■ クラブエリー@「パティスリー S」サロン

■ 全国100万人の読者の皆さま、昨日4月16日(月)のクラブエリー報告でございます。

クラブエリーデセールの会@富小路六角上ル、「パティスリー S」さんのサロン。

昨年秋「パティスリー S」さんの2軒目がオープンした時から、クラブエリーをお願いしたいと思っていたのが実現したのです\(^o^)/\(^o^)/ 

15名+わたしでお邪魔しました。
サロンでいつもいただけるメニューも、使う材料を変えていただきまた違う味を楽しんだり、お手間入りのプティフールを味わったりしました。

●5席のL字型カウンターの向こうには、バーか?と思うほど洋酒が並んでいます。洋酒を巧みに使うシェフの中元修平さんです。マダムの薫さんと。

●こんなメニューを考えていただきました。

●ウエルカムドリンクに、ジャスマンとアールグレイをブレンドした、冷たいお茶。

●グジェール2個、まずはサレから始まります。ローズマリーと「吉田牧場」さんのマジヤクリ使用です。

●クレーム・ランヴェルセ=プリン、いつもと違う吉田牧場の牛乳で作ってくださいました。なめらかだけど、なめなめのとろとろではなく、必要な硬さのあるプリンです。すくっとスプーンが入る感じ。理想的と思います。ソースも他にはない味で、犬になってお皿なめたかった。。

●「おくだばらえん」奥田容彦さんのバラを使ったバラのグラニテ。目を瞠るほどの芳香のグラニテ、色も自然のものだそうで、驚異的なものだと思いました。

●そしてメインとも言うべき、ミルフイユです。このサクサクサクサクの、何度も折りたたみ、折りたたみ続けることで文字通り千(Mille)ほど重なっているフイユタージュ、今やとても高価な貴重品となっているヴァニラの粒粒がたっぷり入ったクレームパティシエールがまた目を剥くほどおいしい。シャンパーニュのジュレ仕立てがほとんど粒粒の細かさで散らされており、香味のアクセントになっています。わたし自身は実はこれ、そんなに要らないと思っているのですが(ごめん)、でも皆さんには圧倒的に好評でした。(普通はやっぱりこういうアクセント必要なんだな。。。わたしが極端なだけで・・・<(_ _)><(_ _)>)

●2度目の飲み物(選択いろいろ)と共に、小菓子7種類。ギモーヴ、パートドゥフリュイ、ショコラ、パリブレスト、カヌレ、サレのものなど。小さいながら、それぞれが味わい明確、ものすごく美味でした。

●おみやげに、いつも販売されているケーク・テ(紅茶のパウンドケーキ、上の写真)の、ショコラヴァージョンをご用意いただきました。

なんて贅沢だったデセール尽くし。

●以下スナップ何枚かです。

●「パティスリー S」中元修平さん、薫さん、スタッフの皆さまにお世話になりました。参加者の皆さまにも感謝。

人数集まったからこそお願いできたスペシャルな企画で、いつものクラブエリーとはまた違う楽しさに満ちていました。ほんとよかったです。\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ お菓子日記 高辻の「パティスリー S」

■ 全国100万人の読者の皆さま、ミルフイユが好きなエリーでございます。ミルフイユに限らず、クロワッサンもリーフパイも好きだから、何重にも折られたサクサクサクのフイユタージュが好きということです。

●1週間前の高辻通、「パティスリー S」さんの前の道です。もうこんなに桜が咲いていました。開花宣言なんて関係ないなと思いました。

●これ見つけて、食べないでいられたでしょうか?(いいやいられはしなかった。)持ち帰るより(形も崩れないし)、今でしょ♪ とサロンでいただくことにしました。

●シンプルをよしとするわたしですが、このいちご入りのミルフイユはとても好きでした。1段めと2段めでクリームも違います。「パティスリー S」さんならではの絶妙なバランスで成り立っている、いちごミルフイユでした。ものすごくおいしかった☆☆☆

●ヴァニラのこの粒粒見てww

●アールグレイと合わせました。

●座った席が、カウンター右端で、ラッキーにも本棚のあるところでした。わたしはお店なんかにちょっとある本コーナーを見るのがすごく好きで、まあもちろん大抵はそのお店が紹介された掲載誌とか載っている本なんだけど、でも店主さんが集めた本が混ざり込んでいることもあるし、人柄が伺えたりもしてほんと楽しいのです。掲載誌を全部見せていただきました。富小路のサロンがさまざまな雑誌に紹介されていました。固定ファンが多い上にこれだけ掲載されれば、そりゃサロンの方(もこちらも)、混むわなあーと思いました。(^o^)(^o^)

パティスリー S」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録歓迎\(^o^)/

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

 

関谷江里

■「パティスリー S」でデセール2種

■ 全国100万人の読者の皆さま、フランス菓子が好きで仕方ないエリーでございます。「パティスリー S」さんのサロンの方へ、2日連続で伺いました。

●お菓子がずらりと揃って美しいことこの上ないケースですが、今回はこれではなく、デセールです。

●こんな風に、できたてアシエットデセールのメニューがあります。

●まずはミルフイユ。サクサクサクのフイユタージュは、10センチ四方くらいです。これが噛みごたえがあり、バターの香りがふわああと広がり、塩味も効いておいしいわ(T_T)(T_T)

わたしはここにナイフを入れるのが忍びなくて(めちゃくちゃバラバラになり粉も散るし)、ミルフイユはいつも手でパイ部分を持ち上げかじりつつ、同時にスプーンでクリームをすくって食べるというスタイルです。わたしにとってはそれがいちばん食べやすくておいしいと思うのです。

●クレームに含まれるヴァニラの粒粒の多さよ。透明キューブは、シャンパーニュのジュレです。
これものすごく食べごたえがあり、やみつき天国状態になりました。これをゴンクールのヤン・クヴルールさんに食べさせてあげたい(笑)

合わせた飲み物はアールグレイ紅茶です。

●さて2日目にプリンです。こちらは中にコニャックたっぷり、上から少しバルサミコで香りづけしてあります。
白ワインで煮たアブリコと、赤ワインとシナモンで煮たいちじくが添えてあり、これがまたおいしかった。

すべてものすごく好みの味でした。あああ毎日これ食べたい。

●濃すぎる方のために、ちょっとマイルドな風味にするための練乳が添えられていました。ちょっとかけてみましたが、わたしは濃いままの方がいい。お菓子も人も濃い方がおもしろい。

つうか、この練乳かけたところで、そもそもの旨味が強烈だからマイルドにはならんよ。(^o^)(^o^)

合わせた飲み物は、(合わせることを考えずに)はるみ(温州みかん)100%のジュースでした。

●バーか?と思えるほど洋酒を使っていらっしゃいます。

●フランス菓子好き、フランス料理好きならカウンター横の書棚を見せてもらうのが楽しくてしょうがないと思います。しばし本を見せてもらいました。アラン・シャペルさんの本を少し読んできました。
そして、ちょっとお願いごとしてきました\(^o^)/\(^o^)/
クラブエリーの皆さん楽しみに(^o^)/☆☆☆

★4月の3週め、デセールのコースを楽しむクラブエリーをやります。ご案内配信済みです。

クラブエリーに参加してみたいーと思っている方も、この機会にどうぞご登録・ご参加ください。

パティスリー S

*****************
「Pâtisserie S Salon」パティスリー S サロン
京都市中京区富小路通六角上ル西側
(朝倉町546)
11:00~18:30LO・19:00閉店
水曜、木曜休み(祝日は営業)
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録歓迎\(^o^)/

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■「パティスリー S」の濃厚菓子

■ 全国100万人の読者の皆さま、本日摂取したお菓子報告のエリーでございます。

●「パティスリー S」さんのカレ・フレーズ 734円とミルフイユ 680円。

●いずれも「パティスリー S」さんらしく、クレームは濃厚、しっかり洋酒が効いて、粋な味です。

わたしとしてはミルフイユはもう少しフイユタージュの比率が高い方が好きかな、というのが本当のところですが、この食感この香りこの高級感、他にはないミルフイユであることは確かです。

●ふつ~に、全くいつも通りに「お菓子を買いに行く」という気持ちでお店に入って、そうだ世の中はノエルなのだと認識したのでした。あわわわ。

でも、日本人の大半はクリスチャンじゃないのに、そんなに「クリスマス」って騒ぐことなんか? 

なんて言ってはいかんよね・・・たくさんの知り合いの料理人、パティシエたちがひっしにがんばっていることを思う・・・
身体こわすほど働かないで。年賀状もさぼっていいからねー!

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■ タルトタタン@「パティスリー S」

■ 全国100万人の読者の皆さま、今日も格別美味なりんごのお菓子に出会えて喜んだエリーでございます。

■「パティスリー S」さん、高辻店の方で、タルトタタン 680円。
とろとろでありながら食感もちゃんと残したりんごがドーム形に詰まっていて、ものすごく充実感があるタルトタタンです。
わずかほんのりカルヴァドスの香り。いやこれは気のせいかもしれない。というくらいごくわずかに洋酒の気配を漂わせています。
りんご部分を、ただのぐずぐずに溶けた状態のものにはしたくなかったということで、りんご(紅玉)を6つ切りくらいに切ったものをまずフライパンで2時間ほどソテして煮崩れる前にキャラメリゼ、その後オーヴンに入れるのだと伺いました。

■ 40個ほど作るのに、5~6時間かかる労作で、とにかく時間と手間がかかるから、「あまり売れても困る(笑)」ということでした。しかしおいしさが違うわ。みっちりのりんごの下にはクリームチーズの層があり、ほどよい酸味とこくを与えています。土台はサクサクサクのフィユタージュです。
■ りんごのお菓子は何を食べても幸福感に満たされ、これ天国~♪ と思うけれど、これはよりその天国度が高いわ。680円は十分納得できるお値段です。食べられる期間は紅玉がある間。「パティスリー S」高辻店の方へ。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

 

■「よ~いドン!」おすすめ3、10月31日放送分

■ 全国100万人の読者の皆さま、今月もカンテレの「よ~いドン!」のおすすめ3で、激しくおすすめしたエリーでございます。

10月31日(火)放送分です。

■ めざましく美味、押すな押すなの人気の新店の、甘いもの3つでした。
50音順で、

●「甘党茶屋 梅園 三条寺町店

●「加加阿365

●「パティスリー S サロン

ほんとーーーーにおいしい3軒のセレクション、嘘を言わないエリーでございます\(^o^)/\(^o^)/

皆さんお店に出かけて召し上がってみてくださいね。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■「パティスリー S」でアシエットデセール

■ 全国100万人の読者の皆さま、台風でちょっとばかり雨が降る午後、「パティスリー S」のサロンの方へ出かけたエリーでございます。

●「パティスリー S」中元修平さんとパリ在住のパティシエ光武宏さん(パサージュデパノラマの「パサージュ53」の後、現在8区の「マリウス・エ・ジャネット」に在籍)のコラボレーション、アシエットデセールのコースをいただきに出かけました。

こんなコースでした。

*****************

*アヴァンデセール、グランデセール一皿(2種類からお選びいただきます)、小菓子、お飲物 ¥3,000(税別)
*アヴァンデセール、グランデセール二皿、小菓子、お飲物 ¥4,200(税別)

*****************

●アヴァンデセールはりんごの活用形でした。りんごの、とろとろ、ジュレ、ソルベ、半しゃきしゃき、泡(意味のある泡)に、フィユタージュで、りんごのタルトの要素です。
りんごの味と香りと食感が、それぞれのエッセンスを抽出した形で示されて、おいしかったおいしかったおいしかった!!!

●グランデセールは、わたしはもちろんショコラのひと皿を選択。これが瞠目のおいしさ。土台がショコラの飴、筒状に巻かれたラングドゥシャ生地の中に、ショコラのガナッシュ(トンカ豆とカラメルの香り)、上にショコラのテュイル。食感心地よく酸味苦味甘みほどよく絶妙でした。

●もうひと皿の方は、絵のような美しいお皿、球体の中にはマロンのクレームやミュールなど入り。
同行者に味見させてもらったら、これもおいしかったー(*_*)(*_*)

お皿の上は、オキザリス、ノワゼット、ネクタリン、マロンクリーム、ヨーグルトクリーム、フランボワーズのクーリなど。

●紅茶はダージリンを選択。

●小菓子は「パティスリー S」チームによるもので、これもまた、小さいながら心を奪われるおいしさでした。

フィナンシエ、ショコラレザン、タルトレットカラメル(底にレモンのコンフィチュール)。

●「パティスリー S」中元修平さん、マダムの薫さん、ヘルプで大阪からいらしていた「パティスリー・ケ・モンテベロ」の吉田達哉さん、そして今回の、光武宏さん。

●のろっち=「リストランテ 野呂」野呂和美さんがお店のアイドルタイムに抜け出して来たー!

●フランスとイタリア友好之図。

●「パティスリー・ケ・モンテベロ」の吉田達哉さんは以前ホテルグランヴィア京都にいらした方なのです。6年お勤めになったと。
パティスリとリストランテ友好之図。

●偶然通りかかった葵ちゃん!!「梅園」の西川葵さんです。頭の中はもうれつ仕事モードのはずなのに、葵ちゃんはいつもほんわか優しい人です。
甘味とリストランテ友好之図。

●わたしはあるところへの差し入れに焼き菓子を購入。プレゼントらしく詰めてもらいました。

●パティスリー Sさん、またいろいろなコラボをやっていかれるそうです。楽しみです。また必ず伺います。
●光武宏さん、「パサージュ53」以来でうれしかったです。パリのお店をまた訪ねます!
このコラボは23日(月)19時までです。召し上がりたい方はぜひにー!!

*****************
「Pâtisserie S Salon」パティスリー S サロン
京都市中京区富小路通六角上ル西側
(朝倉町546)

電話 075-223-3111
11:00~18:30LO・19:00閉店
水曜、木曜休み(祝日は営業)
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■「パティスリー S」のサロン開店\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、

本日9月29日(大安)、高辻通の「パティスリー S」さんの2軒めが富小路通六角上ルにオープン。ものすごくたくさんのお花が届けられていました。

「パティスリー S」さん、愛されています。

●こちらはお菓子販売の他、サロン併設のお店です。来月にはアシエットデセールも始められるということです。

すでにわんわんお客さまがいらしていたので写せませんでしたが、写真のL字形カウンターの他、窓際カウンター、1テーブルで、合わせて全部で13席。

●ムース類と焼き菓子を店内で飲み物(紅茶、カフェなど560円~)と共にいただけます。

タルトなどは高辻の方で存続しているということで、それぞれ違いを出すみたいです。

●とりあえず焼き菓子をいくつか購入してきました。
サロンはアシエットが始まるのを楽しみに、改めて伺います。

パティスリー S

*****************
「Pâtisserie S Salon」パティスリー S サロン
京都市中京区富小路通六角上ル西側
(朝倉町546)
11:00~18:30LO・19:00閉店
水曜、木曜休み(祝日は営業)
*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ ガレット・デ・ロワ@「パティスリー S」

■ 全国100万人の読者の皆さま、サクサクサクが大好きなエリーでございます。

ガレット・デ・ロワ@「パティスリー S」さん。

4t8a9216-jpga■ ガレット・デ・ロワには今年初参入で、カット版に限り、本日までということで四角いのを作ってみたということ。
ブルターニュからのフランス人パティシエがスタージュ(正確にはワーキングホリデー)に来ているとかで(確かに厨房にいた)、「四角でもいいじゃん♪ フランスでも何でもありよ」と言ったとか(^o^)(*_*)(^o^)

img_8973-jpga■ シシリーのアーモンド、グルノーブルの胡桃・・・素材厳選です。
4t8a9214-jpga■ 底にキャラメリゼした胡桃がところどころ敷いてあって、食感と濃厚さを与えていました。ほんと味濃いの。笑。

いやー、おいしかった、新しい感じがした~ ・・・けれど、四角いガレット・デ・ロワってのは感じが出ない~というのが偽らん感想でした。ごめん。笑。

でもまだこれ発展途上で、まだまだ変化していくということでした。
■ 15cmのホール(丸型)は1月末まで販売、1650円(+税)。フェーヴは中に入れず別添えで、好きなものを選ばせてくれるそうです。
1日1~2台しか作られないそうないので、必ず欲しい方はどうぞ予約を。
4t8a9231-jpga■ 同時にショソンオポム 450円とかミルリトン(奥) 400円なんてのも登場していて、りんごのお菓子が好きなわたしはショソンオポムをとてもおいしいと思っていただきました。りんごはグラニースミスを使用とのことです。とにかくサクサク感がすごい。サクサクサクが押し寄せます。口じゅう粉々になりますが、ふわあといい香り、なんて幸せな食感☆☆☆

4t8a9249-jpga■ りんご部分はかなり酸味強めですが、とろとろに炊いてあって、これはとても好きでした。
ミルリトンも、中のクレームダマンドは濃いめでオレンジが香り立つ、とても特徴のある仕上げでした。
いずれもこのパティスリにおいては初めてのお菓子です。
他に食べたい生菓子もありました。改めて伺います(^o^)/

*****************

パティスリー S電話 075-361-5521

11:00~19:00

水曜、木曜休み

1月は17日(火)もお休みということです。
*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 京都天国ショコラ3つ☆☆☆

■ 全国100万人の読者の皆さま、ショコラ好きエリーでございます。

ショコラがないとわなわな震えてきます。これ立派な中毒かもね♪♪

ひとつ前の投稿で「京都天国ショコラ」というタイトルを思いついたので、さっそく3つ挙げてみます☆☆☆

この新サイトになってからだけでもこれだけありますね♪
自主的「天国ショコラおすすめ3」(笑)時々やります♪ 以下50音順です。

4T8A8019.jpga

クラウス(5月14日)

4T8A8036.jpga

パティスリー S(5月15日)

IMG_5749.jpga

遊形サロン・ド・テ(5月21日)

*****************

本サイトは10年間の記録であるココログニフティ
関谷江里の京都暮らし(4280記事)

から移転・新装したものです。

*****************