■「進々堂」プレミアムシュトーレン

■ 全国100万人の読者の皆さま、季節の新商品のお知らせでございます。

 

●昭和40年頃から京都でシュトレンを作ってきた「進々堂」さんから新発売の「プレミアムシュトーレン」です。
ドライフルーツとナッツが贅沢にみっちり入っていい香り、口当たりしっとりなめらかです。

ノエルに向けて、少しずつ切っては食べて楽しむものらしいですが、何人かいたら一瞬でなくなるのではないか~?(^o^)(^o^)

●「進々堂」さんのシュトレンは何種類かありますが、この「プレミアムシュトーレン」はノエル仕様の包装紙に包まれ、マッカな箱に入った贈り物仕様です(^o^)☆

●商品のサイズはこんな感じで、お値段は4200円。

●「進々堂」さんお取り寄せSHOPで購入できます(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ルボンヴィーヴル」栗とフロマージュのタルト

■ 全国100万人の読者の皆さま、「Le Bon Vivre ルボンヴィーヴル」さんが大好きなエリーでございます。

烏丸通佛光寺角の、「進々堂」さんによるブランジュリ兼フランス料理店。

オープン時の料理監修が「ブション」松井知之さんだったので、大好き「ブション」さん料理がいただける、家から極近の便利なお店としてしばしば伺っていました。
しかし先日来がらりとお料理が変わっていて・・・
2900円でディネがいただけるのはしばらく前からのことだったと思いますが、見たことないメニューが並んでいて、
もちろん新メニューを試しました。

●アミューズに生ハムとエスカルゴのカナペ。

●ゴルゴンゾーラと栗のタルト いわしのソテとハリコベサラダ
これおいしかった\(^o^)/栗入りのゴルゴンゾーラのタルトって言われたらそりゃ選択するでしょう、いわしの、塩気の効いた香味もたまらない。
しかし「ハリコベ」サラダって何?
ものすごく考えて、もしかして、haricot vert (アリコヴェール、青いんげん豆)のこと??と思って尋ねてみたら、何と正解でした。ハリコベって言うの? 知らなかった( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●鶏肉とポルチーニのフリカッセをメイン料理に選択。

●デセールではなくフロマージュを選択。
エポワス/カマンベール/サントモールドゥトゥレーヌ。
●お料理と共にいただいた「進々堂」さんのパン3種類。もちろんおいし(^o^)☆☆☆
*****************
このお値段で、これだけいただけるのは本当に価値があります。
「ブション」さんの、あのどこまでもフランスな感じとはまた違うけれど、でもでもフロマージュも揃っているし、うちからすぐの近さもありがたく、「Le Bon Vivre ルボンヴィーヴル」さん、また伺います(^o^)/☆☆☆

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「進々堂」ハナ マロンという食パン

■ 全国100万人の読者の皆さま、栗入りの食パンという新しい美味に絶句したエリーでございます。

●京都を代表するブランジュリ、「進々堂」さんの秋の限定商品、
ハナ マロン
はびっくりおいしいものでした(^o^)☆☆☆
バターと卵たっぷり、風味豊かなブリオッシュ生地の食パンに、焼き栗、渋皮栗、マロングラッセがたっぷり入っています。

●トーストすると生地はさくさくに栗は熱々になり、それだけで十分に美味なものですが、さらにバターを塗ると、もうもう禁断のおいしさです(*_*)(*_*)

●パッケージはこんな。

店舗での扱いはなく、取り寄せる冷凍品。2700円と高価なものですが、その価値はあります。美しいスリーヴ入りの包みでおみやげにもすてきです。
10月31日までということです。

*****************

追記:ハナ マロンがあまりにもおいしくて心を奪われ、「進々堂」さんのウエブサイトをよく拝見すると、なんと、ハナ ショコラとハナ フユテ(=feuilleté、フイユテ)のトーストを店舗のカフェでいただけるとあるではないの。
●これね。1斤2700円3024円のものですから、これはものすごくありがたいです。

東洞院店に飛んで行き、ほわほわのハナトーストをいただいてきました。

●ショコラなんて、ごく濃厚なのが散りばめられていて、それが溶けてバターたっぷりのなめらかなブリオッシュ生地と激しく相性がよくて、口の中に入れるなり豊かな風味が広がるのだけど、それと同時にはかなく溶けてなくなるようで・・・ああああああこれはもう天国です。
添えられているのはクロテッドクリームとフランボワーズのコンフィチュールでした。むうう、わたしはクロテッドクリームの代わりにバター、フランボワーズの代わりにブルーベリーかアブリコなんかの方がいいなとは思ったのでした。毎回好みが明確でごめん<(_ _)><(_ _)>
しかし感動深かったです。これは絶対またいただきたいです。

進々堂」さん、またしつこく伺います<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ デスクトップにパンオレザン

■全国100万人の読者の皆さま、パンオレザンに目がないエリーでございます。ぐるぐる巻きでレーズン入りの、クロワッサン生地のパンです。

●ある日のデスクトップおやつに、パンオレザン、「進々堂」さんのものです。

236円。

これを食べたら一気に元気になります。脳に必要な糖分が送られているなと実感できるのです(^o^)(^o^)/

●ちなみに、パリでならここ「DU PAIN ET DES IDÉES デュ・パン・エ・デジデ」です。ここではいちいち少しずつよそとパンの名前が違うのですが、パン・オ・レザンに当たるのはエスカルゴ ロムレザン(ラムレーズン)といいます。3.2ユーロ。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「ルボンヴィーヴル」のショコラショー

■ 全国100万人の読者の皆さま、「ルボンヴィーヴル」さんが大好きなエリーでございます。

先ごろデビューした新メニュー、

ショコラショーです。ずっとずっと、フランスにあるような濃い濃いショコラショーがあったらうれしいなあと願い続けていました。

やっと登場して大喜び、このところ食後に必ずいただいています。

●シャンティを入れるとこうね。

香りよくて濃い濃い濃いショコラ、わたしの人生にはなくてはならないものです。これで一瞬で幸せになります、点滴みたいに即効で効きます\(^o^)/\(^o^)/
★大事なこと:ドリンクのLOは22時ですが、ショコラに関してはお料理と同じく21時LOです。800円。

ルボンヴィーヴル」さん、烏丸通仏光寺の北西角で場所も便利。ほんと大好きです。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「進々堂」のクリームパン

■ 全国100万人の読者の皆さま、なんだか極端に慌ただしい毎日で珍しくサイトの世話が滞っていますが(おびただしく写真を溜め込んでしまっている)、しかし旨いものにだけは恵まれているエリーでございます。このパンに心を奪われていて・・・

●ほんとーーーにおいしいと思う「進々堂」さんのクリームパンです。クリームを25%増量にされたそうです。まず「ルボンヴィーヴル」さんでいただき、それ以来、他のお店でも何度か買っています。

●カスタードクリームはとろりとなめらかでたまご感が豊か、優しい味の日本の菓子パンです。しかし日本の菓子パンというにしては、クレームパティシエールという感じで、洗練されてもいるのです。

クロワッサンやパンオショコラなどフランス風のヴィエノワズリも必要ですが、これも人生になくてはならない大好きなものです(^o^)(^o^)☆☆☆
●そして季節の桜あん入りのあんぱんにも心を奪われました。
進々堂」さん、また買いに行きます(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー夜「ルボンヴィーヴル」

■ 全国100万人の読者の皆さま、夜遊びエリーでございます。

3月8日(金)は、クラブエリー夜@烏丸通仏光寺、進々堂の「ルボンヴィーヴル」さんへ。

この日のために、先日来試食に出かけていたのでした
(全席貸し切りではなく、手前に横一列でのお邪魔です。)

写真抜粋で、
●白アスパラガスにオランデーズソースの前菜に始まり、(これはサプライズのお皿で、ありがとうございました)

●野菜がみっちり入ったスープ、その後、

●熱々コンテのチーズフォンデュ、

●メイン料理に鴨肉コンフィ、

●フロマージュ3種盛り(テット・ドゥ・モアーヌ、エポワス、コンテ)、

同時にたっぷりたっぷりのパン

●食後のカフェ

といただきました。大変お世話になりました<(_ _)><(_ _)>

●これは改めて出かけていただいたカスレ。鴨肉コンフィと共に3月1日に登場したものです。白いんげん豆たっぷり、ソーセージやら豚ほほ肉やら鴨肉やら入っていて、夜はまだ寒い日々にうれしいメニューでした。

ルボンヴィーヴル」さん、おかげで女どうしでおしゃべり盛り上がって楽しい夜でした。

御礼申し上げます<(_ _)><(_ _)>

次の夜遊びクラブエリーは4月12日(金)、「なかじん」さんで。まだ席ありますから、皆さんいらしてくださいね。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ルボンヴィーヴル」で鴨コンフィ

■ 全国100万人の読者の皆さま、ご機嫌エリーでございます。烏丸通佛光寺角の「ルボンヴィーヴル」さんでこれをいただいたのです。

●3月1日~、春のメニューになり鴨のコンフィが登場。料理監修は「ブション」や「ラ・パール・デュー」や「オ・タン・ペルデュ」の松井知之さんで、まさに「ブション」さんでいただく鴨コンフィが再現されていて喜びました\(^o^)/\(^o^)/
●フロマージュ3種盛りには、花びらのように削るテット・ドゥ・モアーヌ、エポワス、コンテを選択。

●何日か前にはこれ、少しずつの5種盛り。クロミエ、エポワス、コンテ、フルムダンベール、カマンベール。
●野菜のキッシュも時々いただきます。

●みっちり野菜入りのスープにも、おろしたパルミジャーノが添えられて、どこまでもフロマージュを楽しめるお店。
●そしてこれ、チーズフォンデュは少し前にいただいたものです。
とろりんと溶けたコンテをパンや野菜にからめて熱々を食べるもの、これはフロマージュ好きにはたまらないです。旨過ぎ、圧倒的。
これであさってクラブエリーやりますよっと\(^o^)/\(^o^)/

(まだあと1名お入りいただけます。)
●パンはいつもこんな風に供されます。

●これは入り口にあるパン売り場でおみやげに買ったもの、トロワフロマージュ(3種チーズ)というもの。

●クロワッサンもある日おみやげに買って帰ったもの。

ルボンヴィーヴル」さん、すっかりわたしの毎日に組み込まれたお店になっています。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■ 気軽なおやつ3つ☆☆☆

■ 全国100万人の読者の皆さま、お菓子ひとつですっかり幸せになるエリーでございます。パティスリまで行くほどではない(行く時間がない)という時、気軽に買ってほおばってハッピーになった最近のお菓子3つです。(自主的おすすめ3 ww)

●ある日のおやつ、「進々堂」さんのパンオレザン 226円。
ザクザクぐるぐるしっとり、
ラムレーズンみっちりで、これ本当に好き(^o^)/☆☆☆

●また別の日のおやつ、大丸地下のパン売り場(Paul Bocuse)で
アップルパイ4分の1切れ 248円。
りんごたっぷりでおいし。レーズンも入っています。(^o^)/☆☆☆

●また違う日のおやつ、「フロマジュリー アルモニー」さんで、わたしはこの組み合わせが好きです。ゴルゴンゾーラフォルテと、生キャラメルとゴーダのチーズケーキ。持ち帰り1カット400円。
フロマージュ屋さんのチーズケーキ、本当においしい(^o^)/☆☆☆

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 掲載誌のお知らせ:料理通信 2019年2月号

■ 全国100万人の読者の皆さま、掲載誌お知らせでございます。

●現在発売中の「料理通信」2019年 2 月号、連載ページ「安くて旨くて何が悪い?」、今回出ていただいたのは烏丸通仏光寺角の「Le Bon Vivre ルボンヴィーヴル」さんです。

もうほんとーーに良心的なお値段で、フロマージュやフランス地方料理、家庭料理が食べられて、雰囲気もよくて大好きなお店です。

●先日今年2度めの訪問では、タルティフレットをいただきました。ベーコンとじゃがいもとルブロションのグラタンです。

●スープとサラダとパン付きで1450円(17時までのお値段)、カフェは別料金だけど300円。
お値段だけでなく、夕方の16時半みたいな中途半端な時間でも食事ができるというのがわたしにとってはものすごく重宝です。

「料理通信」2019年 2 月号、どうぞ(お買い上げの上)ご覧くださいませ<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************