■ 京都ブライトンホテル「蛍」の特別朝食

■ 全国100万人の読者の皆さま、おいしいもののためなら、やればできるのエリーでございます<(_ _)>

京都ブライトンホテル 京懐石の「蛍」さんで、1日限定10食の「特別朝食」

宿泊客でなくても、前日までの予約でいただけるものです。

朝に激弱のわたしですが、やればできた行けば行けた\(^o^)/

最終入店が9時半・・・ということは、うちを9時10分に出ればいいわけね?がんばろうではないの(^o^)/

というわけで、さわやーかな朝、これをいただきに御所西へ向かったのでした。

●「特別朝食」、ものすごく、ものすごく価値あるものでした。

5500円ちょうどです。税サ込みの価格。

美しいプレゼン、よき素材、ジャストの調理で満足感いっぱいお腹もいっぱいに\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

順番にいきます。

●紫蘇香煎がまず供され、

●寄せ豆腐の先付です。

熱いお汁仕立てです。

●その後「象彦」さんのお皿に盛られた前菜で、取肴いろいろ。季節感豊かです。

●焼き物は丹波地鶏の塩焼きと照り焼き、甘鯛の西京焼き。
焚き合わせはにしん、小芋、南瓜、もみじ麩。

●「澤井醤油」さん醤油、海苔、

そして千鳥模様の縁高(これも「象彦」さん)に、

●塩昆布、うなぎ山椒煮、あさり時雨煮、じゃこ。

「打田漬物」さんお漬物5種類、梅干し。

雲丹のお粥(本来はあわびのお粥)
白ご飯の選択肢もあります。

ご飯のお供が縁高に多彩に控えていますから、胃に容量さえあれば、お粥ののち、白ご飯もいただくと思います。

●白味噌のお椀には、焼き茄子、えのき、ねぎがたっぷりと。

●さらに食後にフルーツ、ほうじ茶のブランマンジェ、オレンジのジュレのグラス入りのデセール。

朝からいいものいただいたーの気持ちでいっぱい、本当に満足感がありました。
京都素材に徹して、ぴたりと決まった調理で供されて、ほんとーーーにおいしかったです\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
前日までに要予約で、9時30分最終入店。

わざわざ出かける価値のある朝食でした。またいただきたいです。

京都ブライトンホテル

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ 京都ブライトンホテル「燔」鉄板コース

■ 全国100万人の読者の皆さま、京都ブライトンホテル「燔 ひもろぎ」さんに再び向かったエリーでございます。

先週の23日(金)のイヴェント料理ともてなしがとてもよかったので、またこちらの本来の鉄板料理をいただかねばなりません。

以下、27日(火)お昼の記録です。

●広々気持ちいい吹き抜けのアトリウムロビーです。

●また向かいました「燔」さんに。

●今回はこの昼コースで、ここにオプションやら追加のお願いやらをしていただきました。

●今日もしもちゃん=霜幸弘さんが迎えてくださいました。

●伊勢海老をプレゼンしてくれました。が、伊勢海老よりも、真っ白できれいなしもちゃんの手に釘付けです。

●前菜5種類盛り。ヴーヴ・クリコと。

しまあじ、わさびのドレッシング/鯛の甘酢漬け/鶏肉ときのこと枝豆のテリーヌ/あわびの旨煮、ジェノヴェーゼソース/ローストビーフ

●こちらはオプションでいただいた、土瓶蒸しです。鉄板で仕上げる土瓶蒸し、見事でした。

●香りいいおだし、鱧と松茸を楽しみました。

●焼き野菜。左手前は、ぴりっとした一味の入った白いこんにゃくです。

●活けの伊勢海老です。ひとり半身。

●食べやすいよう、身は殻からはずされています。

●バーニャカウダソース、パリパリに焼いたパルミジャーノがあしらわれます。これがまた旨いの(*_*)(*_*)

●黒毛和牛フィレを、40gはあっけないから60gくらいくださいとお願いして、

近江牛と宮崎牛です。

●この写真撮らねばね。ちゃんとかわいい顔くれました。

●牛肉2種類でフランベ2回ですから、こんなのも撮れましたよっと。

不動明王みたいね。

●宮崎牛、豆腐サラダ、近江牛といただき、食感や味わいの違いを楽しみました。

●胡椒、わさび、塩、にんにく醤油、おろしぽん酢。

●鉄板トースト、もやし入りロール。

●オプションでガーリックライスをしてもらいました。

●ガーリックライスを、伊勢海老だしの味噌汁と共に。王道の鉄板コースでした。

すべて申し分なくおいしかったです。満足のコースでした。

●しもちゃん、マスク一瞬はずしてとお願いしました。

もうもうかわいいの\(^o^)/

●デセールはこんな。洋梨ソルベ、抹茶と小豆の小さなガトーに、シャインマスカット、いちじく。

京都ブライトンホテルさん、また伺います。みんなで伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

関谷江里

■ 京都ブライトンホテル「燔」でコラボイヴェント

■ 全国100万人の読者の皆さま、久しぶりに京都ブライトンホテルさんに出かけたエリーでございます。
鉄板の「燔(ひもろぎ)の宮本正勝さんと、わがりすのろ=「リストランテ 野呂」ののろっち=野呂和美さんのコラボレーションということで伺ってきました。「燔」さんは、川井照久さんの頃から大好きでよくお世話になったのです。ごぶさたごめんなさいでした<(_ _)><(_ _)>
今回は鉄板で、「リストランテ 野呂」料理を実現したのがすごかった。焼き手の皆さんがちゃんと料理を理解して再現してくれていました。カルタファタでアクアパッツァ、鉄板でコロッケ、リゾットも焼いて仕上げて、あしらわれたジェノヴェーゼのソースなども、間違いなく「リストランテ 野呂」の味になっていました。

●以前、通いに通ったブライトンに、のろっちがゲストシェフで招かれてその料理が食べられるとは、感慨深かったです。
「燔」シェフの宮本正勝さんありがとうございました。のろっちにこんなすてきな機会を与えてくださって、感謝でいっぱいです<(_ _)><(_ _)>

●こうして「燔」さん入り口で迎えてくださいました。

フェイスシールドつけた姿。

のろっちがトックをかぶった姿は久しぶりだなあ。ホテルグランヴィア京都「ラ・リサータ」(今はもうありません)以来のこと。(^o^)(^o^)

●現場で料理もすると思い込んでいたのだけど、のろっちは調理はせずでした。あちこちのお客さまの様子を見に行き、うろうろしてた。笑。

それは宮本さんもでした。特定のカウンターにつかないことになっていたのだなと理解しました。

しかし若人たちがしっかりしていました。
焼き手がちゃんとついてくれるのが「燔」さんのいいところです。今回わたしたちの席は、霜 幸弘さんがお世話してくださいました。霜さんて珍しいと思うのだけど、「霜降りの霜です」って。絶対覚えてもらえますね(^o^)

●霜ちゃんはにこにこして、かわいいったらないのです❤

●所作美しく、手は真っ白できれいだし♪

●お料理の後、デセールはラウンジに移動していただく式でした。

見送ってくださった図。

今回昼夜とも2部制で、各回20名ほどだった模様。

よいイヴェントでした\(^o^)/☆☆☆

●さて、お料理はこんなでした。

●前菜8種類の盛り合わせ。

12時の場所から、かます/シンディトマトを使った冷製パスタ/帆立とカヴィア/ローストビーフと茗荷/豚ロースのハム/サーモン/まぐろのぬた。中央がぼたん海老。

●カルタファタでアクアパッツァです。

●これものすごくおいしかったな。

魚はかさご、スープはあさりだし、鱧の骨からとっただしをベースにオリーヴやトマトの香りが移っています。ケイパー入り。塩気がジャストジャストのところでぴたーーーーーーっと決まっており、見事だなあと。優しい味ながら、研ぎ澄まされた仕事だなあと思いました。

●つぶ貝の鉄板焼き。真っ赤なのは赤パプリカのソースか?と思うでしょ? そうではなくて、お皿じたいが赤いのです。

黄色の部分は黄色パプリカのピュレ。緑色はジェノヴェーゼのソース。まさにこれぴたりと「リストランテ 野呂」のバジルソースの味です。

●下に焼いた茄子。プチトマトは少し甘くコンポートされています。

いいバランスでした。色も食感も味も調和が取れていました。

●鉄板で仕上げる蟹クリームコロッケ。面で鉄板に当たるようにと三角のおにぎり型です。5面当てることができるわけですね。

いかにもおいしそうに仕上がったら、お皿に移してきれいに盛ってくださいました。

国産チーズ入りサラダ とありましたが、これは間違いなく、いつものストラッキーノです。ストラッキーノといちじくでサラダ仕立て。

●とろとろなめらかな、蟹クリームコロッケでした。

おいしかったな(^o^)☆☆☆

●国産牛フィレ肉、北海道の肉と伺いました。

●鉄板と言えばこれ撮らねばならんでしょ(^o^)(^o^)。フランベの前に必ず教えてねとお願いしておいた。笑。

●ジャストな焼き加減でした。よかったー\(^o^)/

●トリュフ風味の塩、赤ワインの塩に心奪われました。

●共に供された野菜はロマネスコ、小かぶ、インカのめざめ。

申し分なくおいしかったです。

●〆ごはんは焼きリゾット。上に焼き松茸。パルミジャーノをはらはらと。

●ナポリタン味でした。これも間違いなく「リストランテ 野呂」の味。

本当によいコースでした。お値打ちでした。<(_ _)>

●ラウンジ バー「クー・オ・ミディ」に移動してデセールの皿と紅茶。このデセールに関しては全然コラボじゃなかったと思う。

でも食後美しいラウンジで気分を変えてゆったりできました。一緒だった皆さんありがとうございました。偶然お目にかかった方々も、うれしかったです。T子さま、またクラブエリーにもいらしてください\(^o^)/

●宮本正勝さん、霜幸弘さん、またすぐ伺います。本来の「燔」さんのお料理をいただきに伺います。

●ちなみに、以前伺った記録、たくさんありますが最後の方が・・・

2013年6月、鉄板で天ぷらをしていただいた時や、

2013年8月、フィレとサーロイン食べ較べをした時や、

2013年10月、オマール海老を焼いていただいた時。

2009年11月には、こんな方誘ってるなー 花の王子です。川井照久さんの時代ですね。

京都ブライトンホテルさん、画期的なイヴェントをありがとうございました。

またすぐに伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ りすのろ:いちじく、はまちと賀茂茄子

■ 全国100万人の読者の皆さま、りすのろ 報告のエリーでございます。
リストランテ 野呂8月23日(日)20時30分~、199回目。

一緒に行った方の希望で、今週もいちじくたっぷりのメニューです。

わたしも飽きるということが全くなく、繰り返しいただきたいのでまた大喜びで出かけました。

●いちじくのスープで始まりました。

まわりは玉ねぎのスープです。これがカルダモン、クローヴ、シナモンと、好きでしょうがないエピスの香りに満ちていて、ひと皿目からうっとり。いちじくの実の下にはいちじくピュレも仕込まれていました。いちじくでスープをしてというお願いはしたけれど、玉ねぎ+いちじくの組み合わせ、よく考えてくれました☆☆☆

●サラダ仕立てで、城陽のいちじくとロックフォール/ゴルゴンゾーラ/スティルトン。

食感といい塩気といい、フロマージュといちじくはよく調和して絶妙なおいしさだと思います。

●中央に、「共働学舎」さんのフロマージュブラン。

ほんのり塩気、わりとさらっとしていました。

★ヴィネグレットソースが、「飯尾醸造」さんの無花果酢を使用、はちみつも合わせたとのことで、瀟洒な風味でした☆☆☆

●いちじくのフリット胡麻ソース

この衣さくさくパリパリで、ほんと好き。

●はまちと帆立貝と賀茂茄子のロースト 実山椒のソース

これもばちーっと決まっていたなあ。白ご飯と食べてもおいしい、和風方向の味。

●はまちの後ろに賀茂茄子です。

●最後にトマトのリゾット+カレー、ミンチカツに濃紅卵の目玉焼き。

●バルサミコも後から足してもらいました。粋な風味が加わって、またおいし(^o^)/

●和紅茶のパンナコッタを小サイズで。ジノリのにわとり皿で。

●鶏さんたちにも召し上がっていただく、と。\(^o^)/\(^o^)/

●飲んだのはペリエ、白ワイン、最後に黒豆茶。

●りすのろ今週もすばらしくおいしかった\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

お願いしておいたら割烹みたいに食べたいもの何でもしてもらえるので、食べたい旬のものたっぷりしつこいくらい味わえるしもちろん味はばちっと決まっておいしいし、わんわんはやるのが、ほんとーーーーーによくわかります。

来月はクラブエリー@「割烹 野呂」ですから、皆さん楽しみにしててね(^o^)/

*****************

●以下、京都ブライトンホテルさんのウエブサイトから、イヴェントの告知です。

(画像いただきました<(_ _)>)

●「ひもろぎ」の宮本正勝さん、お久しぶりです<(_ _)>

なんと宮本正勝さんとのろっち=野呂和美さんのコラボレーションのデジュネ&ディネ。

●フランス料理店「ヴィ・ザ・ヴィ」があった頃、通いに通った京都ブライトンホテルさんです。「ひもろぎ」も結構伺いました。ご無沙汰ごめんなさいでございます<(_ _)><(_ _)>

のろっちは立派になりました<(_ _)><(_ _)> おねえさんは感涙うるうるです(T_T)(T_T) 
10月23日、楽しみにしています(^o^)(^o^)/

*****************
「リストランテ 野呂」
電話 075-823-8100
京都市中京区西ノ京職司町67-14
11:30~13:30LO、17:30~20:30LO
月曜休み、月に1回、月曜火曜連休

カウンター12席、2階テーブル席12席
2017年6月13日開店
************
昼コース1800円と4500円(税別)、
夜はアラカルトで1万~1万5千円くらい、

前もっての予約でコースも可。8000円~(税別)。

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************