■「招福亭」の茶そば冷麺

■ 全国100万人の読者の皆さま、連休後半のエリーでございます。

■「招福亭」さん(前回のアップこれ)、季節物の茶そば冷麺 900円が始まりました。これ、まさに中華の冷麺のようなタレがひたひたとかかっていて、中華の気持ちで食べるものですが、使っているのは茶そばである、というオリジナルメニューです。

■つやつやの茶そばです。
「招福亭」さんまた伺います(^o^)/

*****************
「六条 招福亭」電話 075-351-6111
京都市下京区新町通六条西南角
11:00~20:00少し前LO、20:00閉店、年中無休。
全席禁煙\(^o^)/\(^o^)/

2016年10月3日 移転オープン
*****************

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■ 冬限定の蕎麦@「ろうじな」

■ 全国100万人の読者の皆さま、熱々麺が大好きなエリーでございます。圧倒的にうどん派なのですが、時々蕎麦を食べたら蕎麦もおいしいなあ♪と感じ入るのです。

IMG_0197.jpga

●夷川通寺町西入ル北側、「ろうじな」さんの、冬限定のメニューです。
おあげと九条ねぎのあんかけそば 1300円。11月から3月末まで。
IMG_0199.jpga●細い優美なお蕎麦です。とろりんと上品な香味のあんがかかって熱々です。しんそこおいしいと思います。

ろうじな」さん、また伺います。

*****************
★本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリーについては

こちらをご覧ください

*****************

■「招福亭」真向かいに移転(追記あり)

■ 全国100万人の読者の皆さま、新しい「招福亭」さんのオープンを心待ちにしていたエリーでございます。

以前アップした記事

img_4294-jpga

■「六条 招福亭」さん、新町通六条の麺類と丼もののお店が、10月3日道をはさんで真向かいに新築移転オープンされました。今回カウンターが店内の壁3面にしつらえられて、より気楽に入れるようになりました。胡蝶蘭があふれるように飾られ、店内は老若男女でいっぱいでした。さすがの人気です。<(_ _)><(_ _)>

img_4308-jpga

■ 今回選んだのは、冷やし天ぷら 840円。天ざるとは違うもので、海老の天ぷらひとつがのった、ぶっかけ式でした。
こちらにおいては、何も言わなければ自動的に(うどんではなく)蕎麦で出てきます。そしてその蕎麦は通年で茶そばというお店です。

img_4300-jpga

img_4299-jpga

■ 新築できれいにされたのに、メニューとお値段は以前と全く変わらずですばらしいです☆☆☆

img_4290-jpga■ さらにこちらは以前から全席禁煙でうれしいです(^o^)(^o^)/

いただきたいメニューがたくさんあります・・・また伺います(^o^)/
*****************

img_4392-jpga

■ 時をおかずわりとすぐに再訪して、福そば 780円。しっぽく(かまぼこ、椎茸)の玉子とじ、海老入り。

img_4395-jpga■ おだし甘め。蕎麦はここでは必ず茶そばです。量もたっぷりありました。

*****************
追記です。また出かけました。

img_4577-jpga甘きつね 550円です。
img_4584-jpga■ 何も言わなかったらデフォルトで茶そばです。

img_4587-jpga■ お揚げがおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆ 甘すぎず、ふんわりしていて同時になめらか。理想的な甘きつねのお揚げでした。
*****************

img_4677-jpga■ ある日はけんちん 800円です。

img_4680-jpga■ 急に寒くなった日、蕎麦ではなくうどんが食べたくてうどんで注文しました。やわやわのうどんです(^o^)/
また伺います。
*****************

img_5222-jpga■ 10月後半の、気分がけいらんだったある日、初めてこちらのけいらん 600円です。

img_5223-jpga■ たまごとろとろ。

img_5231-jpga■ うどんです。

*****************

■ また追記です。10月後半、カレーものが食べたくて、カツカレー 760円です。

img_5270 img_5273 img_5276■ 何も言わなければ茶そばで出てくるので、カレー茶そばになります。カツは脂身も結構あり、どうしてもわたしには合わなくて(ごめんなさい)、違うカレーものを食べにまた来ようと。

*****************

 

img_5820-jpga■ その後すぐ、2,3日後の夜、あげカレー 580円です。

img_5817■ お蕎麦心持ち少な目にしていただいたのでした。

申し分なくおいしかったけれど、わたしはおあげは甘きつねの方がいいなと思う・・・次回、甘きつねカレーをいただいてみましょう♪♪\(^o^)/\(^o^)/

*****************

■ 11月に入って、季節ものの福なべ 980円スタートということでさっそくいただきました(^o^)/

img_6044-jpga■ 鍋焼きです。白味噌ベースのおだし、肉味噌がのっています。豆腐、白菜、わかめ、にんじん、えのき、卵と入っています。次にいただく時は、もう少し整えて撮りますね。初回なんでわけわからず状態でいただいてしまいました(^o^)(^o^)
img_6049■ 湯気湯気状態です。

img_6048■ これは自動的にうどんでやってきました。熱々はふはふ状態で心を奪われながらいただき、もうもう、ぽかぽかに温まり、すごい満足感がありました。これ必ずまたいただきに伺います。

*****************

img_6122-jpga■ 11月2度め、こんどはさっぱり おろしそば 780円の、温製です。大根おろしがたーっぷり入っていました。シンプルだけどたまらなーくおいしい。おだし全飲みでいただきました。

*****************
「六条 招福亭」電話 075-351-6111
京都市下京区新町通六条西南角
11:00~20:00少し前LO、20:00閉店、年中無休。
全席禁煙\(^o^)/\(^o^)/

2016年10月3日 移転オープン
*****************

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************

■「ろうじな」の梅おろしそば

■ 全国100万人の読者の皆さま、秋になったはずだというのにいつまでもじめじめ蒸し~として、爽やかなものを食べたいと思ったエリーでございます。10日ほど前の夜に、どうしても食べたいと思い「ろうじな」さんへ。20:00LOですから、19:40くらいには入らなくちゃー♪

img_3391-jpga

■ こちらでいただくのは初めての、梅おろしそば 980円です。細い蕎麦に、大根おろし、大葉の極細千切り、梅がよーーく合って、張られた冷たいおだしは少し濃いめ、「まさにこういうのが食べたかった\(^o^)/\(^o^)/」という感じで気持ちにぴたりとはまったお蕎麦でした。

img_3383-jpga

■ 冷たい蕎麦のお品書きはこんな。梅おろしそばは、わたしは食べたことがなかったと思います。自分にとって初めてのものって問答無用でうれしいのです。

img_3385

■ で、お蕎麦の前にいただいたのはこれ。「すぐ出る」にひかれて、

img_3387-jpga

■ おひたし 400円。生湯葉と青葉でさっぱり。

img_3389-jpga

■ その後黒板書きの「本日の肴」より、そば屋のとり天 600円。これ天国です。これは「なかじん」さんの味をそのまま継承ですね。

師匠のなかじんさんの方にわたしこのところ伺えていないのですが、これをいただきつつ「なかじん」さん賞賛の気持ちです。<(_ _)><(_ _)>

img_3384-jpga■ ちなみにこの日はこんなでした。「ろうじな」さん、気軽に伺えるうえお蕎麦もお料理もとびきりおいしくて、ほんといいお店です。

*****************
本サイトは2016年5月8日にオープン。
以前のサイト(10年分・4285記事)は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

*****************

■ なめこおろしそば(冷)@「本家 尾張屋」

■ 全国100万人の読者の皆さま、うどん対蕎麦、食べる率は8:2くらいのエリーでございます。それでも時々大好きな「本家 尾張屋」さんへ。富小路通錦下ルにお店があった時は重宝したのですが、今伺うのは本店か髙島屋の上のお店です。

IMG_1027.jpga

■ 2週間ほど前のある午後遅くに、なめこおろしそば(冷)1080円。これ急に好きになって、この夏いただくの2度めです。
***************************************************

 

 

81wvCqVLfAL■ 本の話。

「関西人の正体」朝日文庫  井上章一さんの本です。これ読まなければ~
あの大ヒット、「京都ぎらい」の素だって。おもしろいに決まっていますww
ただしKindle版がなくて、紙の本しかないのです。早くKindle版出してー!

71H+PmYezEL■ これも紙の本しか出ていないけれど、おもしろそう。

人生と勉強に効く 学べるマンガ100冊 文藝春秋

むー、わたし人生から漫画が抜け落ちていてあまり知らなくて、損していると思っています。これから読んでいこう・・・

キャッチが、

教科書よりも深く、学校よりも楽しい、知力アップの最強ガイド!

だって。

*****************

灘高東大卒の最注目マンガ編集者、マンガ家の里中満智子さんほか
「マンガ」と「学び」の達人たちによるセレクト&解説つき。

「あさきゆめみし」から「キングダム」まで。
知恵と知識が身につくマンガを厳選、100作品を徹底紹介。

*****************

漫画を読むために、まずこの本を買う、と。笑。

*****************
本サイトは2016年5月8日オープン。
それ以前の10年間の記録は

こちらです↓(4285記事)
関谷江里の京都暮らし」 
*****************

■「招福亭」の茶そば冷麺

■ 全国100万人の読者の皆さま、あづいとダメになるエリーでございます。でも暑い時こそこんなすてきなメニューもあります。冷たい麺シリーズで、またおもしろいものをいただきました。なんと茶そばで冷麺\(^o^)/\(^o^)/
■ かつお昆布だしに、黄色い中華そばを入れるものはすでに結構有名かと思いますが(次の「料理通信」安い旨いのページでご登場いただいています、そのお店については改めてアップしています)、これは逆パターンです。和麺に中華風のたれ。
■ 前は何度も通りながら、入ったのは初めての新町通六条の「招福亭」さんです。

IMG_6306

■ 季節ものの茶そば冷麺900円です。ちなみにここでそばと言えば、全メニュー自動的に茶そばになるみたい。「カレーうどん/そば」のそばも、茶そばなのよ。驚いた。

IMG_6311

■ この通りです。

IMG_6313

■ つやつやで、非常になめらかな茶そばです。中華風のたれに浸けてしまうと、たれの香味の方が勝ってしまうような気もするのですが、でもこれを食べ続けていれば癖になって、いつの間には冷麺=茶そばでないとダメ、みたいになるのかもしれません。次回は茶そば自体の香りを楽しむメニューをいただいてみましょう♪

IMG_6296

■ 新町通、五条から少し下ル、東側です。「天然名水 白山湯」のおとなりです。

IMG_6297

■ 近隣への出前もされるようです。

IMG_6304

■ お店は禁煙で安心です。入り口にどかんと禁煙マークが貼ってあって、すばらしいです。
14時過ぎなんていう昼どきには遅い時間だったにもかかわらず、ひっきりなしにお客さまが入って来られました。
天ざるやらカレーうどん(そば)など、他にもいただいてみたいメニューがありましたので、また近いうちに伺います<(_ _)><(_ _)>
**********************************
追記:翌日夜に再訪しました。天ざる 1300円。
IMG_6409.jpga■ 盛り盛りたっぷりの茶そばに、
IMG_6408.jpga■ 盛り盛りたっぷりの天ぷら。なす、れんこん、大葉、南瓜、さつま芋、海苔、いんげんなどなど、いちばん下に海老2尾です。
IMG_6407.jpgb■ どうしても茶そば自体の香味を味わってみたかったので、いただいて気が済んでほっとしました。伺ってよかったです<(_ _)><(_ _)>
IMG_6775.jpga■ 昭和の風情の店内、いつまでもこのままで・・・と思いますが、現店舗の正面に、新店舗建設中ということでした。確かに工事現場ありました・・・<(_ _)><(_ _)>
**********************************
追記:どうしてもこれが気になって、また2,3日後に伺いました。
IMG_6797.jpga■ これです。
IMG_6774.jpga■ トマトなすカレーうどん/そば 750円
IMG_6784.jpga■ トマトとなす、とろりんとしたカレーだしです。おいしそう(^o^)(^o^)/
IMG_6796.jpga■ 天ぷらにした茄子、大きいのが3切れ入りです。衣にカレーだしがからんで旨っ。
IMG_6788.jpga■ うどんにしました。いたわられるように優しい、やわやわうどんです。おだし全飲みしました。
行って、いただいて、気が済みました。
<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

*****************
本サイトは10年間の記録であるココログニフティ
関谷江里の京都暮らし(4280記事)
から移転・新装したものです。
*****************

■「ろうじな」の粗挽きそばと旬野菜の天ぷら

■ 全国100万人の読者の皆さま、蕎麦も大好きなエリーでございます。連休明けの落ち着いた頃に伺った「ろうじな」さんです。
IMG_5331.jpga

■ 夜限定の粗挽きそば880円です。香りも口当たりも好き、本当においしいと思います。この日は岡山県蒜山産の十割そばとのことでした。

IMG_5328.jpga

■ こんな風に供されます。わたしは7割くらいを塩でいただき、その後、おつゆに少しつけていただきます。そば湯をいただいたら割って全飲みします。

IMG_5323.jpgb ■ 前後しますが、粗挽きそばの前にいただいたのは海老と旬野菜の天ぷら850円。海老2尾に、ししとう、茗荷、南瓜、れんこん、舞茸、さつま芋。抹茶塩が添えられます。わたしは天ぷらは熱々のサクサクのうちにいただかねば気が済みません。一瞬かニ瞬でお皿をからにしました。ほんとおいし♪

■ 20:30までの営業で、この日は19:45くらいに伺ったかしらん。さっと入ってぱっと食べられてしかも本気のおいしさで、貴重なお店です。また伺います♪ 
あ、師匠の「なかじん」さんのところに、わたししばらく伺えていないのでした。次はそちらへ<(_ _)><(_ _)>

ろうじな

****************************************************

本サイトは10年間の記録であるココログニフティ
関谷江里の京都暮らし(4280記事)

から移転・新装したものです。

****************************************************

■「本家 尾張屋」の本店へ

■ 全国100万人の読者の皆さま、うどんが好きですわたしはうどん食べですと言いましたが、蕎麦も大好きなエリーでございます。「本家 尾張屋」さん、富小路通錦下ルのお店があった頃はよく行ったのですが、お蕎麦やさんとしての営業は昨年終わられました。四条店や髙島屋店もあるけれど、すごーく久しぶりにわたしが向かったのは・・・

IMG_5184.jpga

■ 車屋町通二条下ルの本店です。どれくらい久しぶりかというと、東京から毎月京都に通っていた頃(2000年頃)に、名物「宝来そば」をいただきに来て以来だから15年とか16年とか。あの新幹線に乗り倒していた日々から、もうそんなに年月がたったのか~~( ̄○ ̄;) ( ̄○ ̄;)

IMG_5176.jpga

■ 錦富小路店でもしばしばいただいていた、野菜天せいろ 1620円です。こちらではこれがわたしの定番です。

IMG_5174.jpga

 ■ 野菜ばかりですが揚げたてで熱々ほくほくおいし♪ おだしも蕎麦湯で割って全飲みします。お蕎麦ちょっと食べたい天ぷらも食べたいという時に軽食という感じで食べられていいのです。お腹いっぱいになり過ぎないのもいいです。食後ねむねむになって仕事にならん、てこともないから(^o^)(^o^)
IMG_5183.jpga

■ 風情ある店内です。終日営業で便利。その上、1月1日と2日を除いて無休です。さらにこのお店は全席禁煙です◎ (髙島屋店も全席禁煙で安心。四条店のみ分煙ですって(-_-;)(-_-;))

本家 尾張屋」さん、また伺います。

****************************************************

■ 本は・・・

51Kp1TbolxL

日本語通 新潮新書
これ読みたい~~♪ とよく見たら、紙の本しか出てないわ(*_*)(*_*)
Kindle化待つかな・・・紙で買いそう。

****************************************************

本サイトは10年間の記録であるココログニフティ
関谷江里の京都暮らし(4280記事)

から移転・新装したものです。

****************************************************