■「千ひろ」8月末で閉店(T_T)

■ 全国100万人の読者の皆さま、少し久しぶりに「千ひろ」さんに出かけたエリーでございます。

●8月末で閉店してしまわれる「千ひろ」さんへ(T_T)(T_T)
焼き茄子やら鱧かつご飯やら、定番の夏のお料理をいただき幸せな気分になりましたが、やっぱりものすごく残念です。 
先週半ばの夜です。カウンターはもちろん満席でした。

●雲丹とじゅんさい

●あじのなめろう

●小鮎の生姜煮

●酒肴ずらりと。

鳴門金時/枝豆/鯛の白味噌漬け/きゅうり酢とメロン/おじゃこ/烏賊からすみ和え/豆腐の金山寺味噌漬け

●「千ひろ」さんではお造りを塩昆布で味わいます。鯛とまぐろ。

●お椀はほたてしんじょうと松茸。吸い地の品よくおいしいこと(T_T)(T_T)

●琵琶ますと、プルーンの梅酒漬け、

お皿は先々代の清水六兵衛さんの鮎皿ということ。

●冷たい生湯葉スープ、マンゴー入り。

●とうもろこしのかき揚げ、食感よく甘み強くたまらない。

●夏の名物、焼き茄子来ましたー(^o^)/

●熱々でほわほわ、生姜醤油をつけて、とろとろの食感を楽しみました。

ブルーと茶色の色使いが粋なお皿は澤村陶哉さんのものと教えていただきました。

●鱧かつをのせたご飯に、冷たい味噌汁、お漬物。

●りんごとみかんのジュースをいただきごちそうさまでした<(_ _)>

千ひろさんらしい夏のコース、しみじみよかった、楽しみました<(_ _)>

●「千ひろ」さん、

予約はいっぱいいっぱいみたいですが、
8月に、まだわずか席はあるとのことでした。

2001年10月31日に開店された「千ひろ」さん、店主の永田裕道さん21年間お疲れさま、ありがとうございました<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

 

 

関谷江里

■「千ひろ」12月 クラブエリー

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

12月11日(水)クラブエリーを「千ひろ」さんにお願いしました。
美麗な八寸、白味噌仕立ての海老芋、塩昆布で食べるお造り、ピオーネに湯葉ペースト、銀宝の天ぷら、蕪蒸し・・・最後のジュースまで、しみじみおいしーい\(^o^)/\(^o^)/

●鯛肝ゼリー、からすみ、数の子粕漬、百合根に梅肉、鳴門金時煮、揚げ銀杏、いくら。

●海老芋唐揚げ、白ねぎ、粕仕立て 味噌

●お造りは鯛、まぐろ中とろ。塩昆布も添えられます。

●クラブエリーの強豪&精鋭の女たち\(^o^)/\(^o^)/

●蟹しんじょうお椀、泡吹、ほうれん草、しめじ、柚子。

●鰆の西京漬です。

●ひろっち=店主の永田裕道さんは、白い割烹着の下に、赤いシャツ着てきてくださったんだって\(^o^)/\(^o^)/

●湯葉のペーストたっぷりの下には、シャインマスカットとピオーネ。

見えないほど細い海苔。

●胡麻豆腐、ゴマソース、柔らかく茹でた落花生と。

●銀宝(ぎんぽう)の天ぷら、すだちと塩と。

ぎんぽうは東京にいた頃に天ぷら屋さんでいただいた記憶があるだけで、久しぶりにいただいたと思います。

ほくっとして(揚げ方のおかげでもありますが)とても美味だと思いました。

●熱熱熱のかぶら蒸し

●桜海老のご飯。味噌汁(わかめ、えのき茸)と漬物も添えられました。

●食後にはいつものジュースでした。

千ひろ」永田裕道さん、ありがとうございました。またお願いいたします。

スタッフの皆さん、そして参加者の皆さんに御礼申し上げます<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください

*****************

関谷江里

■ クラブエリー「千ひろ」7月

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

7月24日(水)、25日(木)の昼はクラブエリー@祇園の情緒色濃い「千ひろ」さん。夏の定番であるいちじくおだしひたひたや、ふんわり夢のような焼き茄子を織り込んだコースをしていただきました。

●カウンターとお部屋にお邪魔して入れるだけ、14~15名で楽しみました。

*****************

●八寸
鯛肝ゼリー寄せ/茶豆/もずく/とり貝 貝柱酢味噌/おくら/胡瓜酢メロン/鱧巻煮
●蛸煮、大根
●鱧造り、浮き袋、穂紫蘇、わさび、梅肉、塩昆布
●本まぐろ中とろ トマト、生海苔、山葵
●貝柱しんじょうお椀、粟麩、つる菜、柚子
●甘鯛酒蒸し 豆腐、木の芽
●ピオーネ湯葉かけ、海苔
●白海老ととうもろこしのかき揚げ
●焼茄子 生姜醤油と
●いちじく汁 三つ葉、生姜汁
●鮎ご飯 漬物、冷たい味噌汁(めかぶ、薄揚げ)
●りんごとオレンジのジュース

*****************

●鱧のお造り、

●こちらも鱧のお造り、器が違うとまた風情が変わります。

●本まぐろの中とろ、色の美しさにうっとり。赤い身の色にも、お皿とのコントラストにも。(^o^)(^o^)

●貝柱しんじょうのお椀。粟麩、つる菜、柚子と。

●甘鯛酒蒸しは、旨味がじんわり広がる名作でした。豆腐とよい調和。

●ピオーネに湯葉、海苔

 

●白海老ととうもろこしのかき揚げ

 

 

●こちらも夏の名物、ほわほわ熱々の焼き茄子、生姜醤油と。

●いちじくがおだしに浸った、夏の名物。

●繊細優美な器もたくさん見せていただきました。筆致の恐ろしく細かい赤絵、見ても見ても見飽きません。

●鮎ごはん、漬物、冷たい味噌汁。

この後、ジュース(りんごとオレンジ)をいただきました。

●ご主人のひろっち=永田裕道さん、「千花」さんご子息である凛々しい泰規(やすのり)さん、スタッフの皆さんにお世話になりました。クラブエリー参加者の皆さんもありがとうー\(^o^)/\(^o^)/
わたしは今回お料理いただかなかったので、改めて来週食べに伺います<(_ _)><(_ _)>

千ひろ」さん、クラブエリーは次回、12月にお願いしてきました。お申し込みになった方はどうぞ楽しみに(^o^)(^o^) まだわずか席ありますから、ご希望の方はどうぞ早めに(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー「千ひろ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリーの報告です。

1月9日(水)と11日(金)のお昼、クラブエリープレミアムで祇園の「千ひろ」さんに伺いました。
カウンターとお座敷にもお邪魔して、華やかなお正月料理をいただきました。
ぴしーっと端正な店内、美麗な器、お料理も申し分なかったと思います。

●酒粕「菊姫」を使った温かい先付。

●お造りは扇面の器で、鯛とまぐろ。お約束の塩昆布が添えられます。

●お正月の白味噌仕立てのお椀。頭芋ではなく揚げた海老芋、焼き餅入り。大根、にんじん、糸かつお。

●お正月の華やかな盛り込み。

●焼き物、1日めはさわら味噌漬け焼き。

●焼き物、2日めはぶり塩焼き。

●絹糸より細い海苔、たっぷりの湯葉ペースト。中に、グリーンシードレス というぶどう入り。

●小海老と山菜のかき揚げ。山菜はこごみ、ふきのとう、たらの芽。

●胡麻豆腐はほんのり温かく供されました。

●かぶら蒸しは、中にうなぎ、銀杏、きくらげ入り。

●黒豆ごはん、ものすごく美味でした。盛り込みに黒豆ないなあと思っていたらここで黒豆が登場、たっぷりいただけてうれし(^o^)

●最後はするりとジュースです。りんごとオレンジ。

●いろいろお話を伺いました。料理人になられた経緯、東京で修業された頃のこと、音楽をされていること、器のこと、カウンターの木材のことなどなど。

ちなみにクラブエリー参加者、ペリエ率が高いですね。(^o^)(^o^)

●ものすごーーーく好評だったので、次もまたお願いしてきました。
千ひろ」ご主人の永田裕道さん、スタッフの皆さんにお世話になりました。
御礼申し上げます<(_ _)><(_ _)>
参加者の皆さんもありがとうございました<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 朝日カルチャーセンター講座「千ひろ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

9月第2木曜のお昼は、わりと少し久しぶりに、祇園の「千ひろ」さんへ。
カウンターとお部屋にお邪魔して、朝日カルチャーセンターのお昼をお願いしました。
伺おうと何度も思いながらタイミング逃してばかりで、ごぶさたごめんなさいでした・・・やっぱりとてもとてもよかったです。今回は名物の夏~秋の焼き茄子を必ず組み込んでくださいとお願いしたのでした。
お手間入りの酒肴に、澄んだお椀、フルーツ使い巧みなお皿とますます洗練された味を堪能しました。

●カウンター8席と、お座敷4~6席くらいです。お座敷も掘りごたつ式で脚が楽です。

●酒肴6種類。

岩もずく/茶豆/鱧の卵/貝柱しんじょうオランダ/松茸軸じゃこ煮/鱧の身巻き煮

●さんま生姜煮

●鱧の造り、輪っかは鱧のふえ=浮袋。穂紫蘇、梅肉、わさび

●塩昆布が添えられるのが「千ひろ」さん流です。

●本まぐろ中とろのお造り、生海苔、トマト、わさび

●お椀は萩しんじょう(小豆と銀杏)。松茸、粟麩、柚子

●鰤のはら付け焼き、酢れんこん

●ピオーネとシャインマスカット

●これが夏~秋の名物、焼き茄子。

●熱熱熱々で、ほわっほわ。じゅわーと茄子のほんのりした旨みが広がります。生姜醤油がその旨味を粋に引き立てます。

●いちじく汁。とうもろこしのかき揚げと。三つ葉、生姜、薄葛仕立て。

●締めご飯に冷たい味噌汁が添えられるのも「千ひろ」さん流。

●鱧カツご飯です。梅肉、ねぎで風味づけ。

●最後はするっとフルーツのジュースです。りんごとオレンジ。

上品で、すっきりしたコース、よかったですー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●参加者の方のひとりが「敷居が高いお店と思って、なかなか来られなかったんです」と申し上げると「敷居低いです、掘ってます。どうぞお気楽に」と言ってくださるご主人の永田裕道さんでした(^o^)(^o^)

優しくもてなしていただきました。御礼申し上げます。また伺います<(_ _)><(_ _)>

*****************

千ひろ

電話 075-561-6790
京都市東山区祇園町北側279-8
昼は前もって要予約
月曜休み

2001年10月31日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************