■ マルティール通り散歩

■ 全国100万人の読者の皆さま、帰国していますが、

引き続きエリー@パリ話です。

**********************************
今回の滞在:2017年2月20日~2月28日午前帰国

今回の滞在の記録は 2017年2月 Paris パリ でひとまとまりにしています。
今回の計算:1ユーロ 122円。(2月3週目の値段)
2013年からのパリの記録:時々パリ
**********************************

■ 先日のパリの記録、あとまだ少し続けます。サイトに留めておきたい、訪れたところ、食べたもの、また歩きたい場所!

■ Rue des Martyrs マルティール通りが好きです。借りているアパルトマンから近くて歩いて行けるというのもいいです。もうそのアパルトマンに、次回は入れないんだけど。悲し。

先日アップした「セバスチャン・ゴダール」はこの通りの22番地にあります。サロンではなく、ブティックの方ね。

●さて今回、単に「見に行こう」と思っていたのに、結構な雨に降られてしまったので雨宿りにサロンに座ってみたら、結構よかったー\(^o^)/というのがこちらです。

座るとすぐ雨止んだんだけど。笑。

●「MARLETTE マルレット」、姉妹が経営するお菓子材料(オリジナルのケーキミックス)など扱っています。左の棚に並んでいる袋。入った時はお客さまひと組だけで空いていたのに、しばらくするとサロンは満席になりました。わたし招き赤猫だったかな?(これ結構よくあるのです。)

●フォンダン・オ・ショコラ 4.5ユーロ。これが香りのよさ、口当たりのなめらかさ、しっとり具合、甘さもほどよく、申し分なくおいしかったのです。驚いた\(゜o゜)/\(゜o゜)/

●お茶はアールグレイ。これも4.5ユーロ。

●こんなお菓子メニューです。「マルレットのお菓子の素を使いました」とあります。

●お茶メニューはこんな。

●また来たいなあと思ったお店です。

「CAFE MARLETTE  カフェ・マルレット」

http://www.cafemarlette.fr/

●さて今回は北から南下しています。北駅近くから、モーブージュ通り→コンドルセ通り→マルティール通りと歩いて来たのでした。そこから南下。

こちらは「MAISON LANDEMAINE メゾン・ランドゥメーヌ」、パリに10店舗くらい? 東京にもありますね。日本人経営で、全くこちらになじんでいるブランジュリです。以前ぐるぐるのヴィエノワズリを買っておいしかった・・・また必ず。

“lendemain”(ランドゥマン=翌日、将来)に似ていて、それにeがついて女性形になっていて、なんかいい名前のお店ー! と思っています。

●お菓子通りでもあるこの通り、シュークリームの「ポペリーニ」とか、

●マドレーヌ専門店「メドモアゼル マドレーヌ」とか、今はやりの単一品種パティスリも軒を連ねています。

が、わたしはこの手の店に入らないことにもう決めていて・・・その訳は以前(多分2015年6月)にも書いた通りなんですが、わたしは結局ショコラとかカラメルとかプレーンな焼き色のものとか、つまり茶色いものしか買わないからです。絶対ピンクや黄色や薄緑のお菓子を食べないから。それなら初めからショコラ専門店や定評あるパティスリに行く方が先だろうという結論になり・・・

●ふふふ、そんなことを思っていたら、「HENRI LE ROUX アンリ・ルルー」さんがありましたー\(^o^)/\(^o^)/ 

●キャラメルの方が日本では有名かもしれません。 

「ショコラティエ & キャラメリエ」とあります。ショコラティエの方が上に書いてあります♪

●ショコラのクヴェルチュールこんなに種類があって壮観です。こういう整然と、ぴしーと並んでいるものがわたしは好きでしょうがないです。いい眺め。

●以前に、パリみやげにいただいてすごくおいしくて気に入って、今回買って帰って飲んでいるショコラの粉。200g入り。半分以上飲んでしまった・・・これ買いに、早くまたパリに行かねば~~!!

●他にもこの通り、サーモン専門店、イベリコ豚のハム専門店、フロマジュリに肉屋魚屋エピスリ、コンフィチュール専門店、おしゃれなカフェと連なっていて、また行きたい歩きたい道です。ひたすら北方向に歩いていけばモンマルトルにたどりつく道でもあります。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************