん草カリーが本当に好きです。中に揚げ茄子、じゃがいも入り。

●チャイで締めです。

*****************

●ある夜はチキンティッカマサラ。味付きチキンが初めから入っているわけ。トマトっ気の強い、鮮やかな香味のカリーです。食べ飽きることがないです。

*****************

●ある夜はまたタンドリーチキン。初めから2切れいただきます。

●マイクロトマトが点々と赤くてかわいい、おいしい。この日のこのお皿の眺め、ものすごく気に入りました。

●そして、週末のみのビリヤニをいただきました。これ中からごろん、ごろんと牛肉が出てくるのです。いろいろついたビリヤニセットもありますが、これは単品で注文、1300円。

●これね。スペシャルチキンビリヤニとありますが、ビーフをいただけたのです。しみじみおいし☆☆☆ 価値あります。

●食後にチャイです。砂糖は入れたことがないです。

「インディアン ダバ ヌーラーニ 祇園店」

京都市東山区東大路四条上ル東側

11:30~22:00LO・水曜休み、もちろん全席禁煙

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 「ダバ ヌーラーニ」がらりと変更

■ 全国100万人の読者の皆さま、インド料理大好きなエリーでございます。

先日4月18日にオープンしたばかりの「インディアン ダバ ヌーラーニ 祇園店」さん、(初訪問とその後の投稿

昨日28日お昼の遅い時間に伺ったら、たったの10日にしてがらりとメニュー内容が替わっていて仰天しました(*_*)(*_*)

メニュー数をごくしぼった、定食やさんみたいな感じだったのに、

せっかくヌーさん近くにお店出されたのなら、食べたいよう~~と思っていた、ほうれん草カリーや、アルゴビバイガンマサラなんかも揃っていて、もう本当にうれしいことになっていました。営業時間も延びていたし、詳しくはそのうち「カレーヴェルディ」さんで発表されるでしょうから、そちらをご覧ください\(^o^)/

■ 訪問5回目です。とりあえずチキン入りの昼セットをいただいてきました。日替わりカリーは、手前が黄色ビーツと小松菜、向こうがキーマ。

■ 骨付きグリルドチキン、これだけでも食べ応えがありました。ものすごく価値あり☆☆☆

●食前にスープ、

●食後のチャイもついて1200円☆☆☆

★連休中は休みなく営業されるそうです。

11:30開店、22時LO・22:30閉店だって・・・初めは確か22時閉店でしたから、30分延長ですね。うれしいです。

次はほうれん草ものをいただきます。この下に追記でくっつけると思います。

*****************

●すぐに夜に訪問6回目、待望のほうれん草カリーです。お店にはヌーさんではなくて、ガッファルさんがいらっしゃいました。

●わかりやすくこれだけ!! 

●キーマパラック 1000円。この他に、ほうれん草ベースで茄子とかたまごとかパニールとかありましたので、またいただきます。

*****************

●訪問7回目、昼。お惣菜セットに戻ってみました。スープとチャイが付くようになっています。

●お惣菜3品に、日替わりカリー2種類。ほうれん草とチーズ/マトン・・・これは牛肉に差し替え版です。ナンは省いていただいています。

●これね。

●ほんのひと口という感じでスープが付きました。

●食後のチャイです。

また伺います。

*****************

●連休の終わりの夜に、訪問8回目。

●チキンティッカ 650円と、

●アルゴビバイガンマサラ 1200円。

●野菜たっぷりのアルゴビバイガンマサラがここで食べられて幸せ♪ また伺います。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「インディアン ダバ ヌーラーニ」オープン

■ 全国100万人の読者の皆さま、新店お知らせでご機嫌のエリーでございます。

ヌーさんの新店、東大路四条上ルに開店です☆☆☆

インディアン ダバ ヌーラーニ 祇園店

(いんだば で、さっそく単語登録!)

■ 「ヌーラーニ」「ナヤ インディア ヌール」「ソネラキッチン」に次いで、ヌルールさんと教子さんの4軒めのお店がオープン。
「インディアン ダバ ヌーラーニ 祇園店」さん。
京都の有識者に愛されるカフェ「カフェ・ヴェルディ」
またの名を「カレー・ヴェルディ」(笑)さんのウエブサイトの速報を見てさっそく出かけたのが18日(火)です。

★ご注意:オープン後10日ほどで、メニュー内容変更されましたので、これと全く同じ内容、値段ではなくなっています。

もっとカレーの種類が増えて、セットものが増えて、選択の自由が広がっています。

●18日開店の日にいただいた、丸いお盆のミールスセット。

●お惣菜盛り込みセットと共に。
*****************

■ しかしこの18日は、ほとんど満腹状態での訪問だったので、21日(金)に出直して・・・

●2種カリー盛り。せっかくだから、ご飯を金土日のみのビリヤニにしていただきました。

●ほうれん草カリーというのが日替わりであって喜んだが、ほうれん草ピュレの緑色のカリーではなく、ここでの標準カリーソースにほうれん草を混ぜ込んだものでした(^o^;) でもおいしかった☆☆☆

●こんな、金土日だけ販売のビリヤニセットがあるのです。

●場所は東大路通の四条上ル。知恩院の入り口、ビルの2階です。

●11:30~21:00LO・22:00閉店。アイドルタイムなしの通し営業で、定食値段。ほんとうれしいお店のオープンです。わたし通いそうです。

水曜休み。★その後、4月28日現在、22:00LO・22:30閉店に変更されています。

*****************

■ 追記:4月22日(土) 訪問3回目。「よ~いドン!」の収録をしてもらった後に、また「インディアン ダバ ヌーラーニ 祇園店」さんへ。

今日はこれ チキンと野菜で ごく旨よ(^o^)(^o^)/

●1900円のマハラニセットは2種類のカリーが選べてお惣菜3種類付き。日替わりの2つ(チキンマカニ/オクラとサルシフィ)をまんま選んで非常に満足。
お惣菜、手前は京都産筍の天ぷらです。ほくほくおいし♪
あとのふたつは茄子、ズッキーニ。バランスよく食べられて、カリーはやみつきのおいしさ。色みが変わらないから見た目ではよくわかりませんが、2種類で明らかな味の違いを楽しめて価値があります。また伺います。

*****************

■ 追記:4月24日(月) 訪問4回めです。

今日もまた カリーを求めて この店へ (^o^)/

初めてお昼時間に伺いました。

●2種類の日替わりカリー、天ぷら、マリネ、和えものなどお惣菜3種類、サラダ、パパド、バスマティライスとナン。わたしがナンよりも、はるかにご飯の方が好きなことをヌーさんは覚えていてくださって、初めからナンは出てこない。
かぼちゃの天ぷらに、赤パプリカのマリネ、ばらしたタンドリーチキンと玉ねぎの和えもの。
カリーは鶏キーマに筍入りと、ココナッツ風味の野菜カリー。
これで昼の Aターリー1000円\(^o^)/\(^o^)/

●これです。まだ上に1300円のもありましたが、わたしにはこれで量も十分で本当に満足いたしました。

●真俯瞰で。
ほんとおいしかった、幸せな気分になりました。
また伺います。

■ その後、メニュー構成、昼セット内容などいろいろ変わって、

こんな風になっています(その後の記録)

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「太陽カレー」の野菜スペシャル

■ 全国100万人の読者の皆さま、西院の「太陽カレー」さんへ行きたい行きたいと思い詰めていたエリーでございます。
小雨が降り始めた頃、行ってきましたー、嵐電との連絡に新設された、阪急の新しい改札口を通って。

●一度見たら一生忘れないこのエントランス♪
●野菜大盛りスペシャル。温泉玉子、パルメザンチーズの野菜スペシャルに、さらに野菜大盛りにしていただいたものです。

野菜たっぷりの充実感、ソースの変わらぬ味の深さ。

濃厚にして香りよく、いろどり美しく余韻は軽やか。
ほんとーーーにおいしかったです☆☆☆
「太陽カレー」さん、また伺います。
https://r.gnavi.co.jp/k663701/

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 鶏つくねカレー@「八起庵」タカシマヤ店

■ 全国100万人の読者の皆さま、カレー好き、鶏肉好き。だったら、鶏つくねカレーは今の気分にいいではないの♪ と3日ほど前のある晩思いついたエリーでございます。「八起庵」さんの京都タカシマヤ7階の「京回廊」にあるお店へ。本店ではなく、ここでないといだけないカレーがあるからです。

IMG_9842.jpga

■ 鶏つくねカレーライス 1620円です。

IMG_9845.jpga■ ふわふわのつくねが3つ入り、濃厚たまご(卵黄)をくずしてからめもっていただきました。鶏好きカレー好きには、気軽なお昼や軽食にいいです。LO20:45、ひとりでも全くOKです。

■ これ以外にも、親子丼や鴨なんば、鶏カレーうどんなど本店ではいただけない一品ものが数種類あります。

*****************

「八起庵 京都タカシマヤ」
電話 075-221-8811
〒600-8520
京都市下京区四条通河原町西入真町52 

京都タカシマヤ 7階ダイニングガーデン京回廊内
11:00~20:45LO・21:30閉店
不定休(京都タカシマヤに準ずる)
27席 全席禁煙

*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 鶏よ鶏で、インド料理店「ケララ」へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、鶏肉大好きカレー大好きのエリーでございます。それに酉年ではないの。

鶏肉を食べるのだー!の気持ちに満ち満ちて、先日のある午後「ケララ」さんに飛んで行きました。

IMG_9454.jpga●タンドリーチキンです。
IMG_9463.jpga●タンドリーチキン入りのムルク・マカンニ。
*****************

■ 順番にいきます。

IMG_9433.jpga

●昼夜共にこんなセットがあります。以下、少しオプションをつけたり変更してもらったりしていますが・・・

IMG_9439.jpga

●パリパリの豆せんべい、パパド。

IMG_9442.jpga

●サモサも、

IMG_9443.jpga

●鶏挽肉入りです。

IMG_9447.jpga

●名物トマトスープはオプションです。+300円で小サイズ。

IMG_9449.jpga

●小サイズといってもたっぷりあります。温まるし酸味鮮やかで本当においしい☆☆☆

IMG_9454.jpga

●タンドリーチキン、これはむね肉です。大きくて食べ応えあり。サラダも山盛り付いてきます。

IMG_9458.jpga

●選べるカレーで、ムルクマカンニ、タンドリーチキンをほぐしたものがこれもたっぷり入り。

(ナンをご飯に替えてもらっています。)

IMG_9463.jpga

●こういうチキンがごろごろと入っています。

IMG_9468.jpga

●あまりに満腹になり、食後のデセールはパスにして、チャイで締め。

すごく鶏食べたーの満足感に包まれました。時々ものすごくインド料理食べたくなります。しばらーく食べてなかった・・・一度食べたらまた火がついてしまうかもしれません(*_*)(*_*)

*****************

「インド料理 ケララ」
電話 075-251-0141
京都市中京区河原町通三条上ル西側 KUSビル2F
11:30~14:00LO、17:00~21:00LO
不定休(ほとんど無休)
テーブル35席、全席禁煙
夜は予約が望ましい
1986年11月開店

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

 

■ こっぺ蟹@「プチレストランないとう」

■ 全国100万人の読者の皆さま、こっぺ蟹が好きでしょうがないエリーでございます。この季節になって、これ食べに出かけずにいられようか?(いいやいられはしまい。)

img_8001-jpga img_8006-jpga

■ 「プチレストランないとう」さんの、ルッコラとオリーヴオイルで和えたこっぺ蟹です。これ、きれいにきれいに供される足のところを取って、ふたりでだいぶ身も取って、それでもまだぎゅんぎゅん詰まっていますの図です。本来夜のコースの、この時季のオードヴルとして出されるものですが、前もって、ものすごくお願いしておけば(笑)お昼にこっぺ蟹と海鮮カレーのセットをいただけるのです。値段は変動しますが、だいたい3800円~4000円くらい。

img_7999-jpga

■ 先付に、揚げた海老芋と生ハムとあんぽ柿。

img_8016-jpga

■ 蟹だしカレー、れんこんの下には牡蠣フライ、蟹身みっちりの蟹クリームコロッケ、海老フライ、鯛のフライ。これはおいしいわ、生きていてよかったわ。(T_T)(T_T)

サラダ、味噌汁、お漬物もつきます。このお店においては、何もかもが、ずば抜けておいしいです。

img_8020

■ こっぺの殻。これでだしを取るんですよ。そりゃ旨いわなあということです。
こっぺ蟹はぜーったい津居山の「山本水産」さん、これがなければ味決まらん、とも伺いました。

img_8022

■ 果物とプリンのデセール。

img_8026

■ カフェか紅茶もつきます。

img_7994

*****************

プチレストランないとう」電話 075-211-3900
〒604-0973
京都市中京区柳馬場通夷川上ル西側
11:30~14:00LO、18:00~20:00最終入店、21:00LO
月曜、火曜の昼休み
カウンター11席、座敷4~10席、蔵8席 全席禁煙
要予約
2001年6月河原町三条で開店、2004年11月3日移転オープン

2016/2017年の年末年始は、

12月31日まで営業、ただし昼は12月30日まで。年始は1月5日から営業。

*****************

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 撮影と取材の1日でした

■ 全国100万人の読者の皆さま、1日が終わって、ちょっとほっとしたエリーでございます。
今日のわたしの1日・・・東京からの編集者さんカメラマンさんと共に、某所で撮影と取材。
img_6878-jpga

●このやたらすばしこい黒いお方はどなたですか?

img_6929-jpga

●すばしこい黒いお方の横にいらっしゃるのは、東京から朝いちばーんで来てくださった編集者の川崎阿久里さん。

img_6907-jpga

●お昼は髙島屋の上の「八起庵」さんへ。わたしの選択は鶏つくねカレーライス(香物付)1620円。香物とは福神漬なのでした☆☆☆

img_6908-jpga

●鶏だしベースで、とても好みのカレーでした。卵がまたオレンジに近い濃い色で濃い味。
img_6903-jpga●わたしの前でスマフォでいきなり写真撮るのはどなたですかww

img_6959-jpga●夕刻にすてきな座談会。カメラマンの工藤雅夫さん、優しくて感じのいい方です☆☆☆
終わって、ちょっとだけほっとした1日でした。
これからまだしばらくゲンコー書きでひっしのぱっちですが
でも明るい気持ちでできそうです。\(^o^)/\(^o^)/
追記です:こちらもやられてたww

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ レッド、チキンの「タイカレ~」

■ 全国100万人の読者の皆さま、ショコラだけでなく、辛いものも食べているエリーでございますよっと♪ 

img_5259-jpgb■ これです、円町の「タイカレ~レストラン シャム」さんです。

わたしに最適なのはレッド+チキンなのだと夏の日々に悟りましたので、これはレッドカレーに、選べる具材はチキンです。
img_5254-jpga■ まずはサラダから注文します。

img_5258-jpga■ ご飯を少なめにしてもらって、これくらいがわたしにはちょうどいいです。

タイカレ~レストラン シャム」さん、また伺いますー(^o^)/

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************

■「タルカ」の骨付きチキンカレー

■ 全国100万人の読者の皆さま、ご近所インド料理店ではここが一番と思うエリーでございます。「インド食堂 タルカ」さん。

img_3217-jpga

■ 先週のある晩はこれを選択。鶏肉さえあれば黙るわたしのためにあったようなカレーです。骨つきチキンコランブ。

img_3210-jpga

●説明はこれを見てね。ほぐほぐのチキンは骨から容易にはずれて、優しい旨みたっぷりでした。

img_3218-jpga

●ご飯のお皿にスペースがたっぷりあるので、骨をはずし骨にくっついた肉を残さずはがす作業がやりやすかったのでした。すべてを忘れてこういうことに熱中するわたしです。500%自分のペースだー。笑。

img_3214-jpga

●さらに念入りに、チキンピックル=鶏肉のピクルス 300円を別に取ったのでした。ピリ辛スパイシーに漬け込まれた鶏のもも肉。これだけあればお漬物のような感じで、ご飯がどんどん進んでいけません(*_*)(*_*) 味が深く、スパイシーな刺激がふわあああと広がり、おいしいったらないです☆☆☆ また伺います<(_ _)><(_ _)>

**********************************
「インド食堂 タルカ」 電話 075-212-8872
京都市中京区押小路通高倉西入ル北側
12:00~14:30LO、18:00~21:30LO
日曜、月曜休み 全席禁煙
2012年1月開店
**********************************

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************