■ 掲載誌のお知らせ:ミセス 2019年5月号

■ 全国100万人の読者の皆さま、掲載誌お知らせのエリーでございます。

●現在とっくに発売中のミセス 2019年5月号です。

いつもの新店紹介ページでは、ザ・サウザンド キョウトの「きざはし」さんに出ていただいています。

先日もクラブエリーでお世話になりました\(^o^)/

それから特集記事の、バラのページが本当にきれいです☆☆☆

皆さまこの号もどうぞ(お買い上げの上)ご覧くださいませ<(_ _)><(_ _)>

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー夜@「天ぷら割烹 なかじん」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

4月12日の夜はクラブエリー夜@高倉通六角の「天ぷら割烹 なかじん」さん。

こちらもまた洗練を極めて、ほんとーーーーーーにおいしかったです。天ぷらが、ざっとひとつの流れではなくて、一品ずつがひと皿の完成されたお料理でした。

塩ひとつでも、うに塩、桜塩、大徳寺納豆塩、マルドンといった具合に素材に合わせて変化をつけてあり、お手間と工夫が感じられて感動深いコースでした。
以前からおいしかったけれど、またより一層深化された感じがして、頭が下がりました。お皿のすみずみに緊張感が感じられ、全力でやってくださったことがよくわかりました。
たとえばサラダの葉っぱでも、「息をしているなこの葉っぱ」と思わせ、伺ってみたら、「鯛のお造りをつくる気持ちで葉っぱを丁寧にちぎっていっている」ということでした。どこまでもすごい料理でした。少人数でのクラブエリーでしたが、おいしさに集中して味わうことができてよかった。また次、夏をお願いしてきました。全員がリピート・・・喜んでくださってうれしかったです(^o^)(^o^)
追って料理キャプションくっつけます。

天ぷら割烹 なかじん」中村一臣さん、スタッフの皆さんありがとうございました。また次を楽しみに伺います。

参加者の皆さんにも御礼たくさんです<(_ _)><(_ _)>
クラブエリー夜、わたしも楽しめてよいです\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

関谷江里

■ クラブエリー@桜の季節の「山玄茶」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

4月10日(水)のクラブエリーは「山玄茶」さんにお世話になりました。
毎回大人気で、特に桜のお花撒きで楽しませてもらえる春は格別の盛り上がりです。カウンターと2階のお部屋に入れていただきました。お皿の上も春満載でよかったー\(^o^)/\(^o^)/

●先付は長芋羹 雲丹入り。

●お椀、甘鯛葛叩き、ぜんまい湯葉巻き。

●お造りは鯛、いか、かつおのたたき。サニーレタスや貝割れ、スライスオニオンのサラダ添え。胡麻ぽん酢と。

●桜葉入りの飯蒸しは白魚、いくら。

●鱒の木の芽焼き

●八寸は華やかな金箔塗りのお皿で。

●強肴は桜鯛の春キャベツ巻き、こごみの天ぷら、白味噌あん。

●焚き合わせは桜えびのひろうすに、塚原の筍、わかめ、ふき。

●店主の増田伸彦さん、ご飯プレゼン之図です。

●白ご飯と、筍ご飯の2種類が用意されました。

欲深い人たちは(全員欲深かった)、この後まだお茶漬けとか卵をかけたカルボナーラ仕立てとか、3膳も4膳も楽しみました。

●胡麻プリンにいちご、アイスクリームが甘味ひと皿め。

●桜餅をいただきごちそうさまでした。

●春の楽しみ、花吹雪です(^o^)(^o^)

カウンターでもお部屋でもしてくださいました。

●増田伸彦さん、スタッフの皆さんありがとうございました。

毎回皆さんほんとーーーに喜んでいただけます。しみじみおいしくて、満足度とても高いと。

またお願いいたします。

参加してくださった皆さんにも感謝<(_ _)><(_ _)>

*****************

「山玄茶」さんげんちゃ
電話 075-533-0218 
〒605-0073
京都市東山区祇園町北側347-96 
12:00~13:00入店、18:00~19:30入店
毎週火曜休み、他にも休みあり
カウンター10席、2階に座敷(テーブル)8席と4席
全席禁煙
2007年2月開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー@「丹」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

4月9日(火)はクラブエリー@「」さん。
店長のやっちゃん=北嶋靖憲さんに、先日来ヨースケくん=山手陽介さんも加わって、盤石の態勢です\(^o^)/\(^o^)/
初めてのミニサイズ、こぢんまりしたクラブエリーで、わたしも着席して一緒にいただきました。
野菜おいしい筍おいしい魚おいしい肉もおいしい、つまり全部言うことないコースでした。
とりわけわたしが心を奪われたのは貝がみっちり入ったお椀で、貝数種類に春キャベツがよく合っていました。

●お天気がよくてほどよい気温の時はこうして開け放たれます。

●1階の集合テーブルです。2席のテーブルも2卓あります。

●店長のやっちゃん=北嶋靖憲さんと、先日来こちらのスタッフになったヨースケくん=山手陽介さん。

●以下、お昼にしていただいた夜のコースです。

おだしと梅干しがまず供されます。

●金目鯛の焼霜造り

●貝寄せのお椀。赤貝、とり貝、たいら貝、はまぐり。春キャベツと。

●丹後の蒸し野菜盛り込みで、

新玉ねぎ、白菜の花芽、にんじん(パープルスティック)、大賀ごぼう、ビーツ、にんじん(イエローハーモニー)、スナップえんどう。

●オリーヴオイル、塩、味噌でいただきます。

●筍の炭火焼きは大皿で供されました。

●大原野の筍でした。春の味、春のいちばんの楽しみです。

●小芋の唐揚げ、胡麻だれ、煎り胡麻

●いちぼ肉の炭火焼き

●すっぽんラーメン

●これは予測外の締めの麺でした。半熟卵、すっぽんエンペラ、色紙葱と。

●じゃこチャーハン

●香の物と止椀も付きました。

●甘味は山椒アイスクリームと茹でたあずきでした。

●晴れわたった、気持ちのいいお昼でした。天井の高さなど、やっちゃんの背丈に合わせて設計されたとか(嘘か本当かわからん(^o^))

●最後のラーメンとチャーハンに関しては「さすが若い料理人らしくて楽しかった」というのと、「やっぱり和久傳さんのとびきりおいしい白いごはんも食べたかった~」という感想とで二分しました。
」の、やっちゃん、ヨースケくん、スタッフの皆さん、お世話になりました<(_ _)><(_ _)>
5月1日(水)もお願いしています。
クラブエリーの皆さん楽しみに(^o^)

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「嵐山さくら」でクラブエリー、NHK講座

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリーと講座報告のエリーでございます。

3月27日(水)クラブエリー、4月4日(木)NHK文化センター講座と「嵐山さくら」さんにお世話になりました。

●桜の見頃については予測つかずで、結局3月27日は大きくふくらんだつぼみの状態、4月4日に6分咲きという感じで楽しませてもらいました。

●初めて本当に桜の季節に出かけられた「嵐山さくら」さん、とてもよかったです。予約がいちばん難しいシーズンにありがとうございました<(_ _)>

●いつも変わらぬさくら模様ですが、この季節やはり春の浮き立つ気分を盛り上げて、喜ばしい気分にさせてくださいました。

●変わらぬ美しい先付に八寸、雲丹ご飯といただきました。定番の雲丹ご飯ははまぐりだしでお茶漬けに、という幸せな締めで、ゆったり美味を楽しみました。食後はいちご入り、白あんの品のよいフルーツどら焼きと小さなお茶碗での抹茶。
新井敏夫さん女将の美津子さんスタッフの皆さんお世話になりました<(_ _)><(_ _)>
参加者の皆さんもありがとうございました。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「きざはし」でクラブエリー3日間

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

4月1日~3日のお昼のクラブエリー、「きざはし」さんにお世話になりました。
1月に開業したザ・サウザンド キョウトの和食店です。
3日間で50名で伺いました。
ゆったりした空間で、お料理もばちっと決まって、
ものすごーーーーく好評でした。よかった\(^o^)/\(^o^)/

早見義昭さん、岩山泰久さん、石井直毅さん、スタッフの皆さんお世話になりました。

●気の流れがとてもいいと思う店内です。すごく清々しいのです。半透明の間仕切りは、金属製の細かいチェーンです。横にスライドできるようになっています。

●料理長の早見義昭さんです。

●スペースが、ものすごーくゆったりしています。着物でも、マイ・フェア・レディ風の羽根飾り付きの帽子でも大丈夫です(^o^)/

●ご飯プレゼンで登場した副料理長の岩山泰久さん=やっちゃんです。

●「きざはし」さん、大変好評で、また違う季節に開催を~とご希望多く、改めてまたお願いいたします<(_ _)><(_ _)>

お世話になりました<(_ _)><(_ _)>

そして、春の初めに皆さんと会えてうれしかったです\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

 

■「祇園にしむら」2019年3月のコース

■ 全国100万人の読者の皆さま、3月の「祇園にしむら」さんに伺ったエリーでございます。
今月は最終週の木曜日の夜に。安心して食べられて、すっかり気が緩んでしまうお店です。

●胡麻豆腐で始まります。

●ぐじ、ふき、たいら貝、わかめ、聖護院大根のお椀。
おいしーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい。

●お造りは2段階で供されました。まず鯛、

●まぐろは寿司仕立てで。鯛もまぐろも申し分なくおいしかったです。感涙うるうるという感じ。(T_T)(T_T)

●鯖寿司、大好きだったけれど、わたしは生鯖を食べられなくなっています(T_T)(T_T)

●筍の絵柄の扇形のお皿でした。

●八寸は、鱒の塩焼きに木の芽/豆腐田楽/伊達巻/からすみ/ほたるいか/菜の花/しらす/赤貝、みる貝、うどの酢味噌和え/せりとわさび菜お浸し

●天ぷらは、ふきのとう、たらの芽、れんこん、奥が、

●ごぼうの薄切りで包んだそら豆でした。

●筍、長芋、椎茸、生麩、菊菜の焚き合わせ、木の芽。

●白魚玉締めのご飯、うっとり満足です。

●香の物と、

●赤だしがまたおいし。

●最後の甘味が、抹茶クリームをのせたあん入りミニもなかといちごでした。

祇園にしむら」さんまた来月(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「京都 いと ito」初訪問

■ 全国100万人の読者の皆さま、すてきな新店に出かけて、テンション激しく上がったエリーでございます\(^o^)/\(^o^)/

和食の「京都 いと ito」さんに、3月25日の夜に初訪問しました。(プレオープンでした。)クラブエリーで昼に「ジェルモーリオ」さん(ひとつ前の投稿)に伺ったのと同じ日で、なんと同じ通り、ビル4軒東隣りでした。
一緒に出かけたのは、あけーみちゃん=小山明美。泣く子も笑う、京都を代表するコンシエルジュです。
「京都 いと」さんは3月28日木曜(大安)にオープンしたカウンター8席の和食店です。(お部屋もあるけれど未稼働。)

料理長が大河原謙治さん、ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパの「吉兆」さんで料理長をつとめられ、サミットの料理も担当された方です。

副料理長には髙橋広大さん、北海道出身で、ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパの「ミシェル・ブラス トーヤ ジャポン」で修業され、フランスでも修業されてきた方です。和食とフランス料理のふたりが、実にいいコンビを組んでいて、それも感じがよかったです。
お店は夜のみ営業で、コースは2万円と5万円(税サ別)です。

●料理長の大河原謙治さん、「京都吉兆」さんの嵐山本店で修業され、その後北海道のザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパの「吉兆」さんで料理長をつとめられた方です。テンション高くて明るくていいです。「フレンドリーな雰囲気でお客さまをもてなしたい」のだと。

●副料理長の髙橋広大さんは「ミシェル・ブラス トーヤ ジャポン」出身。一緒にカウンターに出てこられます。共に仕事をされるのは今回が初めてだそうですが、そうとは思えないくらいリラックスして、よく息が合った感じがしました。

●さてコースです。

赤貝、つぶ貝、みる貝と、小松菜、たらの芽、こごみ、うるい。土佐酢ジュレと。

●華麗なお椀が供されました。蓋を開けるなり馥郁たる香りが立ちのぼりました。ふわああああと、天国的。

●菜の花で春の演出、下にはホワイトアスパラガスと

●牛フィレ肉も仕込まれていました。胡椒も効いて、いきなり迫力のお椀でした。

●お造りその1が桜鯛。ふきのとう醤油と、塩は沖縄の、ぬちまーすです。

まず塩でシンプルに桜鯛のおいしさを味わい、次にふきのとう醤油をつけたら・・・春が香り立ちました。

●お造りその2は甲いかの炙り。醤油、カリフラワーのピュレ、おろしたパルミジャーノレッジャーノ。

醤油でうっすら味をつけてからカリフラワーのピュレをからめ、そこにパルミジャーノをまぶしつけて食べたら・・・旨いったらないの\(^o^)/\(^o^)/

●トリュフをばさばさ削って出してくださったお皿、むんむん香って贅沢でした。そしてその下には、これほど甘いか? 上品な旨味があったのか?と驚く百合根。その下には百合根のピュレ。銀あん。

トリュフを除けば何でもないような一品に見えながら、実に実に、旨さのかたまりのような一品でした。( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●ふわっふわっふわっに盛り上げたかつおぶしの山に焼き筍を投入、かつお節をふわっふわっにまとわせました。

●これがこれがこれが、またおいしかったのです。極薄く削ったかつお節は溶けるようで、稀有な食感でした。しゅわと溶けながら筍に旨味を与え、でも筍じたいも食感よくてたまらない。( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;)

●とろたくあん巻き、上に雲丹山盛り。おいしいおいしいと、うわ言のように言うしかない。

●副料理長の髙橋広大さんが生ハムをスライスしてくださって、

●これが出てきた。生ハムをまとった、

●ぐじでした。ぐじだけで旨味たっぷりなのに、そこにまだ生ハムの旨味を重ねるの、旨いに決まってるの、ずるいのww

●炭酸水についで、こんなすてきなお酒も少しいただきました。お酒あまり飲まないけれど(その時は飲めるけれど後で仕事にならなくなるから)、たたみかけるように続く旨いもの責めに実によく調和して、よいもんだなと。

●帆立のムース、焼いた帆立、ふきのとう、ゆきのしたの天ぷら。これもものすごく春の香りでした。

●越冬長芋に、寒締めほうれん草、銀あん。

長芋とほうれん草が、風味が強くて甘みがあって、何なのこれ? と瞠目のおいしさ。

●続いて越冬キャベツの小さな品。酸味が効いて、さらにさっぱりします。

●そして、締めご飯に登場したのが、フォアグラうなぎご飯でした。あわわわわ( ̄○ ̄;)( ̄○ ̄;) なんたるインパクト。ハデハデ。

●わたしはフォアグラやうなぎは要らないので、白いご飯をいただければうれしい・・・と思っていたら、どっさりという感じで牛肉がのったご飯を出してくださいました。なんてうれしい、ありがたいはからい<(_ _)><(_ _)>

●香の物と、

●止椀。

●白いご飯もいただきました。「ゆめぴりか」とのこと。白ご飯も、理想的に美味でした。

●大粒のいちごはさがほのか。

●黒ごまのテュイル巻いたものの中に、ホワイトチョコレートのクリーム、手前は酒粕アイスクリーム。塩キャラメルソース。

酒粕(和風)を使いながらも洋風なデザートで締められました。

全部おいしかったーーー\(^o^)/\(^o^)/

素材よくダイナミック、創意あるお料理を楽しみました。大河原さんと髙橋さんのハイテンションでぱーっと明るく盛り上がるコース、本当によかったです\(^o^)/\(^o^)/☆☆☆

●「いと」さん、また伺います。

さっそくクラブエリーをお願いしてきました\(^o^)/\(^o^)/

プレミアムの皆さんお楽しみに(^o^)/
*****************

「京都 いと ito」
京都市下京区中居町112-1
075-371-2238

17:30~20:30最終入店
夜のみ営業、日曜休み

もちろん全席禁煙◎

2019年3月28日開店

*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■「日本料理 とくを」でも春だ\(^o^)/

■ 全国100万人の読者の皆さま、「日本料理 とくを」さんで春の到来を喜んだエリーでございます。

一品で好きに食べられて気楽、それでいて格別においしいと思うお店です。

●先附3種。

この後、春らしいものを組み込みながらお願いしました。

●赤貝には酢味噌を添えていただき、

●若竹煮はマストでしょう、

●原木椎茸のフライ、牛フィレフライ、ズッキーニのフライに

 

●焼き物は金目鯛を選択。

 

●これも春のマストのえんどう豆のすり流し、

 

●鉄火丼で締めにしました。●アイスクリームに黒蜜ときなこ。(これは小さく作ってもらっています。)
おいしかったおいしかったおいしかったー\(^o^)/\(^o^)/

●「日本料理 とくを」さん、しばしば伺いたいお店です。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ クラブエリー 2月の「おたぎ」

■ 全国100万人の読者の皆さま、クラブエリー報告のエリーでございます。

さかのぼって先月2月21日(木)と28日(木)、クラブエリーのお昼を鷹ケ峯の「おたぎ」さんにお世話になりました。

開店時の記事はこちら。

 

●クラブエリープレミアム、初開催の「おたぎ」さんです。カウンターとテーブルにお邪魔して、今回は各日12名で伺いました。
北大路駅近くから鷹ケ峯に移転された、広々美しい新店には皆さん初訪問で、ものすごく楽しみに伺いました。
●馬場一彰さんと一子さん(小学校からの同級生という夫妻)、お昼開催をしていただいて感謝。とてもよくしていただきました。

●馬場一彰さんと一子さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。参加者の皆さんにも感謝。

再訪ご希望の方が多くて、すぐに次の会も決まりました。御礼たくさんです<(_ _)><(_ _)>

*****************
「おたぎ」電話 075-492-1771

京都市北区鷹峯土天井町18
17:30~20:00LO
毎週水曜休み、

第一土曜日と日曜日休み

2012年7月12日、北大路駅近くで開店

2018年8月23日現在地に開店
*****************

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************