■「ジャンポール・エヴァン」抹茶味の・・・

■ 全国100万人の読者の皆さま、毎日コンスタントにショコラ摂取をするエリーでございます。

今日も今日とてJPH、ジャンポール・エヴァンさんの三条通のお店へ。3度目の訪問。TV取材をお願いしたことと、先日食べられなかったメニューを食べたいの一心で、わたしにしては早起きしてすごい勢いでばばばとデスクワークして、昼時間を空けたのでした。
img_5791-jpga

●パティスリ、「キブネ」という京都限定メニューを試食。

img_5804-jpga
●抹茶にグリオットチェリーとショコラのムース・・・すごくおいしいし正反対の香味の組み合わせが楽しいという意図はわかるけれど、ショコラ原理主義者のわたしとしては、もっとショコラ色濃厚な、鼻血が出るようなショコラの方がずっと好みだと再認識・・・むー。でもこれすごくおいしいです。(^o^)(^o^)(-_-;)(-_-;)
img_5795-jpga img_5798-jpga

●クロックムッシュならぬ、クロックパリジャン。抹茶を練り込んだ日本オリジナルのパンに、ハムとベシャメルソースとフロマージュ。別皿でサラダもつきます。おいしいサレメニューでしたが、先日のキッシュの方がわかりやすく美味でおすすめかも。でも食べて気が済んでうれしいです。笑。

img_5810-jpga
●飲んだショコラはパリジャンといって、ショコラショーの中でもいちばんスタンダードなもの。これやっぱりおいしいわ(T_T)(T_T)☆☆☆ ただもうショコラの香味一色、わたしはすでに天国にいるのか?
●ちなみに、サレ(フードメニュー)を選ぶと+772円でパティスリと1ドリンクつきますから、お得になりますー! 
また伺います\(^o^)/\(^o^)/

初回の投稿

2回目の投稿

*****************

以下追記です:

■わたしにはやっぱりピンクはダメです・・・

どうしても、濃いショコラ色のガトーが食べたくて、このままでは今日は寝られないの気持ちに取りつかれ・・・
19時27分、ラストオーダー3分前に本日2度めの訪問、定番のガトー、「グアヤキル」686円 をいただいてきました。

img_5824-jpga

img_5827-jpga■ これで気が済みました。幸せになりました。予定調和というのよ、ショコラはこうでなければいけません。
自分のこともうわかってるんだから、変な欲は出さず、今後は正しく茶色いショコラ菓子を食べてゆく人生にします。

*****************

「JEAN-PAUL HÉVIN 京都店」

075-708-7333

京都市中京区三条通富小路東入ル南側(「ポール・スミス」さん斜め前)

10:00~20:00、サロンは19:30LO。不定休

サロン 26席、カウンター6席、テラス(今はお花がたくさんで最小限の稼動)12席

★席の予約はできません。

*****************

91b5ehqbril■ これKindle版も出ていようとは\(^o^)/
思わずつくりたくなる 極上のチョコレートレシピ

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************

■「オレノパン」のクロック・ムッシュ

■ 全国100万人の読者の皆さま、クロック・ムッシュがミニテーマになっているエリーでございます。

オレノパン」さんのクロック・ムッシュです。

4t8a8410-jpga

■ 持ち帰りやすく、食べやすい形で売られています。冷めた状態で食べてもおいしいように工夫されたクロック・ムッシュです。

img_7141■ お値段も良心的で、やっぱり大人気だって(^o^)/

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************

■「進々堂」のクロックムッシュ

■ 全国100万人の読者の皆さま、先日モーニングを食べに出かけたエリーでございます。「進々堂」さんの、これは東洞院通蛸薬師のお店です。

img_3689-jpga

■ 何せ日本時間の朝に起きるのは大変に苦手なわたし(激しく夜型・・・というか、普通にいつでもフランス時間ww)、でもやること山積みでほとんどハイ状態で日本時間の朝に飛び起きたある日、そうだクロックムッシュを食べに行こうと。何かふと思い浮かぶと、どーーーしても食べたいとか実現したいとなって、飛んで行く性分です。

■ フロマージュ熱々とろとろのクロックムッシュ、選べる飲み物とセットで750円です。

img_3703-jpga

■ 中はハムとベシャメルソースたっぷりです。とても満足。パンじたいも風味よいのです。

img_3685-jpga■ パンは「パン・ド・カンパーニュ・コティディアン」使用とのこと。
しばし出かけて熱々クロックムッシュを食べに行ってよかった(^o^)(^o^)/

進々堂

*****************

■ 本の話

わわ、これ買ってしまいそうです(*_*)(*_*)

918mldqm-dlフランス人とパンと朝ごはん

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************

■「バルマーネ」の朝と昼

■ 全国100万人の読者の皆さま、「バルマーネ」さんいいなあ♪ と思ったエリーでございます。

img_3321-jpga

■ こちらは「マーネ」で京田辺にあるお店は「モーネ」。似ているなあ(笑)と思ったら、なんと両方のお店の店主さんどうしは修業店が同じでかつての同僚。独立時期も近くて、でも店名が似たのは偶然だったそうです。

img_3320-jpga

■ 柳馬場を四条からだいぶ下がります。松原下ルすぐの西側。前が駐車場で車が写り込んでいます。ごめん。

 

img_3316-jpga■ わりと最近のある朝遅く、モーニングです。11:00LOだから、フランス時間のわたしもなんとかひっしでたどりつける時間です。
img_3652-jpga■ まずはモーニングメニューとは関係ないのですが、どんな時間でも注文できるアラカルトから、キャロットラペ。わたしにおいては食事の時、いきなり炭水化物ではなく、必ず野菜から食べることにしているのです。
img_3654-jpga■ これね。

img_3658-jpga

■ モーニングメニューで、クロックムッシュ、カフェとセットで1050円です。

img_3667-jpga

■ サンドイッチ式で、開いてみるとベシャメルソースに、自家製ハムがびっしりと。外側はパリっと焼けて、サクサクといい噛み心地です。

img_3662-jpga

■ 注文ごと挽いて、ハンドドリップで淹れてもらえるカフェ、いい香り、深みある味でこれ本当においしいです。

img_3680-jpga

■ デセール食べたいではないの♪ プリンを選択。

img_3669-jpga

■ カラメルソース濃厚、たまご感豊かで口当たり理想的になめらか。これものすごく好きでした☆☆☆
**********************************

■ モーニングをさかのぼること1週間ほど前、お昼をいただきに出かけたのでした。これで楽しかったから2度目、モーニングの訪問となったのよ♪

img_3325-jpga

■ ある日のお昼メニュー。わたしは肉料理を選びます。どこでもまず9割がた肉選択です~

img_3333-jpga

■ 前菜盛り合わせです。さすが「ラ・マーサ」グループのあちこちで修業を積まれただけあります。ピクルスやトルティージャや、ハムに、秋刀魚の酢漬けなどが盛り込まれています。

img_3339-jpga

■ メイン料理はもち豚肩ロースの鉄板焼き、しめじのマスタードソースでした。

img_3345-jpga

■ カフェは別料金で+350円。水出しアイスコーヒー、ものすごくおいしいと思います。

img_3341-jpga

■ こうなったらデセールも欲しいではないの。+350円で、ガトーショコラです。非常にきめの細やかな、口当たりなめらかなガトーショコラです。これ好きだわ(*_*)(*_*)

img_3327-jpga

■ 奥田匡章(まさあき)さんと修代(ひさよ)さんのお店です。フランスものも、スペインものもありのお店です。朝の8時から何でも注文できます。朝食をやる、というのがお店を持つに当たって目標のひとつだったということで、東向きにしたのもそのためだとか。なるほど~と思いました。その上前は駐車場ですから、高いビルでさえぎられることなく、必ず光が入るわけです。すばらしい\(^o^)/\(^o^)/

img_3319-jpga img_3323-jpga

■ 「本日の食材」を見て、食べるものを注文できるという、本来の割烹みたいなお願いの仕方をしていいみたいです。

■ なんだかほんわかいい雰囲気のお店です。シェフの奥田さんとマダムの修代さんはどちらもフランスに行っていらして、フランス好きどうしで話ができるのもわたしにとっては激しくうれしいことです。はげうれ。さらに修代さんはすごく映画に詳しくて、話して楽しくてしょうがないです。\(^o^)/\(^o^)/

■ 奥田匡章さんは「レストランよねむら」さん(ここで京田辺「モーネ」の河村昭多さんと一緒だった)、それからフランスのモンペリエで修業、帰国後は「ラ・マーサ」グループで働かれたとのことです。わたしが「ラ・ガジェガ」にNHK文化センター講座で伺った時なんかもお世話になっていたみたいです。(ありがとう<(_ _)>)

■ 店内は大きすぎず、こぢんまりといい感じ。2席が1テーブル、集合テーブルが8席、カウンター2席。もちろん全席禁煙です。また伺いますー!

**********************************

「バルマーネ」BARMANE
電話 075-353-5977
京都市下京区柳馬場通松原下ル西側
8:00〜14:00LO(モーニングは11:00LO)

18:00〜21:00LO

水曜、木曜休み
2席が1テーブル、集合テーブルが8席、カウンター2席
全席禁煙
2016年6月17日開店

**********************************

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************