■「New Bird」クロワッサンとパンオショコラ

■ 全国100万人の読者の皆さま、クロワッサンが好きでしょうがないエリーでございます。

これはいただきもので、初めて味わったものです。ありがとうございます<(_ _)>

●長岡京市の「New Bird」さんというお店のクロワッサン2種類。

正式店名「クロワッサンとサンドイッチ New Bird(ニューバード)」、クロワッサンを多彩に作られているようです。

●パンオショコラも、とてもおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

New Bird」さん、長岡京市に行くことがあれば、必ず寄せていただきたいお店と思いました。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「ワルダー」のアンチョヴィクロワッサン

■ 全国100万人の読者の皆さま、青皿にこれをのせたかったエリーでございます。

●「ワルダー」さんのアンチョヴィクロワッサン、

あれば必ず買って帰る、人生に織り込まれたパンのひとつです<(_ _)>

●わたしにおいてただ今はやっている切り方です。厚さを半分に切ってトースターで焼くと、断面パリパリの食感というのが加わって、楽しみが倍になる感じがします。ましてや「ワルダー」さんのこれに関してはアンチョヴィ1本横長に入っていますということがヴィジュアルでも明らかになってすてきです(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

関谷江里

■「ワルダー」紅玉りんごのデニッシュ

■ 全国100万人の読者の皆さま、ご機嫌エリーでございます。
最近インパクト最大だったデニッシュの報告をしなければ。

麩屋町通六角下ルの「Walder ワルダー」さんです。

●紅玉りんごが4分の1切れ、どっかんとのったデニッシュ、斬新でした。贅沢感がありました。

以前プリンがのったデニッシュ(2020年9月)でびっくりおいしい思いをしましたが、その時以来の迫力でした。

●ちなみに「ワルダーさん」と呼ぶの悪くて、わたしとその友人は「ヨイダーさん」といつも呼んでいます(^o^)(^o^)/

年内29日まで、年明けは4日から営業されるとのことでした。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■ 青皿に、クロワッサン

■ 全国100万人の読者の皆さま、「青いけ」さんで見てからその足で向かった「六々堂」さんで、やっぱりどうしても欲しくて購入に至った中村明久さんの青いお皿を、大事に愛用しているエリーでございます。

●買った時からやりたかった通りに、クロワッサンをのせてみました之図。

こちらは「京都 八百一本館」さんの「THE BREAD」クロワッサン 200円。

カルピスバターを使って作られているというもので、わたしこれ大好きです。
●でもって、これで満足、十分幸せ\(^o^)/\(^o^)/
なはずなのに、青いお皿購入後に見せてもらった山田晶さんのマッカなマッカなお皿が今度は忘れられず(だって陶磁器というのに、ほんとーーに鮮やかで、美しい赤だったんだもん(*_*)(*_*))、このお皿を使うたび、あの赤いお皿があれば並べてフランスカラーが楽しめるなと思えて仕方なく、やっぱり買いに行くのだろうかわたし?( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●そしてこちらは「進々堂」さんのクロワッサン オ ブール 210円 です。

●ちなみに、わたしにおいて今はやっているのがこの切り方。厚さを2分の1にカットして、断面をオーヴントースターで少し焼いたら、たまらなくすてきな食感になります。パリパリでさくさくふんわり。

ここにアンチョヴィをのせて食べるのもよいのです。オリーヴオイル+エルブ・ドゥ・プロヴァンスとか。もちろんタプナードとか。さらにはフロマージュとか。(シェーヴル推奨。)あるいははちみつとか。マロンクリームとか。

片方を甘くして、もう片方をサレに、なんてしたら、クロワッサンを倍に楽しめて、幸福感倍増です\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ あれこれ話:クロワッサン、栗赤飯、ショコラ

■ 全国100万人の読者の皆さま、あれこれ見せたい写真言いたいことが溜まっているエリーでございます。

泰然自若と暮らしたいのにいくつになって追い立てられるような日々で、だいたい予定詰め過ぎな上に写真撮り過ぎなの( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

たまにこうして日々いただいたおいしいものをアップしたりしたいのです(^o^)

●うれしかったいただきもので、

まさに時季のもの。
大好き「出町ふたば」さんの栗赤飯です\(^o^)/\(^o^)/

●栗餅と豆餅も\(^o^)/\(^o^)/

ありがとうございました<(_ _)>

●こちらも季節限定のもので、「ジャンポール・エヴァン」さんの Cerise or スリーズオール。
キルシュ漬けにしたさくらんぼ入りのショコラです。おいしーい\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

ありがとうございました<(_ _)>

●「ワルダー」さんと呼ぶことができず、「ヨイダー」さんと勝手に呼んでいる麩屋町通のブランジュリのアンチョヴィクロワッサン。

これほんとーに好きで、余分に買って冷凍しておいたストックがある時はものすごく幸せです。

●これは「八百一本館」さんの中のブランジュリ。カルピスバターを使って作られているとのこと。

これ本当においしいと思っています。先日のある日、そうだこれ横に切れ目を入れて、アンチョヴィ小さく切ったの差し込んだら?と思い、即やってみたら、いい感じにアンチョヴィクロワッサンになってくれたのでした\(^o^)/\(^o^)/

●「八百一本館」さんといえば、2階の花屋「ハーモニアス」さんが重宝です。
ノエルに向けてポインセチアやらこんな赤いのやらが並んでいます。

●赤い花はもちろんわたしにとってデフォルトなので購入しましたが、しかし特にノエルの飾りをしたいわけではなく、わたしはバラが欲しかったのです。

とりあえず1輪、マンゴーリーバをいただき喜びました\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「進々堂」プレミアムシュトーレン

■ 全国100万人の読者の皆さま、季節の新商品のお知らせでございます。

 

●昭和40年頃から京都でシュトレンを作ってきた「進々堂」さんから新発売の「プレミアムシュトーレン」です。
ドライフルーツとナッツが贅沢にみっちり入っていい香り、口当たりしっとりなめらかです。

ノエルに向けて、少しずつ切っては食べて楽しむものらしいですが、何人かいたら一瞬でなくなるのではないか~?(^o^)(^o^)

●「進々堂」さんのシュトレンは何種類かありますが、この「プレミアムシュトーレン」はノエル仕様の包装紙に包まれ、マッカな箱に入った贈り物仕様です(^o^)☆

●商品のサイズはこんな感じで、お値段は4200円。

●「進々堂」さんお取り寄せSHOPで購入できます(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「進々堂」ハナ マロンという食パン

■ 全国100万人の読者の皆さま、栗入りの食パンという新しい美味に絶句したエリーでございます。

●京都を代表するブランジュリ、「進々堂」さんの秋の限定商品、
ハナ マロン
はびっくりおいしいものでした(^o^)☆☆☆
バターと卵たっぷり、風味豊かなブリオッシュ生地の食パンに、焼き栗、渋皮栗、マロングラッセがたっぷり入っています。

●トーストすると生地はさくさくに栗は熱々になり、それだけで十分に美味なものですが、さらにバターを塗ると、もうもう禁断のおいしさです(*_*)(*_*)

●パッケージはこんな。

店舗での扱いはなく、取り寄せる冷凍品。2700円と高価なものですが、その価値はあります。美しいスリーヴ入りの包みでおみやげにもすてきです。
10月31日までということです。

*****************

追記:ハナ マロンがあまりにもおいしくて心を奪われ、「進々堂」さんのウエブサイトをよく拝見すると、なんと、ハナ ショコラとハナ フユテ(=feuilleté、フイユテ)のトーストを店舗のカフェでいただけるとあるではないの。
●これね。1斤2700円3024円のものですから、これはものすごくありがたいです。

東洞院店に飛んで行き、ほわほわのハナトーストをいただいてきました。

●ショコラなんて、ごく濃厚なのが散りばめられていて、それが溶けてバターたっぷりのなめらかなブリオッシュ生地と激しく相性がよくて、口の中に入れるなり豊かな風味が広がるのだけど、それと同時にはかなく溶けてなくなるようで・・・ああああああこれはもう天国です。
添えられているのはクロテッドクリームとフランボワーズのコンフィチュールでした。むうう、わたしはクロテッドクリームの代わりにバター、フランボワーズの代わりにブルーベリーかアブリコなんかの方がいいなとは思ったのでした。毎回好みが明確でごめん<(_ _)><(_ _)>
しかし感動深かったです。これは絶対またいただきたいです。

進々堂」さん、またしつこく伺います<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ワルダー」の塩気のパン

■ 全国100万人の読者の皆さま、麩屋町通六角下ルのパン屋さん、「ワルダー」さんが大好きなエリーでございます。

あまりによいから、ヨイダーさんといつも呼んでいます。

●今回こちらでいただいた、エスカルゴバターのバゲットが旨すぎて止まらないです。ワインと合わせてよい感じ(^o^)☆☆☆
明太子バゲットをすすめてくださった方がいたから改めて買いに行ったんだけど、こちらを買ってしまってごめん(^o^)(^o^)

●「ビストロ ボンモルソー」さんのガーリックバターを使われているということで、そりゃ旨いよなあ\(^o^)/ということです。

●これも大好きで時々いただく、ひよこ豆のグリーンカレーパン。中にたっぷりスパイシーなグリーンカレー入りです。やみつき旨い\(^o^)/\(^o^)/

●「ワルダー Walder」さん、ハード系はもちろん、甘いヴィエノワズリーも塩気のお惣菜パンも、いつでも何でも、ほんとーーーにおいしいと思います(^o^)/☆☆☆

本サイト内検索をしたら

プリンデニッシュ

アンチョヴィクロワッサン

しかアップしていないみたいなのだけど(ごめんなさいー<(_ _)>)、もっといろいろいただいています。とりわけ甘いパンは片っ端からいただいています。(探せば写真も多数出てくるはず。)

ヨイダーさん、また近いうちに伺います<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 1週間いろいろ/水モンブラン

■ 全国100万人の読者の皆さま、まとめ報告のエリーでございます。

この1週間で、クラブエリーは、

●「割烹 竹うち」さん(週明けあと1回開催)、

●「翠嵐 ラグジュアリーコレクション」さん、

●「杢兵衛」さん

とお世話になりました。

それぞれ詳細は改めてアップするとして、

写真1枚ずつ、特に印象的だったものを上げます。

●嵐山の「翠嵐 ラグジュアリーコレクション」さん、

料理長 松勢良夫さんよくしてくださいました。

鮎がこうやって運ばれてきて驚きました\(^o^)/

清流を泳ぐかのような風情。

しゃらしゃら~~と音までしていました。

iPadを挟み込めるガラス皿を特注したとのこと。

清流の映像としゃらしゃら~という流れの音と共に鮎を楽しめたのでした。

すごかった\(^o^)/

●祇園の「杢兵衛(もくべえ)」さんでは、店主の寺田慎太郎さんがよくしてくださいました。

お箸がこのようにセットされていました。箱入りなのです。

かりん材のお箸は、食事が終わったら先を拭いて(ちゃんと専用のお手拭きのような「お箸拭き」が配布されます)、箱に収めておみやげとして持ち帰れるのです。

これは時代に合っているし、おみやげとしても粋だし、この日の現場でも好評でした。

ちなみに他の木材もあるのかと尋ねてみたところ、あるのだそうです。よいですね。

ともあれこのお箸大事に使います(^o^)/

*****************

●夏の小休止、おやつはこれですよっと(^o^)/

マールブランシュ」さんの、夏季限定のお菓子、水モンブランです。

水ようかんのような、モンブランのプリンというかフランというか、ぷるぷるなめらかななお菓子です。
1個 398円。

●マールブランシュさんのサイトの写真がきれいなので使わせていただきます<(_ _)>

マロンプリンといった名前ではなく、水モンブランという商品名にしたのが本当にセンスいいなと思います。

差し入れに大丸地下のお店でがばっとまとめて買って、わたしもお相伴に預かったのでした\(^o^)/\(^o^)/

*****************

買いましたコーナー\(^o^)/

*****************

●2022年の手帳買いましたー\(^o^)/

早く書き込んでいかないと、ついつい、今の手帳の、2022年1月~3月のところに書き込んで、あとで書き写すのがメンドーということになります。

その分2冊持ちになってまた荷物増えるんだが( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

能率 NOLTY 手帳 2022年 B6 ウィークリー エクリ 1 レッド 2262 (2021年 12月始まり)

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 緑の食材+フロマージュのパン

■ 全国100万人の読者の皆さま、緑色食材+フロマージュという構成のパンに、最近立て続けに心を奪われたエリーでございます。

●まずこれね。八百一本館さんの1階のベーカリー「THE BREAD」の、ほうれん草のバトン 160円
ほうれん草の香りにフロマージュの旨味がよーく合っていて、あっという間に食べてしまいました。

●こちらは大丸京都店地下のパン売り場の中の、Paul Bocuseさんコーナーで新商品として出ていた、塩・枝豆カマンベール 248円。これがこれがこれが、たまらなーく旨いのです。また買うなあわたし。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************