■「ラ・ロカンダ」ザ・リッツ・カールトン京都

■ 全国100万人の読者の皆さま、ザ・リッツ・カールトン京都が大好きなエリーでございます。あの場所がまず何とも馴染み深いのですね。ホテルフジタの時代から。リッツさんになってからはひたすら「水暉(みずき)」さんにお世話になってきました。和食もお寿司も鉄板も天ぷらも、ずば抜けてクリエイティヴでおいしいから。

●今回はイタリア料理のレストラン「ラ・ロカンダ」さんに伺いました。6月に料理長に就任した小澤達也さんによるコース料理を初めていただいたのです。ものすごく丁寧で構築的で、ほとんどフランス料理のよう。京都で食べ慣れている「京都イタリアン」とはまた全然違う料理でした。「京都イタリアンはやらないけれど、日本の食材は使っていきたい。伝統を踏まえつつの、今ふうの料理」と語ってくださいました。小澤さんはもとは群馬出身、修業は東京とイタリアでという方です。とても感じのいい方でした。(^o^)(^o^)/

以下コースで、

●アミューズは海のイメージとのこと。バッカラマンテカート=塩鱈のすり身を、カラサオ=パリパリの生地にはさんだもの。

●自家製のグリッシーニとパン、フォカッチャ。オリーヴオイルもフレッシュ感際立ちました。

●琵琶ますの低温マリネ。おかひじき、花穂紫蘇。玉ねぎピクルスに胡瓜ソース、揚げパンにトマトソース。

●カネロニ、中にオッソブッコとじゃがいものピュレを合わせたもの。サフランリゾットソース。サフランはトルコ産の、とても高価なものでした。

●テーブルに運ばれてからソースが注がれ完成した魚料理は、

●鱸(すずき)の蒸し焼き。下にひよこ豆のピュレがクッションのように敷かれていました。上にマイクロセロリ。

●このガルニチュールがまたおいしくて、不断草といかとひよこ豆を煮込んだもの。

いかとオリーヴオイルのソース。

●ほうれん草に包まれて登場したのは、

●24日間熟成させた奄夢豚。まわりにはローズマリーのパウダーです。

●下に、小松菜と干しぶどうと松の実のソテ

以上すべて、細部まで美味なお料理でした。

●柑橘と白チョコレートのドルチェは、

●レモンとヴェルヴェーヌのソルベに、柑橘(オレンジ、ピンクグレープフルーツ、レモン)のサラダ。

●白チョコレートを割りながらいただきました。ヘーゼルナッツのクランブルが食感のアクセントになっていました。

これは酸味の際立つデセールでしたが、ババのような、甘みのお菓子もありました。

●食後にカフェ。

今回初めて「ラ・ロカンダ」さんにクラブエリーをお願いしてきました。秋の開催です。クラブエリーの皆さんどうぞ楽しみに。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「リストランテ 野呂」で冷たいパスタ

■ 全国100万人の読者の皆さま、日中の外出は可能な限り控えているエリーでございます。気温38.5℃などとニュースで伝えられていますが、照り返しがあったりエアコンの排気があったりして、実際には40℃を超えているのではないかと思います。暑いというより、何かもうおかしい、何か非常事態な感じがします。

■ でもでも、夜になっていいものを食べてきました、りすのろに行ってきました。
7月15日(日)20:30~「リストランテ 野呂」、
友、遠方より来たる、また楽しからずやで3名で。よくこの熱暑の京都に来てくださいました。
お料理、順番にいきます。

●夏の定番フルーツスープ少量と、

●かぼちゃスープも少し。いずれも冷製です。

●割烹も ぎょぎょっと驚く 魚盛り

●12時の方向から(11時50分くらいかな・笑)

はがつお/めいち鯛/のどぐろ/かんぱちとトマト/まながつおと、バルサミコマリネの茄子/はまち/まぐろと雲丹/まあじ/真鯛/甘海老/いさき、オレンジとからすみ。

●鮎のコンフィが、かわいく飾られて出てきました。同じ鮎でもこんなのはじめてー♪ で喜びました。げきかわ(^o^)(^o^)

●しらさ海老のフライに、

●香住の蟹クリームコロッケ、上に雲丹。

●茄子の揚げ浸し、大根おろし。これ和食か?(^o^)(^o^)

●初めての方のために、りすのろのミンチカツ、うしろにほろほろ鳥、大山の地鶏。少しずつの盛り盛り、みんなが食べたいもの全部食べられた\(^o^)/

●NP100=のろっちのパスタ100、その56は、
冷製スパゲッティ、バジルソース。冷たいパスタを頼もうと思っていたのがわかっていたのか?何も言わないのに出てきて驚いた。甘海老、水茄子白ワインヴィネガーマリネと。

●なんてこったのパンナコッタはすだちのパンナコッタ。レアチーズケーキみたいな感じでおいしかった!!すだちと聞いただけで「ちょっとでいい」なんていって悪かった<(_ _)><(_ _)>

●しかしやっぱりこれです、アマゾンカカオのパンナコッタ!やっぱりショコラがいいです(^o^)
夏の食材満載、全部全部かんぺきに申し分なくおいしかったです(^o^)(^o^)/☆☆☆
●飲んだのはペリエ、白ワイン、食後に初のアイスコーヒー。
りすのろすぐまた行きます。
★今週の木曜、7月19日、クラブエリー@りすのろ、キャンセル出ました。よろしかったら初めての方でもどうぞー\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回火曜休み

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
昼コース1800円と4500円、
夜はアラカルト、前もっての予約でコースも可。
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「カンティーナ アルコ」の冷たいパスタ

■ 全国100万人の読者の皆さま、「カンティーナ アルコ」さん大好きなエリーでございます。

クラブエリー(「岩さき」さん夏の2回目)後、蛸薬師通麩屋町の、大好き「カンティーナ アルコ」さんへ。お昼営業を14時から夕方までされていて、この独特の時間帯がクラブエリー後のわたしに絶妙にありがたいのです。

●今回伺ったら、皆さんこの模様のTシャツ着ていらした\(^o^)/

●こんなお昼メニューです。自由で楽しい☆☆☆

夏の冷たいパスタが今年も始まっていて、これは
オレキエッテ、ルッコラと甘海老
つるんとしたオレキエッテにレモンソースで酸味鮮やか、ルッコラの苦味が効いて、目覚ましい味\(^o^)/\(^o^)/
●その前に
前菜、盛り盛りで400円。なんてありがたいお皿。
・モッツァレッラとトマト
・自家製ツナ
・カポナータ
・いかのサルディニア風トマト煮
・ズッキーニ煮込み、新にんにくと
・サラダ

これほんといいです。(^o^)/

●食後にマキアート。
この時間、外は気温35℃で灼熱状態になっていましたが、さわやーかなひと時でした。おいしかった\(^o^)/\(^o^)/

●「カンティーナ アルコ」さん、また伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「リストランテ 野呂」ですっかり夏の料理

■ 全国100万人の読者の皆さま、いつも通り日曜の夜、りすのろに行ってきたエリーでございます。

「リストランテ 野呂」7月8日20:30~。
*****************
●冷たいフルーツスープ、夏じゅうこれがいい☆☆☆
●雲丹の金目鯛巻き。トマトソース。これは旨いわたまらんわ。
●いつでもペリエ。パリでも毎日ずーっとペリエを飲んでいて、「京都と同じもんがこっちでも飲めてうれしい」と思ってた(^o^)(^o^)ww
●とうがらし(京みどり)のいさき巻き。黄色ズッキーニのピュレ。ソースやピュレは、ソーシエゆーすけくん=渡辺祐介作。
●自家製のハムと白桃。ハムおいしい、ジャスト柔らかで食べ頃の桃と合ってました。(T_T)(T_T)
●水茄子とトマト、海老のバジルソース和え、デトロイトやディルなどハーブが香味を添えて粋です。
●鮎の3段活用\(^o^)/\(^o^)/
コンフィ/フライ/コンフィのフライwww
●蟹クリームコロッケは、
●なんと雲丹入り\(^o^)/\(^o^)/これはずるいわ旨くてしょうがないわ( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;) 下に敷いたトマトソースも旨。
●NP100=のろっちのパスタ100、その55はスパゲッティ・ボロネーゼ。パチパチパチ。肉肉しくて、同時にトマトの酸味が際立つソース。
●追いボロネーゼしてくれて、最後までソースだくだくでいただきました。幸せなパスタでした。
●なんてこったのパンナコッタ、まずは白桃のパンナコッタ。桃の重さで少し崩れているけれど旨し。
●けれどわたしはどうしてもアマゾンカカオのパンナコッタを食べたかった・・・2週間前に食べたのがあまりに香味よく口当たりなめらかだったの、これ2度めです。やっぱりわたしはショコラがいい\(^o^)/\(^o^)/
紅茶を飲んでごちそうさまでした<(_ _)><(_ _)>
*****************
●気持ちのなごむ料理でした。
ほんとよかったです\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回火曜休み

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
昼コース1800円と4500円、
夜はアラカルト、前もっての予約でコースも可。
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「リストランテ 野呂」で魚介づくし

■ 全国100万人の読者の皆さま、帰国後もりすのろにもちゃんと行っているエリーでございます(^o^)(^o^)/
「リストランテ 野呂」7月3日(火)夜。
*****************
●夏のフルーツスープ、祇園祭時期で胡瓜抜きらしい(^o^)(^o^)
●いさき
●かつおとまながつお食べ較べ
●のどぐろ炙り
●いとより焼いたの、ズッキーニピュレ、焦がしバター、タイム、ちどめ草(本当に血を止める薬草とされてきた草)
●千両なすと、ひと塩した甘鯛のフライ
●NP100=のろっちのパスタ100、その53はズッキーニとベビーホタテのスパゲッティ
●NP100=のろっちのパスタ100、その54もいきました。渡り蟹と賀茂茄子のスパゲッティ\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
●なんてこったのパンナコッタは、ココナッツのパンナコッタ。
●紅茶でごちそうさま。
*****************

●魚介づくしの夕食でした。
この日も申し分なくおいしかったー(^o^)(^o^)/☆☆☆

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回火曜休み

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
昼コース1800円と4500円、
夜はアラカルト、前もっての予約でコースも可。
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ NHK文化センター講座「チェンチ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

7月5日(第1木曜)はNHK文化センター講座のお昼で、岡崎の「Cenci チェンチ」さんにお世話になりました。
なんて精緻で細やかで、それでいてしみじみ美味な料理。ずば抜けてよいコースだと思いながらいただきました。

●16名でお邪魔しました。

●取引先のクレジット入りのメニュー、とてもいいです。

●ふわふわふわのペルシュウ、ズッキーニ花のフリット、できたてのモッツァレラ。

BON DABON」多田昌豊さんによって、岐阜の豚で作られた24か月熟成のハムです。

●「夏野菜 いか」

●剣先いか、アヴォカド、トマト、カシューナッツ、リコッタクリーム、海ぶどう、オニオン、おくらの花、少しピリ辛風味。

きれいにデに(さいころ状に)切ってあって、口当たりがとてもいいのです。

●「じゃがいも パプリカ シマアジ サラダセロリ」

●こんどはサラダセロリの茎に合わせてジュリエンヌ(千切り)に切ってあって、口当たり心地いいです。素揚げにしたケイパーが粋なアクセントでした。しまあじのカルパッチョなんだけど、魚以上に野菜の存在感が大きかったお皿です。ピクルスにしたパプリカも香味、色ともに鮮やかでした。もうここまでの3皿だけでもおいしくて感動深くてメロメロになってます。

●「緑野菜 賀茂茄子 桜海老 木の芽」

●賀茂茄子は素揚げされています。下に忍んでいるのが丸麦、とうもろこし、スナップえんどう、木の芽、バーニャカウダソース。桜海老で作ったパリパリのチップ。

●「あさかぜ胡瓜 鮎 穂紫蘇 スパゲッティ」

鮎がものすごく香ばしくて、きゅうりとよく合い、穂紫蘇が香りを添えていました。塩気もほどよく、食べ続けていたいと思ったパスタでした。

●「茄子 唐辛子 土佐赤牛」

メイン料理で、赤牛のかいのみです。牛肉じたいがもちろんおいしいのだけど、焼き茄子のピュレが、焼きの濃厚な香味ととろりんとした食感で幅を効かせていました。ほんとおいし☆☆☆ 万願寺とうがらしが食感と色みを添えて、さらにタプナードソースがまた旨味を与えていました。何重にも美味が重なったお皿。

●カンノーリ。ヘーゼルナッツ、ショコラ。

●「柑橘 ジン 山椒」

●ジンのグラニテです。ものすごく爽やかです。愛媛の美生柑、下に実山椒のジュレ。目の覚めるようなグラニテでした。これも忘れがたくおいしかったわ(T_T)(T_T)

国産(岐阜・「辰巳蒸溜所」)のジン使用とのこと。

●「桃 蕎麦」

蕎麦のジェラートに、チーズのスフレ。桃。クランブル、ヴァニラのムース。

これもすごくあれこれの組み合わせながら、完璧な調和でした。

●食後の飲み物はカフェや紅茶などから選べました。わたしはアンフュージョンで締め。

いやもう見事なコースでした。ひと皿に使われる食材は多様ながら、切り方や調理ですべてが絶妙に調和していて見事。リズムよく食べられました。どのお皿も、才気があふれていて、ものすごくおいしかった☆☆☆

 ●坂本健さん、ぶんぶん、ももちゃん、スタッフの皆さんありがとうございました。
「Cenci チェンチ」さん、10月にまたクラブエリーをお願いしてきました(^o^)/ クラブエリーの皆さんどうぞ激しく楽しみに。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「リストランテ 野呂」でまた驚いたパスタ

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろに行ってきたエリーでございます。

6月23日(土)「リストランテ 野呂」、60分コースをしてもらいました。

60分でスープからパンナコッタ、お茶まで全部で11品! ほんとーにおいしかった\(^o^)/\(^o^)/

どうにも時間なしなので、とりあえず写真2品だけ上げます。いずれ追いついてアップします。

(すでにパリにいて、これはさかのぼってのアップなのです<(_ _)>)

●NP100 =のろっちのパスタその52、白いかと舞茸のソース からすみと。

これが、見た目の印象をはるかに上回るおいしさです。いかの柔らかさ上品な口当たりに、舞茸の食感が絶妙に調和して、少しトマト風味が旨味を与え、唐辛子も効いています。からすみがまたぐぐぐと旨味を引き上げて、ほんとーーーーーーーーーーにいい組み合わせ、ものすごくおいしいと思いながらいただきました。ジャストジャストに味が決まっていました。

●パスタに味がよくよくからんで、旨いったらないの。

●なんてこったのパンナコッタは、アマゾンカカオのパンナコッタ。食感がなめらかなのはもうわかっているけれど、アマゾンカカオってこんなにおいしいのか? 上品でまろやかで、それは配合の技と思うけれど、それにしてもものすごくおいしかったです。

●この日いただいたものは、

*****************

●ズッキーニのスープ 温製

●茄子のバルサミコマリネ

●しまあじのカルパッチョ

●のどぐろの炙り

●自家製ロースハムと博多のいちじくと

●小鮎のコンフィ パリッと焼いてサラダ仕立てに

●高知のさざなみ鯛のロースト 海老の殻のソースで

●スパゲッティ 白いかと舞茸のソース からすみと

●フロマージュ3種、ぶどうと(コンテ、アフィデリス、ルプティベルトーLe petit Berthaut)
●アマゾンカカオのパンナコッタ

●紅茶

*****************

●りすのろ、楽しさが尽きません。この日も混み混みでした。

あったかい、幸せになる料理を作ってくれます\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回火曜休み

カウンター12席、2階テーブル席8席
2017年6月13日開店
昼コース1800円と4500円、
夜はアラカルト、前もっての予約でコースも可。
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 70分で「リストランテ 野呂」

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろ に行ってきたエリーでございます\(^o^)/

6月17日(日曜)20:30~、「リストランテ 野呂」、
前回のように45分で、とは言わないが、やっぱり人生溢れ返っているので時短コースでたのみますと言って座ったら、70分タイマーがセットされました。
お茶まで飲んでくつろいで70分でいかがでしょうと。

●これで始まりました。70分て、すごく余裕がある感じがします。

●京みどりの冷たいスープ

●京みどりとは、伏見とも万願寺とも少し違う、でも優しい味のとうがらし。

●あさひ蟹の冷菜、甘夏やトマト、上に雲丹。

●めいち鯛と大赤茄子と、また違う茄子のピュレ

●京みどりの素揚げ、りんご醤油

●ほろほろ鳥のトレヴィス巻きカツレツ 山桃ソース

●ソースに使われた山桃、少し小ぶりサイズです。甘みと酸味を与えて、ほろほろ鳥によく調和して、いい感じでした。

●NP100 のろっちのパスタその51、タリオリーニ ひと塩ぼたん海老と京みどりのアンチョビクリーム

●なんてこったのパンナコッタはセイロン紅茶のパンナコッタ

●紅茶でごちそうさま。ここまでで63分。
70分コース、ぱっぱか食べるわたしには十分でした。
余裕でゆったりできました。

全く気兼ねなく自分のペースでさっさか食べられてその上ずば抜けておいしくて、これ理想的と言えます。

●りすのろ、今日もおいしかったーーー\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー第3金曜@「ルーデンス」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

6月15日(金)のお昼はクラブエリー第3金曜で、間之町通二条上ルの「ルーデンス」さんにお世話になりました。
前回よりも、薬膳イタリアンというテーマがはっきり打ち出されたコースでした。さらにバラの花を、お茶やコンフィチュールの形で楽しめました。なんとも優美なコース。

●カウンター6席、テーブル12席で、18名で伺いました。

●滋賀県・守山市「Rose Farm KEIJI」の、わばら(和薔薇)。WABARAというブランド名だそうです。瓶の中にはその花びらで作った薔薇茶。

●「ルーデンス」シェフの田淵章仁さん、二番手うっちー内田俊大さん、スタッフの方、ありがとうございました。参加してくださった方々にも御礼申し上げます。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■ クラブエリー@ りすのろ1周年!

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

6月13日(水)「リストランテ 野呂」1周年おめでとう(^o^)/

クラブエリー@りすのろ やりました\(^o^)/\(^o^)/ 
1階と2階貸し切りで、めちゃくちゃ明るいクラブエリー(^o^)(^o^) 
1週間前のNHK文化センター講座と参加者がひとりも重ならないから、同じメニューでいいと言ったのに、まーったく違うものを用意してくださいました。
夏のフルーツスープに、山盛り野菜サラダと思ったら中からクリームコロッケが出てきたり、手延べピーチに魚介ソースで十分おいしいのにまだ雲丹がたっぷりのせられていたりと、何重にも味わいを重ねてあり、お皿の上は楽しさが爆発している感じでした。なんて気合の入った、圧倒的に力のある料理(^o^)(^o^)☆☆☆
●そしてこの日、78歳のお誕生日を迎えられた方もいらして(若々しくて、とてもその年齢には見えない)、大切な日にクラブエリーにご参加いただいたことを感謝しました。Aさん、本当にうれしかったです。
りすのろ、今回希望者多数であふれたので来月またお願いしています。来月の皆さん楽しみに(^o^)☆☆☆
「リストランテ 野呂」の皆さんと、集まってくださったクラブエリーの方々に感謝。

●ちなみにこの日の夜メニューです。

●1年前のオープンの日はこんなでした。品数の差は一目瞭然。

*****************

ホテルグランヴィア京都の、今はもうない「ラ・リサータ」に初めて出かけて、野呂和美さんと初めましてと挨拶したのが、

ちょうど10年前の本日、2008年6月13日でした。

その日のサイト記事、

ホテルグランヴィア京都のリストランテ 「ラ・リサータ」 を見てびっくり。

のろっちは3年のイタリア修業を終えて、それまでの修業地である東京には戻らず、アシスタントシェフとして「ラ・リサータ」に呼ばれて京都に来たのです。

そしてその後ほんの1年ほどで実力が認められて、29歳にしてシェフになったのでした。

ほんとよく京都に来てくれたよー\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************