■「パティスリー S」でプラムのタルト

■ 全国100万人の読者の皆さま、よく焼き込んだ茶色いお菓子が大好きなエリーでございます。

●「パティスリー S」さん、高辻通の方です。

先日選んだお菓子3種類です。

手前からパリブレスト 550円、季節のタルト(プラム)630円、ミルフイユ 700円(税別)。

●季節のタルトがありますから逃さないようにしないといけません。今回はプラムのタルトです。分厚くのっている、火が通ってとろとろになったプラムの甘酸っぱさがたまらない。下のサクサク層の香りがいい、食感がいい。格別おいしいと思います。

パティスリー S」さん、また伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「パティスリー S」ミルフイユ

■ 全国100万人の読者の皆さま、ミルフイユに限らず、サクサクのフイユタージュものが好きでたまらぬエリーでございます。

ちなみに、どれだけお店で「ミルフィーユ」と表記されていようと、わたしは

mille-feuille  ミルフイユ

と表記するし発音もしています。

それこそ千回くらい言っていると思いますが、

feuilleはフィーユとは発音しない。フィーユならfilleで、意味は女の子となります。mille(千人)の女の子を切って食べるのか?という話になります。

feuilleにいちばん近い発音をカタカナで書くなら「フイユ」以外にありません。「フォイユ」と書く人もいますが、feuilleの中に「オ」という音はありません。

「皆さんにすでにミルフィーユでなじんでいるから」と言う方も多いですが、フランス菓子を作る人がフランス語を愛していないのか? おかしな表記と発音を普及(蔓延)させたままでなぜ平気なのか? とわたしは不思議で仕方がありません。

(ちなみにここに書いていることは、直接店主さんたちにも話しています。)

●さて「パティスリー S」さん(高辻本店)の週末のミルフイユ。
よーく焼きました感のあるサクサクサクサクのフイユタージュは香ばしくて理想的、

そしてマッカランが香るバタークリームが濃厚で香味よくてたまらない美味です。もうもう、ここは天国か?と思う。

ほんとーにおいしいです\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●以上2カットは持ち帰ってからライトを当てて撮ったものです。

●これはお店の窓際で(自然光で)撮ったもの。

じぇんじぇん色が違ってごめん\(^o^)/\(^o^)/

●7個買いましたよっと\(^o^)/\(^o^)/

●1個700円(+税)。

「しっかりと焼きあげたパイに濃厚なカスタードクリームとマッカラン18年の深い香りとコクのバタークリーム」ということ。

ほんと圧倒的な旨さでした。また食べたい。夢に見そう。くせになります。

●オレンジのタルトも買わずにいられませんでした。

●タルトオランジュ 550円(+税)。

タルト台にカラメルのとろりとしたクレームが敷きつめられていて、そこに焼いたオレンジとシャンティ。ほんとーに「シンプルながら絶妙なハーモニー」でした。

●これね。わたしはシャンティはあってもなくてもいいと思いました。カラメルの濃さのままでいいと思う・・・好みですが。

しかしこれも強烈な印象を残しました。おみやげにこちらも購入。

パティスリー S」さん、何をいただいてもほんとーーーーにおいしいです☆☆☆

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■ ガレット・デ・ロワ2軒

■ 全国100万人の読者の皆さま、エピファニー=公現祭のお菓子、ガレット・デ・ロワが大好きなエリーでございます。

1月5日(土)、大好きなパティスリー2軒にガレット・デ・ロワを買いに出かけまして・・・

●まずは近いところから「ロトス洋菓子店」さんへ。
あわわわ、15時台に、ホール、カット共にすでに売り切れていました。
出直します。

●「ロトス洋菓子店」さん、店内は立錐の余地もないほどの混雑・・・でも待ってでもショコラのミルフイユは買うべきだったなと。
ガレット・デ・ロワはまだしばらく販売されていますし、他のお菓子もいただきに出直します。

**********************************

■ 次に向かったのは「パティスリー S」さん。高辻通の方です。

15時半過ぎ、まだありました、ラッキーでした。
●ホールを買うとフェーヴを選ばせてくれます(^o^)
●ホールはあるところにおみやげにして、自分用にはカットを買いました♪
風味よく重すぎないガレット、よい感じ。サクサクの食感も好き。
●りんごのパイも買いましたよん\(^o^)/\(^o^)/

パティスリー S」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「パティスリー S」で光武宏さんのコース

■ 全国100万人の読者の皆さま、アップがまるで追いついていませんが、気温38℃~39℃以上の暖か♪ な1週間の中、クラブエリーその他でがんばったエリーでございます。

クラブエリーや他のお料理の記録は追って上げるとして、急ぎお知らせです。
「パティスリー S」さんのサロンの方(富小路通六角上ル)で、パリから一時帰国している光武宏さんのデセールのコースがいただけます。

前回の記録はこれ。)

昨日7月20日金曜にスタート、月曜まで。

*****************
「パティスリー S」サロン
京都市中京区富小路通六角上ル西側
電話 075-223-3111
どうぞ予約を。
7月22日(日)11時、17時
7月23日(月)12時、14時、16時
これ以外の時間でも、お願いできるかもしれません。
*****************
●わたしは本日いただきまして、食材の粋な組み合わせ、鮮やかな香り、絶妙な食感と、レストランデセールを堪能しました。感動深かったです。フランスにいるとしか思えなかった。
ほんとーーーーによかったです\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●光武宏さんです。

 

●きゅうりと青りんご、この香り、このしゃきしゃき、さわやかな風がびゅーと吹き抜けていくような、前菜的なお皿。
サパン(もみの木)のリキュール・炭酸割りが添えられました。

●肉厚のアブリコ(アプリコット)の、コンポートと生、黒糖アイスクリーム、生のアーモンドのスライス。ソースはエルダーフラワーに白チョコレート。味が粋、酸味と甘みが押し寄せて美味のかたまり、ソースが甘みと香りを添えて、圧倒的にすてきな一品。おかわりと叫びそうになったお皿。

●これがまたすごいバランスでした。山羊フロマージュをエスプーマにしたものに、わらの香りのアイスクリーム(これがもうれつフランスの香り)、いちじく、わさび菜。かりんのジュレが香りを、クランブルが食感を添え、香味濃厚なはちみつがニュアンスを添えました。レストランで繊細優美なお料理をいただいている気持ちになりました。

●そして4皿めはショコラ\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
ミルフイユ、クレーム、パウダー、クランブル、ソースとショコラの4段か5段活用という感じで、食感の違いを楽しみました。パリパリ、さらさら、ねっとり、サクサクサク。迫りくるショコラの味と香り。トンカ豆の香りも添えられて、わたしには天国的なお皿。ほんとーーーに幸せと思えました。

●小菓子が4種類。
ローズマリーのクッキー/レモンタルト、ヨーグルトムース、シトロンコンフィ/ラヴェンダーの香りの(フィナンシエに見えるけれど)マドレーヌ/カルダモンのマカロン、シャンパーニュのジュレ、ライム、バタークリーム。
ハイビスカスの水出しのお茶が添えられました。
これに選択可能の飲み物(アイスティ、ウヴァを選択)がついて、5400円(税込み)。

●レストランで料理の終わりにデセールとなると、すでにお腹いっぱいで、小菓子までたどりつけなかったりしますが、もっぱらデセールを味わうコース、集中できてとてもよかったです。価値がありました。魂に響くおいしさでした。まぎれもなくフランスだああああああ\(^o^)/\(^o^)/と思えました。
「パリに暮らして14年の光武さんのデセールは、試作段階でフランス過ぎて、こちらのわたしたちの味覚に馴染めるとは思えないものも多く、ダメ出ししていた」とシェフの中元修平さんとマダムの薫さん。でもすぐに、ふたりの要望を反映させたものを完成させて、ばしーっと出してきたのだと。
日曜、月曜とあとまだ2日ありますから、フランス好き、お菓子好き、デセール好き、「パティスリー S」さん好きはぜひ。「パサージュ53」さんや「マリウスエジャネット」さんが懐かしい人もぜひ。
*****************
「パティスリー S」サロン
京都市中京区富小路通六角上ル西側
電話 075-223-3111
どうぞ予約を

7月22日(日)11時、17時 

7月23日(月)12時、14時、16時
これ以外の時間でも、お願いできるかもしれません。
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー@「パティスリー S」サロン

■ 全国100万人の読者の皆さま、昨日4月16日(月)のクラブエリー報告でございます。

クラブエリーデセールの会@富小路六角上ル、「パティスリー S」さんのサロン。

昨年秋「パティスリー S」さんの2軒目がオープンした時から、クラブエリーをお願いしたいと思っていたのが実現したのです\(^o^)/\(^o^)/ 

15名+わたしでお邪魔しました。
サロンでいつもいただけるメニューも、使う材料を変えていただきまた違う味を楽しんだり、お手間入りのプティフールを味わったりしました。

●5席のL字型カウンターの向こうには、バーか?と思うほど洋酒が並んでいます。洋酒を巧みに使うシェフの中元修平さんです。マダムの薫さんと。

●こんなメニューを考えていただきました。

●ウエルカムドリンクに、ジャスマンとアールグレイをブレンドした、冷たいお茶。

●グジェール2個、まずはサレから始まります。ローズマリーと「吉田牧場」さんのマジヤクリ使用です。

●クレーム・ランヴェルセ=プリン、いつもと違う吉田牧場の牛乳で作ってくださいました。なめらかだけど、なめなめのとろとろではなく、必要な硬さのあるプリンです。すくっとスプーンが入る感じ。理想的と思います。ソースも他にはない味で、犬になってお皿なめたかった。。

●「おくだばらえん」奥田容彦さんのバラを使ったバラのグラニテ。目を瞠るほどの芳香のグラニテ、色も自然のものだそうで、驚異的なものだと思いました。

●そしてメインとも言うべき、ミルフイユです。このサクサクサクサクの、何度も折りたたみ、折りたたみ続けることで文字通り千(Mille)ほど重なっているフイユタージュ、今やとても高価な貴重品となっているヴァニラの粒粒がたっぷり入ったクレームパティシエールがまた目を剥くほどおいしい。シャンパーニュのジュレ仕立てがほとんど粒粒の細かさで散らされており、香味のアクセントになっています。わたし自身は実はこれ、そんなに要らないと思っているのですが(ごめん)、でも皆さんには圧倒的に好評でした。(普通はやっぱりこういうアクセント必要なんだな。。。わたしが極端なだけで・・・<(_ _)><(_ _)>)

●2度目の飲み物(選択いろいろ)と共に、小菓子7種類。ギモーヴ、パートドゥフリュイ、ショコラ、パリブレスト、カヌレ、サレのものなど。小さいながら、それぞれが味わい明確、ものすごく美味でした。

●おみやげに、いつも販売されているケーク・テ(紅茶のパウンドケーキ、上の写真)の、ショコラヴァージョンをご用意いただきました。

なんて贅沢だったデセール尽くし。

●以下スナップ何枚かです。

●「パティスリー S」中元修平さん、薫さん、スタッフの皆さまにお世話になりました。参加者の皆さまにも感謝。

人数集まったからこそお願いできたスペシャルな企画で、いつものクラブエリーとはまた違う楽しさに満ちていました。ほんとよかったです。\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ お菓子日記 高辻の「パティスリー S」

■ 全国100万人の読者の皆さま、ミルフイユが好きなエリーでございます。ミルフイユに限らず、クロワッサンもリーフパイも好きだから、何重にも折られたサクサクサクのフイユタージュが好きということです。

●1週間前の高辻通、「パティスリー S」さんの前の道です。もうこんなに桜が咲いていました。開花宣言なんて関係ないなと思いました。

●これ見つけて、食べないでいられたでしょうか?(いいやいられはしなかった。)持ち帰るより(形も崩れないし)、今でしょ♪ とサロンでいただくことにしました。

●シンプルをよしとするわたしですが、このいちご入りのミルフイユはとても好きでした。1段めと2段めでクリームも違います。「パティスリー S」さんならではの絶妙なバランスで成り立っている、いちごミルフイユでした。ものすごくおいしかった☆☆☆

●ヴァニラのこの粒粒見てww

●アールグレイと合わせました。

●座った席が、カウンター右端で、ラッキーにも本棚のあるところでした。わたしはお店なんかにちょっとある本コーナーを見るのがすごく好きで、まあもちろん大抵はそのお店が紹介された掲載誌とか載っている本なんだけど、でも店主さんが集めた本が混ざり込んでいることもあるし、人柄が伺えたりもしてほんと楽しいのです。掲載誌を全部見せていただきました。富小路のサロンがさまざまな雑誌に紹介されていました。固定ファンが多い上にこれだけ掲載されれば、そりゃサロンの方(もこちらも)、混むわなあーと思いました。(^o^)(^o^)

パティスリー S」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録歓迎\(^o^)/

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

 

■「パティスリー S」でデセール2種

■ 全国100万人の読者の皆さま、フランス菓子が好きで仕方ないエリーでございます。「パティスリー S」さんのサロンの方へ、2日連続で伺いました。

●お菓子がずらりと揃って美しいことこの上ないケースですが、今回はこれではなく、デセールです。

●こんな風に、できたてアシエットデセールのメニューがあります。

●まずはミルフイユ。サクサクサクのフイユタージュは、10センチ四方くらいです。これが噛みごたえがあり、バターの香りがふわああと広がり、塩味も効いておいしいわ(T_T)(T_T)

わたしはここにナイフを入れるのが忍びなくて(めちゃくちゃバラバラになり粉も散るし)、ミルフイユはいつも手でパイ部分を持ち上げかじりつつ、同時にスプーンでクリームをすくって食べるというスタイルです。わたしにとってはそれがいちばん食べやすくておいしいと思うのです。

●クレームに含まれるヴァニラの粒粒の多さよ。透明キューブは、シャンパーニュのジュレです。
これものすごく食べごたえがあり、やみつき天国状態になりました。これをゴンクールのヤン・クヴルールさんに食べさせてあげたい(笑)

合わせた飲み物はアールグレイ紅茶です。

●さて2日目にプリンです。こちらは中にコニャックたっぷり、上から少しバルサミコで香りづけしてあります。
白ワインで煮たアブリコと、赤ワインとシナモンで煮たいちじくが添えてあり、これがまたおいしかった。

すべてものすごく好みの味でした。あああ毎日これ食べたい。

●濃すぎる方のために、ちょっとマイルドな風味にするための練乳が添えられていました。ちょっとかけてみましたが、わたしは濃いままの方がいい。お菓子も人も濃い方がおもしろい。

つうか、この練乳かけたところで、そもそもの旨味が強烈だからマイルドにはならんよ。(^o^)(^o^)

合わせた飲み物は、(合わせることを考えずに)はるみ(温州みかん)100%のジュースでした。

●バーか?と思えるほど洋酒を使っていらっしゃいます。

●フランス菓子好き、フランス料理好きならカウンター横の書棚を見せてもらうのが楽しくてしょうがないと思います。しばし本を見せてもらいました。アラン・シャペルさんの本を少し読んできました。
そして、ちょっとお願いごとしてきました\(^o^)/\(^o^)/
クラブエリーの皆さん楽しみに(^o^)/☆☆☆

★4月の3週め、デセールのコースを楽しむクラブエリーをやります。ご案内配信済みです。

クラブエリーに参加してみたいーと思っている方も、この機会にどうぞご登録・ご参加ください。

パティスリー S

*****************
「Pâtisserie S Salon」パティスリー S サロン
京都市中京区富小路通六角上ル西側
(朝倉町546)
11:00~18:30LO・19:00閉店
水曜、木曜休み(祝日は営業)
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録歓迎\(^o^)/

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■「パティスリー S」の濃厚菓子

■ 全国100万人の読者の皆さま、本日摂取したお菓子報告のエリーでございます。

●「パティスリー S」さんのカレ・フレーズ 734円とミルフイユ 680円。

●いずれも「パティスリー S」さんらしく、クレームは濃厚、しっかり洋酒が効いて、粋な味です。

わたしとしてはミルフイユはもう少しフイユタージュの比率が高い方が好きかな、というのが本当のところですが、この食感この香りこの高級感、他にはないミルフイユであることは確かです。

●ふつ~に、全くいつも通りに「お菓子を買いに行く」という気持ちでお店に入って、そうだ世の中はノエルなのだと認識したのでした。あわわわ。

でも、日本人の大半はクリスチャンじゃないのに、そんなに「クリスマス」って騒ぐことなんか? 

なんて言ってはいかんよね・・・たくさんの知り合いの料理人、パティシエたちがひっしにがんばっていることを思う・・・
身体こわすほど働かないで。年賀状もさぼっていいからねー!

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■ タルトタタン@「パティスリー S」

■ 全国100万人の読者の皆さま、今日も格別美味なりんごのお菓子に出会えて喜んだエリーでございます。

■「パティスリー S」さん、高辻店の方で、タルトタタン 680円。
とろとろでありながら食感もちゃんと残したりんごがドーム形に詰まっていて、ものすごく充実感があるタルトタタンです。
わずかほんのりカルヴァドスの香り。いやこれは気のせいかもしれない。というくらいごくわずかに洋酒の気配を漂わせています。
りんご部分を、ただのぐずぐずに溶けた状態のものにはしたくなかったということで、りんご(紅玉)を6つ切りくらいに切ったものをまずフライパンで2時間ほどソテして煮崩れる前にキャラメリゼ、その後オーヴンに入れるのだと伺いました。

■ 40個ほど作るのに、5~6時間かかる労作で、とにかく時間と手間がかかるから、「あまり売れても困る(笑)」ということでした。しかしおいしさが違うわ。みっちりのりんごの下にはクリームチーズの層があり、ほどよい酸味とこくを与えています。土台はサクサクサクのフィユタージュです。
■ りんごのお菓子は何を食べても幸福感に満たされ、これ天国~♪ と思うけれど、これはよりその天国度が高いわ。680円は十分納得できるお値段です。食べられる期間は紅玉がある間。「パティスリー S」高辻店の方へ。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

 

■「よ~いドン!」おすすめ3、10月31日放送分

■ 全国100万人の読者の皆さま、今月もカンテレの「よ~いドン!」のおすすめ3で、激しくおすすめしたエリーでございます。

10月31日(火)放送分です。

■ めざましく美味、押すな押すなの人気の新店の、甘いもの3つでした。
50音順で、

●「甘党茶屋 梅園 三条寺町店

●「加加阿365

●「パティスリー S サロン

ほんとーーーーにおいしい3軒のセレクション、嘘を言わないエリーでございます\(^o^)/\(^o^)/

皆さんお店に出かけて召し上がってみてくださいね。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。