■「SAVORY セイボリー」八百一本館

■ 全国100万人の読者の皆さま、家の近所ではというか、人生において、「八百一本館」がいちばん好きなスーパーかもしれないと思うエリーでございます。

その「八百一本館」さんの3階にあるレストラン「SAVORY セイボリー」で、野菜たっぷりの昼コースです。ちょっと久しぶりの訪問。
あまりによかったので2日後にサラダとパスタの簡単なお昼にまた訪れました。そしてまたすぐに伺いそうです。

●1週間ほど前のお昼に、このコースをいただきました。

●北海道の自家農場でできたとうもろこしのスープ。

北海道にも八百一さんは農園を持っていらっしゃる。
ウエブサイトに自社農場 というページがあります。

●八百一のサラダ、このスタイルは軽いコースAやBではいただけず、Cで初めて味わうことができるのです。

●こういう料理こそ真俯瞰写真撮っておかねばですねー(^o^)/

どれも素材よく、ものすごくおいしいです。感動深いです。

●さらに野菜の料理で、聖護院大根のアヒージョ、香味油で煮えたぎった状態なのだけど野菜の甘みや旨味が引き立てられていてお見事。

この聖護院大根は六角農場からということで、六角農場とはつまり窓の外、

●こちらです。ガラス窓の向こうが(建物の3階ですが)この眺め、ここで野菜が作られています。今は冬野菜が終わってたくさんない時期とは伺いましたが、それでもこの眺めとてもよいわ\(^o^)/\(^o^)/

●メイン料理には天然鯛の新キャベツ包み、ふきのとう風味 青のりソースを選択。

●青のりソースが香りよく、キャベツの甘み海老の旨味が鯛を引き立てていました。ふきのとうの香味は、わたしにはちょっと苦い感じがしました。ごめん。苦いのは、人生だけでいいのです\(^o^)/\(^o^)/

●デセールも選択できて、これは焼き立てのチーズケーキ。上に、八百一さんの京北農場のECOいちご。
ものすごくおいしかったです。

アイスクリームもいちご風味です。わたしは熱々のものに冷たいものを(コントラストとして楽しむ方がいらっしゃるのも知っていますが)のせるのが本当に好きではない。なので即お皿に移して別個にいただきました。熱々のタルトポムやタルトタタンにアイスクリームのせたりなんかするじゃない? ああいうのわたしは好きではない。熱いものが冷える、冷たいものが溶けると気が気ではなく落ち着きを失うのです。ごめん(^o^)

*****************

●すぐまた出かけて、今度はいちばん軽いAのコースです。

クラブエリーからの帰り道、しばし野菜たっぷりのお昼をいただいて、午後の仕事に備えようではないの。

●サラダは、コースCのように皿盛りではありませんが、これも十分に満足感がありました。ECOいちご入り、さらにいちごはソースにも使われていて、華やかなサラダでした。これだけでも幸せと思いました。

北海道のとうもろこしのスープと。

●聖護院大根(六角農場)とトマト(丹波農場)のクリームパスタ。パスタは手打ちのひらひら麺で、食感よくとてもおいしかった(^o^)/

*****************

●食後はもちろん階下の八百一本館さんで買い物して帰りますよっと♪

●いつも野菜から買いますが、

●売り場は完全に春でした。

芽キャベツ好きなのです。うれし。

マッカな野菜も買って機嫌よく帰りました。

八百一本館」さん、引き続きお世話になります。しばしば伺います。<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「マルシェノグチ」で希少なもやし

■ 全国100万人の読者の皆さま、ひとつ前の投稿で出ていただいた「マルシェノグチ」さんの話です。

 

●「マルシェノグチ」の野口泰亮さんが手に持っているものは・・・

大鰐温泉もやしというものです。
一子相伝状態で350年続いてきた、青森は大鰐という地のもので、現在数軒しか栽培しておらず、なので生産量は限られており、特に西日本で入手はほとんどできない、希少なものです。

わたしも初めて知りました。

●こういうものね。

●まっすぐ、30センチ以上のびた大きなもやし、しゃきっとした歯ごたえが心地よいものでした。ごま油で炒めても、だしを含ませてお浸しにしてもおいしく食べられました。

●「マルシェノグチ」さんのスープの持ち帰りもあって、この日はカレー風味のかぼちゃのスープでした。

●とろりんと甘いかぼちゃながらスパイシーでおいしかった(^o^) 温まりました。

マルシェノグチ」さん、伺えば毎回必ず何か新しいもの、楽しいものがあります。

★もやしはいつもあるものではなく入荷が限られています。持ち帰りスープも日替わりのものです。どうぞお問い合わせください。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■ りすのろ:「あぐり京都」、紫ずきんと栗

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろ 報告のエリーでございます。

リストランテ 野呂」10月25日(日)20時30分~、訪問213回目。

●この日放送のKBS京都の「あぐり京都」で取材されたのろっち=店主の野呂和美さん、放送の中で紫ずきんの蟹クリームコロッケと丹波くりのリゾットを披露していたので、それをやっていただこうではないの\(^o^)/\(^o^)/

●「あぐり京都」はこんなでした。

●紫ずきんと蟹のクリームコロッケと、丹波くりのリゾット、これを見て食べたいと思わずにいられただろうか?(いいやいられはしなかった。)

●わたしも紫ずきんをゲットしましたよっと。@「八百一本館」さんです。

●さて「リストランテ 野呂」でまず供されたのは、紫ずきんのフリットと、トマトに胡麻香味ソース。

紫ずきんの甘みが最大限引き出されていて、ほくほくした食感も心地いいものでした。

●紫ずきんと蟹のクリームコロッケ、とろとろしたクリームコロッケに豆がたっぷり入って食感もよいです。魚のスープが旨みを与えてたまらなく美味です。

ああもうものすごーーくおいしい☆☆☆

●そしてこれが栗のリゾットです。

●栗の甘さに、フォルマッジョの塩気やオリーヴオイルの香りがよく合って、まあ旨いったらないのです。感動深いおいしさでした。もうもう幸せです。世界でいちばんおいしいものをわたし食べているなあと思ったのでした。これはまたリピートします。いやパスタでやってもらおうか次は。

*****************

●以下、いただいた順番にいきます。

●さつまいもと栗のスープ、温製です。

●ラム酒を少しもらって入れてみたら、ぐぐっとお洒落な味になりました\(^o^)/

モンブランによくラム酒使うでしょう?あれを思い出したのだ\(^o^)/

●大山鶏もも肉しっとりハム、りんごとアンディーヴのサラダ。

●上に出した、紫ずきんのフリットと胡麻香味ソースをかけたトマト。

●秋刀魚のフリットが追いかけてきました。

●のりき=スーシェフ井上典樹が作るのりキッシュ(^o^) キッシュロレーヌ、上にほうれん草。

●おいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●上に出した、コロッケね。コロッケの中にも、外の魚スープにも紫ずきん=黒豆の枝豆入り。

●青森のシャモロックを、もも肉とむね肉食べ較べ。シンプル塩味で。

●そして栗のリゾットで締め。

飲んだのはペリエと赤ワイン。この後黒豆茶をいただきごちそうさまでした。

●毎日日替わり手書きメニュー。どんどん品数増えてすごいなあと思っています。

●裏にパスタやリゾットのメニュー例がありますが、ここに書いてないものでも、食材さえあれば何でもやってくださいます。

●ちなみにこれはちょうど3年前、2017年10月26日のメニュー。吹き出しはまだないし、A面だけでした。

のろっち=店主の野呂和美さん、本当にすごい。めざましい発展と活躍と思います(^o^)/

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席12席
2017年6月13日開店
************

ウエブサイト

リストランテ 野呂

オープンしました\(^o^)/
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

前もっての予約でコースも可。8000円~(税別)。

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「マルシェノグチ」で麻婆茄子

■ 全国100万人の読者の皆さま、ひとつ前の記事「果朋」さん訪問の後は、「マルシェノグチ」さんに向かったエリーでございます。

●野菜を買って帰りましょう\(^o^)/

熊本のひごむらさきという大きな茄子に、滋賀のあかりちゃんトマト、京都の丸おくら。

柑橘はレモンです。

●いちごやりんご入りのスムージーをいただき、目覚ましい思いでした\(^o^)/\(^o^)/

●何これ?こんなの知らなかった、、( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

まさかの「リストランテ 野呂」の秋茄子の麻婆茄子を見つけて、買わずにいられただろうか?(いいやいられはしなかった。)800円。

●麻婆茄子おいしかったです\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●こんなコーナーもできていました。りすのろの商品、いつの間にかこんなに増えていました(*_*)(*_*)

マルシェノグチ」さん、また伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「マルシェノグチ」シャインマスカット

■ 全国100万人の読者の皆さま、秋の到来を喜ぶエリーでございます。

●いつもお世話になる「マルシェノグチ」さんに、山梨からたっぷり入荷したというシャインマスカット。

●つやつやきれい、甘くてうっとり美味。
9月10日クラブエリー@「割烹 野呂」の後、初物を味見させていただき感謝しました<(_ _)>

よい季節です\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 掲載誌のお知らせ:ミセス 2020年6月号

■ 全国100万人の読者の皆さま、掲載誌のお知らせでございます。

 

 

●発売中のミセス 2020年6月号の新店紹介ページでは、

ヴェルデイタリアーノ イル ヴェーゴ」さんに出ていただいています。
この号もどうぞ(お買い上げの上)ご覧くださいませ<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「マルシェノグチ」の玉手箱サラダ

■ 全国100万人の読者の皆さま、食べものたっぷりのエリーでございます。

テイクアウト花盛りです\(^o^)/

●二条駅近く、大人気の八百屋さん「マルシェノグチ」さんで、
本当に開けてびっくりした、玉手箱サラダ\(^o^)/\(^o^)/

● 「イル ヴェーゴ」さんとのコラボレーションです。「イル ヴェーゴ」さんでインサラータとして出てくるものを、このすてきな紙の器に詰めたということです。
きれいなだけでなく、野菜とハーブが多彩に豊かに使われていて、実に実においしかったです\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

量もたっぷりたっぷりで、わたしは一気食べしたんだけどこれだけで腹七分までふくれた感じ・・・よく見直すと「二人前」と書いてあったわ(^o^)(^o^)ww

●別添えでソース3種類。どれもおいしかったけれど、とりわけキウイのソースには意表を突かれました。これは楽しいわ\(^o^)/

●店主の野口泰亮さん、いつもにこやかで、よく働かれます。

●グリーンスムージーをいただいてきました。酸味と甘味がよい調和、身体の中がすかーっときれいになる感じ\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●「マルシェノグチ」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「マルシェノグチ」も春\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、春のスムージーを楽しんだエリーでございます。

「二条 やま岸」さんで試食の後、そこから2分の「マルシェノグチ」さんへ。

●春のスムージーが揃っていました。

●これはストロベリー。いちご、りんご、バナナに、ブルーベリーも入っているとのこと。

酸味、甘み、フルーツの香り豊かなスムージーでした。おいしかった\(^o^)/\(^o^)/

マルシェノグチ」 野口泰亮さん。

クラブエリー@「イル ヴェーゴ」3月末も楽しみ(^o^)/

また伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「il Vego イル ヴェーゴ」オープン

■ 全国100万人の読者の皆さま、新店に伺ったエリーでございます。

1月21日の夜、「マルシェノグチ」さん経営の新しい料理店、
verde italiano il Vego ヴェルデイタリアーノ イル ヴェーゴ」が開店しました\(^o^)/\(^o^)/岡崎、仁王門通りを、「オ・タン・ペルデュ」さんのところ下ル、疏水前。こぢんまり居心地のいいカウンター8席のお店の誕生です。

●「マルシェノグチ」の野口泰亮さん(手前)と、シェフ、「クチーナイタリアーナ東洞」さんや「オーボンモルソー」さんなどに勤めてこられた水谷健太さん。
オープン日は4席でスタート、ゆったりいただきました。

●「マルシェノグチ」さんですから、そこここに野菜が飾られ、そしてどのお皿も野菜たっぷりたっぷりです。パスタでも、底に赤蕪が控えていたし、肉にも魚にも多すぎるほどの野菜が合わされていて、それがいちいちおいしかった\(^o^)/\(^o^)/

●当初はコースのみということです。

今回いただいたのは、税サ込みの1万円ちょうどのコース。お料理9品とドルチェ1品に、食後の飲み物付き。
ほんとーーーーーに価値があると思いました。
野菜がおいしいのはもちろん予測できたけれど、これは瞠目のおいしさと思ったお皿がありました。クラブエリーで必ずこれを出してねとお願いしてきました。

●カプレーゼ。赤いトマトではなく、透明トマトジュレとプーリアから空輸の水牛モッツァレッラでした。バジルペースト、プチトマトのセミドライと。

●どうだー!のインサラータ、さすがの充実ぶりです。根菜おいしい葉っぱもの香りいい。大根は、鶏だしなどではなく、水に塩とローリエを入れて炊いただけということ。しめじは昆布だしに浸したものと。

添えられたムース3種類は、カリフラワー/にんじん/サルサバニェット、本来パセリで作るところを、「マルシェノグチ」さんのマイルドなパクチーで作ったということでした。

●ビニエと言われてわからなかったのだけど、フランスのグジェールと思っていいです。これは黒オリーヴ風味でした。

●野口さんがカウンターに入ってサーヴィス係に徹しています。まー楽しいわ\(^o^)/\(^o^)/

●フォアグラのコンフィです。フルーツたくさんで、オレンジ、ドライにしたいちご、あんず、プリュンヌ。洋梨のコンポート。

●これはランバシッチというちりめんキャベツを使ったロールキャベツ。北海道から取り寄せているものだそうです。北海道の、真狩村だって。これが口あたりも旨味も最高、瞠目のおいしさでした。これはスペシャリテですね。\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●スパゲッティーニ、かぶらのパン粉。下から、赤かぶが出てきました、と。

●スペッツリ、ほうれん草を練り込んだ、豆つぶ大のパスタです。牛ほほ肉ビール煮と。

●下関の天然の真鯛、1.5キロ。丸大根のスープ。

●ビステッカです。

スキレット鍋で、すごい強火でがーっと火を入れられました。牛肉はアイルランド牛とのことでしたが、これがきめ細やかな舌ざわりでなかなかおいしかったのです。野口さんのライムが添えられました。さらに、

●ローストいんかのめざめと、メイクインのピュレが添えられていました。豆苗やらケールやら、緑の野菜もものすごーく香りがよかったです。

●ドルチェは和束のほうじ茶のジェラートに、吉川ごぼう。

●吉川ごぼうは蜜煮にされて、きな粉がまぶされていました。花びら餅で甘いごぼう大好き、だからこれも、とても懐かしい味としていただくことができました。ほうじ茶風味にごぼうにきな粉と、茶色系で揃って、わたしはとてもいい印象を持ちました。ただし、今後も野菜でドルチェを考える予定らしく、それはとてもチャレンジングなことだとシェフの水谷さんはおっしゃっていました。

●カフェ/和紅茶/ローズティからの選択で、和紅茶をいただきました。

●「マルシェノグチ」さんからおみやげもいただき大喜びです\(^o^)/\(^o^)/

●「イル ヴェーゴ」さん、まずは夜営業ということですが、桜の頃に、クラブエリーでお昼営業をお願いいたしました\(^o^)/\(^o^)/皆さん楽しみに(^o^)/

●夜の、お店の外はこんな感じ。はっきり言ってこのあたり、ぬばたまの闇 と言えそう\(^o^)/

●お花たくさんで、すぐに見つけられます。

 

●お昼の様子はこれ。美しい桜の季節には目を楽しませてくれる最高の散歩道となります。

●対岸から撮った、昼間の外観。

3月30日、31日の2日間、昼時間で、クラブエリーをお願いしてきました。

皆さん楽しみにー\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「verde italiano il Vego
ヴェルデイタリアーノ イル ヴェーゴ」
京都市左京区岡崎円勝寺町57-8
電話 075-748-1811
18:00~20:30LO・22:00閉店
月曜と第2火曜休み
2020年1月21日開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「マルシェノグチ」で野菜とスムージー

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー@「二条 やま岸」さんの帰りに「マルシェノグチ」さんに寄ったエリーでございます。

●スムージーはにんじん。にんじんの他にバナナやりんごやライム入り。

身体に染みる感じ。すごくいいものを飲んでいる感じ。近くなら毎日来ますー。

●黒豆の枝豆と、かぶらを購入。かぶらは塩もみでシンプルに、黒枝豆は10分ほど茹でていただきました。おいしかったー。

●「マルシェノグチ」さん、また伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************