■「KYOTO BISTRO」クラブエリー少し予告編

■ 全国100万人の読者の皆さま、パーク ハイアット 京都「KYOTO BISTRO」さん通いがくせになっているエリーでございます。

だってめざましく冴えたお料理なんだもん\(^o^)/次何が出てくるか楽しみでしょうがないんだもん\(^o^)/\(^o^)/

先日のNHK文化センター講座

その前のミニコースでは懐かしい鴨コン

その前はこんなの食べたことないうどん☆☆☆

などなど限りなく楽しいのです。

●さて先週の週末は、今月末にお願いしているクラブエリーの打ち合わせというか、予告編というか、プレゼンというか、結局全部オッケーそれ出してくださいなお料理をいただいてきたのでした。

●前菜の後の魚料理はこれとのことで、

真鯛のポワレ、かぼちゃの焼きリゾット

そこにソースが用意されていて、

●スープドゥポワソンベースの、レッドカレーソースがかけられました。

これが、あのフォーシーズンズホテル京都「ブラッスリー」さん時代に、当時そこの料理長だった井料剛さんが得意として作ってわたしたちを魅了した、エグゾティックなタイ風カレーを思い出させるソースで、旨い旨い旨い旨い( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

真鯛は皮面パリパリパリに焼かれてクルスティヤン(=クリスピー)、中はふんわりとやわらかで香りよく、雲の上にいるような心持ちに。しかし鮮烈なタイ風カレーソースの旨味が押し寄せて、このおいしさ比類なく圧倒的です( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

下に控えている香ばしい焼きリゾットがかぼちゃ風味で、ほんのり甘くてカレーソースといいバランスです。

このひと皿だけでも、来てよかったなあとうっとり・・・

●ソースたっぷりかけていただいて、ただただこのおいしさを味わいました。香りも食感も味もかんぺきで、もうほんと幸せだなあと(^o^)☆☆☆

クラブエリーではこの後、肉料理も出していただきます。聞いただけでおいしそうだったから、わたしも楽しみにしています。

●そして出てきたのだ鯛焼きが\(^o^)/\(^o^)/

7月に二年坂ティータイムでいただいた鯛焼きを思い出しましたが、これは全く別物、、本来前菜にと考えてくださったそうで、

●ピッツァ生地で、カルツォーネ風に作って鯛の型に入れて焼いてから揚げた(ものすごく手の込んだパンツェロッティ?)クアトロフォルマッジョとのこと。

料理長の井料剛さんがめん棒で生地を伸ばしていたからピッツァ作るの?と一瞬思ったのだけど(写真撮るべきでした)、しかしなんとまあめでたいこと~~

クラブエリー7周年めでたいと勝手に解釈して喜びました(^o^)☆☆☆

さらにここにはちみつが添えられたのです。流れ出るフォルマ~~~~ジョ、塩気も明確でたまらない。

旨旨旨旨( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)旨旨旨旨

瞠目の旨さというか風味絶佳というか、めでたいかわいいおいしい、ただもう旨い。

●締めパスタ、リングイニ来ましたー(^o^)/

これはここで初めていただくもので、マッシュルーム、柚子、大葉、パルミジャーノ、花穂紫蘇。

大黒しめじとエリンギも入っているきのこのパスタですが、クラブエリーではまたちょっと違った仕立てになるそうです。それも楽しみ。
麺を、マッシュルームだしで和えているとのことでしたが、何かほっとする味で、これにはすてきな隠し味があるみたいでした。今度明らかにしていただきましょう。

以上でクラブエリー予告編のお料理は終わり、もうもう大満足、ほんとーーにおいしかったのですが、

●シュークリームがまだあるのを見て、いただかずに帰れたでしょうか?

(いいや帰れはしなかった。)

●飲み物は、とても気に入って抹茶ソーダ(レモンなし)を必ずいただくのだけど、それに合わせて抹茶シュークリームを選択。

お茶のいい香り。なめらかなクリーム、シュー生地もぱふぱふとしておいし(^o^)☆☆☆

●しかし塩キャラメルのシュークリームも食べたかった欲深いわたし、桃のタルトと共に箱に入れていただき、命の次に大事とそろりと持ち帰ったのでした。

●桃のタルト、フレッシュ桃たっぷりで下はみっちり詰まったタルト生地、側面にあしらわれたピスタチオがパリパリと食感と香りを添えて、かんぺきのぺき子ちゃんなのでした。

何もかもおいしかったパーク ハイアット 京都「KYOTO BISTRO」さん、クラブエリーまでにまだ伺いますよっと\(^o^)/

9月末のクラブエリー@「KYOTO BISTRO」さんは、あとわずかお入りいただけます。申し込んでくださいね(^o^)/

●今回も井料剛さん、平久江裕さん、スタッフの皆さん、よくやってくださいました。御礼申し上げます<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「KYOTO BISTRO」パーク ハイアット 京都でNHK講座

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

9月のNHK文化センター講座のお昼(第1木曜)を、
パーク ハイアット 京都「KYOTO BISTRO」さんにお願いしました。

●左から、パーク ハイアット 京都 総料理長の井料剛さん、料理長の平久江裕(ひらくえゆたか)さん。

撮影時、一瞬だけマスクをはずしていただいています。

とてもよくしていただきました<(_ _)><(_ _)>

●こんなコースを組んでいただきました。

何度もいただいて馴染みのある料理と、初めてで楽しみなものとあって、見ただけで期待いっぱいになりました\(^o^)/

●スタート前にキッチンを覗いたら、準備に余念のない様子。「KYOTO BISTRO」2階にあるキッチンは自然光の入る気持ちのいい空間です。

●ひと皿め、

本まぐろと賀茂茄子 トマトのガスパチョ。それだけでも十分うれしいのに、

そこになんと\(^o^)/ テーブルを回って、きゅうりのさらさらなグラニテをかけてくださいました。

きゅうりは昨今、高値な高級品です☆☆☆

いや、値段関係なく、わたしはきゅうりが大好きなのです\(^o^)/\(^o^)/

よくわたしのきゅうり好きを把握していてくださいました(^o^)☆☆☆

●窓際で自然光で撮影してみますよっと(^o^)/

●本まぐろ、賀茂茄子もごろごろと入っていて、清涼感と旨味を同時に感じさせた稀有な一品。

うっとりすてきなスタートでした。

●そして2皿めはこれ、これも驚かされました。

サン・ジャック=ほたて貝の料理なのですが、ブルゴーニュ風。

つまり、エスカルゴバター味です。

●しかしこのブルゴーニュ風は、大葉を使って作られた、実にオリジナリティあふれるものでした。

KYOTO BISTRO風に、和素材どんどん使いますと。

火の入った甘いほたて貝に、大葉でブルゴーニュ風、香りがよかったです。激しくOKです\(^o^)/

そしてあしらわれているのは十勝マッシュです。

もうここまででも、京都素材に北海道にブルゴーニュ風にスペイン発祥のガスパチョ・・・と多彩で楽しいことです。

●そして、キターーーーー\(^o^)/\(^o^)/

定番名作料理、いぶりがっこ、実山椒入りのアクアパッツァです。魚は真鯛。

これがこれがこれが、何度いただいてもおいしいのです。

スープ全飲みせずにはいられないのです。

あさりといぶりがっこ、真鯛から出たおだしだけで、特にかつおや昆布は使っていないということ。

万願寺とうがらしが彩りを添え、アクセントの実山椒がぴりりと効いて、本当に粋なお料理です。

●カジュアルな感じの「KYOTO BISTRO」さん1階と較べて、2階は木目の美しさを随所に感じさせるシックな造りです。

●わたしたちがお邪魔したお部屋の手前にこんなお部屋。

窓からの眺めは、

●二寧坂です。ものすごく京都、激しく京都、ヴェリー京都です\(^o^)/\(^o^)/

●さて次のお料理、京丹波高原豚とはいかなるものでしょうか? 

キッチンを見に行きますと・・・

●をを\(^o^)/\(^o^)/

切る前の状態でプレゼンしてくださいました。

これだけ見ると豚らしく、ワイルドな感じもしますが、実はまったく予想をくつがえす食感と味だったのです。

●豚肉に包丁を入れたら、

●断面はこんなでした。

●京丹波高原豚のグリル チミチュリソース

優美な、としか言えない舌ざわりの豚肉がすてきでした。グリルといいつつ、18時間真空調理でじんわり火を入れた後に炭火で焼いて仕上げられたそうで、香ばしさもありながら、歯の要らない柔らかさで溶けるようでした。あまりにおいしい美しい☆☆☆
チミチュリソースというアルゼンチン発祥の香りよいソースがかけられて、京都の豚が何かエグゾティックな感じになっています。

さすが、
ワールドオブハイアット
なのでした\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

ちなみにブエノスアイレスにもハイアットさんあります

宮殿ホテルすごい( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●締めパスタに、リングイニ、来ましたーーー\(^o^)/\(^o^)/

とうもろこしの香りと粒粒、フレッシュ麺の食感がたまらない定番メニューのリングイニです。

リコッタチーズをからめもって、なめらーかかつ粒粒のおいしさをうっとり味わいます。松の実も香りを添えて、ほんとーーーにおいしいのです。

●そしてデセールに、またさらさらグラニテ来ました\(^o^)/

●白桃、上から温州みかんグラニテ、ベルガモットの香り。グラスの底にはマンダリンのジュレが仕込まれていて、底のオレンジジュレとトッピングのみかんグラニテが呼応しあって白桃のおいしさを引き立て、ほんと憎たらしいほど旨い、すてきな一品でした(^o^)☆☆☆

ほんとーによかった\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆☆☆☆

●食後のカフェか紅茶で、紅茶を選択。

●10月の新商品のパウンドケーキも発売に先駆けておみやげでいただき、感謝しました。

これがまた少し洋酒も効いていて、強烈おいしかった(T_T)(T_T)  10月にまた詳細お見せします。

井料剛さん、平久江裕さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。

参加者の皆さんにも御礼申し上げます。

KYOTO BISTRO」さん、パークハイアットならではの高級感とビストロの親しみやすさ、両方を併せ持った稀有なお店です。

そしてほんとーーにおいしい\(^o^)/

また近いうちに伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「KYOTO BISTRO」でミニコース、鴨コンも♪

■ 全国100万人の読者の皆さま、週末の夕方、パーク ハイアット 京都「KYOTO BISTRO」さんに出かけたエリーでございます。

ラグジュアリーホテル内にありつつ気楽に伺えて、才気ある料理がとびきりおいしーい\(^o^)/

さてこの日は・・・

●あれもこれも食べたくて決めかねていたら、ミニコース仕立てにしてくださって、わたしは料理を選ぶことを放棄したのでした\(^o^)/\(^o^)/

これ大好きな前菜の品です。グリルした桃と、燻製生ハムのサラダ。火が入った桃に、燻した生ハムよ。何もしないでも美味な食材がよりおいしくなっていて、それらがかけ合わされていて、旨くないわけはないでしょう☆☆☆

●をを、これも好きです\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

とうもろこしとリコッタチーズのリングイニ。

とうもろこしの粒粒感にねっとりしたリコッタのコントラストがすてき、リングイニじたいが問答無用で旨い、色きれいということで、また飛んでいってこれいただきたいと思います。

●アクアパッツァの「KYOTO BISTRO」風、これも大好きな一品。ケイパーやオリーヴを使わず、山椒といぶりがっこを使って独自の風味を出しています。これが旨いったらないのです\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

あさり、真鯛。万願寺とうがらしがまた風味を香味を添えて、絶妙な組み合わせです。おだし全飲みいたしました。

一緒に出かけた方がお好きに違いなかろうとお願いしたメニューでしたが、いややっぱりおいしーい\(^o^)/☆☆☆☆☆☆

●そしてメイン料理です。鴨のコンフィを用意してくださっていて大喜びしました\(^o^)/\(^o^)/

亀岡の七谷鴨ということ。

これがたまり醤油とメイプルシロップを使った照り焼き風でとてもユニーク、黒七味が効いていました。

鴨肉じたいはコンフィらしくほぐほぐとほぐれて食感心地よく、しかしどうにも和風なのがおもしろい\(^o^)/\(^o^)/なんてオリジナルなおいしさ\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●切り分けていただいたものです。

野菜はアンディーヴにミニロメインレタス、クレソン。オレンジも。粋な味です。

●ティラミスの、「ザ リビングルーム」仕様とのことで、カフェ風味のグラニテで覆われておしゃれなことでした。しゃりしゃりと冷たいティラミス本当においしかったーー(^o^)/☆☆☆

料理長の井料 剛さん、よくしてくださいました\(^o^)/

飲んだのは抹茶ソーダのレモンなし。

KYOTO BISTRO」さん、今回もはっとする美味に満ちて、本当によかったです。

まだまだ伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「KYOTO BISTRO」でお祭りのようなサラダ\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、「KYOTO BISTRO」@パーク ハイアット 京都さんで、先週末におもしろいものをいただいたエリーでございます。
*****************
1)口の中がお祭り騒ぎになるサラダ
2)まさかの正統派うどん(「おうどん萬樹」さんの麺に、おだしも直伝!!)、それがおもしろいトッピングでアジア麺みたいになるというもの。
*****************
●まずサラダです。
KYOTO BISTRO サラダ 枝豆のファラフェル 梅ドレッシング
というものです。

●写真を撮るために整えますよと。

ファラフェルは普通ひよこ豆製なのだけど、枝豆たっぷりで作ったのがまずおもしろいです。

そのファラフェルのエグゾティックな味を主旋律に、サラダにコリンキー、らっきょう、おくら、スナップえんどうと風味が楽しく、ディルやセルフイユが香りを添え、かぼちゃの種やオリーヴが食感のアクセントとなるというもの。そこに梅のドレッシング。

●世界の風味が集結で、何でもありだけど、絶妙な調和でものすごくおいしい(^o^)(^o^)/☆☆☆ 
口の中がぱーっと万華鏡になったみたいに香味が広がりはじけ、お祭り騒ぎになるという感じ。愉快になって何これ?と笑いながら食べているうちにあっという間にお皿はカラになります。
●そしてうどんです。
9月からメニューにのるものを試食させていただきました。完成したばかりの試作品ということ。

麺はいつもの「おうどん萬樹」さん、おだしも店主の永田昌彦さんの指導通りに仕立てたものということ。
●これだけいただけば、あまりに懐かしい「萬樹」さんのおうどんを思い出すわけですが、それで済まないのが「KYOTO BISTRO」さんですよっと\(^o^)/\(^o^)/
●トッピングが3種類添えられるのです。
●赤味噌で味付け、唐辛子が効いたきんぴらごぼう
●長ねぎ、にんにく、生姜、実山椒、米などを揚げて、パリパリのふりかけにしたもの
●はちみつ漬けの梅をたたいたもの
●のせてみたらこんな感じ。
もうもう、これは何なのだ?な味になり(とりわけパリパリふりかけ)、おもしろくて心を奪われました。
★うどんには美しい翡翠色の茄子と茗荷がのっていました。この部分はまた季節ごと変えていきたいということでした。

9月に正式に始まったら、これまたいただきに伺います。
★おだしも全飲みいたしました。幸せでした\(^o^)/

井料剛さんありがとうございました\(^o^)/\(^o^)/
*****************
●さらにさらに、止まらんナッツというのがあるのです。

スパイスナッツというのです。

ピーカンナッツ加工品。

スパイシーで、塩気も効いて、やめられない止まらない\(^o^)/\(^o^)/

●こちらは甘い味で、

スモーキーメープルナッツ といいます。

ほんわか甘くて後を引き、これもまたひとつまたひとつと止まらず食べてしまいます。

●ナッツはこの筒型のケース入りで、各1800円。甘辛セットで手みやげにしてもすてきです(^o^)/

KYOTO BISTRO」@パーク ハイアット 京都さん、また近いうちに\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「KYOTO BISTRO」焼きサラダとアクアパッツァのリングイニ

■ 全国100万人の読者の皆さま、「KYOTO BISTRO」@パーク ハイアット 京都さんに出かけたエリーでございます。

先週のカレーもおいしかったし、まだまだお料理をいただきたいではないの。

●焼き野菜たっぷりの海老(本来は蛸)のサラダが、
ほんとーーーにおいしかったです。オープン以来のロングセラーだそうで、わたしは蛸をいただかないからこれ視野に入っていなかったのだけど、海老に替えていただいたものを味わってみて、これは旨いわ楽しいわ\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
大ぶりの椎茸やらししとうやらがカットせず入っています。海老6尾! とろとろに火が入って甘くなったねぎ。(焼き鳥のねぎまの感じ。)とびうおのプチプチしたのがポン酢風味のヴィネグレットソースに混ぜ込まれていて、何これほんとーーーーにおいしい(^o^)(^o^)(^o^)☆☆☆
軽く2人分ほどある大盛りサラダでしたが、ひとりで全部いただきご満悦エリーとなりました\(^o^)/

●小ぶりなロメインレタスの、真ん中の柔らかいところだけが使われていました。サラダの具材は大ぶりでワイルドでしたが、ロメインレタスが優美な口当たりで、何ともすてきなコントラストであり調和でした。

●そして、先日アクアパッツァとしていただいたものを、今回はリングイニ仕立てでいただき、これまた強烈な美味でした。あさりだしが効いて、真鯛は今度は香ばしく炙ってあって食感と香りを添えていました。ドライトマトの旨みと酸味が粋に響いて、いぶりがっこもアクセントになっていい感じ、あーこれもまた忘れがたいひと皿でした。

●あさりと、皮目パリパリに炙ってほぐした真鯛がたっぷり。

麺は「おうどん 萬樹」さんによるものです。

●今回飲んだのは抹茶ソーダ、レモンなしです(本来レモン汁が加えられます)。

●この夏発売のフルーツのジュレのセットをプレゼンしてくれる、料理長の井料剛さんです。

●こういうものです。美しい箱入り、4種類入りで4000円。

●まずは みかんベルガモット

桃ほうじ茶といただいてみて、心を奪われました。

●夏の贈り物にすてきです\(^o^)/\(^o^)/

*****************

KYOTO BISTRO」さん、クラブエリーも来月お願いしています。皆さん激しく楽しみに\(^o^)/\(^o^)/

次またいただきたいものがあり、また近いうちに伺います<(_ _)>

*****************
こんなの見つけました。

●朝日焼の本です。

つなぐ心、つなぐ技 朝日焼の四百年

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「KYOTO BISTRO」でバターチキンカレー♪

■ 全国100万人の読者の皆さま、パーク ハイアット 京都「KYOTO BISTRO」さんで、先日来食べたくてしょうがなかったカレーを食べてきたエリーでございます。
ちなみに前回の記録はこちら
●バターチキンカレー、ものすごく好きな味でした。
小麦粉は一切使わず、カシューナッツベースということ。

グルテンフリーですということ。

●カルダモン多めらしいです。お茶碗に入った白ご飯といただくのが、なんだか素朴な感じで意表を突かれました。(すごくおされ~に全粒粉のなんとかとかピタパンなどが添えられてくるイメージだったので。)
料理長の井料剛さんの(フォーシーズンズホテル京都時代からの)タイカレーが印象に残っているので、カレーおいしいだろうなと思っていましたが、期待通り本当においしかったです\(^o^)/☆☆☆

●前後しますが、前菜にお願いしたのは、レモンとレモングラス、ミントでコンポートした後グリルした桃と、燻製した生ハム(イタリアのスペック)のサラダ。オリーヴオイルとバルサミコ、トマトと水分を抜いたほとんどリコッタのようなヨーグルト、さらにケイパーやスライスしたアーモンドやセルバチコが粋な香味と食感を添えて、たまらなく美味なひと皿でした。心を奪われました。
●食後にシュークリーム(^o^)♪
今回はティラミスを選択。
●8月2日(月)までは、まだ合法的にワイン飲めるんですよね♪
閉店間際までお邪魔しましたので、店内はお客さまがひけた後の状態です。

KYOTO BISTRO」さん、まだまだいただきたいものがあり、そしてリピートして味わいたいものがあります。

また近いうちに伺います<(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「よ~いドン!」おすすめ3、最新ホテルで何を買う?

■ 全国100万人の読者の皆さま、激しくおすすめしたエリーでございます。

関西テレビ「よ~いドン!」の「おすすめ3」、7月19日(月)放送でした。(うっかりしていてアップ遅くなりました<(_ _)>)
今は昔、4月半ばに収録してもらっていたのが、お店3軒のうち2軒が緊急宣言事態下、休業に入られてしまい使えなくなって、やっとこさ日の目を見たのでした。よかった\(^o^)/\(^o^)/
*****************

(以下50音順で、)
●パーク ハイアット 京都さんのシュークリーム
今回は塩カラメルを推薦
●フォションホテル京都さんはエクレールショコラ
●MUNI HOTELさんはショコラの、マンディアンオフリュイセック。
*****************

●パーク ハイアット 京都さんのシュークリーム
●フォションホテル京都さんはエクレールショコラ
●MUNI HOTELさんはショコラの、マンディアンオフリュイセック。

どれもひと口食べたらうっとり幸せに包まれる濃厚なお菓子ばかりです。
ご協力いただいた皆さまに感謝たくさんです。
<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「KYOTO BISTRO」夏のメニュー(追記あり)

■ 全国100万人の読者の皆さま、パーク ハイアット 京都「KYOTO BISTRO」さんに出かけたエリーでございます。

先日も二年坂ティータイムが楽しかったし\(^o^)/

今回は夏メニュースタートということで、お料理をいただきに参りました。

青字の部分が追記で料理の説明です。

●こんなメニューね(^o^)

●まずこれは、月曜~金曜の15時~18時の間のハッピーアワーでのみいただける、

豆腐フムスと胡麻たっぷりのピタブレッド。

本来ひよこ豆を使うフムスを、とろとろの豆腐を使って、スパイス効かせて作られています。

このひと皿めから、やみつきうまかったのです\(^o^)/

ピタパンの生地はピッツァの生地と似たものであると。フルールドゥセル(マルドン使用)をかけて400℃で焼きます。

豆腐フムスはガーリックや生姜入り、オリーヴオイルとグレープシードオイル、さらに少量の胡麻油も使って和風味を出しているとのこと。

●季節野菜のスープで、これは焼き茄子のポタージュ。焼き茄子の香りをスープにしましたというものです。

グリルした焼き茄子の皮を剥いて一番だしでのばしたポタージュ。砕いたカシューナッツと揚げた茄子をトッピングに。オリーヴオイル少々。

●海老とアボカドとグレープフルーツのサラダ。

これも絶妙な組み合わせ、粋な味でした。見た目が華やかなのもよいです。

柚子とオレンジのドレッシングで和えた海老に、ハラペーニョを少量加えてピリ辛味を添え、上からキラキラできれいないくらと、マイクロコリアンダー。

●とうもろこしとリコッタチーズのリングイニ。

とうもろこしの甘みや粒粒感がパスタをこんなにおいしくするか~?と心を奪われました。

元「萬樹」の永田さん手打ちの麺。これは卵練り込み。

とうもろこしの皮とひげで取っただしで和えている。

フレッシュオレガノと、ガーリックと合わせたドライオレガノ、ドライトマト、ローストした松の実。

リコッタチーズが溶けてからんでマイルドなクリームソースのようになります。

●山椒と赤味噌のボロネーゼ、

赤味噌の旨みに山椒がピリリと効いていて、これもまたやみつきなおいしさでした。

こちらも永田さんの手打ちパスタですが、こちらは卵なしということ。

ベースは普通に赤ワイン、玉ねぎ、にんじん、香味野菜とひき肉で作っているとのこと。けれど赤味噌のこく実山椒の清涼感で和の味にして、さらに豚ばら肉と牛肉を、ひき肉とは別に加えて肉を感じさせ、揚げた茄子も加えて風味と食感を添えているということです。

●アクアパッツァも和のエスプリを感じさせました。オリーヴやケイパーの代わりに、いぶりがっこと山椒を使ったということ。

魚は真鯛。貝はあさり。旨みじわじわ押し寄せて、これもまた忘れがたいなあと。(またいただきたい<(_ _)>)

フュメドゥポワソンに、ドライトマト、万願寺とうがらしで酸味や夏野菜のおいしさを加えたということです。

●食後はシュークリームです(^o^)☆☆☆

抹茶を選択しました。たっぷりのクリームは抹茶の香味鮮やかで、本当においしい(T_T)(T_T)

●ナッツのタルトも1カットいただきました。ピスタチオ、松の実、アーモンド、カシューナッツなどなどがびっしりのった、ナッツでナッツでしょうがないタルトです。タルト生地もアーモンドプードルたっぷりで、しっかりめなものでした。飲み物はアンフュージョンなどより濃いカフェの方が断然合う感じ。ナッツ好きはこれ必食ですー。

(ナッツのタルトは本来ラウンジスペース「ザ リビングルーム」で出されているものです。)

●パーク ハイアット 京都「KYOTO BISTRO」さん、夏メニューにまだ食べたいものがありましたから、また伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ パーク ハイアット 京都 二年坂ティータイム

■ 全国100万人の読者の皆さま、パーク ハイアット 京都さんの、
KYOTO BISTRO」に出かけて楽しかったエリーでございます。
7月17日(土)の15時に発売開始した、
NINENZAKA TEA TIME 二年坂ティータイム
発売と同時にいただきました(^o^)
おもしろかった\(^o^)/おいしかった\(^o^)/\(^o^)/
ホテルのビストロで、2000円台で、
アフタヌーンティとはまた違うティーセット。

●内容はこんなです。

●1ドリンク付きます。それで2700円、税込みで2970円\(^o^)/\(^o^)/

料理長・井料剛さんいわく「攻めた値段」ということ(^o^)

●ティーセット、まずはこのお皿が供されます。甘いのと塩気のものとが同時にのってきます。

どう食べてもいいと思うけれど、アイスクリーム入りのシューは早めにいただきましょう。

わたしはやっぱりサレ、塩気のものから先にいただきまして、

●だし巻きのサンドイッチには甘辛く炊いた椎茸と、しば漬け(^o^)(^o^)

●サーモンのリエットには山椒入り、いくらとらっきょうのスライスのせ。

●カツサンドにはきゅうりトッピング、柚子胡椒のような、ライム胡椒\(^o^)/
少し和の風情のあるサンドイッチ3つ、とてもよかったです。
そしてスイーツはシトロンのタルトとマンゴーのタルト。わたしはココナッツシューアイスがたまらないおいしさで好きでした。
●中央はドーナツ2つ、上はピーチメルバ的な味、下はレモン風味。

●飲み物には抹茶ソーダをいただきました。抹茶がしゅわしゅわしているの(^o^)/

レモン入りで酸味も効いていました。(しかしわたしはレモンは要らんと思いました。ごめん(^o^))

●そしてなんと、最後は熱々焼き立てのたいやき、鯛焼きでした\(^o^)/\(^o^)/

●この赤チェックの紙がまた好きでしたー。わりとマイカラーです\(^o^)/☆☆☆

●中は濃厚ヴァローナのショコラです~~\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

熱々の鯛焼きショコラ、感動深かったです。
心が躍る、気分が上るティーセットでした。
パーク ハイアット 京都

「KYOTO BISTRO」
NINENZAKA TEA TIME

土日祝限定で、15時~17時LO。

限定数はなくて、注文同時に30くらいあっても大丈夫とのこと\(^o^)/
税込みで、2970円。
また伺いますー\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「KYOTO BISTRO」のシュークリーム

■ 全国100万人の読者の皆さま、オレンジ風味のシュークリームに心を奪われたエリーでございます。

パーク ハイアット 京都「KYOTO BISTRO」さんで、最新、季節のシュークリームを味わったのでした。

●これね。オレンジのクーリ、生クリーム、下にアールグレイのクリームで、もう意表を突かれました。硬すぎず柔らかすぎずな皮の加減もよくて、おいしいのです\(^o^)/\(^o^)/

●ただ今こんなラインナップです。

上左から時計回りに、ヴァニラ、いちご、ショコラ、柚子、洋梨、抹茶、オレンジとアールグレイ、モンブラン

●オレンジとアールグレイのシュークリームと共に、定番のヴァニラ(カスタードクリームと生クリーム)、ショコラもいただいてみました。
甘さほどよく、繊細な香味は日本人のためのパティスリという感じで非常に印象がよかったです。
それと持ち帰って味わった抹茶もすばらしく香りよくて仰天するほど、ひととき桃源郷にいるかのようでした。

パーク ハイアット 京都「KYOTO BISTRO」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************