■「リストランテ 野呂」NHK文化センター講座

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告でございます。

10月7日(木)お昼はNHK文化センター講座で、
りすのろ=「リストランテ 野呂」さんにお世話になりました。
わたしは訪問266回目。
いやもうほんとーーーーーーーーーーーーによくやってくれました(T_T)(T_T)

相変わらずだけど、魚を割烹なみに揃えて食べ頃最高の状態で出してくれました<(_ _)><(_ _)>
トマト豆腐の絶妙な口当たりと旨味に続いて、
盛り盛り魚の食べ較べ、
おぼそ、めいち鯛、ふえ鯛のフリット、真鯛、おおもんはた、かます、かんぱち、牡丹海老。
ものすごくおいしかった(^o^)/☆☆☆
群馬県のかわばのフレッシュチーズは届きたて、カットしたてをのせてくれて、こちらもまたほんとおいしかった(T_T)(T_T)
鯛のヴァポーレは、それだけでも十分美味なところに松茸とムール白ワイン蒸し(あさりだし)で、旨味二重三重なところにすだちの粋な香りで瞠目のおいしさ。
メイン料理は、どっちかでも十分うれしいのに、香住の蟹と海老入りという贅沢すぎるクリームコロッケに、尾崎牛の柔らか煮込み。なんてゴージャス。
パスタはペンネ、甘海老と焼き九条ねぎのクリームソース和えでもう旨い旨い旨い。
さらにリゾットも出してくれて、自家製サルシチャとピーマン、マスカルポーネのリゾット。申し分なくおいし☆☆☆
最後にお茶の香りのパンナコッタにとろりと栗のソース。
おいしかったおいしかったおいしかった\(^o^)/\(^o^)/

●カウンターにお邪魔しました。

●このあと食後の飲み物をいただき、ご馳走さまでした<(_ _)>

のろっち=店主の野呂和美さん、としちゃん、のりき、祐太朗さん、しおりちゃん、ほのかちゃん、こうだいさんありがとう。

今回も最大限のもてなしをしてくれたと思います。
りすのろ=「リストランテ 野呂」さん、引き出し無限、ルセット無限の天国だと思います。

参加者の皆さんにも御礼申し上げます<(_ _)>

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、

現在夜営業は17:30~20:00。

アルコール提供は19:30まで。
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席12席

離れもあり
2017年6月13日開店
************

ウエブサイト

リストランテ 野呂
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

前もっての予約でコースも可。8000円~(税別)。

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ りすのろ9月26日:舞茸、のどぐろスパゲッティ

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろ 報告のエリーでございます。

2021年9月26(日)、18時半~20時 「リストランテ 野呂265回目。
変わらず時短、そしてアルコール提供本当になしの営業です。
*****************
●さつまいものポタージュ 冷製
●ローストビーフとフルーツのサラダ
●舞茸のフリット
●ぐじのフリット

●のどぐろと松茸のスパゲッティ
●黒豆茶
*****************

●さつまいものポタージュ 冷製

香味明確、よいです(^o^)/

●ローストビーフとフルーツのサラダ
青森の桃、洋梨、シャインマスカット、ストラッキーノ

りすのろにおける 0.5番手 であるとしちゃんが、たまたま上手にできたらしいサラダですが、毎回たまたまこんなにバランスよくできるのがすばらしい。

塩加減も酸味もジャストに決まって、実においしいと思います。

●仙鳳趾の牡蠣、おいしそうでした(^o^)/

同行の方が召し上がったものです。

●舞茸のフリット、

香り高くて、これ本当においしかった(T_T)(T_T)

●続いて、ぐじのフリット。

熱々で、ほくほくしたぐじ旨い旨い旨い(*_*)

●のどぐろと松茸のスパゲッティ
これは圧倒的な旨さでした。前回かますと松茸のスパゲッティが目覚ましくおいしかったので再度お願いしたら、どーだ?とあぶらのりのりののどぐろをのせてきたから目を剥いた( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

あさりなど魚介のだし和えで、わずかトマトの旨みも感じさせました。仕上げの柚子がふわああと香り立ち、実に粋なパスタでした。

ほんとーーーにおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●秋色濃い料理になってきて、また次回が楽しみです(^o^)/

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、

現在夜営業は17:30~20:00。

アルコール提供はなし。
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席12席

離れもあり
2017年6月13日開店
************

ウエブサイト

リストランテ 野呂
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

前もっての予約でコースも可。8000円~(税別)。

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

関谷江里

■「リストランテ 野呂」クラブエリー9月第3金曜

■ 全国100万人の読者の皆さま、先週のクラブエリー報告でございます。
9月17日(金)、クラブエリー第3金曜(という例会)でりすのろ=「リストランテ 野呂264回目へ。

1階カウンターと2階テーブル席、少しゆったりめに座っていただき、盛り盛り充実のコースを堪能したのでした<(_ _)>

●野菜高騰な上に、台風で魚介の入荷たいへんを極めた時に、よくまあここまでやってくれたと感謝しました。いつもの魚盛りに、ぐじ+茄子、尾崎牛ハンバーグと京鴨肉のロースト(ソースそれぞれ違う)、松茸とかますの、香り立つスパゲッティ(旨旨旨)など、8皿に食前と食後それぞれの飲み物と、本当に充実のコースでした。

●バターナッツ南瓜の冷たいポタージュ

●割烹もびっくりの魚盛り盛りのお皿、

12時の位置から時計回りに、

かつお/めいち鯛にからすみ/はたの細造り/鱧フリット/さんまのマリネ/蟹クリームコロッケ/とろさわらの炙り

中央が牡丹海老と雲丹

●燻製海峡サーモンと帆立貝柱 完熟アヴォカドのタルタル

●甘鯛と秋茄子の重ね香草パン粉焼き

●肉料理2種類盛りで、

京鴨肉のロースト 実山椒ヴィネガーソース

尾崎牛のハンバーグ きのこと丹波栗のクリームソース

●尾崎牛ハンバーグの断面はこんな。実においしかったです。きのこのクリームソースも味わい深く季節感たっぷり、美味のかたまり。

●スパゲッティ 松茸とかますのソース和え、

こちらも松茸と青柚子が香り立ち、見事な香味を楽しみました。かますとの調和もよくてかんぺきなパスタでした。

●リゾットは海老とズッキーニ入り、サフラン風味でした。

●津軽の桃と和梨に、青森のぶどう「スチューベン」のジュレをのせたもの。

この後、食後の飲み物(黒豆茶を選択)をいただき、ごちそうさまでした。

店主の野呂和美さん、としちゃん、のりき、祐太朗さん、スタッフの皆さんよくやってくださいました。御礼たくさんです<(_ _)>

参加してくださった皆さんにも御礼申し上げます<(_ _)><(_ _)>

クラブエリー第3金曜、4~9月の6か月パック終わりまして、次は10月期に会いましょう\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、

現在夜営業は17:30~20:00。

アルコール提供はなし。
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席12席

離れもあり
2017年6月13日開店
************

ウエブサイト

リストランテ 野呂
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

前もっての予約でコースも可。8000円~(税別)。

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■ りすのろ9月12日:フルーツ盛り盛りサラダ、のどぐろ

■ 全国100万人の読者の皆さま、日曜の りすのろ 報告のエリーでございます。

2021年9月12日(日)、18時半過ぎ~20時 「リストランテ 野呂263回目。
時短そしてアルコール提供本当になしの営業です。

●バターナッツ南瓜の冷たいスープでスタートしました。

香味濃厚ほんとーにおいしい。

●2皿目はとしちゃんやりましたー、

フルーツ盛り盛りのサラダでした。

桃、いちじく、梨(幸水)、黄桃、そしてかわばのフレッシュチーズ ストラッキーノ、トマトやスープセロリなどなど、完熟状態のフルーツをたっぷり合わせたお皿、大喜びしました。

●青森のぶどう、スチューベンのジュースをジュレしたものがからめられていて、これがまた風味を添えてたまらなーいおいしさでした。酸味鮮やか、彩り美しい。これほんとよかった(^o^)☆☆☆

●のどぐろ来ましたー、炙ってあって、ミキュイというか、少し火が入って甘みを増していて、旨みが広がりました。

そして手前は、和歌山「丸六」さんの金山寺味噌です\(^o^)/

しかしのどぐろじたいで旨さ完結なのでこれ残ってしまって・・・

●コロッケか、と思ったら、

●海老みっちりの、海老カツでした。

これがまた旨みのかたまりでした。あまりに贅沢。

旨い旨い旨い( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

みっちりで熱々でほどよい塩気で、かんぺきな美味でした。

●リストランテ 野呂の食べるウスターソース
が添えられました。これはこれで独立しておいしくて、なめなめとして喜びます。

しかし海老カツじたいで完結しているからこれ残ってしまって・・・

●のどぐろ、ローストで来ました\(^o^)/

下はスープドゥポワソン、かんぺきですこれも。

●下の茄子がまた、風味絶佳というのかしらん、おいしさのかたまりでした。

●のりきが、ケークサレを出してきてくれました\(^o^)/

いつもキッシュを作ってくれる井上典樹(のりき)です。

●こんなの。自家製のハムやパプリカなど具材もたっぷり、バジルペースト入りでいい香りです。

●置き皿している、ジノリの鶏皿にのせてくれました。

●をを\(^o^)/忘れずに、鶏さんたちにもお食事を差し上げています(^o^)(^o^)☆☆☆

●で、さきほど、

金山寺味噌が残ってしまって・・・

食べるウスターソースが残ってしまって・・・

とあった件、

最後に見事に回収です\(^o^)/\(^o^)/

きゅうりを所望したのです。きゅうりはないのですか?と。

するとあったのだ\(^o^)/\(^o^)/

●このきゅうりで、さきほどの金山寺味噌と食べるウスターソースを味わい尽くし、締めとしたのでした\(^o^)/\(^o^)/

●りすのろ見事においしかった\(^o^)/

9月17日(金)クラブエリー開催です。

皆さん楽しみにいらしてください\(^o^)/\(^o^)/

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、

現在夜営業は17:30~20:00。

アルコール提供はなし。
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席12席

離れもあり
2017年6月13日開店
************

ウエブサイト

リストランテ 野呂
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

前もっての予約でコースも可。8000円~(税別)。

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「Vena ヴェーナ」クラブエリー第2木曜

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

★撮影時、一瞬マスクをはずしていただいています。

●今週2つめのクラブエリーは、クラブエリー第2木曜(という定例会)で、室町通夷川上ルの「Vena ヴェーナ」さんへ。
少し久しぶりでした<(_ _)><(_ _)>
お料理よかった、もてなしおもしろかった\(^o^)/\(^o^)/
すごくいい食材で繊細優美な料理、
器が、いちいちすてきかわいいたまらない\(^o^)/\(^o^)/

シェフの早川大樹さん、サーヴィスの池本洋司さん、
スタッフの皆さん、御礼申し上げます<(_ _)><(_ _)>

参加してくださったクラブエリーの皆さんもありがとうございました。

●サーヴィスの池本洋司さんの個人コレクションである北欧のゆったりした椅子の連なりに、大切に手入れされた実に美麗で見事なカウンター、どうだ~?とライト当てたりしながら飾ってあるお皿や調度品が存在感を放ち、もうもう、お料理以外にもうっとりポイントが多すぎるお店です。額縁のような窓から木々が見えるのもすてき。さらに、平時なら、すばらしいカーヴに並ぶワインも楽しめるはず・・・
コースの内容は改めて上げます。

●9月9日はクラブエリー7周年の日でもあり、

特に周年のための会をしたわけではありませんが、でもでも本当に幸せなお昼のひとときでした。
赤いお花を持ってきてくださった方ありがとう(^o^)/

●クラブエリー通算543回めで、ここまで来られたのはクラブエリー会員の皆さんと、すてきなお店の皆さんのおかげです。

ちなみに昨年2020年の6周年はこんなところでこんな料理。おもしろかった\(^o^)/

さらに一昨年、2019年の5周年は、こんなところで75名で。コロナ前の密密写真、、すでに懐かしい\(^o^)/ しかし今なら許されないかも、、

皆さん、クラブエリーをすてきな会にしてくださってありがとうございます。感謝たくさんです。<(_ _)>

あとまだ30年くらいクラブエリーやりますよっと\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「KYOTO BISTRO」パーク ハイアット 京都でNHK講座

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

9月のNHK文化センター講座のお昼(第1木曜)を、
パーク ハイアット 京都「KYOTO BISTRO」さんにお願いしました。

●左から、パーク ハイアット 京都 総料理長の井料剛さん、料理長の平久江裕(ひらくえゆたか)さん。

撮影時、一瞬だけマスクをはずしていただいています。

とてもよくしていただきました<(_ _)><(_ _)>

●こんなコースを組んでいただきました。

何度もいただいて馴染みのある料理と、初めてで楽しみなものとあって、見ただけで期待いっぱいになりました\(^o^)/

●スタート前にキッチンを覗いたら、準備に余念のない様子。「KYOTO BISTRO」2階にあるキッチンは自然光の入る気持ちのいい空間です。

●ひと皿め、

本まぐろと賀茂茄子 トマトのガスパチョ。それだけでも十分うれしいのに、

そこになんと\(^o^)/ テーブルを回って、きゅうりのさらさらなグラニテをかけてくださいました。

きゅうりは昨今、高値な高級品です☆☆☆

いや、値段関係なく、わたしはきゅうりが大好きなのです\(^o^)/\(^o^)/

よくわたしのきゅうり好きを把握していてくださいました(^o^)☆☆☆

●窓際で自然光で撮影してみますよっと(^o^)/

●本まぐろ、賀茂茄子もごろごろと入っていて、清涼感と旨味を同時に感じさせた稀有な一品。

うっとりすてきなスタートでした。

●そして2皿めはこれ、これも驚かされました。

サン・ジャック=ほたて貝の料理なのですが、ブルゴーニュ風。

つまり、エスカルゴバター味です。

●しかしこのブルゴーニュ風は、大葉を使って作られた、実にオリジナリティあふれるものでした。

KYOTO BISTRO風に、和素材どんどん使いますと。

火の入った甘いほたて貝に、大葉でブルゴーニュ風、香りがよかったです。激しくOKです\(^o^)/

そしてあしらわれているのは十勝マッシュです。

もうここまででも、京都素材に北海道にブルゴーニュ風にスペイン発祥のガスパチョ・・・と多彩で楽しいことです。

●そして、キターーーーー\(^o^)/\(^o^)/

定番名作料理、いぶりがっこ、実山椒入りのアクアパッツァです。魚は真鯛。

これがこれがこれが、何度いただいてもおいしいのです。

スープ全飲みせずにはいられないのです。

あさりといぶりがっこ、真鯛から出たおだしだけで、特にかつおや昆布は使っていないということ。

万願寺とうがらしが彩りを添え、アクセントの実山椒がぴりりと効いて、本当に粋なお料理です。

●カジュアルな感じの「KYOTO BISTRO」さん1階と較べて、2階は木目の美しさを随所に感じさせるシックな造りです。

●わたしたちがお邪魔したお部屋の手前にこんなお部屋。

窓からの眺めは、

●二寧坂です。ものすごく京都、激しく京都、ヴェリー京都です\(^o^)/\(^o^)/

●さて次のお料理、京丹波高原豚とはいかなるものでしょうか? 

キッチンを見に行きますと・・・

●をを\(^o^)/\(^o^)/

切る前の状態でプレゼンしてくださいました。

これだけ見ると豚らしく、ワイルドな感じもしますが、実はまったく予想をくつがえす食感と味だったのです。

●豚肉に包丁を入れたら、

●断面はこんなでした。

●京丹波高原豚のグリル チミチュリソース

優美な、としか言えない舌ざわりの豚肉がすてきでした。グリルといいつつ、18時間真空調理でじんわり火を入れた後に炭火で焼いて仕上げられたそうで、香ばしさもありながら、歯の要らない柔らかさで溶けるようでした。あまりにおいしい美しい☆☆☆
チミチュリソースというアルゼンチン発祥の香りよいソースがかけられて、京都の豚が何かエグゾティックな感じになっています。

さすが、
ワールドオブハイアット
なのでした\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

ちなみにブエノスアイレスにもハイアットさんあります

宮殿ホテルすごい( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●締めパスタに、リングイニ、来ましたーーー\(^o^)/\(^o^)/

とうもろこしの香りと粒粒、フレッシュ麺の食感がたまらない定番メニューのリングイニです。

リコッタチーズをからめもって、なめらーかかつ粒粒のおいしさをうっとり味わいます。松の実も香りを添えて、ほんとーーーにおいしいのです。

●そしてデセールに、またさらさらグラニテ来ました\(^o^)/

●白桃、上から温州みかんグラニテ、ベルガモットの香り。グラスの底にはマンダリンのジュレが仕込まれていて、底のオレンジジュレとトッピングのみかんグラニテが呼応しあって白桃のおいしさを引き立て、ほんと憎たらしいほど旨い、すてきな一品でした(^o^)☆☆☆

ほんとーによかった\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆☆☆☆

●食後のカフェか紅茶で、紅茶を選択。

●10月の新商品のパウンドケーキも発売に先駆けておみやげでいただき、感謝しました。

これがまた少し洋酒も効いていて、強烈おいしかった(T_T)(T_T)  10月にまた詳細お見せします。

井料剛さん、平久江裕さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。

参加者の皆さんにも御礼申し上げます。

KYOTO BISTRO」さん、パークハイアットならではの高級感とビストロの親しみやすさ、両方を併せ持った稀有なお店です。

そしてほんとーーにおいしい\(^o^)/

また近いうちに伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ りすのろ8月29日:前半きゅうり、後半粉もん

■ 全国100万人の読者の皆さま、毎週日曜の りすのろ 報告のエリーでございます。

30日昼にクラブエリーの方々に見せたいものがあるので、ちょっと早めにアップします。
(いろいろクラブエリーのコース料理写真が遅くなっていてごめんなさいですが、必ず出しますー)

2021年8月29日(日)、18時半過ぎ~20時 「リストランテ 野呂262回目。

先日の長雨以来、野菜高騰な上に魚介事情も同様らしく、今週リクエストしていたものはことごとく諦めないといけない模様。

(値段の問題ではなくて納得いくクオリティのものが手に入らないのだと。)

でもでも何でも、あるものいただきますよっと\(^o^)/出かけたら、

やっぱりちゃんと旨いもの、わたしの好きなものでもてなしてくれましたー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

*****************

●トマトときゅうりのスープ 冷製

●立体的な前菜\(^o^)/

上にきゅうりの皮、底にごく細い千切りにしたきゅうり。

ぼたん海老の、生とボイルしたの。いちじく胡麻和え。

ラタトゥイユ。

●きゅうりと雲丹で、きゅうに\(^o^)/

*****************

●ケークサレ

チョリソー、赤パプリカ、玉ねぎ、ズッキーニ

●のりきののりキッシュ(海苔入りではない)

茄子、トマト、玉ねぎ、ロースハム、オレガノ

●ある冷凍の、初めてのもの試食
*****************

●青森ぶどう(スチューベン)ジュースのペリエ割りに桃
●飲んだのはペリエと黒豆茶

*****************

●トマトときゅうりのスープ 冷製 で始まりました。
これおいしかった\(^o^)/\(^o^)/

きゅうりのスープの部分は、これだけだとちょっと味が希薄だったのだけど、トマトスープと一緒に味わうときゅうりらしさが際立って、おいしさを感じられたのでした。

わたしのきゅうり好きを覚えていてくれてありがとう\(^o^)/

●続いて2皿目、

立体的な前菜が、

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!

●2皿目はもちろんとしちゃん作です。

上にきゅうりの皮、

ぼたん海老の、生とボイルしたの。いちじく胡麻和え。

その下にラタトゥイユ。

●底に、ごく細い千切りにしたきゅうりの層がありました。

いつも絶妙な組み合わせ、酸味も塩気もほどよく、ほんとーーにおいしいと思います。

わたしのきゅうり好きを覚えていてくれてありがとう\(^o^)/\(^o^)/

●そしてそして、またキターーーー\(^o^)/\(^o^)/

きゅうりきゅうりと言っていたら(言ってみるもんだ(^o^))

としちゃんが上手な、きゅうりのじゃばらをしてくれました。

きゅうり雲丹で、きゅうになんだって\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

きゅうりが、この頃高すぎたりそもそもなかったりで、家ごはんでは1週間きゅうりを食べていなかったわたしに、

このきゅうりづくしは何より幸せをもたらしたのでした。

●XO醤のような「リストランテ 野呂のうまい醤」が添えられたので、もちろんたっぷりのせていただきました。これ好きなのです。

●これね。瓶詰めで販売されています。

そしてこの後、がらりと展開が変わり、粉もの賞味となりました。

●のりきが頑張りました。ケークサレの登場です。

これとは違うものをリクエストしていたのだけど、素材が入らずそれは次週以降に。

●これは、チョリソー、赤パプリカ、玉ねぎ、ズッキーニ入り。

●をを\(^o^)/\(^o^)/

置き皿をしながら久しく登場していなかったにわとり皿が出てきて喜びました。

●そして、よく見たら、ちゃんとにわとりさんたちにもお食事を差し上げているのです。
すばらしい\(^o^)/

昨年のこの記録を見て。ちょうど1年前の8月です。

見返したら、昨年はいちじく尽くしを8月に食べていたんだな。

にわとりさんたちには、昨年は嶽きみ(とうもろこし)を差し上げています。

●さて、明日(8月30日)マルシェノグチさんで販売される、井上典樹(のりき)の のりキッシュ(海苔入りではない)

の試食です。

 

●茄子、トマト、玉ねぎ、ロースハム、オレガノ。

これは飽きのこない味、いつ食べても必ずおいしいスタンダードな味。ほんとうまい(^o^)♪

皆さん移転してよりすてきなお店になった「マルシェノグチ」さんで買ってくださいね(^o^)(^o^)

★「マルシェノグチ」さんは7月に移転されています。

京都市中京区西ノ京職司町69

御池通沿い、職司町郵便局から西へ3軒目。
*****************
8月30日(月)「マルシェノグチ」さんで販売される

「リストランテ 野呂」のお惣菜は、

*****************
◼️骨まで食べられる鰯の炊いたん
◼️いさきの南蛮漬 茸入り
◼️さざえと茸の軽いアンチョヴィバターソテ

◼️完熟南瓜の冷たいポタージュスープ
◼️のりキッシュ、茄子のトマト煮とロースハム オレガノ風味

*****************

●そしてこの後、ある粉ものの冷凍品の試食をして、もうもうおいしくて、だいぶお腹いっぱいになったわけです。

今回は見事にきゅうり、きゅうり、きゅうり、粉もの、粉もの、粉ものという変則な、おもしろい展開になりました。

珍しくパスタもリゾットもパスで、最後に先週と同様に桃を大鰐スチューベンジュースのペリエ割りと共にいただき締めとしたのですが、

いつもとまた違って、これはこれで楽しかったーー\(^o^)/\(^o^)/

みんなよくやってくれました<(_ _)><(_ _)>

●りすのろ楽しかった、おいしかった(^o^)☆☆☆
また来週に(^o^)/~

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、

現在夜営業は17:30~20:00。

アルコール提供はなし。
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席12席

離れもあり
2017年6月13日開店
************

ウエブサイト

リストランテ 野呂
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

前もっての予約でコースも可。8000円~(税別)。

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ りすのろ 8月22日:サフランクリームソースのペンネ旨☆☆☆

■ 全国100万人の読者の皆さま、毎週日曜の りすのろ 報告のエリーでございます。

2021年8月22日(日)、18時半~20時 「リストランテ 野呂261回目。

先週の続編的に、青森食材を少しずつ使ったものが登場。今週から南瓜も登場。今回は2皿目の3種類盛り込みと最後のペンネが圧倒的においしかったのでした\(^o^)/

*****************

●かぼちゃのポタージュ 冷製
●3種類の盛り込みで、
・桃とストラッキーノ、ドライトマト
・嶽きみ、梨、燻製した鯛、ラディッシュ、ケイパー、大葉、木の芽
・いか、炊いた白菜、バジルソースで和えたトマト
●井上典樹(のりき)ののりキッシュ
かぼちゃ、松の実、玉ねぎ、自家製ロースハム
●青森海峡サーモンと嶽きみのフライ 
食べるウスターソースと
●ペンネ 燻製した鯛とズッキーニと賀茂茄子のサフランクリームソース

●青森ぶどう(スチューベン)ジュースのペリエ割りに桃

*****************

●かぼちゃのポタージュ(冷製)で始まりです。

●3種類の盛り込みはとしちゃんのお皿です。
*****************
・桃とストラッキーノ、ドライトマト(手前右端)
・嶽きみ、梨、燻製した鯛、ケイパー、大葉、木の芽
・いか、炊いた白菜、バジルソースで和えたトマト

*****************

●桃とストラッキーノは見た通りで、完璧な調和です。

●いか、上にバジルソースで和えたトマト、これだけで十分おいしいのに、

下に、炊いた白菜が敷かれていました。とろとろでうっまかったです。

●左側のひと山が、

・嶽きみ、梨、燻製した鯛、ラディッシュ、ケイパー、大葉、木の芽。

粒粒状態でとうもろこし 嶽きみ です。そこに梨の酸味やしゃりっとした食感、燻製鯛の旨みと香りで、口の中が幸福感でいっぱいになります。ケイパー、木の芽、大葉が香りを添えて、あーもう完璧な調和です。

●青森海峡サーモンと嶽きみのフライ

嶽きみ再登場です。つながっていたとうもろこしが口の中でパラパラとほぐれて、これ旨かった(T_T)(T_T)

海峡サーモンは、先日の青森弁当にも入っていましたが、部位が違うのかな、また少し感じが違いました。
リストランテ 野呂の食べるウスターソース が別皿で添えられました。

●井上典樹(のりき)ののりキッシュ(海苔入りではありません)
かぼちゃ、松の実、玉ねぎ、自家製ロースハム。

●ペンネ  燻製した鯛とズッキーニと賀茂茄子のサフランクリームソース

これほんとーーーーにおいしかった、大ぶりの茄子やズッキーニそれだけでおいしい。燻製鯛が香りを添えて、サフラン香のクリームがからんだペンネが噛みごたえがあっていい感じ。

これ正確に、ペンネは16本あります。

のろっち=店主の野呂和美さん今週もよくやってくれました<(_ _)>

●青森・大鰐のぶどうスチューベンのジュースを、ペリエで割ってしゅわっとさせて飲みました。

●食後はスチューベンのジュースペリエ割りをポルトの代わりに、桃を浮かべていただきました。

おいしかったー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●りすのろまた次週に(^o^)/~

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、

現在夜営業は17:30~20:00。

アルコール提供はなし。
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席12席

離れもあり
2017年6月13日開店
************

ウエブサイト

リストランテ 野呂
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

前もっての予約でコースも可。8000円~(税別)。

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「KYOTO BISTRO」でミニコース、鴨コンも♪

■ 全国100万人の読者の皆さま、週末の夕方、パーク ハイアット 京都「KYOTO BISTRO」さんに出かけたエリーでございます。

ラグジュアリーホテル内にありつつ気楽に伺えて、才気ある料理がとびきりおいしーい\(^o^)/

さてこの日は・・・

●あれもこれも食べたくて決めかねていたら、ミニコース仕立てにしてくださって、わたしは料理を選ぶことを放棄したのでした\(^o^)/\(^o^)/

これ大好きな前菜の品です。グリルした桃と、燻製生ハムのサラダ。火が入った桃に、燻した生ハムよ。何もしないでも美味な食材がよりおいしくなっていて、それらがかけ合わされていて、旨くないわけはないでしょう☆☆☆

●をを、これも好きです\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

とうもろこしとリコッタチーズのリングイニ。

とうもろこしの粒粒感にねっとりしたリコッタのコントラストがすてき、リングイニじたいが問答無用で旨い、色きれいということで、また飛んでいってこれいただきたいと思います。

●アクアパッツァの「KYOTO BISTRO」風、これも大好きな一品。ケイパーやオリーヴを使わず、山椒といぶりがっこを使って独自の風味を出しています。これが旨いったらないのです\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

あさり、真鯛。万願寺とうがらしがまた風味を香味を添えて、絶妙な組み合わせです。おだし全飲みいたしました。

一緒に出かけた方がお好きに違いなかろうとお願いしたメニューでしたが、いややっぱりおいしーい\(^o^)/☆☆☆☆☆☆

●そしてメイン料理です。鴨のコンフィを用意してくださっていて大喜びしました\(^o^)/\(^o^)/

亀岡の七谷鴨ということ。

これがたまり醤油とメイプルシロップを使った照り焼き風でとてもユニーク、黒七味が効いていました。

鴨肉じたいはコンフィらしくほぐほぐとほぐれて食感心地よく、しかしどうにも和風なのがおもしろい\(^o^)/\(^o^)/なんてオリジナルなおいしさ\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●切り分けていただいたものです。

野菜はアンディーヴにミニロメインレタス、クレソン。オレンジも。粋な味です。

●ティラミスの、「ザ リビングルーム」仕様とのことで、カフェ風味のグラニテで覆われておしゃれなことでした。しゃりしゃりと冷たいティラミス本当においしかったーー(^o^)/☆☆☆

料理長の井料 剛さん、よくしてくださいました\(^o^)/

飲んだのは抹茶ソーダのレモンなし。

KYOTO BISTRO」さん、今回もはっとする美味に満ちて、本当によかったです。

まだまだ伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ りすのろ 8月15日:とうもろこし「嶽きみ」責め\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、毎週日曜の りすのろ 報告のエリーでございます。

2021年8月15日(日)、18時半~20時 「リストランテ 野呂260回目。

とうもろこし、嶽きみ(だけきみ) 責めにしてもらいました\(^o^)/

筋金入りのとうもろこし好きの友人と共に、甘い粒粒とうもろこしを堪能した夕食でした(^o^)/☆☆☆

*****************

●嶽きみのポタージュスープ(冷製)
●嶽きみの生とフローズン、
海老、燻製した帆立貝、トマトとトマト味噌、おくら、山芋、ドライトマト
●嶽きみのキッシュ 自家製ロースハム、玉ねぎ
●嶽きみ入りのミンチカツ
●嶽きみと青森海峡サーモンのクリームソースのペンネ
●嶽きみのリゾット
●嶽きみのパンナコッタ、ソースアングレーズ ラム酒入り

●飲んだのはペリエ、黒豆茶

*****************

●青森のとうもろこし「嶽きみ(だけきみ)」を思う存分味わうコースを、嶽きみシーズン前からお願いしていました。

やっとシーズン到来、それはもう激しく楽しみに出かけたのでした。

●嶽きみのポタージュスープ(冷製)

わたしはこれ2度目だったので、少し応用形、チョリソー入りで供されました。ピリっとして、いいアクセントでした。
●嶽きみの生とフローズン、
海老、燻製した帆立貝、トマトとトマト味噌、おくら、山芋、ドライトマト。

としちゃん =大針俊哉さん、今回も楽しい組み合わせをしてくれました。

おいしいおいしいと楽しんだのだけど、たまたま できたそうです。

生でもおいしい嶽きみ。フローズンでしゃりしゃりにしてももちろんおいしい、口当たりが変化して楽しい(^o^)

とうもろこしはジェラートにしてもおいしいし、ほんと偉いです。
●嶽きみのキッシュ 自家製ロースハム、玉ねぎ

のりき =井上典樹 よくやりました。

のりきに「おいしかったー\(^o^)/」と褒めてあげたら、「たまたまです」と言ったよ\(^o^)/\(^o^)/

としちゃんのしつけが浸透したかと思ったけれど、むしろ逆で、せりふ勝手に使ったら罰金1万円(税込)だそうです\(^o^)/\(^o^)/
●嶽きみ入りのミンチカツ

りすのろ創業の頃から看板メニューのひとつであるミンチカツの、とうもろこし入りを所望しました。

肉ととうもろこしが同量入っている感じで、粒粒とした食感が楽しいことよ(^o^)(^o^)☆☆☆
●嶽きみと青森海峡サーモンのクリームソースのペンネ

これものすごくおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆☆☆☆

サーモンのクリームソースというだけで十分美味なところに、甘い嶽きみの粒粒が加わり、こんなに旨いものかと。理想的なおいしさでした。
●嶽きみのリゾット

ああもうこれでとどめを刺された~~という感じでおいしかった\(^o^)/\(^o^)/

ここまで、本当にいい料理、本当に楽しいおもしろいコースでした(^o^)☆☆☆☆☆☆

もう一度全く同じお料理全部たどって食べたいと思うほど。
●デザートはこれ。

嶽きみのパンナコッタ、まずこれを味わいます。

●上からのりきが足してくれたのが、ソースアングレーズ ラム酒入り

これはたまらなーい、天国の味(^o^)

●飲んだのは禁酒法に従い、ペリエ、黒豆茶でした。

●りすのろ今週も、不自由な昨今の中でもお客さまはたくさん入って、めざましい勢いでした。

*****************

りすのろおみやげコーナー\(^o^)/

●これを冷蔵庫に入れておくと、本当に便利です。豆腐でも焼き茄子でも、家で食べるものの味が一気にグレードアップします。

●XO醤のような、

リストランテ 野呂のうまい醤、860円です。

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、

現在夜営業は17:30~20:00。

アルコール提供はなし。
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席12席

離れもあり
2017年6月13日開店
************

ウエブサイト

リストランテ 野呂
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

前もっての予約でコースも可。8000円~(税別)。

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************