■ 朝日カルチャーセンター講座@「観山」

■ 全国100万人の読者の皆さま、講座報告のエリーでございます。

1月11日の第2木曜、朝日カルチャーセンター講座のお昼を「観山」さんにお願いしました。
よかったーーー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
お椀やお造り以前に、ひと皿めのかぶらやブロッコリーや椎茸、かぶらの葉の炊いたもののおいしさに感じ入りました。
お椀も非常に美味、八寸も細やかで楽しい。
さらに店主の八木一真さんは新門前通の「観山」さんのご子息で、だから器もとびきりすてきなのです。

●高辻通に面した「観山」さん、以前フランス料理の「レジョン」だったところです。

●今回の献立です。

●食前酒をひと口いただき、

●向付、いきなりこれで感動してしまいました。料理のほとんどに修学院の野菜を使っているということ。風味豊かです。

焼きかぶら、ブロッコリー、焼き酒粕帆立、椎茸、人参、生姜。

●かぶら菜と油揚げを炊いたもの、これもしみじみ旨。

●桐の模様の美しいお椀です。れんこん餅、ぐじ、焼きねぎ、にんじん、柚子。

●お造りが、ひらめ、紋甲いか、まぐろ。黒いつぼつぼに、このわた。

●八寸、これは2名分です。菜の花辛子和え、鯖寿司、くわい田楽、さわら竜田揚げ、からすみ大根。なまこおろし和え。

●かますの南蛮漬に水菜。

●焼物はまな鰹柚庵焼き、堀川ごぼうの山椒煮、はじかみ。

●後ろに赤水菜。

●焚き合わせは丸大根の白味噌煮。鶏の丸(がん)、日の出にんじん、ほうれん草、柚子。

●ご飯プレゼンをしてくださる店主の八木一真さんです。

●葱と穴子のご飯をたっぷりと。

●香の物。梅干しも炊いた海苔も美味、とりわけ柚子大根というのが、レモンやすだちなど柑橘が香り立ち目覚ましい思い。

●赤だし。

●このあと、フルーツと甘味で、ラ・フランスのジュレにりんごコンポート/メローゴールドといちご、卵白と生クリームの白いソース/安納芋と栗鹿の子をいただきました。
■ いつものメンバー11名で伺ったのですが、皆さん喜んでくださって、ほんとよかったです(^o^)(^o^)/
八木一真さん、加余子さん、やっちゃん、お世話になりました。参加してくださった方々にも御礼申し上げます。

*****************
「観山」かんざん
電話 075-353-7357
京都市下京区高辻通高倉東入ル(泉正寺町465-2)
(たかくらビル1階)
18:00~20:30(入店)
水曜金曜日曜のみ昼営業あり
月曜休み(その他不定休あり)
カウンター10席 全席禁煙
要予約
2016年11月10日開店
昼8000円(税別)、夜12000円、15000円(税別)
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録歓迎\(^o^)/

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■「祇園にしむら」2018年1月のコース

■ 全国100万人の読者の皆さま、ごきげんエリーでございます。

■ 10日夜、「祇園にしむら」さんのお正月料理をいただいてきました。

よかったーーー\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆
美麗で美味で楽ちんで、
楽なんだけど、しかし最後まで過不足なく決まっていて、
つまり完璧なんだと思いました。完璧のぺき子ちゃん。

●胡麻豆腐でスタート。

●白味噌のお椀、中にお餅、かしら芋、結び橙、糸削りかつお

●まぐろ、紋甲いか、昆布締めにした鯛。鯛の上には芽甘草。お正月の縁起物です。

●黒豆に金箔です(^o^)/ 

●いつもの鯖寿司。千枚漬がのせられる季節です。

●完全にお正月仕様の八寸です。鶴のお皿は、永楽の15代によるものだそうです。

ごまめ、たたきごぼう、からすみ、いくらを詰めたきんかん、酢れんこん、ちしゃとう、くわい。

●うしろにくわいです。

●お正月の器、華麗で楽しみです。

●まながつお西京焼き。

●焚き合わせ、とろっとして熱々で、もう圧倒的な美味です。湯葉、蟹の身と味噌がたっぷり、中に聖護院大根、ふき、筍、銀杏、百合根。

●締めには鯛ご飯です。

●この赤だしがまた旨。

●いちご、洋梨、白ワインジュレ。

●顔はコワいが話せば優しい店主の西村元秀さん。

●お花いけは店主さんがこの1年くらいやるようになっていて、ますますすてきになってきています。

■「祇園にしむら」さんのお正月料理は1月15日(月)までです。
毎年この季節にしか使われない器もあります。
食べたい方は急ぎましょう!
一緒にいただいたMさんKさんに御礼です<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録歓迎\(^o^)/

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

関谷江里

■ クラブエリー@「割烹 竹うち」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリーの報告です。

クラブエリー和食会、9日(火)と10日(水)の2日間やりました。
お願いしたのは「割烹 竹うち」さん。ぶりたっぷりのコースでした。
夏にうなぎ大会をしてあまりの好評で2度めの開催、
いたつく=至れり尽くせりのもてなしにクラブエリーの欲深い女たちも大喜びで、盛り上がり過ぎ\(^o^)/\(^o^)/

■ 竹内誉裕さんという人が、手が2本だけとは思えないのです。全部ひとりでやるのだけど、どどどどど、ばばばばばという感じで仕事するの、千手観音としか思えないほど手際がもうれつによくて、あっけにとられている(食べている)うちに、コース終わりました。甘味2種類も作ってくださって。おにぎりのおみやげまで持たせてくださって。
献立に書いてないものも出してくださって、12時過ぎスタート、14時前には全部終わってました。器も洗いおわっていたww まあみんな食べるのが極端に早いということもあるけれど、全く待たせず出してきて、すっごい人です。

いろいろを、どーんとたっぷり出してくださったのも大好評でした。
これははやるわ・・・この人、他人使ってやるより自分で全部やってしまった方が、早く、思い通りにできていいんだろうなあ。
手際のよさと同時に、にこにこ仕事するのが感じいいです。クラブエリーのマダムたちの心をすっかりとらえていました。

皆さん質問はと言えば、「いくつ?」「独身?」「彼女は?」「ひとり暮らし?」( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

まあどこに行ってもすてきなご主人やシェフにはこれなんだけどね(^o^)(^o^)
皆さん帰りぎわに、「また春も!」「夏も必ず!!」と言ってくださって、こんなに喜んでくださってわたしもめちゃくちゃにうれしかったです。

クラブエリーやってよかったー\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録歓迎\(^o^)/

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■「柾木」1月のコース

■ 全国100万人の読者の皆さま、「柾木」さんに行ってきて、ごきげんエリーでございます。
よかったー\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●ふわあああといい香りで迎えられました。

●大きな柚子釜で、蟹をのせた七草おこわで始まりました。

●大きな大きな鬼柚子です。

●鶴の目のところ、2箇所が螺鈿です。ぴかっと光ってかわいかったー。

●ただの白味噌椀ではなくれんこんのすり流し白味噌仕立て、ベースははまぐりのだし。このお手間。工夫があって、ものすごくおいしいです。

●こっぺ蟹に、酸味はジュレで。

●これが笑った、「お造りの、りすのろ風」(^o^)(^o^)/

大間のまぐろ、ひらめの昆布締め、穴子の炙り、さわらの焼霜+燻製、剣先いか、あわび肝ソース、パリパリに揚げた海老の頭。

いつもはこんな感じで2皿くらいのところを、先日の「りすのろ」(「リストランテ 野呂」)に刺激を受けて盛り込みスタイルになったと。

ふたりは同郷(青森)な上、ジェイアール京都伊勢丹「京都和久傳」とホテルグランヴィア京都「ラ・リサータ」と勤め先もごく近くでした。

●デタイユこんなでした。

●柾木さんはこれをやってみたかったみたい。先日の櫛田英樹さん@「鮨 泰蔵」さんのまねしですね\(^o^)/\(^o^)/

違う違う、自分の故郷・青森のまぐろだからこうしたかったって。でも実は故郷は弘前で、大間までえらい遠いんだと。笑笑。

●子持ち鮎のコンフィの焼き浸し

九条ねぎ、胡瓜おろし、赤いのは紅しぐれ大根。

●海老芋の胡麻和え(温製)。茹でて、炊いて、揚げて、和えてあります。お手間入りです(*_*)(*_*)

●春巻きは3種類。黒豆/湯葉雲丹/ふぐ白子、椎茸

●カペッリーニでお凌ぎ。サラダセロリ、えごま油。

●牛肉と野菜のスキレット仕立て。牛肉だけで幸せなのに、野菜が多彩に入っています。ごぼう、茗荷、にんじん、菜の花、葉玉ねぎなどなど。

●ごはんセットです。梅ちりめんや、醤油漬の卵黄など、おいしいのわかってますwww

●柾木俊介さん、ごはんプレゼン上手になられました\(^o^)/\(^o^)/

●この白ごはんがまた格別に、ものすごくおいしいのです。

●止椀は、甘鯛のだしの吸い物です。おいし☆☆☆

●わらび餅といちご(あまおう)とオレンジ(紅まどんな)。

●お薄をいただき、ご馳走さまでした。

●子持ち鮎コンフィ、春巻き、牛肉スキレット焼きなど明確においしいーー!と思うお皿が続々と続き、けれど合間に海老芋やらおしのぎの素麺代わりのカペリーニなど、ちょっと楽になるような料理も差しはさまれて、実にいいバランスでした。
白ごはんがまたおいしかったーー(T_T)(T_T)
一緒に食べたSちゃんありがとう\(^o^)/\(^o^)/
●「柾木」さんがアラカルトしてくれたらしょっちゅう行くのにー。
MW100とか頼むよ、笑。
柾木さんのお椀100ね\(^o^)/\(^o^)/

「柾木」さん、創意に満ちたお料理、良心的なお店です。
街なかからはちょっと遠いけれど、でも激しくおすすめです。

**********************************
「柾木」(まさき) 電話 075-777-4556
〒604-8805
京都市中京区壬生馬場町15-20
18:00~20:00入店 不定休

お願いしたら昼営業もしてくださいます。
カウンター9席 全席禁煙 要予約
2016年3月30日開店
**********************************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録歓迎\(^o^)/

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。

■ お正月のあれこれ(1)

■ 全国100万人の読者の皆さま、元日も何も変わらぬエリーでございます。

●お正月におせちを買おうとしないわたし(ごめん・笑)を知っていたのか、Sさんがこれをくださいました。ありがとう(^o^)(^o^)/
二段のおせちを何十と作った後の取肴で詰めてくださったのだと。

箱に入ったものを買うんだったら料理屋さんに行く方がいいし~、と思っているのだけど、いただいたらいただいたでうれしいです(^o^)☆☆☆

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録歓迎\(^o^)/

こちらをご覧ください

*****************

★速報はfacebookをご覧ください。