■ パリ記録33 Aux Cadransで最後の夜

■ 全国100万人の読者の皆さま、お盆のエリーでございます。フェイスブックに上げたままで、こちらに上げられていなかった6月のパリ記録を、このお休みに一気に貼り付けていきます。

**********************************

今回の日程:2018年6月25日~7月3日

今回の計算:1ユーロ 131円

今回の記録は 2018年6月 Paris パリ でひとまとまりになっています。

2013年からのパリの記録:時々パリ
**********************************

●パリ最後の夜です。間違いなくおもしろいだろうから、大森由紀子について行くことにして、夕刻、指定のお店へ。

ちょっと早めに着いてみたら、えっ? なんで駅前のブラッスリーなのか??? これが何か意味のある店なのか? 一見、何もかも普通の駅前の店で・・・

とにかくペリエを飲みながらゆきぴを待つことに。

●Aux Cadrans オー・カドラン というお店。cadranは時計盤とかダイヤルとかいう意味ですね・・・

●Gare de Lyon, ガール・ドゥ・リヨン=1号線、バスティーユからひと駅東、リヨン駅の真ん前です。

リヨン駅前は、北駅前ほど広すぎることもなく、コンパクトで歩きやすいのがいいです。

●店内にも見やすく時計盤。これは列車の時間を気にする人のために、駅前だからこそ付いているんだろうなあと。(店内の目立つところに時計があるお店ってなかなかないでしょ?)

●19時前だからまだ店内余裕がありましたが、この後どんどんお客さまが入って来られました。

●大森由紀子登場で、なぜここなのかが判明!

(バーカウンターのお客さまがずっと動かず写り込んでいますが、)このくるりと開閉する、半円形ガラスがついたワゴンというかケースが、実は古いもので、もう作られていないものなのだそうです。

●冷蔵ケースです。パティスリいろいろと、そのお菓子を飾るソースやフルーツが収められてよい眺め。

●タルトタタン! これを見てしまって、食べないで帰れただろうか?(いいや帰れはしなかった。)

●サーヴィスのDominique ドミニックが、もう本当にプロフェッショナルで、サーヴィスがこの人の天職なんだろうと思いました。席についた瞬間からお店出るまでみっちりサーヴィスしてくれて、おかげでおもしろかった!!!

●盛り盛りのサラダと、

●どかんと大きなステーキを分けて食べてお腹いっぱいいっぱいに。

●ソースも2種類添えてくださって、

●野菜ほしかろうと「いんげんのお皿も要るか?」と聞いてくれたので、喜びました。

●盛り上げ上手なドミニック、タルトタタンを花火仕様で持ってきてくれて、なんと偶然ゆきぴの誕生日前でした。なんてすてきなタイミング!

ゆきぴに、ケッコンしようとか言っていたよ。ゆきぴはゆきぴで「わたしヌイイに住んでいて、」とかデタラメ言ってんの\(^o^)/\(^o^)/

●Trou normand トゥルー・ノルマンといって(こういうもの)、(お願いしてないのに)食中からカルヴァドスを出してくれて、タルトタタンにもざばざばとカルヴァドスをかけてフランベする。きゃーきゃー騒いで写真を撮るわたしたちが、さらに喜ぶことをどんどんやってくれる!!

●くたくたりんごにひたひたカルヴァドスのタルトタタンがパリ最後の夜のお菓子\(^o^)/\(^o^)/ 激しく盛り上がり、さらにそこに、

●お祭りなんかで売っている蛍光色に光るブレスレットを(子供客にあげるついでに)わたしたちにもくれて、巻き付けて喜びました。(^o^)(^o^) 

Aux Cadrans、また必ず行って、ドミニックによくしてくれたお礼を言おうと思います。朝の6時から夜中2時までの営業ということでした。

ちなみにわたしの腕にもうひとつ付いているブレスレットは、パサージュ・ジュフロワの、ミネロー=天然石の店で買った7色ブレス。これをしていたら、またパサージュに呼び戻してもらえそうな気がして。

●ひきぴも写真を撮ってます。今回は偶然に後半の滞在期間が重なることになり、おかげでものすごく充実しました。よき先輩で畏友♪ 感謝たくさん。

コンコルドまで一緒にメトロに乗って、お互い乗り換えでそこで盛大に手を振って別れました。あー今回もほんとよかったパリ滞在。わたしにとって「はずれ」なお店もあったけれど、その分、自分にとっていいお店、行くべきお店がはっきりするわけだし、いつもいい確率でいいお店に出会えていることに感謝するしで、やっぱりすべてよかった、と\(^o^)/\(^o^)/

この次に来るべき投稿が、先に上げた7月3日付の「帰国しました。」です。

今回のパリ記録はこれで終わり。また次、出発ゲートから

行ってくる 行けば気が済む 里帰り

(もう次のフレーズ考えたw)

と言う日まで、毎日機嫌よくやっていきます\(^o^)/\(^o^)/

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■ パリ記録32 カフェのオムレツ

■ 全国100万人の読者の皆さま、お盆のエリーでございます。フェイスブックに上げたままで、こちらに上げられていなかった6月のパリ記録を、このお休みに一気に貼り付けていきます。

**********************************

今回の日程:2018年6月25日~7月3日

今回の計算:1ユーロ 131円

今回の記録は 2018年6月 Paris パリ でひとまとまりになっています。

2013年からのパリの記録:時々パリ
**********************************

●さかのぼってFBでも未アップだった、到着した夜のこと。遠くへ出かけるには疲れていたので無理をせず近くのカフェでオムレツ。朝ごはんみたいだけど、どかんと大ぶりで中にハムやらフロマージュがみっちり入った、食べごたえのあるもので満足。山盛りサラダ付き。ペリエを飲んで、京都の日常と変わらんなあと。笑。

今回は15区。メトロは Boucicaut ブシコーが最寄り。モノプリも近くて、水を買うのに非常に楽でした。前を通るたび、ペリエとヴォルヴィックを持てるだけ買って帰りました。

前回の7区のすぐ南という感じで、中心部へ出かけるメトロの乗り換えも慣れたもんで、楽ちんでした。

●滞在最後の日に、2カルネ買いました。10枚つづりメトロ回数券を2セットです。次に来る時のために。

パリにいることがあまりにも普通の感じがして、「ここにいるわたしも当たり前」と思えてしょうがなくて、だから旅費がかかるのだけが難だけど、また来ます。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■ パリ記録31 ギャルリ・ラファイエット

■ 全国100万人の読者の皆さま、お盆のエリーでございます。フェイスブックに上げたままで、こちらに上げられていなかった6月のパリ記録を、このお休みに一気に貼り付けていきます。

**********************************

今回の日程:2018年6月25日~7月3日

今回の計算:1ユーロ 131円

今回の記録は 2018年6月 Paris パリ でひとまとまりになっています。

2013年からのパリの記録:時々パリ
**********************************

●FBでも上げていなかった写真です。

●いつもの予定調和の写真ですが、ギャルリ・ラファイエットです。こうして見上げるの好きなの、このアングルで絶対に1回は撮っておくのです\(^o^)/\(^o^)/

●いつものロンシャン詣で。買わなかったけれどひと通りチェックして気が済みました。

●ギャルリ・ラファイエットに行ったのは食品館で買い物をするためでした。バター天国、酪農の国フランス\(^o^)/\(^o^)/

右側に見える、いろいろな味のボルディエのシリーズをひとつずつ購入・・・いまだ味を見てないものもありますww 

●バラット製法と書いたのもいろいろあり、毎回ひとつずつ買ってきていますが、試しきれていません。だんだんにね。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

関谷江里

■ パリ記録30 パサージュ歩き

■ 全国100万人の読者の皆さま、お盆のエリーでございます。フェイスブックに上げたままで、こちらに上げられていなかった6月のパリ記録を、このお休みに一気に貼り付けていきます。

**********************************

今回の日程:2018年6月25日~7月3日

今回の計算:1ユーロ 131円

今回の記録は 2018年6月 Paris パリ でひとまとまりになっています。

2013年からのパリの記録:時々パリ
**********************************

7月1日(日)夕方、最後にパサージュを歩かなければ。どうしてもパサージュ ジュフロワとパノラマを歩かねば気が済まなくて、往復歩いて、いつものおおかみ犬さんたちにも挨拶して満足しました。

●ヴァリエテ座の前で。わたしの写真も小さく載せておきます。まーたまに。

●ミネロー=minéraux 天然石のお店でちょっと買い物したりもしました。

気が済みました。

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ パリ記録29 ピエール・ジェロニミ

■ 全国100万人の読者の皆さま、お盆のエリーでございます。フェイスブックに上げたままで、こちらに上げられていなかった6月のパリ記録を、このお休みに一気に貼り付けていきます。

**********************************

今回の日程:2018年6月25日~7月3日

今回の計算:1ユーロ 131円

今回の記録は 2018年6月 Paris パリ でひとまとまりになっています。

2013年からのパリの記録:時々パリ
**********************************

●「アルノー・ラエール」さんでばったり会った大森由紀子と共に、再び「ジェラール・ミュロ」に寄り、そこから歩いてフェロー通りの「Pierre Geronimi ピエール・ジェロニミ」へ。知り合いがこの通りに住んでいて、オープン当初から気になっていたのでいい機会でした。コルシカ発のジェラートとソルベのお店です。

●ゆきぴはシトロン、わたしはショコラ。ゆきぴいわく「脳天をつく酸っぱさ」だって。シトロン度強しとのこと。そもそもシトロンとか、ピスターシュとか栗の粉とか、コルシカ発の食材を使ったものを食べるべきお店なんですね。ショコラは薄くて満足度低かったんだけど、ショコラはショコラ専門店で食べればいいのだもんね。フルーツ好きな人はここきっと好きです!

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ パリ記録28 アルノー・ラエール

■ 全国100万人の読者の皆さま、お盆のエリーでございます。フェイスブックに上げたままで、こちらに上げられていなかった6月のパリ記録を、このお休みに一気に貼り付けていきます。

**********************************

今回の日程:2018年6月25日~7月3日

今回の計算:1ユーロ 131円

今回の記録は 2018年6月 Paris パリ でひとまとまりになっています。

2013年からのパリの記録:時々パリ
**********************************

7月1日(日)オデオン方面続きで、「Arnaud Larher アルノー・ラエール」さんへ。見た目かわいい生菓子多い・・・食べてみたいが生はまた次だー 焼き菓子など買えるものを選んでいたら、偶然に大森由紀子が入って来て驚いた。「外から赤いのが見えたから」だと。この後一緒に2軒行って、夜にまたー! と別れてわたしは移動。どうしても行っておきたいところがあります。

Arnaud Larher アルノー・ラエール」

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ パリ記録27 ジェラール・ミュロ

■ 全国100万人の読者の皆さま、お盆のエリーでございます。フェイスブックに上げたままで、こちらに上げられていなかった6月のパリ記録を、このお休みに一気に貼り付けていきます。

**********************************

今回の日程:2018年6月25日~7月3日

今回の計算:1ユーロ 131円

今回の記録は 2018年6月 Paris パリ でひとまとまりになっています。

2013年からのパリの記録:時々パリ
**********************************

●7月1日(日)オデオン方面へ。「Gérard Mulot ジェラール・ミュロ」さん、ご本人は現役を退かれて体制が変わったといろいろで読んで知っていたけれど、ロゴまで変わっていて驚いた(*_*)(*_*)
くねりんとしたクラシックな書体から、ふつうの、活字体という感じの書体になってた・・・感じ出ません。
テラス席が設けられていました。けれどわたしは店内で2席だけある小さなカウンターでクロワッサンを食べてきました。外暑いもん。

●このロゴが↑

● こうなった↑

Gérard Mulot ジェラール・ミュロ」

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ パリ記録26 オ・コション・ローズ

■ 全国100万人の読者の皆さま、お盆のエリーでございます。フェイスブックに上げたままで、こちらに上げられていなかった6月のパリ記録を、このお休みに一気に貼り付けていきます。

**********************************

今回の日程:2018年6月25日~7月3日

今回の計算:1ユーロ 131円

今回の記録は 2018年6月 Paris パリ でひとまとまりになっています。

2013年からのパリの記録:時々パリ
**********************************

●6月30日(土)夜は、脚がもうダメ。毎日ふだん京都で歩く量の10倍以上歩いているからガクガクになってしまって、立ち上がっても他人の脚みたいでダメダメ。もう遠くへは行けません(*_*)(*_*)
夕食には1軒目標だったブラッスリーがあり、あるいはいつものヴォルタ通りへ? と思っていたけれど、ごく近場でないとダメだー
というわけで、歩いて行ける距離にあるシャルキュティエ&トレトゥールの「Au Cochon Rose オ・コション・ローズ」へお惣菜を買いに行くことに。

「このガラス窓に書いてあるプルミエプリのジャンボンブランを味見したいです。まずこれを2切れほどください」とお願いして、切ってもらっている間にサラダやラタトゥイユ、豆やらパエリアやらを選んで、包んでもらいました。フランスのお惣菜屋さんでは、絶対言ったより多く入れられるから、何でも「だいたい100g」って言うんだけど(そうしたら必ず150~180gくらいよそって、これでいいか?って聞いてくるから)、ここでは、「マダム、100gって本当に少しですよ、こんなんでいいの?」って聞いてきた。フランス人なのに真面目だ\(^o^)/\(^o^)/

なので、「確かにそうですね。150~200gくらい、ものによって、ほどよい量を入れてください。あなたを信頼します」って言って頼みました。笑。こんなこと日本語でなら言わないよなとおもしろい。

なかなかおいしくて満足。よい選択でした(^o^)(^o^)/☆☆☆

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ パリ記録25 フロマジュリ・ヒサダ

■ 全国100万人の読者の皆さま、お盆のエリーでございます。フェイスブックに上げたままで、こちらに上げられていなかった6月のパリ記録を、このお休みに一気に貼り付けていきます。

**********************************

今回の日程:2018年6月25日~7月3日

今回の計算:1ユーロ 131円

今回の記録は 2018年6月 Paris パリ でひとまとまりになっています。

2013年からのパリの記録:時々パリ
**********************************

●6月30日(土)午後、オテル リッツから歩いて、リシュリュー通りの「フロマジュリ・ヒサダ」さんへ。久田早苗さん、恵理さんお揃いでした。すてきなフロマージュの集いにひととき参加させてもらいました。種類をいろいろ楽しみました。柚子と合わせたのや、焼いたのや、ビスクとエメンタールや、うっとりおいしいものばかりでした。Domaine Hisadaのシャンパーニュもフロマージュに合って陶然となりました。美味そのものでした☆☆☆ 

日本に持って帰るフロマージュも購入。いつものパサージュ・ショワズールを今回はちゃんと通り抜けて、4Septembre からメトロに乗って帰宅しました。

フロマジュリ・ヒサダ

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************

■ パリ記録24 リッツのパティスリ

■ 全国100万人の読者の皆さま、お盆のエリーでございます。フェイスブックに上げたままで、こちらに上げられていなかった6月のパリ記録を、このお休みに一気に貼り付けていきます。

**********************************

今回の日程:2018年6月25日~7月3日

今回の計算:1ユーロ 131円

今回の記録は 2018年6月 Paris パリ でひとまとまりになっています。

2013年からのパリの記録:時々パリ
**********************************

(承前)オテル リッツ パリのパティスリ。

●プルーストにちなんで大きなマドレーヌがあるのだけど、焼き菓子のマドレーヌの形をして出てきながら、フォークを刺そうとするとごく柔らかくて驚き、割ってみると分厚いクリームの層が現れたのでした。外から見ただけでは想像もできない構成です。中心の、シャテーニュ(栗)のクリームの部分がものすごく香味が強い。好き嫌い分かれそうだけど、わたしはものすごく好きでした。そして土台に本物のマドレーヌです。これはトロンプルイユって感じで、おもしろかった(^o^)(^o^)/☆☆☆ ちなみに外の焼き色はピストレしてつけているのだと。

●他も美しくて、ひねりのあるお菓子が数種類あり、昨日のセドリック・グロレさんでもあったけれど、いちごに見えるお菓子だとかケイクに見えるムース状のお菓子とか(中に本当のケイク入りだそう)エクレールショコラに見えるショコラ菓子とか、「~に見える~」というのが今の傾向なのかしらん。
いずれにしても、大マドレーヌはびっくりするほど軽やかで、水の流れみたいにクリームも流れ込んで、今のは何だったのか?と思った、稀有なお菓子でした。またいただきたいです。

●ヴァンドーム広場を後にして、歩いてオペラ方面へ向かいました。

Hôtel Ritz Paris 

オテル リッツ パリ 

*****************

★本サイトは2016年5月8日にオープン。
2006年から10年分の4285記事は

関谷江里の京都暮らし」 へ。

★クラブエリー新規登録お気軽に。

こちらをご覧ください

★速報はfacebookをご覧ください。

*****************