■「水暉」NHK文化センター講座1月 その2

■ 全国100万人の読者の皆さま、その1に続いて、「水暉」さん@ ザ・リッツ・カールトン京都 のお料理です。

●「水暉」料理長、三浦雅彦さんの本領発揮、アーティスト魂爆発のコースの、お料理です。

●座付として、からすみ赤飯、銀あん わさび。
銀色の模様の器に銀あんをかけたお赤飯で喜びました(^o^) 大粒の小豆入り。

●先付です。

落花生豆腐、帆立貝、子持ち昆布、ほうれん草、赤パプリカ、美味出汁。

このお皿がとても好きでした。浅野 哲(あさのさとし)さん作のものと教えていただきました。

●お椀はみぞれ仕立てで、金目鯛おかき揚、揚餅、聖護院蕪、芽蕪、にんじん、柚子。

熱々で、おだしは染み入るように美味、具材たっぷりで幸せ。

●お造りは鯛、鰤、ぼたん海老。宝船の帆に見立てたきゅうり。

●このイメージだそうです。

●お重で、折敷に三方でと、華やかに焼き八寸が供されました。

「焼き」八寸の焼き物は、まながつおの味噌幽庵焼きでした。酢取りのれんこんと。
ふぐと海老芋の唐揚げ、青唐、銀杏

合鴨ロース、赤キャベツ

〆鯖の笹巻寿司(鯖がダメな人には差し替えをご用意いただきました)。

 

 

●鏡餅の形の器には、まぐろと九条ねぎの酢味噌和えです。

●火にかけられて、熱々状態で供されたのは、

●はまぐりと筍、(別皿で)薄いしゃぶ餅、七種の野菜でした。

●バカラのグラス、パフェか?と思う美しさで、

●お漬物が用意されました。

●身体が温まる蒸し寿司で締めです。彩りよく、錦糸卵、いくら、海老と明るい色使いでうれしい(^o^)

●止椀でやっとこさ白味噌椀です。あえてここまで白味噌椀出さなかったという心遣い。

いや、いくらでも白味噌のお椀いただきますが、でもみぞれ仕立てもおいしかった(^o^)☆☆☆

●ピエール・エルメさんのデセールです。

生姜味のジェノワーズに、いちごソルベ、いちご。

●奈良のあんぽ柿に、下はあんでした。

この後緑茶をいただき、ごちそうさまでした<(_ _)>

水暉」@ ザ・リッツ・カールトン京都 の三浦雅彦さん、スタッフの皆さん、本当に本当にありがとうございました<(_ _)>

よくやってくださいました<(_ _)> 圧倒的に美麗で楽しさに満ちたしつらいに、お料理もかんぺきでした。

参加者の皆さんにも御礼申し上げます。皆さんが集まってくださったおかげでこんなすてきなお昼が奇跡的に実現できたと思います。

また夏にも伺いたいと思います。今から楽しみです(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里