■「日本料理 とくを」夏の料理 クラブエリー

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

8月4日(火)はクラブエリー@「日本料理 とくを」さん。
とくをさんのまかないカレーよいだろう\(^o^)/\(^o^)/
クラブエリースペシャルで特に所望して、締めご飯に出していただきました。
ほかすべて、もうもうわかりやすい夏夏夏の献立。
ほんとーにおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
*****************
●先附2品
・そうめん南瓜とささみの胡麻和え
・原木椎茸とほうれん草お浸し
●お造りは明石鯛、本まぐろ、鱧おとし
●お椀代わりに白ずいき 吉野煮(=葛でとろとろ)に車海老
●賀茂茄子の田楽(揚げるのではなく油煮)
●うざく
●小鮎塩焼き たで酢
●鱧のみぞれ煮
●止椀代わりに、南瓜とじゃがいものヴィシソワーズ
●締めご飯は、とくをのまかないカレー 
●白味噌ソルベ、希望すれば山椒の粉をぱらぱらと
*****************

●徳尾真次さん小百合さん、スタッフの皆さんありがとうございました。参加者の皆さんもありがとうー
一緒にいただけてわたしも幸せでした(^o^)(^o^)/
日本料理 とくを

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「ぎをん 藤」クラブエリー

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

クラブエリー@「ぎをん 藤」さん、7月22日(水)と28日(火)にお世話になりました。
藤元健司さん、桑原彩明さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。参加してくださったクラブエリーの皆さんにも感謝です。
ザ・リッツ・カールトン京都「水暉」さんの天ぷら部門から独立された藤元健司さん、今どきこのゴージャスさよと仰天するお店です。美しいおいしい広々ゆったり居心地いいで、この時世でも予約のお客さま続々というのがすごいです。

以下は今回の献立から何枚かです。

コース全体どんな感じかは、先日の記事を見てね

●この美しいお皿はザ・リッツ・カールトン京都「水暉」三浦雅彦さんからの開店祝いだとか。さすがです\(^o^)/ センターを飾るにふさわしいですね\(^o^)/\(^o^)/

●つくばいにひまわりというのもよかったです(^o^)/☆☆☆

ぎをん 藤」さん、また伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■「木山」7月の夜コース

■ 全国100万人の読者の皆さま、堺町通夷川上ルの「木山」さんに伺ったエリーでございます。
先日クラブエリーでお世話になり、けれどその時は一緒にお料理をいただかなかったので、改めて伺ったのでした。
ひとりだからなんとかすべり込んで、席を確保してもらえたのです。
メインカウンター、L字カウンター、お部屋とお客さまはほどよく埋まり、なんとも華やかで、雰囲気がよかったのでした。
ああもうほんとーーーにおいしかった\(^o^)/\(^o^)/
●以下のコースで、わたしははずしてもらっていますが、うなぎやあわびも供されていました。

●白湯で始まります。これで心をなごやかにします。わたしでも落ち着くの。笑。

●食前酒をひと口。

●「天縁」というお酒。

●枝豆すり流し、青森の赤雲丹、長芋

●すっぽんの煮こごり、車海老をしゃぶしゃぶしたもの、下に卵豆腐、あられ生姜、白ねぎ、白瓜

●鱧の焼霜

●いさきのお造り。玉ねぎ、赤玉ねぎと。胡麻の香り豊か。

●いつもの通り、この3種類の削り節でおだしを目の前で引いてくださいます。

●味をつける前の状態でひと口。

●お椀きれい。

●椀だねは、あこう、きくらげ、おかひじき。

●のどぐろの若狭焼き。かいわれのおひたしと。

●ラリックのガラス器で、毛蟹、ずいき、たたきおくら、海ぶどう。おだしと。

●つぶ貝、夏かぶら。貝のおだしと。

●牛カツ、れんこん。透明ウスターソースと。

●ほんとおいしかったのです\(^o^)/\(^o^)/

●ご飯ものは5種類から選択で、(全部いただいてもよくて、)

●まずは、まぐろのづけをのせたご飯。

●おじゃこご飯。かつお節と卵黄ものせてもらいました。この卵黄好きなんだ\(^o^)/\(^o^)/

●アヴァンデセールにすいかです。

●丸くくり抜いたすいかに、和三盆のジュレです。グランマルニエの香り。

●抹茶ようかんと番茶の寒天の二層のお菓子。「笹ほたる」をぺたんと作った感じ。

●お薄でごちそうさまでした<(_ _)>

●しつらいは上品で落ち着いて居心地よく、お料理がよいのはもちろん器もすてき、何もかもぴたーーーっと決まって、何でこんなに人気なのかよくわかります。また行きたいまた食べたいと思わせます。
締めご飯は5種類から選択。かつおのづけご飯と、卵黄をのせたじゃこ+かつお節ご飯を選択。
すいかのアヴァンデセールに、抹茶と番茶の組み合わせのお菓子もよかったー(「笹ほたる」を四角く作った感じ。)
しんそこ満足、幸福感に包まれました。
次にクラブエリーをお願いしているのは秋。
でもそれまでにまた伺います\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「木山」クラブエリー

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告でございます。

●7月14日(火)はクラブエリー@「木山」さん。
フランス革命記念日になぜ和食で、「木山」さんでクラブエリーをやるのかー(^o^)(^o^)?
クラブエリーもだんだんに皆さん戻ってきてくださっていて、久しぶりに20名以上集まっての会。
ここに来たらみんな魔法にかかるみたいです。とびきりおいしい、ゆったり寛げるというだけでなく、何かわからないけれど「また必ず訪れたい」と思わせるものがあるみたいです。

●以下写真は、コースから何枚かです。

**********************************
●クラブエリー終了後、木山義朗さんの誕生日をスタッフの皆さんで祝う之図。
なぜかゆうしいるし。中央にいるのはすでにとっくにこちらのスタッフではない横井裕史(ゆうし)さん、要領いいのだこの人は( ̄○ ̄;)(^o^)( ̄○ ̄;)(^o^)
世渡り上手ともいいます。
TVで、「新しい京都の食文化の創造」とかすごいこと言ってたしなああああ\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
「木山にいたとは言うな。和久傳出身でもないww」と木山さんは裕史さんに毒づいて、まわりのみんなはゲラゲラ笑い、わたしもだいぶ笑いました。楽しいひとときでした。ありがとー\(^o^)/
というわけで、7月14日、木山さんの誕生日をめがけておこなったクラブエリーでした\(^o^)/\(^o^)/
わたしはこの日はうろうろしておしゃべりに徹してお料理をいただかなかったので、改めて伺います。行く行く詐欺ではありません\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■ 今熊野の新店「白山」初訪問

■ 全国100万人の読者の皆さま、すてきな新店に伺ってご機嫌になったエリーでございます。

●週の初めに初訪問した東山今熊野の「白山(はくざん)」さん、とてもよかったです\(^o^)/\(^o^)/
元お屋敷を改装した店舗、まだほの明るい頃に入ったら、お庭の緑も目にしみる美しさでした。
●店主の山城和彦さんはもともと「美山荘」さんで修業され、その後銀座三越の12階に2010年9月に開店した「美山荘」による「石楠花」で修業、その後東京で独立。先ごろ京都に戻られてこちらを開店されたということです。
シャイな方で、カメラ構える前でのご飯プレゼンもやっとの思いでしてくださったようでしたが、優しいお顔でしたよーん(^o^)(^o^)/
●お料理よかったです。シンプルにして美麗。
毛蟹と糸瓜のひんやりした先付に始まりました。
とりわけお造り、めいち鯛、とり貝、車海老がぴかぴかで実においしかったです。
それと八寸がしみじみよかった\(^o^)/\(^o^)/
炭火焼きの鮎も、バリバリ系ではなくしっとり上品に焼かれて優美な食感、完璧と思いつついただきました。
ご飯は茗荷とあこう。
水物は桃のソルベと青梅を焼いたもの。
お薄でごちそうさまでした<(_ _)>
着物姿のソムリエ、倉田香緒里さんが優しいもてなしをしてくださいました。

(追って料理のキャプションを入れます。)

●「白山」さん、また伺います、またお世話になります\(^o^)/\(^o^)/
*****************
「白山(はくざん)」
電話 075-525-9060
605-0926
京都市東山区今熊野北日吉町52-17
17:00~20:30(最終入店)
月曜休み
カウンター10席
料理はコースのみで15000円(税サ別)
2020年6月開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■ 掲載誌のお知らせ:ミセス 2020年 7・8月号

■ 全国100万人の読者の皆さま、掲載誌お知らせのエリーでございます。

●7月7日発売の「ミセス」は、6月売りの7月号がなかったので、7月8月合併号です。
今回は2軒にお世話になりました。

いつもの新店紹介のページでは、
●「ぎをん藤」さん
に出ていただいています。
そしてもう1軒、宮津まで出かけてきました、
●飯尾醸造さんの新しいお鮨店「すし長蔵」さん
にもご登場いただいています。
遠いけれど行って本当によかった\(^o^)/\(^o^)/

他、この号では、すてきなキッチンが目白押しで、よいなー快適だろうなーと見て楽しめるページがたくさんあります。

この号もどうぞ(お買い上げの上)ご覧くださいませ<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「祇園にしむら」2020年6月

■ 全国100万人の読者の皆さま、6月最後の「祇園にしむら」さんに出かけたエリーでございます。

●胡麻豆腐でスタートします。

●鱧のお椀、たたいたおくらと。
夏のこのお椀、かんぺきにおいしいと毎年思います。

あらゆる鱧のお椀でわたしはこれが一番好きだと思う。

●村沢牛と花山椒。すき焼き味です。
アスパラガスと。

●焚き合わせ代わりに鍋仕立てで、鱧、賀茂茄子、わかめ、水菜。これもおいしかった\(^o^)/☆☆☆

●ぐじのお茶漬けで締め。

●食後の甘味に、フルーツと水無月。
●「祇園にしむら
店主の西村元秀さんと二番手岸ちゃんも真面目にマスク姿でした(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「ぎをん 藤」華やかな天ぷらのコース

■ 全国100万人の読者の皆さま、華麗なお店で天ぷらコースをいただき、幸せな気分になったエリーでございます。

祇園、西花見小路の「ぎをん藤」さん、ザ・リッツ・カールトン京都「水暉」さん天ぷら部門から独立された藤元健司さんのお店です。
初出記事はこれ。 天ばらちらし弁当はこれ。)

店内はゆったりとしていて、季節感鮮やかな天ぷらのコースをいただけます。いまどきこんな贅沢なお店があるのかと驚嘆します。
写真は2万円(税サ別)のおまかせ天ぷらコース。
まずプレゼンから美麗です。
さっぱりからりと揚げられた水茄子、てっぺんは衣をつけずに揚げることで水分を飛ばしたという徳島の天恵菇の椎茸など食感に驚き、白海老白板昆布巻きにカヴィアをのせたものや、平井牛フィレの大葉巻きは瞠目の美味と絶句しました。

●夏野菜、煮帆立、雲丹、酸味のジュレ、ふり柚子

●岩もずくと車海老

●天ぷらのねたプレゼンです。

●車海老

3種類揃えられた塩か、天つゆでいただきます。

●ドルチェドリームという名前のとうもろこし。糖度12度という甘さです。

●胡麻豆腐の天ぷらに雲丹。

●鮎は尾形光琳のような波形の文様でプレゼンされました。ごく薄く衣がついて、いとも上品な天ぷらになっていました。

●万願寺とうがらし。

●白海老の白板昆布巻き、上に宮崎のカヴィア。

●平井牛フィレの大葉巻き。

●サラダ、鱧の焼霜。

●水茄子の天ぷら

●あわびの天ぷらとあわびの肝ソース。

●わたしはあわび食べないのだけど、あわび皿にあおりいかとうに。シート状の、雪のような塩。

●天恵菇という徳島のプレミアムな椎茸。上に衣をあえてつけないで水分を飛ばす揚げ方をしたということ。

●大葉を巻いた車海老。

●卵黄の天ぷらで卵かけごはん、上にカヴィア。これたまらん。

すっかり心を奪われている濃紅たまごですね。

●食後に宮崎マンゴーとさくらんぼ、

●まろやかな紫蘇のジュースと。

あーおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
来月はクラブエリーを2日間お願いしています。皆さん楽しみに(^o^)/☆☆☆
藤元健司さんありがとうー(^o^)
きれいでおいしくて満足しました。
一緒に行った人も喜んだ\(^o^)/\(^o^)/
おかげで楽しいひとときでした(^o^)/☆☆☆
ぎをん藤

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「丹」、やっちゃん卒業

■ 全国100万人の読者の皆さま、「」さんに向かったエリーでございます。

●やっちゃんの未来が、よきものであれかしと願いつつお昼をいただいてきました。
やっちゃん=北嶋靖憲さんは長年勤められた和久傳さんを6月いっぱいで退職して、出身地の鎌倉での独立に向けて準備に入られます。

ちなみに2015年9月のやっちゃん

●「丹」の料理長はよーすけ=山手陽介さんに継がれます。7月からがらりと献立を変えて、お昼は丼や麺が食べられるようになるんだって。
●いさきのフライのお昼セットを食べていたら、「ショコラトリ ヒサシ」の小野林範さんがショコラとお花のプレゼントを携えていらっしゃいました。うるわしい友情です\(^o^)/\(^o^)/

●よーすけが写真撮る、と。

やっちゃんの独立店オープンは来年くらいの予定ということ。いつになるかわからないけれど、きっと行くねーと約束しました(^o^)/
●さて食べたものです。

いさきのフライも、白ご飯も、その前に供されたお料理も全部、おいしかったああ\(^o^)/\(^o^)/

7月1日以降は、献立(構成じたい)が変わりますので、もうこんな定食はいただけませんが、記録に残しておきます。

●ペリーラ(大葉のベビーリーフで、紫蘇の香り豊か)

はすいも、トマト 小夏の和えたの
●小芋すり流し
●胡麻和え、じゃがいも、揚げたきゅうり、スナップえんどう

●コリンキー、ズッキーニ、ビーツ

塩麹とスパイスを合わせたソース

●いさきのフライ いぶりがっこのソース

キャベツとクレソン、赤玉ねぎと新玉ねぎ

ソースは白味噌と卵、もう一つは甘辛のタレと合わせたもの

これおいしかった\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●ものすごくおいしい白ご飯に、ご飯のお供

●オプションでトマトのコンポートとワインジュレ、カフェもいただきました。

」さん、7月1日以降も楽しみに伺います。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「二条 やま岸」牛肉 赤ワイン鍋

■ 全国100万人の読者の皆さま、「二条 やま岸」さんの新メニューと伺って、試さずにいられたでしょうか?(いいやいられはしなかった。)

牛肉 赤ワイン鍋 を楽しみに出かけました。

●鍋の前に、まずはお料理です。この料理がまたどれも、はっとするほど美味で驚きました。(また一段とおいしくなったのではないかー?)

すっぽんスープにかき玉のお椀、八寸、いつものうとい(うに、とろ、いか)和え巻き、鮎の甘酢あんに賀茂茄子など、もうもうおいしさの連続でした。

●蓮の葉に、ほっき貝、おくら、茗荷、酢のジュレ

●丸のスープ(=すっぽんスープ)玉締め

●あまてかれい ぽん酢吉野

●ひし蟹黄身酢和え

●小芋唐揚げ

●あじフライ

●定番のうとい(うに、とろ、いか)和え巻き

●ぐじの塩焼き

●茗荷 糸うり青瓜 白和え

●鮎の甘酢あんかけ賀茂茄子と

●で、ここからがお鍋です。

●赤ワイン鍋とは、おだしと赤ワインを合わせただしで楽しむものです。具材は牛肉、他に茄子、トマト、クレソンと具材少なめシンプル。

香りよくて華やかで、おいしかったなあああ☆☆☆☆☆☆

●これはサーヴィスを全部してくださいます。みんなで四方から囲んでつつく鍋とは違います。

●炊きたて白ご飯をいただいた後、おだしで太そうめんもいただきました。

この後、

●わらび餅冷やしぜんざいをいただきご馳走さまでございました<(_ _)>

もう満足満腹で幸せになりました。一緒にいただいたJさんありがとうーー\(^o^)/\(^o^)/

●料理長の横井裕史(ゆうし)さん、時々嘘ゆうし~と思っていたけれど、これはほんとーにおいしかった\(^o^)/\(^o^)/

二条 やま岸」さん、次は7月のNHK文化センター講座で伺います(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************