■「グリル小宝」先日からいろいろ

■ 全国100万人の読者の皆さま、岡崎の「グリル小宝」さんが大好きなエリーでございます。

京都の数ある洋食屋さんの中でも群を抜いているお店です。使っている素材がよくて熱々で全部がジャストに決まってほんと~~~~においしい☆☆☆

先日の料理通信 でも出ていただいています。

これね。オムライス(小)です。

普通にオムライスと注文すると2名で分けてちょうどいいくらいのサイズのものがどかんと供されます。
60年近く前の創業時から「お客さまにはたっぷりと食べていただきたい」と作ってきたけれど、「小さめに」という注文が年々多くなり、2,3年前に「小」を作ったらこれが大人気と。「小」で十分たっぷり、ひとり分の量なのです。

・・・という話を書いています。

ちなみにこれは普通に営業時間中に注文して、運ばれて、食べ始める直前に撮ったものです。

●これは「ハイシライス」です。以前、だいーぶ前、ある印刷物にシライスとこのお店の表記にのっとって正しく入稿したのに、勝手にシライスと訂正されていて「わかってないww」と怒ったことがあります。わたしこれ好きなんだから\(^o^)/\(^o^)/

●ハンバーグです。いつもオムライスか、ハイシライスばっかりなので、800字ほどの原稿とはいえ、他のメニュー10種類くらいを何度かに分けてしばらく通って食べました。メニューのコピーに印をつけて順番に。
ご飯物も海老ライスやヤキメシやビーフライスをいただきましたが(もちろんとてもおいしかったですが)やっぱり繰り返し食べたくなるのはわたしにとってはオムライスとハイシライスという結論です。でもこちらのハンバーグがとても好みで癖になりました。
よかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
●もう一度オムライスね。これは「料理通信」撮影に伺った時に撮ったものです。色みがじぇんじぇん違うでしょ(^o^)(^o^)

グリル小宝」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■ ハヤシライス 5軒

■ 全国100万人の読者の皆さま、ごきげんエリーでございます。ハヤシライス騒ぎ(というのが先月から起こっていた)が収まり、気が済んだからです。

時々もうれつにハヤシライスを食べたくなり、そうなると1軒では済まず、おいしいところ、おいしいかもしれないところを回らずにはいられない。

●まず、以下の2軒はどちらも大好きです。優劣ありません。創業年順ということにします。古いお店からいきます・・・

●岡崎の「グリル小宝」さん、1961年創業。

ハヤシライスではなく「ハイシライス」です。

●表記この通り。なんか好きだわ(^o^)

ハイシライス 1300円。

●「グリル小宝」さん、通し営業がありがたいです。

行列が絶えないお店ですが、年末のある日、14時15分というような時間にするりと入れたのでした。

また伺います。伺わないではいられないと思います。
**********************************

●そして「はふう」さん1999年創業(今年で20年!)、こちらは麩屋町竹屋町の本店。(聖護院店にも同メニューあります。)

年末のある日伺って・・・

●お昼のセットでサラダと、食後のカフェか紅茶付きで1100円。本当に値打ちがあります。

そして(いつも書いているけれど)ハヤシライスのソースというのではなく、たっぷりの薄切り牛肉のソース和え、という感じです。みっちりびっちり牛肉が入っています。
濃厚美味、ほんとーーーにおいしい\(^o^)/\(^o^)/
はふう」さん、また伺います(^o^)/☆☆☆

**********************************

●ハヤシライスといえばさらにこちらも。

●京都BALの丸善さんの中、地下2階の「MARUZEN cafe」丸善カフェでハヤシライスもとい「早矢仕ライス」をいただき気が済みました。
プレミアム早矢仕オムライス 1400円。
**********************************
●「イノダコーヒ」さんでもハヤシライスセット(カフェ付き)1400円。

四条支店の地下2階です。(地下2階の方が完全禁煙。)

ハヤシライスはサラサラ系です。

**********************************
●「ブルーブックスカフェ」牛すじハヤシライス 1200円。
ちなみにあのブルーノートが昨秋、麩屋町御池上ルのホテルの1階に開いたカフェです。わたしは東京にいた時「アディング ブルー」がほんとーに好きでした。
ついでに、「アディング ブルー」と言えば、あんな瀟洒なお店でトンカツを揚げさせたB藝春秋のN川キヨシさんのことを思い出します( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

キャベツも刻んでもらったとか( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)
最後、わかる人だけにわかる話ですみません(^o^)(^o^)<(_ _)><(_ _)>
**********************************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里